FC2ブログ
B年が終わります。終わりは始まり♪
2018 / 11 / 29 ( Thu ) 22:08:41
11月は死者の月でした。
なんと最終日になってしまいました!!






秘蹟のひとつである
病者の塗油。
これを受けるレベルが、
わからない。というのが、
このところの〇子の
ひっかかりでした。
痛み苦しみはほかの人には
わからない。


死者の月のこと書いて
といわれながら。
病の最中にいる人が、
読んだときに、
はげましになることが書けるのか?と。
でも、それを越えても、
はげませる人になりたい。
とも思いました。


そこで必要なのは、
触れにいく冷静な目線と。
そして、ただ、愛だ。
と思わされました。
越えた愛。


週日のミサも、
ずっと、終末にまつわる
聖書の箇所が読まれ、
いやがおうにも、
終末を意識させられ。
しかも、わっかんない。


神父さんのお説教は、
このわからない怖さばかり目立つ
朗読箇所の中で。
掴むべき場所を示してくれました。
わたしにとっては、
なんとも光だった。


なので、これなら、
きっとすべての人に届く


怖そうな、悪そうな、
いやそうな言葉が
沢山そこにあっても。
神父さんが示してくれたのは、


『地上はその栄光によって輝いた』
(ヨハネの黙示 18・1)
その<栄光>というのは、
ヘブライ語では、
「そのもの全ての善さが
明るみにされる。」
という意味だそうです。と。


およそ終わり。およそ終末。
のイメージから出てこない
このあたたかな希望の感覚は
なんでしょう。


病者の塗油にまつわるとき、
本人が求むる姿も。
もうつながっているから大丈夫
との覚悟なのか受けぬ姿も。
この大切な人に、
神とのつながりをと
求むるその姿も。
この秘蹟あったればこそ。


油を塗られ、重ねられた手をじっと
感じ入る人の姿。
その人を包む、
秘蹟に触れているそのあたたかさ。
傍らでいるものを
祈らさずにはおきません。


確かに、その死の
ほんとにほんとに最期の瞬間。
どんなひとも、そのものの。
そのものだけの善さだけでいる。


背中に感じるあたたかな。
木漏れ日に包まれているような。
あのあたたかな瞬間。



まずは、生きている人のために、
死者の月の最後の日。
乏しいながらもありったけの、
息してるもんの祈りを。
凍りついたその姿に、
あたたかい愛を届けたい


受けとめてねと
もひとつ祈ります。


〇子
雑談 admin page top↑
クリスマスを迎えるにあたって私たちが行うこと ー平神父様のおはなし
2018 / 11 / 27 ( Tue ) 12:05:03
歴史の中で繰り返される戦争、
平神父様の話は
島原の乱、ユダヤ戦争
の悲劇から始まりました。


あらゆる望みがくだかれ、
希望も何も見失ったとき、
「神はいるのか」という問いが
人の中に生まれて来ます。



その問いにどう答えるのか。


聖書はそんな人間に
語りかけています。


「キリストが生まれる」とは
どういう意味なのか、
聖書の言葉とともに
黙想してみましょうと
話されました。


また、アウシュビッツ所長、
ヘスが
処刑される前に言った言葉、

「私は普通の人間であり、
私がやらなければ
誰か他の者がやっただろう。
私は歯車にしか過ぎない。
私が何をしても変わらない。」

を引用し、戦争中、
自分がどうしようと
どうにもならないと
歯車になってしまった
ヘスとは逆に、
歯車にはならずに
心は自由であった
コルベ神父様のことを
話されました。





苦しいときこそ
神さまは語りかけます。


やみの先に広がる幸福感が
恵みであり、
やみの中にいるときこそ
恵みが与えられ、
やみの先にある光を
見いだすことが
キリストと出会うことです。


それが信仰なのです。


アメリ


多摩教会で admin page top↑
今年の祈りと聖劇の夕べは・・・
2018 / 11 / 22 ( Thu ) 21:20:14
お久しぶりです!!かかりんです。

今度の23日の金曜日は
祝日のため、
昼夜ともに入門講座は
お休みです。


私共・入門係もおりませんので
ご注意くださいね






さて、最近かかりんは
どうして記事を
書いていなかったのでしょうか?
そ・れ・は・・・


12月23日の(日)16時スタートの
祈りと聖劇の夕べ、の準備で
てんやわんやだからです!
だってだって、
今年の祈りと聖劇の夕べは
なんと!!
かかりん満を持しての
初!作・演出しちゃうんです


そして変わらず葡萄の実の合唱
にも参加します。


初めての小さいひとたちとのお芝居、
どんどん変わる出演者の人数(笑)、
台本の手直し、
大道具を考え、
衣装や小道具を考え、
プログラムの原稿を書き・・・


やらなきゃいけないことが多すぎて
かかりんパニック!!
でも、神様が助けてくださると信じて
がんばってます。





今年の聖劇のタイトルは
「星にみちびかれて」です。



かかりんがこれまで書いてみたかった、
人間としてのマリアさまや
ヨセフさまの迷い、苦しみ、
それでも神様を信じて歩いて行く強さ、
そういうものをテーマにしたつもりです。


そして、教会学校史上初の
役決めオーディションを行い、
かかりんなりにイメージに合う子供を
それぞれの役に配置して
ただいま絶賛練習中!!


主題曲の「星にみちびかれて」は
かかりん作詞・アレキサンダーさん作曲の
入門係コンビの名曲!!(自分で言う。笑)


存在が天使の子供たちと、
ちょっとオトナな
中高生会・青年会参加による聖劇と、
葡萄の実による、
ラター作曲の美しい合唱、
もちろん豊島神父様の
ハートウオーミングなお話もあります!!
青年会の出し物も
あるみたいですよ
これはもう、
観に来るっきゃないでしょ!!


12月23日の夕方、
多摩教会で皆様のお越しを
心からお待ちしています。



かかりん
多摩教会で admin page top↑
今週の金曜は、神学校で僕と握手♪
2018 / 11 / 21 ( Wed ) 22:55:06
今週の金曜日は、祝日でして。
11/23.
今回は、金曜入門講座おやすみ!!
です。



その日は、神学校の文化祭もあるので、
そこにいってみるのもいいかもね。
というのが理由ではありませんが、
おやすみ!!です。


入門講座、
神父様のお話がおやすみのときも、
入門係ともども、
わかちあいの場があったり
しているのですが。
23日は、それも!おやすみ!!
です。


おみどうはいつもの平日のように
開いてますけどね


さて、ともすると、やっぱり、
まだまだ、聖書を読み足りていない〇子
ときどき、
ほんとに、ときどき、
へ?
ボク?って思うときがあります。
聖書を読んでて。


で、え?え?あ、シモベか!
ってほんとに、自ら、アホだなぁ。
って思う瞬間が。いまだにあります。


そんな、シモベを目指している
神学生たちにあいにいってみよぅ!
神学校にしかない、
いろんな不思議がありそうです。


多摩教会のオアシスグループが
毎週奉仕しているコーヒーは
この人たちを支えるのかぁ。
とかね
相手がみえると
よりわかりやすいですよね


カトリックの本をよんでいると、
シモベのシモベと表記されている、
教皇様の訳文がのっていたり。
「わたくし、シモベ」とおっしゃる
司教さんの録音にであったり。


すごいなー神に仕える人たちは。
と思う瞬間につながります。
1ミクロンでも、見習いたいもんです。



11/30は入門講座あります
そろそろ、クリスマスだし、
教会って?て方、
お待ちしてますよぉ


〇子
多摩教会で admin page top↑
下川神父様による拡大入門講座
2018 / 11 / 14 ( Wed ) 22:42:15
日曜は「拡大入門講座」でした。


イエズス会の下川雅嗣神父様に
お話をしていただきました。



下川神父様は渋谷の町で
20年も夜回りを続けられています。
土曜日の夜、
渋谷を20キロも
歩きまわれたあとにもかかわらず、
ミサの司式もしてくださいました。


渋谷と言えば外国人に人気の
観光スポットであり、
オリンピックに向けて
いろいろと準備が進んでいる街ですが、
その裏側で
社会的に排除されている人々については
ほとんどマスコミでは
取り上げられていません。


そのことに私たちは気づくと同時に
その人々に
思いを寄せなければいけないと
思いました。


どんな人も神から愛されている。
排除される人などいないのです。
それが当たり前でない現在の社会。


私たちが気づいていない
社会の歪みを
この人々が教えてくれているのです。


この人々が
社会を変える力になることを
神父様は確信しておられました。





神の国を目指す私たちキリスト者は
何をすればよいでしょう。
大きな課題をいただいたような
気がしました。
この講座をきっかけに
考えていきたいと思いました。



アメリ
多摩教会で admin page top↑
そろそろ待降節の足音?
2018 / 11 / 09 ( Fri ) 23:52:22
当、多摩教会には、
超個人的な話であいスミマセンが、
ハリネズミを飼っている人が、
わたしが知っているだけでも、
4人います
親は、入門係の○○さんより、
飼ってぇ~と。みなさん3人?
里親になったわけです。
もっと増えているやもしれませんが。
猫の里親はよくききますが、
はりねずみって、
そう簡単に飼えませんよねぇ。




で、そんなこととは、つゆ知らず?
知ってか?
どっかのテレパシーでびびっと来てか、


神父さんが、クリスマス準備に、
とーーーーってもかわいい。
心のあたたまる、ほっこりする。
ハリネズミの絵本を
仕入れてきてくれまして。
ただいま、多摩教会書籍棚に出ん!と
スタンバッてくれています。


クリスマスカードも、
まだ、死者の月だけど・・・。
といいながら、
リクエストにこたえ、
並び始めていて。
むろん、カレンダーや手帳や
アドベントカレンダーもならんどります。


このハリネズミの絵本の、
なんともかわいいクッキー
これ作ってみたいいい
このきつねのオーブンミトンかわいい
このストーブオーブンかわいい
とページをめくるごとに、
癒され、あたたまり。
小さいころ、パパとまさに、
こんな、銀の☆作ったなぁと。
「〇、こういうのはな、
こうやって作るんだ。」と
アルミホイルとボール紙でつくり。
今年は、それをてっぺんに
つけようと思います


ハリネズミ君のクリスマスツリーの
オーナメントはまつぼっくりやら
どんぐりやら。
修道院の保育園では、
お散歩でひろってきた
秋の木の実が飾られています。
きっと、これが、
このハリネズミくんみたいに、
待降節になったら、
なにかに使われるに違いない?!と
期待しつつ


寒くなってきたのか、
あったかいのか、でも、
床から体温は奪われていく中、
心がほっこりするのであります


うちも、クリスマスの準備しようって
思えます


あ、忘れてた。ってことがないように



あ!忘れてた!いつも11月1日に
クリスマスケーキのフルーツを仕込む
おばあちゃんの習わし
まだ、間にあいますかね。


豊島神父様の金曜入門講座!
鋭意!やっとります


お待ちしてます
ふらっとおこしください


〇子
「入門講座」で admin page top↑
またまたシスター渡辺和子
2018 / 10 / 26 ( Fri ) 21:13:00
本日も、残念ながら、
豊島神父様はお留守。
そこで、先週に引き続き、今週も
シスター渡辺和子さんの
「キリストの香り」にお助け
頂きました。



シスター渡辺、大人気!


みんなで集中して、じっくり聴くと
なおのこと、心に響きます。


特に、新しくいらした方には
大好評なのです!


(私たちは3編だけでしたが、
先週の金曜の夜コースでは
DVDの半分、前半を全部、一気に
聴いたとか?!)


後のお茶の時間も、途中から、
当教会の某委員長さんの参加もあり
大盛り上がりで
大変楽しい分かち合いのとき
を過ごさせていただきました。


来週は豊島神父様のお話、
ありますよ~


新しい方でも、どなたでも、
どうぞご遠慮なくいらしてください。


秋も深まり、心が少し寒いな~
ひとりぽっちは寂しいな~
と思っていらっしゃる方、
豊島神父様のほんわか笑顔が
お待ちしておりま~す



・・ちなみに、今日のシスターのお話で
心に残ったのはマザーテレサのこと。


合理性や能率が重んじられ、弱い人が
容易に切り捨てられる社会の中で、
マザーが示した死にゆく人々への”愛”!
その意味をあらためて
考えさせられているところです。



Luna
「入門講座」で admin page top↑
バザーの日 ~豊島神父様のお話を聞く会
2018 / 10 / 22 ( Mon ) 21:11:06
今日(10月22日)は
多摩教会はバザーの日でした。


ですので入門講座は
バザーの催しの一つとして、
「神父様のお話を聞く会」
になりました。





話はキリスト教がザビエルによって
日本に入って来た歴史に始まり、
宣教とは何かにまで及びました。


その中で一番印象に残っているのは
「宣教」と「布教」の違い
についてでした。


「宣教」とはキリスト(福音)を伝えること、
人が人として安らかに
互いに認めあって
生きる社会を作るように目指すこと。


「布教」とはキリスト教を伝える、
信者を増やすこと。
…だということです。



私たちが目指すのは
「宣教」です。
改めて考えさせられました。


皆が互いに認めあう世界が
「神の国」ですね。


そのための教会であり、
キリスト者でありたいと思いました。


今日も実り多き主日でした。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
『キリストの香り 』 ~ シスター渡辺和子
2018 / 10 / 19 ( Fri ) 23:03:54
今日(10月19日)は
豊島神父様はお留守。
そのため、講座用に
神父様が置いていってくださった
シスター渡辺和子さんの
DVDをみんなで鑑賞しました。


テレビ番組”心のともしび”に
出演しお話くださった
『キリストの香り』のDVDです。


とってもよかった!です。


参加者からは、
口先ではなく、
実体験から得た悟りを
自分の言葉で語っているので
説得力があって、
心に響きました、というような
感想を頂き、大好評でした。


なんだか、天国から
力強い助っ人を得たような
嬉しい気持ちになりました。
きっと、シスターは天国で
ますます忙しく
お働きになっていらっしゃるに
違いありません。


そして、
お話の「ごたいせつ」の中にあった
イザヤ書43章の4

「わたしの目にあなたは値高く、尊く、
わたしはあなたを愛」する。

を神様からのメッセージと信じ、
心に刻み、響かせていたいと
思いました。





・・・加えて、今は、
確認のために開いたイザヤ書の
次のみことば(43章の1と2)にも
感動しています。


「恐れるな、わたしはあなたを贖う。
あなたはわたしのもの。
私はあなたの名を呼ぶ。

水の中を通るときも、
わたしはあなたと共にいる。
大河のなかを通っても、
あなたは押し流されない。
火の中をあるいても、焼かれず、
炎はあなたに燃えつかない。

わたしは主。あなたの神
イエスラエルの聖なる神、
あなたの救い主。」


すごいな・・と。


恐れることは、何も、ない!!
のに, 恐れること、多いな、私・・・と。



Luna

「入門講座」で admin page top↑
10月12日の夜金と13日の土曜日は
2018 / 10 / 17 ( Wed ) 23:44:34
こんばんは、かかりんです。


10月12日の夜金講座は、
長崎からいらしてくださった
鶴巻神父様のお話、とお食事会、
そして土曜日は歌う巡礼団による
鶴巻神父様を囲む
ごはん会でした。



xxx-tur1.jpg


かかりんは長崎巡礼で
鶴巻神父様と中町教会の皆様に
とってもお世話になったので
それはもう張り切って
準備をしました。


神父様とたくさんの時間を
ご一緒できたので、
その中の夜金でのお話を
書きますね。


金曜の夜講座では
鶴巻神父さまが子供のころから
神学校に入って
神父になるまでのお話が
中心でした。


当時の神学校はものすごい人数で
食事の時などは
戦争のようだったこととか、
テレビは一日30分だけで、
お皿洗い当番の時は
それも見られなかったこととか、
年功序列だったので
学年が下のころは
おかずがあまり残ってなくて
おなかがすいていたこととか、
興味深い話がたくさんでした!


場内は「えええ!!」とか
「へええ!!」の嵐。
まだ見ぬ神学校に
潜入した気分でした!!


でも、かかりんが一番心に残ったのは
子供時代の鶴巻神父様のところに
教会の神父様がいらして、
ご家族の前で
「神学校に行かないか」と話して
ご家族を説得されたことでした。


ふと気が付いて、「その神父様って、
もしかして中町教会の
橋本神父様ですか?」とうかがうと、
ビンゴ!でした。


中町教会に巡礼にうかがったとき、
鶴巻神父様のことを、
「あれは私の息子だから。」と
それは優しい笑顔でおっしゃった
橋本神父様を
なつかしく思い出しました。


なつかしい長崎に
また行きたくなりました!!


そして鶴巻神父様は
長崎でやってらっしゃる
「ほっと講座」のメンバーを
今回、多摩に連れてこよう
と思っていたことを
教えてくださいました。


「わたしがここに呼んでもらってる意味は
そういうところにあると思うんです。
多摩教会と長崎をつないでいきたい。
交流がもっともっと
盛んになるといいと思います。」


なんてステキなことでしょう!!
きっとそれは本当に実現できる、
ステキな夢だと思いました。
こちらからも、
長崎のほっと講座に
ぜひ参加したいと思いました。


xxx-tur3.jpg

xxx-tur4.jpg


そして今回のビックリ一等賞は、
なんだかスリムになられた
鶴巻神父様、
「やせました?ダイエットしました?」
とうかがうと、
「やせましたよ。
ピークからだと60キロやせました。」


・・・ええええっ?!!
60キロ?!!!!
かかりんはこれまでの人生で、
60キロもダイエットした人に
会ったのは初めてです!!
すごすぎる!!!


そして笑いあり驚きあり涙あり感動あり
のお話のあとは
ダイエット中の神父様には
過酷な多摩教会のおもてなしタイム。笑
もうこれでもかってほど
ごちそうが並びます。


「うわ~。相変わらずスゴイな~。
太ってしまうな~。
長崎に帰ったら怒られてしまうな~。
でもどれから食べるか迷うな~。」

うふふ、鶴巻神父様から
「相変わらずスゴイ」
いただきました~


楽しい夜はあっという間で
お開きの時間になりました。


xxx-tur2.jpg


鶴巻神父様はこの後
土曜日の夕方からの告解、
土曜のごミサ、


日曜日の告解、ごミサ
ミサ後の入門講座、
と大忙しでした。


かかりんは土曜にお食事のあとで
告解をしていただきました。
鶴巻神父様が
「いのちをかけてやっている。」と
おっしゃった告解は、
とても温かくて
涙が出るようなものでした。


神父様、今回も本当に
ありがとうございました!!
また長崎にも
きっと巡礼に行きますので
ぜひまたよろしくお願いいたします!!
大忙しの三日間でしたから
少しゆっくり身体休めてくださいね。


また神父様にお目にかかれるのを
心から楽しみにしています。



かかりん
「入門講座」で admin page top↑
* HOME * next