トラピスト体験 沈黙~♪
2017 / 09 / 24 ( Sun ) 02:22:29
行ってきました
那須のトラピスト修道院。


多摩教会から10人が参加。
かつての天皇領だったらしい
広大な敷地には
みんな感嘆するばかりでした。



<全景>
xx-tora4_20170924002735b2b.jpg


xx-tora7.jpg



xx-tora1.jpg



一日に6~7回の祈りの時間と
毎朝のミサ。
詳しくは、那須のトラピスト修道院のHP
を参照してくださいね。


祈りは聖堂でみんなと一緒。
詩編を独特のメロディーで
2つのグループに分かれて
交互に唱和するので、


シスターたちの美しい歌声を聴きながら
祈る、という
素晴らしい体験ができました。


(シスターたちは全部で50人くらい?)


教会の祈り(聖務日課)が中心の生活。



すべてがゆっくり、ゆっくり
進みます。



<塀の向こうは禁域です>
xx-tora2_201709240035126b2.jpg


<禁域内の農地を近くから>
xx-tora3_201709240027043ce.jpg



豊島神父様のご提案で、
私たちも、シスターたちに倣って、
司祭面談や告解の他は、
完全沈黙することに・・。


沈黙・・・つい、余計なひと言、
を言ってしまう
私には恵みの時だったかも!?


そして、そして、
お食事が豊かでおいしかった!!
のに感激

2泊3日という短い期間でしたが、
主婦にとっては
とても、とても贅沢な時間と
贅沢な空間でした・・・。


心から、神に、そして、
お世話くださったシスター方や、
トニー神父様、
コーディネータの豊島神父様に、
感謝!!です。

また、ぜひ、行きたいな。



Luna
未分類 admin page top↑
夏休み雑感
2017 / 09 / 12 ( Tue ) 09:24:24
9月も、もう半ばを迎えようと
しています!はや~い


あんなに暑かった夏は、ある日突然、
消え去り、
いきなり秋になり・・・、
ちょっと肩透かしをくらった感じの
昨今、


秋らしい晴天が続き、
ホッとしていますが、


今日は、また、雨?


みなさま、
いかがお過ごしでしょうか。


さて、入門講座は
9月29日(金)からなので、
すっかりのんびりしちゃってます。
ずいぶん長い夏休み・・・(汗)
ブログも閑古鳥が鳴いてますね。


ごめんなさい、です。





ということで、少しは気合を入れて、
なんか書かなくちゃ、と思っても、
我が頭の中も、すっかり夏休み、
ボケ・・・


困った!ということで、
ふと見上げると、
9月の教皇カレンダーが!


「人間の心に開いた霊的、
道徳的な深淵、
憎しみや死をもたらす
亀裂を前にして、
救いをもたらすことができるのは、
神の無限のいつくしみ
だけです。」とあります。


神の無限のいつくしみ?!
私たちは、いえ、私はどれほど、
この″無限“とやらを信じているか、
という疑問がよぎります。。


う~ん・・





豊島神父様は昨日の主日のミサ説教で
ゆるしの重要性について、
素敵な例を出してお話しくださり、
制裁より対話、と
意味深なことを言っておられましたっけ。


(私の不確かな記憶によれば、
ある本…タイトル忘れました、に
書かれている、ある村のお話。
その村では、人が何か悪いことをすると、
村人全員がその人を真ん中にして、
囲んですわり、一人ずつ、
その人の前に行って、
その人の良いところを言う!
というようなお話でした。)






晴佐久神父様も
最新の「福音の村」で
素敵なことをおっしゃってますよね。


「安心しなさい。」「わたしだ。」
「恐れることはない。」(マタイ14:27)


恐れに捉えられた
ときのために、
この3つの言葉を暗記しておくように、と。


この言葉の主は人となられた神、
人として、十字架の苦しみを通られた方!、
そして、復活した方!
その方が今、私のそばにいて、
私におっしゃっている言葉!!


だから、信じられるはず・・・



教皇様の素敵な笑顔に
励まされよう。




Luna
未分類 admin page top↑
7月のからすうり
2017 / 07 / 27 ( Thu ) 22:41:51
7月のからすうりは、
意外なことに白い花


緑に繁る葉と茎の中途にスックと立ち
湿った暑苦しい空気のなかで
どんよりした空を眺めてた
人知れず
ひっそりと
純白の綿毛は微動だにせず
咲いていた


素敵な7月のからすうり



xx-うり




かなぶん
未分類 admin page top↑
土の器
2017 / 07 / 07 ( Fri ) 00:47:02
2017年6月16日、
バチカンの
サンタ・マルタ館礼拝堂での
教皇フランシスコによる
朝ミサ説教が
バチカン放送局のHPで
紹介されていました。


ほとんどリアルタイムで
地球の裏側の
教皇様のメッセージが届く
現代の技術力に
感謝です





ミサで朗読されたのは
「コリントの信徒への手紙2」(4,7-15)。


「私たちは、『土の器』。
神の力なしでは進めません。


“自分には癒しも支えも必要ない”
“自分は自分の宝を持っている”
と思うことは、
虚栄と傲慢につながります。


『ゆるしの秘跡』に与る時は、
自分の弱さを認め、
素直に
『恥じ入る』ことが必要です。


わたしたちの心を広げるのは、
“恥じ入る心”です。
そこに、
神の力が入ってきます。


こういう気持ちに至れば、
わたしたちは幸いです。
『土の器』と
神の力の対話があるからです。


自分を、
『土の器』と認めること
だけが、
神の偉大な力を引き寄せ、
満ち足りた心、救い、幸福、喜びを
与えてくれる」
と、
教皇様のメッセージにありました。





「自分なんて、土の器だ…」と
落ち込むときこそ
“神様との対話”がある
というのは
福音です!


どうか、
落ちこんだ時に
思い出せますように…



神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
「食べ物」は、かなり「愛」に近い
2017 / 07 / 05 ( Wed ) 20:26:54
『カトリック新聞』の
神父様たちによる聖書のコラムを
毎週楽しみにしています。
2017年6月15日(木)は
カルメル会の中川神父が
執筆していました。





そのなかで
ジェニーン・ロスの
『食べ過ぎてしまう女たち』
の一節が引用されていて、
“食べ物は、かなり「愛」に近い”
という言葉が
強く印象に残りました。


ちょうど、この本を
読んだばかりで、
摂食障害で苦しんだ著者が
自分と母親との関係で
苦しんだ経験から
回復するメカニズムは、
私自身の
親子関係の葛藤を
理解する助けになりました。





私たちは
いつも
お腹をすかせた子供のように
「愛」に飢えているけれど、
実は、
「愛」は、私たちのうちにある。


イエス様は
ご聖体という姿になって
いつも
私たちに噛み砕かれ
吸収されてくださっている。


そして、ミサごとに、
私たちと
一体となることで、
そのことを
思い起こさせてくれて
いる…





イエス様の『愛』の大きさに
ただただ、
頭がさがる思いです。


自分には、
とても
噛み砕かれるほどの『愛』を
持てる日が来るとは想像できなくて、
ごめんなさい、イエス様!
そして
いつもありがとうございます!
という
気持ちになりました。
次のミサで
ご聖体を頂くのが楽しみです




神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
愛は愛を呼ぶ
2017 / 06 / 22 ( Thu ) 17:31:42
ご無沙汰しております。





ついに 梅雨入り。
昨今の気温の変動は老体?の身には
かなり厳しいものがあります・・。


でも、明日は金曜の入門講座。


”神は愛”、この単純な、けれども、
一番難しいことを
手を変え、品を変え?
聖書や霊的書物をもとに
我らが豊島神父が易しくかつ面白く、
教えてくださいます。


どなたでも、どうぞご遠慮なく
いらしてくださいね。






ところで、パパ様の映画、
行きたい!!のに
なかなか時間がとれない!
ので、せめて・・と、
お説教を読んでます。


以下は6月14日水曜日の一般謁見で
語られたパパ様の言葉です。





「わたしたちは誰でも
愛なしでは生きられません。
わたしたちが陥る罠は、
愛されるためには
自分に価値がなくてはならないと
思い込むこと」


「誰もが他人の関心を引くことを乞い求め、
その一方で、誰一人、無償で
他人を愛することができない
世界があるとしたら、
それは人間の社会ではなく、地獄である」


「愛し愛された経験ほど、
人を幸せにするものはありません」、


「人生とは眼差しの交換です。
誰かわたしたちに最初に
微笑みかけてくれる人がいれば、
わたしたちもまた無償で微笑み、
悲しみに暮れている人に
力を与えることができます」


「愛は愛を呼びます。
それは憎しみが死を呼ぶよりも
強いものです」



素晴らしいと思うので、
全文を紹介しておきますね。


こちら→「愛されている確信から生まれる希望」教皇一般謁見




「ローマ法王になる日まで」、
多摩でもやってほしいなあ
Luna

未分類 admin page top↑
ローマ法王になる日まで
2017 / 06 / 18 ( Sun ) 20:49:47
こんばんは!!かかりんです。


6月17日の土曜日に、
有楽町で、映画
『ローマ法王になる日まで』
を観てきました!!


すごくすごく良かったです!!


小さな映画館で、
上映10分前に着くと座席はほぼ満席!!
一番前の4席しか残っていなかったのを
滑り込みで2席ゲットしました!!


満席の劇場を見まわして
かかりんは
「この人たち全員カトリック?
いやいや、さすがにそれはないだろう。
さすが我らがパパ様、
すごい人気!!」
と、とても誇らしい気持ちになりました。


これから観る方のために、
詳細は避けますが、


いつも笑顔で
やさしいパパ様が
こんな苦難と苦悩の人生を
これまで歩んでいらしたことに
胸をうたれました。


そして、
お恥ずかしい話ですが
かかりんは
アルゼンチンが
こんな暗黒の時代を
つい最近まで過ごしていたことを
全然知りませんでした。


ごく普通の、
善良な人びとが
軍事政権によって
次々に殺され、
拷問にあい、
物のように廃棄されていく・・


あまりの恐ろしさに
目を覆いたくなる場面が次々出てきます。
だんだんナチスの時代の
ユダヤ人虐殺の話かと錯覚していて、
途中で軍事政権の高官が
テニスの映像を観ているシーンがあって、
ボルグが試合で戦っているシーンで
我に返りました。


こんな恐ろしいことが
私が生きている現代に
当たり前のようにあったのだ。


私と同じように
家族を愛し
仕事をして
神さまを信じる
ごく普通の人々が


その生活をおびやかされ
家族や友人を
むごたらしく殺されていく時代が
ほんの数十年前まで
地球の裏側で起きていたのだ。


このことに大変な衝撃を受けました。


若かりし日のパパ様は
つるっとした顔の
笑顔のやさしい
温和そうな青年でした。


そのつるっとした顔に
どんどん刻まれて行く
眉間の深いしわ、
笑顔の消える顔、
大切な友人や同僚を殺され
苦悩にうちひしがれる姿に涙しました。


そして
救いが突然訪れて
やっと安堵の涙を流す姿にまた涙。
あれ?だんだんネタバレしてる?


なにしろ
何度も涙があふれる映画で
すごくすごく胸をうたれました。


こんなかっこいいボスを選んだ
カトリック枢機卿たちも
なかなかたいしたものだと思いました。


カトリックでよかったなあと
あらためてほこらしく思える、
そして
この人なら間違いない、
安心してついて行ける、
そう思わされる映画でした。


ぜひ皆さんも見に行ってください!!
感動間違いなし!!




かかりん
未分類 admin page top↑
諸聖人の通功
2017 / 06 / 15 ( Thu ) 22:15:31
聖心会シスター
鈴木秀子さんの書かれた
『在(いま)すがごとく死者は語る』
という本で
ちょっと癒されました。


『諸聖人の通功』とは
一人の人が
苦しみやエゴを乗り越えて
人間として成長すれば、
その功徳は、
人類全体に伝わり、
人類全体のレベルも上がる
ということ。


1人の人が
少しでも努力することは
生ける人にも、死せる人にも
すべての人に伝わる。


人は
孤立した存在ではなく、
深いところで、
みんなつながっている。


死んでからも、
人は、
生きる者とつながり、
大切な人を守り、助けてくれる。


そんなことが書かれていて、
2年前、父を見送ったとき
“もっとこうしていれば…”
という後悔の思いが、
ちょっと
癒された気がしました。



神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
無意識を育てる
2017 / 06 / 08 ( Thu ) 21:49:40
5月20日(土)
聖心会のシスター
鈴木秀子さんの講話会に
行ってきました


*****


『言葉』は『言霊』というように、
自分の潜在意識に
刷り込まれていくので、とても大切。
自分の言葉は
自分が一番聴いている。



自分の良さを引き出す言葉を
自分で言うことで、
無意識に働きかけ、
自分の
“幸福力”を上げられる。


たとえ冗談でも
自分を下げることは言わないで
自分を正しく認め、
自分を大切にする言葉を使うように。


ほめられたとき、
 『いえいえ、お粗末で』

相手の言葉をはねのける時、
“あなたは正しくありません”
“私にはもっといいことができるはず”
という傲慢につながっていく。


『ありがとう』と
言われたら、
『喜んでいただけてうれしいです』
と、
相手の言葉を受け止めていくと
『あなたの言葉を信じます』
『そういう要素も自分にはあるのだ』
と、
素直に受け入れることで
無意識が育てられる。


そんなお話を伺いました。


『かならず良くなる』
『だいじょうぶ』
『自分のなかに力がある』
『つながっている』
などのプラスの言葉を
自分に語って、
無意識を育てよう!
と、思いました。


どうか
自分の中の
よきものも悪しきものも
受け入れることが
できますように。



神に感謝!
Elizabeth

未分類 admin page top↑
とりゅジェラ♪
2017 / 05 / 27 ( Sat ) 21:14:23
とりゅふ
トリュフ
トリュフ
シスター方が祈り作っていらっしゃる
トリュフチョコをちょこっと
神父さんが
仕入れてくれました~


十勝カルメルの
トリュフチョコです



xx-toryu.jpg



トヨコンkey子
未分類 admin page top↑
* HOME * next