FC2ブログ
掲示板の宝物♪~final~黙想
2018 / 08 / 02 ( Thu ) 08:51:11
朝ミサ後、ちょっとした
黙想のときが持てるのが
今の、〇子の日々の栄養です。


8月に突入いたしました!
この金曜日は、
ハツキンごミサが10:00~
金曜入門講座は
昼夜(8/10まで)やってます




昨夕、お隣の教会ですが、
「晩の祈り」をしていた時間帯の
ミサにあずかり、
思い起こしていました。


xxx-kuro.jpg


あの、洗礼前の一年、
気の向く時だけ参加していた、
「晩の祈り」。


そのおかげで、今、困ったときには、
「教会の祈り」を手に
祈ることができていて。
「朝のいのり」もするようになった
自分がいて、
本当にありがたいクセがつきました。


たっくさんの、シスターたち
神父さんたちが祈っているって
思える後ろ盾がまたありがたい。


これを祈る。いや、読んでるだけかも。
でも、かみさまへ向かう方向へ
自分を向けることが
できるのではないかと思えます。


あのとき一緒に祈っていた人と
数年後、あの時は
ほんとに恵まれた時だったねと
共感しましたが。
今のこんなときも
いつまでも続かない。
今をしっかり感謝して
恵みをめいっぱいうけなくちゃ。
と、窓の外の青空をぼっと見ていたら、


自衛隊?と思しきトラックが
前の大通りに二台。信号待ち。
クーラーなんてあるわけのない、
荷台にフォロの中に
沢山人がのっていて、
そこから、〇子が連想するのは、
被災地でした。


大雨の水害後、
広島のとある島でがんばっている友に
10何年ぶりに連絡をとりました。


直後では、かえって迷惑かと、
今、かな?と平日のボランティアは必要?
やはり、足りない。
でも、うちの地域は
ひどかったところよりましなんだ。
と、連絡をとりあっていたところ、
台風襲来。
そんな後も、どんな後も、
こんな青空がひろがるんですね。


遠くからでも、いつも祈ってるし。
「明けない夜はない」と
よく言っていた友人のがんばりを
応援できる祈りとなりますように。





8月に!ちょっと足を伸ばしていける、
黙想感覚?黙想会感覚の
豊島神父さん司式の朝ミサのご案内が
お聖堂エントランス掲示板にありますっ
シスター方の歌声に、
すっっっごく近くにある
神の国を感じた気になるごミサです。
掲示板みに多摩教会きてください
お見逃し無く


その隣には、秋の声が聞こえる
黙想会のおしらせもあったんですけどね
大人気で、もう締め切られてしまったんですが
昨年に続き、秋口に黙想にいく
多摩人たちであります。
どんどん磨かれる?多摩教会。


いいなぁ~
ヨーグルトが美味しいとか
黙っていたことを
黙っていられない話とか
昨年の逸話もおもしろかったですが。
とにかく、日常を離れた空間で
祈りに身を浸す
那須まで行ってみたいが、
いまだ、いけていない○子でした。


深大寺そばで我慢の○子♪


みなさま後から出てくる暑さ疲れに
やられぬようお気をつけてぇ~


おあとがよろしいよーでー♪♪



〇子でした、

未分類 admin page top↑
掲示板の宝物~その2 国境なき多摩っ子目指して
2018 / 07 / 26 ( Thu ) 21:48:19
少しさかのぼりますが
七夕な7/7(土)は、
「国境を越えて人びとが出会うために」
という
日本カトリック難民移住者委員会と
カリタスジャパンの共催企画が
東京カテドラルでありました。
もちろん!
随分前から多摩掲示板にありましたよ
豊島神父さん6月の巻頭言にも
書いてありましたし



カリタスジャパンの
「排除ゼロキャンペーン」の一環で。
排除ゼロというのはキャッチィながら邦題。
カリタス地球サイズでは
「Share the journey 」人生の旅をともに❗
⚪子的にはこっちのが好きかな?


交流会では、
この信仰の仲間のひろがりを、
身をもって再確認しました。
カトリックのすごいとこ


10名ずつ位もっとかな?を
10グループ位にわけ、
自己紹介をしつつ、
毛糸玉を次の人に投げる。
名前。出身地。教会など所属先。
自分の教会のイイところ。
但し、ネガティブキーワードは言わない。
個人情報はこの場限り。


毛糸玉を投げ繰り返すうちにネットができ、
そのネットに風船が投げ入れられ
落とさないように遊ぶ。
キャーキャーと黄色い楽しい声があがり
こんなことで?かもしれないんですが、
仲良くなるんですよね~



言葉は通じなくても、
みんなが今しゃべっている
その人を知ろうと集中していて、
だれもが持つ心根の善さに溢れる時間でした。
馴れ合いでない、今を。
自分自分でない、相手を。


そして、最後にひとつのフラッグを作る。
あなたも書かない?書いた?と
ペンを渡し渡され、
「日本語でアイって書いて」と言われたり
「中国語でも書いて」
「同じだよ♪」「そっか」そんなやりとりが
ひとつになっていく。


他のグループは、
なにかちゃんと話あって、
象徴する絵とかをは旗らしく作り
その説明がありましたが、
わがグループはそれぞれがそれぞれに
出てきた思いを書き、それを見て、
じゃあ、と隣のひとも書く
そんな感じでできあがったFLAG


暗い生地の色でみえないところは、
見えるペンで書く?いや、
見えなくてもアルのもいんじゃない?


オープンゆあマインド!と
旗もち役のママが旗をひろげ
急な使命に緊張な多摩教会のY君が
持ち前のおっきなツヨメられた心でプレゼン
会の終わりにそれぞれが、
さんきゅって握手しに歩いていて。


ただ一緒にいるだけの
集められた人と心を開けた。


わたしというものがないような、
わたしはなにが出来て、
わたしはなにが出来なくて
とかいうことの手前の。
存在しあうだけの今から、
何かをもらって
多摩に帰ってきた気がしています。


そして、〆のミサわれらが豊島神父さんと
以前、隣の教会にいらして、
神父様不在時にごミサにきてくださっていた
高木神父さんとが、
並んで先頭に入ってみえて、
ごミサでは、いろんな言葉が入り交じり。
共同祈願もいろんな言葉で。
大司教さまのお説教は英語!
のあと日本語?だったかな?
なんとも充実した一日でした



とっても素敵な一日を
多摩から参加した各々噛みしめて
おりましたとさ。


帰りには、通訳以外にも、
ゴミ係も兼任していた豊島神父さん
あぶれたゴミもちゃんと回収して
多摩へ帰ってきましたとさ。


次回もあったら、
お見逃し無くご参加をば


xxx-Tsha.jpg


あ!ただいま、多摩教会では、
Share the journey Tシャツが
西日本水害寄付のためにあります
ミサ後、是非探してみて下さい


この暑い夏に最適な、
乾きやすい素材のカラフルで、
どれにしようか迷っちゃいます
お見逃しなく


ながながと失礼をば


○子
未分類 admin page top↑
見落としてませんか?掲示板の宝物♪ ~ その1
2018 / 07 / 13 ( Fri ) 11:41:20
さて、昨夕(7月11日)、
福者ペトロ岐部司祭と
187殉教者の列福
10周年をむかえ、
四谷は麹町教会主聖堂で、
列聖祈願ミサがありました。



そのごミサについてのポスターが
大々的にあったわけではありませんが、
多摩教会の掲示板にも、確かに、
そのミサを含む、
講演やなにやらが
列挙されたリストの中に
「司式:全司教」の文字を
〇子見つけた覚えがあります。


あついし~とか電車やだな~とか
どこでもドアがほしいとか
ぎりぎりまでうだうだ不届きにも
言ってたんですが・・・。


祈らなきゃ!と思えば
日もまた涼し?で
頑張ってみたわけです。


おみどう入口でバッタリ
多摩のぶどうの実仲間に出会い。

「たまたま来たんだけど、
これなんのミサなの?」
そんな感じでも、
まねき導いてくださるんですね。
いや、そんなんだから、
わたしたちまねかれたのか。


司教団の入って来られるのをみて
あ!金色のお帽子!!
あ!もしや‼枢機卿さま?!
うわー、と多摩の意識低い系の二人
顔を見合せました。


始まったごミサでは、
まず、この豪雨で被災された方々、
亡くなられた方々への祈り。


6/28に枢機卿さまになられた
前田枢機卿さま
新しくご誕生の司教さま方の
ご紹介がありました。


⚪子は司教団なごミサは
カテドラルでしか知りませんで、
横長なイグナチオ教会おみどうでは
とっても近く、なにやら安心して
祈っていられました。
信じて疑いない人の中にいるって
大事だなと思いました。
その、信じ度が高いと、
素直にそれが伝わってきて、
自分も信じられている感じ。



列聖に向けて、のお祈りとは、
「早く列聖しますように」と
祈っているわけではなく、
それぞれの個人の祈りのはじめに、
ぺトロ岐部司祭や
187殉教者の誰かひとりでもの名前を
覚えて言って、取り次ぎを祈る。


ミサの終わりに、

奇跡と、思われることがあったら
遠慮なく中央協議会までご連絡下さい
と。列聖推進委員会
大塚司教様からご説明があり


なるべく具体的に祈ってみました。
さて、どうなるでしょう


祈らされている時点で、
もう実現されている
と信じる力を強められるごミサでした。


どうしても起こってくる
不安な気持ち、心のざわつき、
いたみやいかり、あきらめ、疲れ。
いろんな思いを祈りにかえ、
祈りにのせ、かみさまに届くよう
殉教者たちに取り次いでいただく。


187人というのは、記録に残っている数。
もっといらしたことでしょう
とお説教でうかがいました。
数字にのらぬ人も思えば、
きっと一年中毎日その殉教者にであい、
守られてるようにも思いました。


歴史というものは、
そのままには伝わらないものですが、
歴史にかくされた、
ひとりひとりの人生があって、
信仰があって。
数字にかくされた、
ひとりひとりの命があって、
つながりがあって。


西日本の豪雨で被災された方のために、
取次をいのりたいと思います。


どうかご一緒に、お祈りください。



そして、奇跡の暁には列聖が



〇子
未分類 admin page top↑
お花畑
2018 / 07 / 13 ( Fri ) 00:53:15
花を咲かせよう
花を咲かせよう


見事な花
綺麗な花
可愛い花
大きな花
小さな花
名もない花


儚い花
逞しい花



それから
葉っぱ葉っぱ葉っぱ


森の中湖の中
海の中砂漠の中山の上谷の底


空と大地の間


アスファルトとコンクリートの隙間


xxx-flow.jpg


私の花
あなたの花


いつかお花畑に風が吹き香り立ち


それはそれは壮大な景色に違いない


そんなこんな
あんなこんな
花花花




かなぶん
未分類 admin page top↑
ブランカとギター弾き
2018 / 05 / 14 ( Mon ) 20:19:44
お久しぶりです、かかりんです!
今度の18日の金曜日から、
お待たせしました!!
待望の金曜入門講座、始まります

皆さまを心からお待ちしています。





さて、5月12日の土曜日は
かかりんは第42回カトリック映画賞の
授賞式&上映会に行って来ました。


xx-catol.jpg


今年の受賞作は
「ブランカとギター弾き」。
かかりんは映画大好きで
かなりマニアックなものも
観に行きますが、
これは初めて聞いた作品です。
どんな内容か予備知識なしで
観に行きました。


主人公はフィリピンの
ストリートチルドレンの
ブランカという11歳の少女。
そして盲目のギター弾きの
ピーターというおじいさん。
(と思ったら、あとでパンフレットを見たら
ピーター、
思ったより若くてびっくり!!)


まず、小さな子供たちが
親の庇護もなく
こんなにたくさん物乞いや
窃盗を重ねながら
必死で生きている現実に
衝撃を受けました。


最近かかりんはご縁があって
フィリピンのハウスオブジョイという
児童養護施設を知ったのですが
そこにいる子供たちは
比較的恵まれた状態にあることが
よくわかりました。


路上で生活する子供たちは
必死で今を生きていて
瞳はキラキラ輝いています。
でも、幸せそうな母子連れを見ると
ブランカはじっとその姿を
目で追わずにはいられません。


テレビで女優さんを見た男性が
「いい女だな、
金があれば買いたいよ」と
言っているのを聞いて、
ブランカはお金を貯めて、
お母さんを買おう!と思い立ちます。


そして、街で出逢った
盲目のギター弾き・ピーターと
旅に出るのですがー。


家族とはなんなのか。
ホームとはどこなのか。


ストレートに考えさせる、
美しい映画でした。
ラストシーンに自然に
涙があふれました。
カトリック映画賞にふさわしい
愛にあふれた作品でありました。
晴佐久神父様がよくおっしゃる、
「福音家族」の姿がそこにありました。
観て良かったです。


カトリック映画祭のお楽しみは、
上映会のあとの
晴佐久神父様と監督の
対談があるのですが、
今年の長谷井宏紀監督!!
とてもハンサムで晴佐久神父様は
「イエスさまみたいな」と
おっしゃっていましたが、
かかりんはお話を聴きながら
「羽を隠している
天使なんじゃないかなあ?」と
思っていました。


中でも、盲目のギター弾きのお話を
作ろうと思っていたら
ピーターに出逢った、
というお話に鳥肌が立ちました。
「ああ、この監督は
神さまに自分の身体を
差し出しているんだなあ」と
思いました。
マザーテレサの祈りを思い出しました。
監督の圧倒的な
心のピュアさに感動しました。


監督は、登場人物の
オーディションをした話をする時に、
「ピーターがいたんです。」
「セバスチャンがいたんです。」
という言い方をされました。
この言い方がとてもいいなあ、
と思いました。


今年も大きな感動を与えてくれた
カトリック映画賞。
来年も楽しみです。



かかりん
未分類 admin page top↑
菊地大司教さまのブログ
2018 / 04 / 17 ( Tue ) 09:35:16
昨日(4月15日)に行われた
多摩東宣教協力体
合同堅信式の様子を
菊地大司教様がご本人のブログ
「司教の日記」に
詳しく書いてくださっています。

ぜひ、訪問してみてくださいね。


菊地大司教様、堅信式の司式
お疲れ様でした!そして、
ありがとうございました!!





この合同堅信式には
多摩教会から
この春の新受洗者
を含む16人が参加されました。


堅信の秘跡によって、
聖霊を受けられたみなさま、
本当におめでとうございます!


みなさまが与えられた
聖霊のたまものを生かして
これからの旅路を
主イエス様とともに、
歩んでいくことができますように
心からお祈りいたします!



Luna
未分類 admin page top↑
2018・合同堅信式
2018 / 04 / 16 ( Mon ) 20:35:50
こんばんは、かかりんです!


本日4月15日の日曜日、
カトリック調布教会で、
多摩東宣教協力体(注1)
合同堅信式(注2)が行われました。


xx-式堅信


司式はなんと、
菊地大司教様!!
かかりんは
初菊地大司教様でした。


今日は、義理の息子のYくんや
フルー2のさくらんぼちゃん、
金曜夜講座に通っていらした
Iさん、Kさんご夫妻を始め、
親しい方がたくさん
受堅者でいらしたので
かかりんは最初から
参列するつもりで朝家を出ました。


多摩教会の10時のごミサでは
豊島神父様の
狸合戦ぽんぽこにまつわる
ものすごく面白いお話を聴いて、
大急ぎでお昼を食べて、
11時半に多摩を出ました。


なりゆきで、多摩教会の方の
受付をすることになったので、
Lunaオヤブンと二人で
早めに調布教会に到着していました。


かかりんたちが
調布教会に着いてすぐに、
なんと菊地大司教様が到着されて
聖堂の下見をされていました。


「わあ!!大司教さまだ!!
こんなに早くから
来てくださるんだ!!」と見ていると、
たまたま司教様がおひとりの時が!!
チャンスです!!


かかりんは先週、
クリスチャンじゃない友人の
フランスのお土産に
奇跡のメダイユ教会のオメダイと
ノートルダム寺院の十字架を
プレゼントされて
それを持っていたのです。


勇気を出して、大司教様に
「大司教様、祝福していただけますか?」
とうかがうと、
大司教様は手にしたスマホをしまって
静かに祝福してくださいました。

かかりん大・感・激!!


そしてだんだん人が集まって来たので
受付をしていると、
横から女性の二人連れが
声をかけてきました。

「あの、お仕事中に申し訳ありません。
前に、学校で教えてませんでしたか?」

「・・・はい。M学園で教えていました。」
「やっぱり!!先生、私習ってました!!」

なんと、はるか昔教えていた卒業生が
この日の調布教会の受堅者として
参加していたのです。


しばらくするとシスターの御一行様が。

そのうちのおひとりが、
かかりんを見つめて、

「わたくし、あなたに
お会いしたことがあると思います。」

「ハイ、シスター。わたくし、
M学園で教えておりましたかかりんです。」

「まあ!!かかりん先生!!」


何十年ぶりで一目みてわかる私って
いったい。笑
世の中の狭さに仰天の
一日となりました。


そして午後2時に
厳かに堅信式は始まりました。


まだ若い大司教様が、
力強い足どリで、
たくさんの神父様方や侍者を従えて
入堂されます。
事前の予想通り、歌声はテノール。
はっきりとよく通る声が響きます。


お説教は平和に関するもので
長らく海外で働いていらした
大司教様にふさわしい
グローバルな視点のすばらしいものでした。
弱い者に目を向ける姿勢が教皇様にも
重なって見えました。
カトリックはカッコイイ!!と
改めて惚れ直しました。


聖体拝領は、
たまたま大司教さまからいただける
列にいたので
大司教様のお顔を見ながら
はっきりと「アーメン」と答えました。


xx-2堅信


ごミサが終わって
記念撮影が終わると、
お隣のホールでパーティーが。


調布教会の皆様の
すばらしい手作りのごちそうが
所狭しと並んでいます。
バケットの上にいろんな種類のサラダ
などが載ったカナッペ、
おいも?のフライ、
ゼリーの入ったフルーツポンチ、
ステキなショートケーキ。
全部手作りだったことに
感激しました!

N教会委員長が
「これいいね。今度うちでもやろうか。」
と、カナッペを絶賛されていました。
どれもとてもおいしかったです。


なごやかな雰囲気の中、
パーティーが終わり、
堅信式のイベントは終了しました。
盛りだくさんで、
とても心が豊かになる
すばらしい一日となりました。


堅信を受けられた皆様、
おめでとうございます!!
皆さまがカトリック信徒として、
ますます
神さまの手足となって
たくさんの福音を
伝えていくことができますように。



かかりん



注1)調布教会、府中教会、多摩教会の3教会からなる宣教協力体


注2)(カトリック教会において)堅信は七つの秘跡の一つである。堅信の秘跡は、洗礼の恵みの完成に必要なものとされ、その効果は、聖霊降臨のときと同じような聖霊の特別な注ぎが行われることであるとしている。(Wikipediaより)
未分類 admin page top↑
福島の美味しいもの
2018 / 03 / 02 ( Fri ) 22:00:52
今回の被災地巡礼ツアーで
心に残ったこと。


それは福島は
食べ物が豊かで美味しい
ということです。


南相馬で食べたお昼ごはんも
夜のホテルの夕食も
とっても良かったです。


バスでの移動が長かった
今回の旅では
あちこちのサービスエリアで
トイレ休憩しました。


そこですかさず
お土産をゲットです。
魅力的な食べ物がありすぎて
どれを買ったらいいか
焦りましたー。


今回のツアーの
戦利品の一部を
紹介します
(もう食べてしまって
これが全部ではないのです)


xx-OMIYA.jpg


福島産というだけで
避けてしまうのは
もったいない!
と力説しておきます。


あ、念のため言いますが
もちろん今回のツアーの
最大の目的は「祈り」です。


決して食べ物のことしか
頭になかった訳では
ありませんからねー!!


ドングリ
未分類 admin page top↑
被災地巡礼の旅
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 19:31:44
被災地巡礼ツアーに
参加してきました。


最初はあまり
乗り気ではなかったのですが…
でも行ってみないと
分からないことが沢山ある、
そう実感した旅でした。



二日目に宮城県の南端にある
山元町という
海沿いの町へ行きました。


ここも津波で
大きな被害を受けた町です。
沢山の人が流された
海に向かって仲間と
十字架の道行きをしました。


辺り一面の原っぱは
ただただ静かで、
そこにあった当たり前の日常が
失われてしまった
という現実が胸に迫りました。


xx-yamamoto.jpg


知らなかったのですが
山元町はイチゴの産地で
イチゴ狩りもできちゃう。
皆で名産のイチゴを
堪能してきました。


もちろんお土産に
沢山買って帰りました。



ドングリ
未分類 admin page top↑
オリンピック
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 00:36:24
終わりましたね、オリンピック


「オリンピックって、
参加することに意義がある、
って、大会じゃなかったっけ?
いつの間にか、メダルの数を競う
大会になってるよね~


とある先輩信者が
おっしゃってましたが…
確かに~~。


それでも、素直にうれしい
金メダル
羽生結弦選手の活躍などなど、
素晴らしかった!ですね~


また、小平奈緒選手の
コメントには感心いたしました。


「与えられるものは有限。
求めるものは無限。」とか?!


ただし、
無限のものを求める心を
与えてくださる
無限のおん者がおられる
だから、与えられるものも、
無限!!(もちろん、この世的なものではありませんが。)
ということを
私たちは知っている~
と、テレビの前で密かに
突っ込んだことは内緒です。


Luna
未分類 admin page top↑
* HOME * next