FC2ブログ
今朝の多摩教会
2020 / 05 / 25 ( Mon ) 09:32:20
aaa-toyo7.jpg



多摩教会は昨日 
評議会委員長と典礼委員長とで
今後の対応をまとめています。


関係各所との調整は大詰の
段階です。
水曜夜に一部でもこのブログで
公示できるように
頑張っています


さらに
多摩教会は大規模工事を
ひかえてます。
他の教会と再開タイミングが
かなり遅れる可能性があること
承知くださればと思います。



大司教さまは
日曜日の文書で
このように記しています


『緊急事態宣言の解除は、
そのままで安全宣言
ではありません。
従って、即座に教会活動を
再開させることはできません。

政府は25日の解除を検討中
とうかがっていますが、
その翌日に
教区としての今後について
お知らせします

また東京都の「ロードマップ」の
各ステップにおける
集会の人数制限もありますので、
教会にとっても難しい選択が
待ち構えています。

なお、
その後の教会活動について
4月30日に司祭に伝達して、
それぞれの小教区での
具体的な対応の検討を
始めていただいています。

それぞれの主任司祭と
小教区の役員の方々の判断に、
どうかご協力くださるように
お願いいたします』




今週
月曜夜 火曜朝 水曜朝 
ブログ更新はお休みします。



復活節第七月曜日
集会祈願

聖なる父よ、
聖霊をわたしたちの上に
注いでください。
日々の生活の中で、
いつもみ旨を行うことが
できますように。



主任司祭&評議会委員
未分類 admin page top↑
今朝の多摩教会
2020 / 05 / 13 ( Wed ) 11:36:18
aaa-tyo2.jpg


​多摩教会から送られた
茶封筒は届きましたか?

「ずっしりと重いので
なにごとかと思った」

という反応がありました。



普段口頭で受けている情報を
文字などで
伝達しようとすると
こんなになるのです。



今日は13日
ロザリオの夕べの日です

日本時間では19時に
ロザリオ栄の神秘を唱え
今回教皇様がお示しになった
聖母の祈りをとなえます。

茶封筒の中の
「5月1日からの多摩教会諸事項・・」
(7ページより)
をもってお祈りください。




多摩教会は徒歩圏内だから
聖堂でしようかしら。。。と
お考えの方
申し訳ありません
stay home
ということと
たまたま
聖堂エアコンの
エンジンメンテナンス

14時から作業に
はいっており
もしかしたら19時に
間に合わないかもです。



お家で 
換気と温度調節して
世界のために神の計らいを
想いながら
きょう一日すごしましょう




復活節第五水曜日
集会祈願

聖なる父よ信じる者の心を
いつもあなたに
引き寄せてください

不信仰のやみから解放された
人々が
真理の光のなかを
歩むことができますように



主任司祭&評議会委員
未分類 admin page top↑
今朝の多摩教会
2020 / 04 / 25 ( Sat ) 11:12:42
信徒館二階の屋根に
アシナガバチの
巣が見つかりました
夏のはじまりを感じて
しまいました
まだ、巣は小さいですが
29日に除去予定です



復活節第二土曜日
集会祈願

いつくしみ深い父よ
あなたは
ひとり子ととおして
私たちをあがない
神の子どもとしてくださいました
あなたの愛を受けた民が
御子キリストに従い
まことの自由と喜びに
導かれますように



xxx-ty2.jpg




主任司祭&評議会委員
未分類 admin page top↑
今朝の多摩教会
2020 / 04 / 24 ( Fri ) 10:06:54
xxx-tyo1.jpg


金曜日は
キリストが十字架に
かけられた日。

十字架のキリストを
思いうかべながら
私たちの苦しい時を
救いへの導いてください

実感できる
曜日かもしれません




復活節第二金曜日

集会祈願


聖なる父よ
あなたは
ひとり子の十字架の死
によって
わたしたちを
悪の支配から
救い出してくださいました

キリストに従う者が
復活の恵みに
あずかることか
できますように


主任司祭&評議会委員
未分類 admin page top↑
夜です。 徹夜祭はじまりました
2020 / 04 / 11 ( Sat ) 19:09:11
はじまりは 光の祭儀

年号「2020」が刻まれている

復活ローソクが用意されています


xxx-fuk1.jpg


皆さん
主イエス・キリストは
死から生命へ お移りになった
この 最も聖なる夜


母である教会は
皆が一つに集まって
祈りの内に徹夜するよう
呼びかけています


こうしてわたしたちは
キリストとともに死に打ち勝ち
神のうちに生きる希望を
持つのであります。


(光の祭儀の招きのことば)



現在 感染症の猛威で
死の恐怖にさいなまれている
この世


戦々恐々としている人
傍若無人なふるまい
いろんな非常時の振る舞いが
目につきます


しかし どんなときも恐れず
死も生きることも
はっきり恵みの道を
しめしてくださった
これも 
キリストがしめした業です。


xxx-fuk2.jpg


輝かしく 復活した 

キリストの光が

心の やみを照らしますように




主任司祭&評議会委員
未分類 admin page top↑
評議会からお知らせ
2020 / 04 / 05 ( Sun ) 14:11:14
「入門係のブログ」ですが、
コロナ感染拡大の防止のため
公開ミサ中止、
大規模集会の中止という
時勢につき

多摩教会の様子をお伝えする
評議会公式のブログ書き込みを
5月まで(当面)行います。


更新は 朝と夕(夜)二回行います。


朝の祈りのとき 
晩の祈りの時の 
きっかけとなればと思います。



(これは 4月3日 
多摩教会司牧連絡会で同意を得たものです)

評議会委員
未分類 admin page top↑
211
2020 / 02 / 11 ( Tue ) 13:00:01
今日は、世界病者の日です。

マリアさまが
フランスのルルドに
あらわれた日です。
少女ベルナデッタの前に
あらわれ
何度も通うよう
告げられました。
その約束は7/16まで
何度にもわたりました。
その約束を守った
ベルナデッタ。


そして、掘りなさいと言われ
湧き出た泉に、
150年を経た現在も
癒しを求める人が集います。


今日は、カテドラルで
13:30から
病者のミサがあります。
外に出ることの出来ない
渦中にある方、
その傍らにいる方、
医療に従事する方、
介護に疲れ果てている方、
ここに書き連ねられない
全ての苦しみの中にいる方々に、
一条の光が
届きますように祈ります。


来なさい。休ませてあげよう。


このみことばだけを心におき、
かみさまに向かい
全ての思い込み、
思惑、人のうみだす
愚かな全てから、
解放してくださり、
みむねに心を向けることが
できるよう。
ごミサの前には
カテドラルのルルドで
マリアさまに取り次ぎを
願いたいと思います。


その傷つきを窓にして。
遠くにいても、
同じ時間、
ともに祈りませう


⚪子
未分類 admin page top↑
2019秋・歌う巡礼団のワンデイ東京巡礼 その③
2019 / 11 / 15 ( Fri ) 22:20:54
さてさて、いよいよ最終話。
その③です!


キアラ神父様の墓碑のあとは、
チマッティ神父様の柩が納められた
地下聖堂です!


聖堂の手前に白い柩が
荘厳な雰囲気で置かれていて、
チマッティ神父様のご遺体が
そこにおさめられているのでした。
前に豊島神父さまが
教えてくださったのですが、
死後ずいぶん時間が経っているけれど
ご遺体は腐っていないそうです。


xxx-kor9.jpg


前にヨーロッパに行ったときにも
思ったのですが
カトリック教会は聖人のご遺体を
ガラスの柩に納めて、
聖堂の見えるところに
安置したりしますよね。
イタリアでラファエラ・マリアさまの
ご遺体を拝見した時、
ごミサをする聖堂の、
会衆に見えるところに
当たり前のように置かれていて
かなりびっくりしたのを
鮮明に覚えています。


今回も、
自分の目の前の白い柩の中に
チマッティ神父様が
そのままいらっしゃると思うと
何やらドキドキでしたが、
巡礼団はそこでも「あめのきさき」を
そっと合唱してきました。


xxx-kor10.jpg


チマッティ資料館は、残念ながら
鍵がかかっていて
入れませんでした。
調布教会は見所たっぷり!!
また改めて資料館にも
うかがいたいです。


地下聖堂から出てお庭を
横断すると
また聖堂がありました。
神学院の聖堂らしいのですが
入ってよいのでしょうか・・
でも扉は開かれていて
特に立ち入り禁止の札などもなく。
恐る恐る巡礼団は
聖堂の中へ。


かかりんは調布教会で
堅信を受けました。
なつかしい明るい
その聖堂とはまた違う、
重々しい 色彩の、
重厚な落ち着いた聖堂でした。
神学生さんが祈るのにふさわしい
静かな祈りの場のように感じました。
かかりんはこの聖堂が
とてもステキだと思いました。


各自お祈りしたあと、
そこでもそっと
「あめのきさき」を歌います。
そのあと聖堂を出ると、
ルルドのマリアさまが!!

xxx-kor11.jpg


もちろんここでも
「あめのきさき」を合唱して、
さあ、長崎からいらしている
Kさん親子と
我が家、多摩教会で
待ち合わせです!


xxx-kor12.jpg


すっかり気温が低くなっている中、
巡礼団は小走りに
多摩へ向かいます。


やっぱりここが私たちのHOME、
「帰ってきた」って感じが
すごくします。
聖堂のエントランスで
数年ぶりの感激の再会をして、
お嬢さんのYさんを紹介してもらって、
あっという間に時を超えて
和気あいあいと
おしゃべりの花が咲きます。


夕方のごミサに、
6人並んで与ります。
この日のごミサは
星野神父様と豊島神父様の
共同司式でした。
かかりんは初・星野神父様!!
ご本は拝見したことがあったのですが、
初めての星野神父様は
笑顔の優しそうな、
ひょうひょうとした感じの、
歌うように独特の節をつけて
話される神父様でした。
なつかしい長崎の橋本神父様に
ちょっと雰囲気が似ている
と思いました。


ごミサのあと、
豊島神父様にお二人をご紹介して、
教会の近くのお店で
夕ご飯をご一緒して
楽しい時間を過ごして
解散しました。


Kさんのお嬢さんのYさんは
とってもかわいらしくて感じの良い、
ステキなお嬢さんでした。
初対面の
おばさん4人と
楽しくおしゃべりしてくれて
巡礼団一同感激!!
とっても楽しかったです!!


6人でいろんな話をしましたが、
前に鶴巻神父様が
「自分たちの交流が、
東京と長崎との架け橋になると
いいと思う」
っておっしゃってましたが、
かかりんたちもそう思いました。


たまたま巡礼に訪れた長崎で
親切にしていただいて、
一緒にごはんを食べた、
その一回会っただけのKさんが
こうして今度は多摩に来てくださって
昔からの親友同士みたいに
家族ぐるみで
楽しい時間が過ごせる。
とてもステキだなって思いました。


豊島神父様、
Kさんが、次回はぜひ
豊島神父様の
お説教が聴きたいですって
おっしゃってましたよ!!
ぜひよろしくお願いいたします


こうやって距離を超えて
教会家族の輪が広まるって
カトリックならでは
なんじゃないかしら。


世界中どこに行っても、
カトリック教会である限り、
そこは私達の家で、
一緒に食卓を囲む権利がある。
そしてその食卓を囲む人は、
私の信仰の家族。
そしてその食卓は、
信仰のために命を捧げて
奉仕してくださった、
たくさんの神父様たちに
支えられているのです。


カトリックの良さを
しみじみ感じられる
秋の忘れられない一日
となりました。

神様と、
たくさんの神父様たちに感謝。


かかりん
未分類 admin page top↑
パ♪で始まる、天使なお知らせ♪♪
2019 / 11 / 14 ( Thu ) 20:20:37
さてさて、
来たる日が近づいてまいりましたね
東京ドーム教皇様ごミサの
行けますよハガキ届くかなぁ
な日々をいかがお過ごしでせうか?


⚪︎子はハガキ出していないので
心穏やかに天使でいられる
ハズなんですが


⚪︎子の母は出しており、
今日あたりが
ポストの気をつけどころかなぁ
と思っています。
うちの辺は、大体、一日遅いんで
「ま自分がいけなくても、
そしたら誰かが行けるんだから
いいじゃない
と先に、なんにも来なかった時のために
盛り上げてみたり


当初は10日にはわかる
と思われていたので、
土日のミサでは、外れたと思ってたわ
って声もきかれましたが、
ダメだったわと思ってる方も
この一日二日は、
ポストチェックして置くべきみたいですよ
と、天使の声になりえますでせうか?


東京はそもそも月曜日だから、
いろんな理由で行けない人や、
申し込みしてない人たちや、
ハガキが来なかったら
の救済措置を
われらが主任司祭準備してくれてまして
多摩教会で、一緒に配信みよう
ハード面は万全に
準備してくれているので
天使なパブリックビューイングが
行われる?かもしれません。


当初は、暇だからと
神父さんおっしゃってましたが、
ンナワケナカロウと思っていたら、
やはり、従順が降ってくるのでした
またひとつ、
画面に知った顔を探す楽しみも
増えますね
いまだ画面に知り合いが出ると
正座してみちゃう昭和な⚪︎子
知っている人が沢山いたら、
十分繋がっている気になりますよね


まだ、その多摩教会での
パブリックビューイング。
当日か、別の日にか。
いつの開催かが現在未定で
わかりません。


当日なら、同じ時なのか、
その夜になのか、
事後なら、行ってきた人の喜び話も
聞けるね〜ってことで、
どれにしても楽しみですね
お知らせをわくわく待ちませう


決まり次第ホームページで
お知らせすることになっている
そうなので


みんなでみよう
パブリックビューイング
の天使なお知らせをお楽しみに
多摩教会ホームページ
を要チェックです


みんな行けるとイイねぇ


あら、今、ダメだったわって見えた方が


ヤッパリ外れると落ち込むね。。。
と、オシャベリ、
きっとバチカンにいけるよ!って
言ってたら、


「そうだ!わたしが行けなくても
誰かが行けるんだ!」
っておみどうに登っていかれました
ずっと母に言ってる言葉が
この人の口から出てびっくり
知恵ある人
サスガ一緒に見ようねぇ♪♪


日本にずっとずっと
心にかけて下さっていらした教皇様を
心からお迎えできるように
ひとりひとりの守れるいのちに
心を向けて
思いあって感謝のお祈り
いたしませう


⚪︎子

未分類 admin page top↑
2019秋・歌う巡礼団のワンデイ東京巡礼 その②
2019 / 11 / 12 ( Tue ) 11:42:27
さて、その①の続きです!


午後になって少し気温が
低めになった中、
巡礼団は駅から歩いて
調布教会に到着しました。
聖堂に入りたかったけれど
この日はちょうど
「原城、哭く」という
オペレッタの上演中で
(なんとチマッティ神父様が
原作らしいです!!)
入れなかったです。


オペレッタの受付の方に
「何か?」と聞かれたので
「コルベ神父様の展示を見に来ました」
と伝えると
信徒館で展示してるので
どうぞと言われました。
そしたらそこはオペレッタの出演者の方の
楽屋になってるらしく、
着物を着た男性が
何人かうろうろされてます。
多摩教会の信徒の
Sさんにもお会いしました。



xxx-koru5.jpg

xxx-koru6.jpg


〇子さんとは
入れ違いだったらしくて
会えませんでしたが
20枚のパネルを4人で
じっくり見せていただきました。
う~ん、すごいボリューム!
確かにこれは
多摩教会では置く場所が足りません!
でも、すごく見ごたえがありました。


たくさんのパネルの中で、
特にかかりんの心に残ったのは、
アウシュビッツのコルベ神父様が
亡くなられた部屋の写真、
それからコルベ神父様の
おひげの写真でした。


アウシュビッツで
焼かれてしまったので
この世から消失してしまった
コルベ神父様の亡骸。
おひげだけが残ってこうして
コルベ神父様の肌のぬくもりを
後世に伝えてくれています。
その貴重なおひげが、
多摩教会にも展示されてるのだなあ、
と改めてしみじみと
そのすごさを実感しました。


この日は神様のために
ご自分の命を捧げた神父様たちに
たくさん出逢える日でした。


コルベ神父様の展示を見たあと、
ツアコンAさんが
「実はここにキアラ神父様の
墓碑があるのよ」と言いました。
それも踏まえての
調布教会めぐりでした。
Aさんナイス!!


調布教会のお庭の
日当たりの良い一角に、
ひっそりとその墓碑はありました。


xxx-koru7.jpg

かかりんはこの日まで
調布教会に3回
行ったことがありましたが
一度もこの墓碑に
気付きませんでした!


xxx-koru8.jpg


キアラ神父様は
仏式で埋葬されたため、
墓碑も梵字が書かれているのですが、
石の上が神父様の
帽子の形になっているのです。
なんだか不思議でしたが、
江戸の当時の人々の
キアラ神父様への想いが
伝わってくるように感じました。


アナタハサイゴマデシンプデシタヨ


上からの命令で拷問して
棄教させて幽閉せざるを得ず、
仏式に火葬で
埋葬にしなければならなかったけれど。
そんな声が聞こえてくるような
気がしました。


そして、埋葬されていたお寺が
なくなって、
別の墓地に移されていて
行方知れずだった
キアラ神父様の墓碑を、
探し出して
教会に移してくださった
サレジオ会の神父様、
ありがとうございます!!
キアラ神父様は
やっぱり教会で
眠ることができるようになって
絶対うれしかったと思うのです。


この墓碑の前でも
巡礼団は心をこめて
あめのきさきを合唱しました。


長くなったのでその③につづく!



かかりん
未分類 admin page top↑
* HOME * next