ブランカとギター弾き
2018 / 05 / 14 ( Mon ) 20:19:44
お久しぶりです、かかりんです!
今度の18日の金曜日から、
お待たせしました!!
待望の金曜入門講座、始まります

皆さまを心からお待ちしています。





さて、5月12日の土曜日は
かかりんは第42回カトリック映画賞の
授賞式&上映会に行って来ました。


xx-catol.jpg


今年の受賞作は
「ブランカとギター弾き」。
かかりんは映画大好きで
かなりマニアックなものも
観に行きますが、
これは初めて聞いた作品です。
どんな内容か予備知識なしで
観に行きました。


主人公はフィリピンの
ストリートチルドレンの
ブランカという11歳の少女。
そして盲目のギター弾きの
ピーターというおじいさん。
(と思ったら、あとでパンフレットを見たら
ピーター、
思ったより若くてびっくり!!)


まず、小さな子供たちが
親の庇護もなく
こんなにたくさん物乞いや
窃盗を重ねながら
必死で生きている現実に
衝撃を受けました。


最近かかりんはご縁があって
フィリピンのハウスオブジョイという
児童養護施設を知ったのですが
そこにいる子供たちは
比較的恵まれた状態にあることが
よくわかりました。


路上で生活する子供たちは
必死で今を生きていて
瞳はキラキラ輝いています。
でも、幸せそうな母子連れを見ると
ブランカはじっとその姿を
目で追わずにはいられません。


テレビで女優さんを見た男性が
「いい女だな、
金があれば買いたいよ」と
言っているのを聞いて、
ブランカはお金を貯めて、
お母さんを買おう!と思い立ちます。


そして、街で出逢った
盲目のギター弾き・ピーターと
旅に出るのですがー。


家族とはなんなのか。
ホームとはどこなのか。


ストレートに考えさせる、
美しい映画でした。
ラストシーンに自然に
涙があふれました。
カトリック映画賞にふさわしい
愛にあふれた作品でありました。
晴佐久神父様がよくおっしゃる、
「福音家族」の姿がそこにありました。
観て良かったです。


カトリック映画祭のお楽しみは、
上映会のあとの
晴佐久神父様と監督の
対談があるのですが、
今年の長谷井宏紀監督!!
とてもハンサムで晴佐久神父様は
「イエスさまみたいな」と
おっしゃっていましたが、
かかりんはお話を聴きながら
「羽を隠している
天使なんじゃないかなあ?」と
思っていました。


中でも、盲目のギター弾きのお話を
作ろうと思っていたら
ピーターに出逢った、
というお話に鳥肌が立ちました。
「ああ、この監督は
神さまに自分の身体を
差し出しているんだなあ」と
思いました。
マザーテレサの祈りを思い出しました。
監督の圧倒的な
心のピュアさに感動しました。


監督は、登場人物の
オーディションをした話をする時に、
「ピーターがいたんです。」
「セバスチャンがいたんです。」
という言い方をされました。
この言い方がとてもいいなあ、
と思いました。


今年も大きな感動を与えてくれた
カトリック映画賞。
来年も楽しみです。



かかりん
未分類 admin page top↑
菊地大司教さまのブログ
2018 / 04 / 17 ( Tue ) 09:35:16
昨日(4月15日)に行われた
多摩東宣教協力体
合同堅信式の様子を
菊地大司教様がご本人のブログ
「司教の日記」に
詳しく書いてくださっています。

ぜひ、訪問してみてくださいね。


菊地大司教様、堅信式の司式
お疲れ様でした!そして、
ありがとうございました!!





この合同堅信式には
多摩教会から
この春の新受洗者
を含む16人が参加されました。


堅信の秘跡によって、
聖霊を受けられたみなさま、
本当におめでとうございます!


みなさまが与えられた
聖霊のたまものを生かして
これからの旅路を
主イエス様とともに、
歩んでいくことができますように
心からお祈りいたします!



Luna
未分類 admin page top↑
2018・合同堅信式
2018 / 04 / 16 ( Mon ) 20:35:50
こんばんは、かかりんです!


本日4月15日の日曜日、
カトリック調布教会で、
多摩東宣教協力体(注1)
合同堅信式(注2)が行われました。


xx-式堅信


司式はなんと、
菊地大司教様!!
かかりんは
初菊地大司教様でした。


今日は、義理の息子のYくんや
フルー2のさくらんぼちゃん、
金曜夜講座に通っていらした
Iさん、Kさんご夫妻を始め、
親しい方がたくさん
受堅者でいらしたので
かかりんは最初から
参列するつもりで朝家を出ました。


多摩教会の10時のごミサでは
豊島神父様の
狸合戦ぽんぽこにまつわる
ものすごく面白いお話を聴いて、
大急ぎでお昼を食べて、
11時半に多摩を出ました。


なりゆきで、多摩教会の方の
受付をすることになったので、
Lunaオヤブンと二人で
早めに調布教会に到着していました。


かかりんたちが
調布教会に着いてすぐに、
なんと菊地大司教様が到着されて
聖堂の下見をされていました。


「わあ!!大司教さまだ!!
こんなに早くから
来てくださるんだ!!」と見ていると、
たまたま司教様がおひとりの時が!!
チャンスです!!


かかりんは先週、
クリスチャンじゃない友人の
フランスのお土産に
奇跡のメダイユ教会のオメダイと
ノートルダム寺院の十字架を
プレゼントされて
それを持っていたのです。


勇気を出して、大司教様に
「大司教様、祝福していただけますか?」
とうかがうと、
大司教様は手にしたスマホをしまって
静かに祝福してくださいました。

かかりん大・感・激!!


そしてだんだん人が集まって来たので
受付をしていると、
横から女性の二人連れが
声をかけてきました。

「あの、お仕事中に申し訳ありません。
前に、学校で教えてませんでしたか?」

「・・・はい。M学園で教えていました。」
「やっぱり!!先生、私習ってました!!」

なんと、はるか昔教えていた卒業生が
この日の調布教会の受堅者として
参加していたのです。


しばらくするとシスターの御一行様が。

そのうちのおひとりが、
かかりんを見つめて、

「わたくし、あなたに
お会いしたことがあると思います。」

「ハイ、シスター。わたくし、
M学園で教えておりましたかかりんです。」

「まあ!!かかりん先生!!」


何十年ぶりで一目みてわかる私って
いったい。笑
世の中の狭さに仰天の
一日となりました。


そして午後2時に
厳かに堅信式は始まりました。


まだ若い大司教様が、
力強い足どリで、
たくさんの神父様方や侍者を従えて
入堂されます。
事前の予想通り、歌声はテノール。
はっきりとよく通る声が響きます。


お説教は平和に関するもので
長らく海外で働いていらした
大司教様にふさわしい
グローバルな視点のすばらしいものでした。
弱い者に目を向ける姿勢が教皇様にも
重なって見えました。
カトリックはカッコイイ!!と
改めて惚れ直しました。


聖体拝領は、
たまたま大司教さまからいただける
列にいたので
大司教様のお顔を見ながら
はっきりと「アーメン」と答えました。


xx-2堅信


ごミサが終わって
記念撮影が終わると、
お隣のホールでパーティーが。


調布教会の皆様の
すばらしい手作りのごちそうが
所狭しと並んでいます。
バケットの上にいろんな種類のサラダ
などが載ったカナッペ、
おいも?のフライ、
ゼリーの入ったフルーツポンチ、
ステキなショートケーキ。
全部手作りだったことに
感激しました!

N教会委員長が
「これいいね。今度うちでもやろうか。」
と、カナッペを絶賛されていました。
どれもとてもおいしかったです。


なごやかな雰囲気の中、
パーティーが終わり、
堅信式のイベントは終了しました。
盛りだくさんで、
とても心が豊かになる
すばらしい一日となりました。


堅信を受けられた皆様、
おめでとうございます!!
皆さまがカトリック信徒として、
ますます
神さまの手足となって
たくさんの福音を
伝えていくことができますように。



かかりん



注1)調布教会、府中教会、多摩教会の3教会からなる宣教協力体


注2)(カトリック教会において)堅信は七つの秘跡の一つである。堅信の秘跡は、洗礼の恵みの完成に必要なものとされ、その効果は、聖霊降臨のときと同じような聖霊の特別な注ぎが行われることであるとしている。(Wikipediaより)
未分類 admin page top↑
福島の美味しいもの
2018 / 03 / 02 ( Fri ) 22:00:52
今回の被災地巡礼ツアーで
心に残ったこと。


それは福島は
食べ物が豊かで美味しい
ということです。


南相馬で食べたお昼ごはんも
夜のホテルの夕食も
とっても良かったです。


バスでの移動が長かった
今回の旅では
あちこちのサービスエリアで
トイレ休憩しました。


そこですかさず
お土産をゲットです。
魅力的な食べ物がありすぎて
どれを買ったらいいか
焦りましたー。


今回のツアーの
戦利品の一部を
紹介します
(もう食べてしまって
これが全部ではないのです)


xx-OMIYA.jpg


福島産というだけで
避けてしまうのは
もったいない!
と力説しておきます。


あ、念のため言いますが
もちろん今回のツアーの
最大の目的は「祈り」です。


決して食べ物のことしか
頭になかった訳では
ありませんからねー!!


ドングリ
未分類 admin page top↑
被災地巡礼の旅
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 19:31:44
被災地巡礼ツアーに
参加してきました。


最初はあまり
乗り気ではなかったのですが…
でも行ってみないと
分からないことが沢山ある、
そう実感した旅でした。



二日目に宮城県の南端にある
山元町という
海沿いの町へ行きました。


ここも津波で
大きな被害を受けた町です。
沢山の人が流された
海に向かって仲間と
十字架の道行きをしました。


辺り一面の原っぱは
ただただ静かで、
そこにあった当たり前の日常が
失われてしまった
という現実が胸に迫りました。


xx-yamamoto.jpg


知らなかったのですが
山元町はイチゴの産地で
イチゴ狩りもできちゃう。
皆で名産のイチゴを
堪能してきました。


もちろんお土産に
沢山買って帰りました。



ドングリ
未分類 admin page top↑
オリンピック
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 00:36:24
終わりましたね、オリンピック


「オリンピックって、
参加することに意義がある、
って、大会じゃなかったっけ?
いつの間にか、メダルの数を競う
大会になってるよね~


とある先輩信者が
おっしゃってましたが…
確かに~~。


それでも、素直にうれしい
金メダル
羽生結弦選手の活躍などなど、
素晴らしかった!ですね~


また、小平奈緒選手の
コメントには感心いたしました。


「与えられるものは有限。
求めるものは無限。」とか?!


ただし、
無限のものを求める心を
与えてくださる
無限のおん者がおられる
だから、与えられるものも、
無限!!(もちろん、この世的なものではありませんが。)
ということを
私たちは知っている~
と、テレビの前で密かに
突っ込んだことは内緒です。


Luna
未分類 admin page top↑
福島巡礼その2
2018 / 02 / 24 ( Sat ) 18:31:07
津波は
青色のところまで来たそうです。
9.3メートル!!
福島県南相馬防災センターにて。

xx-bosa.jpg


地震、津波、原発の
トリプル被害にあった
福島。



車窓から見える
広大な荒れ果てた
農地・・・。


あの震災から7年、
あちこちに、トン(一トン)袋という
汚染土を入れた袋の
堆積場がありました。



除染作業もかなり進み、
放射線量も低く、
原発近くも、かなり
安全になっています。


そして、福島県は広い!
バスで宮城県境まで
北上しながら
つくづく感じました。


食べ物も
とってもおいしかった!
ですよ~


原発コース組を含む
詳しい、レポや感想は
のちのち、HPにて
担当の方々が発表する予定。
どうぞお楽しみに~。


豊島神父様の
ニューズ巻頭言も・・


まずは、簡単なご報告まで。



最後になりましたが、
幸田司教様をはじめ
カリタス南相馬の方々、
大変
お世話になりました!


原町教会でのミサ
とても心に響きました!


どうもありがとうございました!!



Luna
未分類 admin page top↑
福島巡礼~被災地の海辺にて
2018 / 02 / 24 ( Sat ) 01:14:34
「被災地の海辺で祈る」コース
というのに心が動いて
行ってきました!

2月22日と23日の
一泊二日の福島巡礼。


行ってよかった!です!!


「海辺で祈る」コース組
(イチゴコースではありません
の8人で、身を切るような寒風の中、
心を合わせて
祈りを捧げられたことは
言葉にならない体験であり、
大きな恵みでもありました。


xx-Miumi.jpg


小雨模様の曇り空だったのに、
浜辺で祈った後は快晴に。


大津波に豹変するとは
とても思えないほど
海は美しかったです・・・。


Luna
未分類 admin page top↑
神の母 聖マリア
2018 / 01 / 05 ( Fri ) 18:23:49
新年 あけまして
 おめでとうございます。






2017年は
今の日本が享受している
〝平和″の危うさ、もろさを
今までになく感じさせられた
年でした。


無事に
新年を迎えられたこと
心から神さまに
感謝いたします。


2018年が 
皆様お一人おひとりにとっても、
日本にとっても、世界にとっても、
″平和″な年になりますよう
心から祈ります。





ところで、
カトリック教会は一月一日を
「神の母聖マリアの祭日」
に制定しています。


この「神の母」という
不思議な呼名について
教皇フランシスコは
次のように
説明してくださっています。


一年は「神の母」の名のもとに
始まります。「なぜわたしたちは
「神の母」と言い、
「イエスの母」とは言わない
のでしょうか。


過去に
ある人々は「イエスの母」で
十分であると主張しました。
しかし、教会は
「マリアは神の母である」
とはっきりと宣言しました。


わたしたちはそれに
感謝すべきです。
なぜなら、この言葉には
神とわたしたちについての
輝ける真理
が詰まっているからです。


主は、
マリアを通して受肉された時以来、
その時から永遠に、
わたしたちの人性を
背負っておられます。


イエスが母から受けた肉は、
今も、そして永久に彼のものです。


神はもう人間抜きでは
あり得ません。


つまり、「神の母」が
わたしたちに
思い起こさせるのは、
胎内の子どもが
母のすぐそばにいるように、
神は人間の近くにおられる
ということです。


バチカン放送局のHPの

『元日:「『神の母』を
一年の出発点に」教皇によるミサ、
バチカンで』

に全文が載っていますので、
よろしかったら、
どうぞ訪問してみてくださいね。





遅ればせながら、この年末に、
「ローマ法王になる日まで」
のDVDを借りて観ました。


あの残酷な独裁政権下での
苦しみを体験してもなお、
神への信頼、聖母への信頼
を失わないでおられる!


このような方を教皇として
お与えくださったことは、
わたしたちへの
神さまからの
はっきりしたメッセージ・・・だと
つくづく思って、
久々に教皇様のお言葉を
少しだけ、アップさせて
頂きました。


さて、と・・”信頼”のうちに
今年の歩みを始めます・・・。

Luna
未分類 admin page top↑
12月といえば冬のからすうり
2017 / 11 / 29 ( Wed ) 09:05:19
仲秋の名月なんて
とっくのとおに過ぎたし
もう今週には
12月が始まっちまうし


それでもススキは
ピカピカしながら風にそよいでるし
からすうりは
元気に赤らんじゃってるし



部屋はお掃除できてないし
気が付いたら
靴下に穴が空いてるし
懐は寒いし
実は空気も寒いし



ああ、忙しい、忙しい!
なのに
クリスマスキャロルなんか
口ずさんでたりして。



お聖堂でボーっとしてたい



xx-kara.jpg


かなぶん
未分類 admin page top↑
* HOME * next