菊地大司教さまのブログ
2018 / 04 / 17 ( Tue ) 09:35:16
昨日(4月15日)に行われた
多摩東宣教協力体
合同堅信式の様子を
菊地大司教様がご本人のブログ
「司教の日記」に
詳しく書いてくださっています。

ぜひ、訪問してみてくださいね。


菊地大司教様、堅信式の司式
お疲れ様でした!そして、
ありがとうございました!!





この合同堅信式には
多摩教会から
この春の新受洗者
を含む16人が参加されました。


堅信の秘跡によって、
聖霊を受けられたみなさま、
本当におめでとうございます!


みなさまが与えられた
聖霊のたまものを生かして
これからの旅路を
主イエス様とともに、
歩んでいくことができますように
心からお祈りいたします!



Luna
未分類 admin page top↑
2018・合同堅信式
2018 / 04 / 16 ( Mon ) 20:35:50
こんばんは、かかりんです!


本日4月15日の日曜日、
カトリック調布教会で、
多摩東宣教協力体(注1)
合同堅信式(注2)が行われました。


xx-式堅信


司式はなんと、
菊地大司教様!!
かかりんは
初菊地大司教様でした。


今日は、義理の息子のYくんや
フルー2のさくらんぼちゃん、
金曜夜講座に通っていらした
Iさん、Kさんご夫妻を始め、
親しい方がたくさん
受堅者でいらしたので
かかりんは最初から
参列するつもりで朝家を出ました。


多摩教会の10時のごミサでは
豊島神父様の
狸合戦ぽんぽこにまつわる
ものすごく面白いお話を聴いて、
大急ぎでお昼を食べて、
11時半に多摩を出ました。


なりゆきで、多摩教会の方の
受付をすることになったので、
Lunaオヤブンと二人で
早めに調布教会に到着していました。


かかりんたちが
調布教会に着いてすぐに、
なんと菊地大司教様が到着されて
聖堂の下見をされていました。


「わあ!!大司教さまだ!!
こんなに早くから
来てくださるんだ!!」と見ていると、
たまたま司教様がおひとりの時が!!
チャンスです!!


かかりんは先週、
クリスチャンじゃない友人の
フランスのお土産に
奇跡のメダイユ教会のオメダイと
ノートルダム寺院の十字架を
プレゼントされて
それを持っていたのです。


勇気を出して、大司教様に
「大司教様、祝福していただけますか?」
とうかがうと、
大司教様は手にしたスマホをしまって
静かに祝福してくださいました。

かかりん大・感・激!!


そしてだんだん人が集まって来たので
受付をしていると、
横から女性の二人連れが
声をかけてきました。

「あの、お仕事中に申し訳ありません。
前に、学校で教えてませんでしたか?」

「・・・はい。M学園で教えていました。」
「やっぱり!!先生、私習ってました!!」

なんと、はるか昔教えていた卒業生が
この日の調布教会の受堅者として
参加していたのです。


しばらくするとシスターの御一行様が。

そのうちのおひとりが、
かかりんを見つめて、

「わたくし、あなたに
お会いしたことがあると思います。」

「ハイ、シスター。わたくし、
M学園で教えておりましたかかりんです。」

「まあ!!かかりん先生!!」


何十年ぶりで一目みてわかる私って
いったい。笑
世の中の狭さに仰天の
一日となりました。


そして午後2時に
厳かに堅信式は始まりました。


まだ若い大司教様が、
力強い足どリで、
たくさんの神父様方や侍者を従えて
入堂されます。
事前の予想通り、歌声はテノール。
はっきりとよく通る声が響きます。


お説教は平和に関するもので
長らく海外で働いていらした
大司教様にふさわしい
グローバルな視点のすばらしいものでした。
弱い者に目を向ける姿勢が教皇様にも
重なって見えました。
カトリックはカッコイイ!!と
改めて惚れ直しました。


聖体拝領は、
たまたま大司教さまからいただける
列にいたので
大司教様のお顔を見ながら
はっきりと「アーメン」と答えました。


xx-2堅信


ごミサが終わって
記念撮影が終わると、
お隣のホールでパーティーが。


調布教会の皆様の
すばらしい手作りのごちそうが
所狭しと並んでいます。
バケットの上にいろんな種類のサラダ
などが載ったカナッペ、
おいも?のフライ、
ゼリーの入ったフルーツポンチ、
ステキなショートケーキ。
全部手作りだったことに
感激しました!

N教会委員長が
「これいいね。今度うちでもやろうか。」
と、カナッペを絶賛されていました。
どれもとてもおいしかったです。


なごやかな雰囲気の中、
パーティーが終わり、
堅信式のイベントは終了しました。
盛りだくさんで、
とても心が豊かになる
すばらしい一日となりました。


堅信を受けられた皆様、
おめでとうございます!!
皆さまがカトリック信徒として、
ますます
神さまの手足となって
たくさんの福音を
伝えていくことができますように。



かかりん



注1)調布教会、府中教会、多摩教会の3教会からなる宣教協力体


注2)(カトリック教会において)堅信は七つの秘跡の一つである。堅信の秘跡は、洗礼の恵みの完成に必要なものとされ、その効果は、聖霊降臨のときと同じような聖霊の特別な注ぎが行われることであるとしている。(Wikipediaより)
未分類 admin page top↑
2018・復活徹夜祭
2018 / 04 / 06 ( Fri ) 19:10:43
みなさま、
ご復活おめでとうございます。


2018年3月31日。
この日の夜、復活徹夜祭が
厳かに行われました。

今年は8名の方が、新たに
多摩教会の家族になられました。


皆様、おめでとうございます。
カトリック多摩教会へようこそ!!





さて、今年はかかりんは
コスモスさんと
日曜入門係のMさんと三人で
受付のお仕事を担当しました。


今年の受洗者と代親の皆さんは
時間厳守で、全員ごミサの開始前の
段取りの説明の時は
着席してらっしゃいました。


そして18時半、時間ぴったりに
2018年の復活徹夜祭は始まりました。


静かに力強く神父様の声が響き渡り、
ろうそくが灯り、キリストの光、
復活賛歌と続きます。
今年はいつもより合唱団のメンバーが
少なかったのですがすごい声量で、
手前みそかもですが、かかりんは歌いながら
聴いていて鳥肌が立ちました。


かかりんはこの日歌われる
ゴージャスバージョン?の
「栄光の賛歌」が大好きなんです。
侍者が手にした小鐘(鈴)が鳴り響くバージョン。
今年は若いイケメンのYくんが
がんばって鳴らしてくれました。


無事に全員が洗礼の水をかけられ、
白い衣を受けて、
転会の方たちの宣言があり、
新しい家族が誕生しました。
合唱団の席でコスモスさんが
かかりんの隣でしたが、
何度も涙をぬぐってらっしゃるのが
感動的でした。


神父様のお説教の中で
いつもは見えない空が見えるように
天井の幕が開いているんです、
という言葉があって、
ごミサのあとで皆で天井を見に行きましたが、
本当に見事な満月!!


xx-tuki1.jpg


今年の三月の、二度目の満月、
そう、今日はブルームーンだったのです。


xx-tuki3.jpg


満開の桜に、ブルームーンに見守られた洗礼式。
特別なお恵みがありますように。


xx-tuki2.jpg


終了後、写真撮影をして、
日曜入門係Mさんが口を開けずに
BGMにものすごい美声を披露なさってましたが
新受洗者の方はどこから声がするのかわからず
きょろきょろされているのが印象的でした。





その後、信徒館で新受洗者と
転会された方のための
茶話会の準備も入門係の仕事です。
2018年の洗礼同期の皆様の
全員が参加してくださって、
自己紹介などしつつ、
なごやかなひとときとなりました。


今年も神様が実在する目に見える印を
間近で見ることができた、
すばらしいひとときでした。


受洗されたみなさま、転会されたみなさま、
本当におめでとうございます。


ようこそ、ようこそ。
今日から天国の戸籍上も
正式な家族です。
たくさんの幸せな思い出を一緒に
ここで作っていきましょうね。
多摩教会は、皆様を大歓迎いたします。
これからもどうぞよろしくお願い致します。




かかりん
多摩教会で admin page top↑
十字架と満開の桜
2018 / 03 / 29 ( Thu ) 11:09:24
十字架と
今年も “復活した” 満開の桜

ドングリさん
おススメの一枚です。



xx-4man
写真:ドングリ



ちなみに
今週 カトリック教会は
復活祭前の
特別な期間、
聖週間を過ごしています。


特に、本日からは
聖なる過越の3日間。
カトリック教会の頂点ともいうべき
最も大切な典礼が行われます。


詳しくはHPトップを
ご参照ください。


xx-2man
写真:ドングリ



絶好のお花見日和が続くそう。
クリスマスだけでなく、
復活の喜びも
ぜひ、ご一緒に・・


Luna
多摩教会で admin page top↑
平神父様のお話
2018 / 03 / 26 ( Mon ) 00:12:57
今週は
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講話がありました。

復活祭を迎えるにあたっての
お話です。



平神父様は奄美のご出身です。
子どものころから
教会学校がお嫌いだったそうです。

でも、不思議なもので
嫌いと思うとなおさら
嫌いである教会のことを
考えてしまう…。
そうこうしているうちに
神学校に行く手続きが整ってしまい、
司祭への道が動き出しました。

司祭に叙階されてからも、
何故か教師として
学校に派遣され、
自分は何を目指しているのか
わからなくなったそうです。

自分が心から
望んでいることは何か、
自分の思いとは違う
何らかの力が働いて
引っ張っられているようだと
思われていました。


その後、ある体験をなさいました。
イタリアのアシジでの出来事です。
神父様の霊名は
アシジのフランシスコです。

フランシスコの墓前で
お祈りをしていたときのこと、
心の中で球がストンと落ちたような
感覚を覚えられました。

また、そこで
毎日ギターの練習をしていたとき、
頭でなく、身体で(指で)音を捕まえる
という感覚を体験されました。

頭が気づかなくてもからだは
気づいている…。
自分の思いではなく、
何か偉大な力にひっぱられる…。
それが聖霊の導きだと
わかったのだそうです。

フランシスコは
小鳥に説教をしたことで
有名ですが、
彼のとらわれのない、
ありのままを受け入れるという姿勢は
宗教的天才という言葉がふさわしい
聖人です。
きっとそのフランシスコが
教えてくださったのでしょう。
神の思いとは何かと
思い巡らすことによって
私たちもよい復活祭を迎えましょう
とお話しされました。



私たちも小さな出来事にも
心をとめることで
大きなメッセージに気づくことが
出来るかも知れません。

『聖霊』、きっとあなたにも
働いていますよ。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
入門講座新学期は・・・
2018 / 03 / 24 ( Sat ) 22:25:36
大変お待たせしております。


2018年度の入門講座、
日曜日は4月29日より
金曜日は5月18日より
再開いたします。


金曜日は教会の工事の関係で
少し遅く始まりますが
その頃にはもう花粉は
飛んでこないはず。


新緑のさわやかな風が
追い風になって
新しい方をたくさん
運んできてくださることを
心から願っています。





その前に、
3月31日の復活徹夜祭では、
今年も数名の方が
洗礼をお受けになられます
また、仲間が増えますね~♪ 
嬉しいです



教会前の桜も
もうすぐ満開



xx-count.jpg


通常の入門講座は
お休みですが、
アメリさんも
書いてくださいましたが、
明日、25日の日曜日には
平神父様の
拡大入門講座があります。


どなたでも、ご参加ください。
心からお待ちしています。


Luna
続きを読む
多摩教会で admin page top↑
古賀神父様の拡大入門講座
2018 / 03 / 20 ( Tue ) 15:21:03
アメリです。
お久しぶりです。

日曜日担当の入門係です。

18日の主日(日曜日)は
今は「ペトロの家」
にいらっしゃる
古賀神父様の司式のミサと
講和がありました。


古賀神父様は
今話題のNHKの大河ドラマ
「西郷どん」の舞台、
鹿児島ご出身です。


西郷どんの歴史的背景から
経済的発展、
文化交流の発展のうらには
犠牲になった人々がいる
ということ、また、
カトリックの歴史にも
宗教改革などの
教会同士の傷つけあいなどもあった
という話から、
四旬節であるこのときを
イエスの受難と復活もあわせて
黙想してみましょうと
お話しされました。


また、現在お住まいの
「ペトロの家」についても
話されました。


「ペトロの家」は
教区での主任司祭のお仕事を
引退された司祭の方々
のお住まいですが、
古賀神父様は
ご病気のため、
現在はここで生活されています。


東京にカテドラル
(司教座=司教がいらっしゃるところ)
が出来るまでも
あわせてお話しくださいました。


来週も
毎月いらっしゃる
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講座があります。


また、そのお話も
書かせていただきますね。


では、また。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
7年目の3・11
2018 / 03 / 11 ( Sun ) 22:48:16
こんばんは!!かかりんです。


東日本大震災から
今日で7年ですね。


去年の今日はかかりん
長崎で歌う巡礼団のメンバーと
祈りを捧げていましたっけ。



今日の豊島神父さまのお説教も
大震災にまつわるものでした。


お話の出だしに
幼い時の神父様の
衝撃の神父体験(笑)があって、
思わず「えー!!」って
かかりんは叫んでしまったのですが、
(詳細は書けませんが、
昔の神父様たちは、
教会のお父さんだった、って
いうような内容です。)
今日はその後、震災のお話で
心を打たれました。


特に印象に残ったのが
阪神淡路大震災の時は
高円寺教会でお留守番をしていた
若き豊島青年は、現地に
ボランティアに行って、
とにかく
がれきの撤去と清掃につとめた。


ところが、東日本大震災の時に
東北の人びとは、
働きにきた神父様に
「まずはお茶を飲もう」と
1日にひとりたった2本しか
支給されない
小さなペットボトルのお茶を
出してくれて
まだコンビニも開いていない中、
なけなしの茶菓子を出してきて
「まずは一緒に話してくれ。
あなたとつながりたい。」と
がれきの撤去より
まずつながることを望んだ、
というお話でした。


涙が出てきてしまいました。


かかりんも震災のあと、
何度か三線教室のメンバーと
福島に行ったことがあります。
しろうと集団の私たちを
福島の皆さんは
大歓迎してくれて、
「とにかくここまで来てくれて
うれしい。
また会いに来てほしい」って
言って下さったっけ、
となつかしく思い出しました。


今日はかかりんの地区の
軽食サービスだったんですが、
今日のしらす大葉ご飯のお米、

福島の「天のつぶプレミアム」

って
とってもおいしい
お米だったのです。


先日の多摩教会の福島のツアー、
仕事が動かせなくて
かかりんは
無念の不参加でしたが、
また必ずあの地を訪れよう、と
決意を新たにしたのでした。



かかりん

多摩教会で admin page top↑
主にささげる 24時間
2018 / 03 / 10 ( Sat ) 00:30:45
こんばんは。かかりんです。


入門講座がお休みで
毎日何かが足りない・・・。


この間もごミサの時に
久しぶりに
コスモスさんに会って
「講座がないとさびしいねー!!」
叫びあってしまいました。


でも、今日は久しぶりに
金曜の夕方に
教会に向かいました。


そう、今日・3月9日は
「主にささげる24時間」
多摩教会でも
行われているからです。


かかりんはいつも
だいたい日曜のごミサ
参加なので
いつもなら聖堂は
人でいっぱい、
ごったがえしています。


今日の多摩教会は
ふだんのざわめきとは
まったく違う
かかりんの知らない顔を
していました。


祭壇にともったろうそく。
あたたかな色で、
控えめにともされた照明。
聖堂には4、5人の方が
それぞれ
静かにお祈りしています。


かかりんも
真ん中くらいの席に座って
お祈りを捧げました。


なんだかふだんと
違っていました。
静かに、神様と
むきあってるこの感じ。
最近日々ざわざわしていた
かかりんは
自然と涙がこぼれました。


ふと顔をあげると、
前のほうに座った女性も
涙をぬぐってるように
見えました。


久しぶりに静かに
神様のことだけ考える
とてもよい時間になりました。


聖堂を出ると
さっきの女性はなんと
去年一緒に長崎に行った
歌う巡礼団のメンバー
Aさんでした!!


思えば長崎に行ったのは
去年の3月10日のことでした。


9日の夕方だったので、
カトリック暦的には
もう10日です。


ちょうど一周年に
Aさんと教会で共に
祈りを捧げられたことに、
とても感動して、
深いご縁を感じました。


きっとまた一緒に
長崎に行けるような気が
ふとしました。


「主に捧げる24時間」は
明日、10日の17時までです。
(詳しくは教会HPを
ごらんください!)
いつもと違う、静かな聖堂で
あなたも祈りを
捧げてみませんか?


神さまに向かい合う
ステキな時間になると
思いますよ



かかりん
多摩教会で admin page top↑
福島の美味しいもの
2018 / 03 / 02 ( Fri ) 22:00:52
今回の被災地巡礼ツアーで
心に残ったこと。


それは福島は
食べ物が豊かで美味しい
ということです。


南相馬で食べたお昼ごはんも
夜のホテルの夕食も
とっても良かったです。


バスでの移動が長かった
今回の旅では
あちこちのサービスエリアで
トイレ休憩しました。


そこですかさず
お土産をゲットです。
魅力的な食べ物がありすぎて
どれを買ったらいいか
焦りましたー。


今回のツアーの
戦利品の一部を
紹介します
(もう食べてしまって
これが全部ではないのです)


xx-OMIYA.jpg


福島産というだけで
避けてしまうのは
もったいない!
と力説しておきます。


あ、念のため言いますが
もちろん今回のツアーの
最大の目的は「祈り」です。


決して食べ物のことしか
頭になかった訳では
ありませんからねー!!


ドングリ
未分類 admin page top↑
* HOME * next