ひんやりパラダイス
2017 / 08 / 08 ( Tue ) 00:07:05
広報さんから素敵なチラシを拝借して♪

2017年ひんやりパラダイス


神さまと私たちの関係は
「ギブ&テイク、ではなく
ギブ&ギブ。
神さまは共に居て、
一方的に恵みを与え続けておられる。」

でも、

「子どもが成長すると
お母さんのお手伝いをするように、
私たちも、
いつかは天の父の手伝いをして、
一緒に働くようになる、
その中でまたさらに
神さまの親心を知り、
その温かさに気づいていく、」


と7月最後の入門講座で
豊島神父様はお話しくださいました。


・・・というわけで、
私たち入門係もほんの少しだけ
神さまのお手伝い。


「ひんやりパラダイス」


いよいよ、今週の土曜日ですよ~~。

初めての方、何度目かの方
大歓迎!


多くの方のお越しを
心からお待ちしています。



Luna
お知らせ admin page top↑
トヨジェラ♪『高山右近』
2017 / 02 / 27 ( Mon ) 23:11:25
こんにちは、
トヨジェラコンシェルジュkey 子です♪
早くも第二段おすすめは! 


や!は!り!


2/7に大阪城ホールで列福式のあった
ユスト高山右近
ゆるキャラ『うーこんどの』
しか知らないな~(´~`)と
思っているところへ



「重かった~」と豊島神父さんが
紙袋いっぱいの本を仕入れて
帰ってみえて!その中身が


『漫画 キリシタン大名 高山右近』
(青山 むぎ著 いのちの言葉社)でした。



右近の一生涯がダ~っと読めちゃう・
コンビニ駐車場で三時間!
家に帰る前に読み切っちゃいました!
詳しいことはスっ飛ばして、
まずは流れを読む。
結構な情報量と漢字が沢山のマンガです。



右近に牛肉を食べさせてもらいにくる
細川さんやら、
祈ってるのを笑われて、
もう牛肉喰わしてやらん:と言ってる右近やら、
ロレンツォって日本人だったのかとか
右近が八王子攻めに来たのかとか
前田さん偉かったな~とか
マンガならではなのか
ずいぶん身近に感じます。



領民二万五千人のうち
一万八千人がキリシタンとなったとか
ハレサク神父さんが羨ましがっていたのは
これか~とか思ったり



講座に出た人が
「いいよね~この話」と共感しあう姿は
ハレサク神父さんも
トヨシマ神父さんも
オルガンティーノ神父さんも
一緒だな~と


教えに共感した大名が
右近を追っかけては信仰の質問をする場面とか
多摩教会でもよくみかけるシーンに重なります



このマンガ高山右近
大好評?につき?飛ぶように消えていって、
今日またトヨジェラに数冊つまれていましたが、
神父さんが方々から
買いさらって来てくださったので、
東京で今日明日よみたい方は
多摩教会へ!という品薄のようです







このマンガの後に読むにおすすめなもう1冊!
写真たっぷりの
高山右近(ドンボスコ社)



当時の教皇さまからのお手紙の写真が
リアルです。


この2冊で
かなり右近スピリットを貰えたような?
右近に出会ったような・
この列福に一命をとした方への感謝とともに
このおめぐみをよろこび
次の列聖に向けて祈ります。




さて!次のトヨジェラは?
なんでせう?お楽しみに~




今回はちゃんと読んでおすすめの
トヨジェラ コンシェルジュ key子
お知らせ admin page top↑
「CARPE DIEM」 と 「ここナツ」
2015 / 07 / 01 ( Wed ) 22:09:00
小俣浩之氏主催、
カトリック多摩教会後援のコンサート
「CARPE DIEM」
大成功のうちに終えることが出来ました!


お越しくださったみなさま、
ほんとうにありがとうございました!!


歌、ピアノ、ダンスなどなど,
盛りだくさんのコンサート。
楽しかったです!


多摩教会には、音楽の才能に
恵まれた人がとても多いんです・・・!


そんな中、
(ド素人の)私も混声合唱団の一員として
歌わせていただいたのですが・・・
とっても楽しかった!!
貴重な体験が出来て、感謝!です。


小俣氏作曲のミサ曲も大好評。
これから、教会の典礼聖歌として、
広く愛され、歌い継がれていけばいいな、
と思っています。





さて、さて、次は「ココナツ」!
(心の病で苦しんでいる人のための夏祭り)

実行委員みんなで、心を込めて
準備をしています。
(今年も、かなりの入門係が関わってます。)


7月5日(日曜日)、午後4時のミサから
が始まりですよ~。


昨年、参加して下さった方、
是非、また、いらしてくださいね!


そして、昨年は参加したくても、
出来なかった方、
今年こそ、思い切って、
お越しくださいませ。



心より、お待ちしています。




Luna 
お知らせ admin page top↑
パパ様より ~ 歌いながら♪
2015 / 06 / 26 ( Fri ) 11:36:34
歌いながら進みましょう。

この惑星に対する私たちの苦労や心配が、

決して

希望の喜びを奪い取りませんように。


教皇フランシスコ







パパ様より、
まさかの励ましのお言葉!?

勇気百倍!!

明日は「CARPE  DIEM」へ
(無料コンサート 詳しくはHPトップにて)
是非、お越しください。
ご一緒に、楽しい時を過ごしましょう!


Luna 
お知らせ admin page top↑
待降節 ~ もうすぐクリスマス
2014 / 11 / 28 ( Fri ) 12:20:45
a-irumi.jpg
a-irumi2.jpg


11月30日の日曜日から、カトリック教会は
待降節~主イエスの降誕(クリスマス)
を準備する期間に入ります。


クリスマスを待ちわびて(?)、
世間ではすでにあちこちで、
美しいイルミネーションが展開。


晴佐久神父様は何年か前に、
パリのシャンゼリゼ大通りの点灯式を体験し、
大感激されたそうです


われらが地元多摩センターも
がんばってますとも!
パリほどではありませんが・・・


いかがですか?
毎年、微妙に、グレードアップしている、
ような・・・?



Luna
お知らせ admin page top↑
入門講座新年会(交流会)
2014 / 01 / 02 ( Thu ) 01:30:00
<入門係よりお知らせ>


入門講座新年会(交流会)を開きます

 
  日時: 2014年1月11日(土)10時半より

  場所: カトリック多摩教会 信徒館1階ホール


  ☆ 晴佐久神父様、お留守のため、
    神父様のお話はありません。


         
神父様がいらっしゃらないのは残念ですが

新年の初めに、皆で集まって、楽しくお話しませんか。

普段は顔も知らない、金、土、日、各講座の皆さんが

お互いを知り合う良いチャンスでもありますよ~。

是非、お越しください。

もちろん、お茶、お菓子、軽食付き♪

もちろん、無料です。

初めての方も大歓迎!


入門係一同、心よりお待ちしております。


          


☆ 入門講座は2014年1月17日(金)より



Luna
 
お知らせ admin page top↑
ふくれまんじゅう
2013 / 07 / 28 ( Sun ) 22:00:00
受洗したばかりの、もう、ウン十年も前のことです。
九州の実家に帰省していた時に聖母被昇天の祝日があり、
長崎県五島出身のシスターから
手作りのおまんじゅうを頂いたことがあります。 

それが五島の信者さんたちが被昇天の日に作るという
『ふくれまんじゅう』でした。


その真っ白い、大きな、ふっくらしたおまんじゅうを見た瞬間、
被昇天とはふくれまんじゅうのこと!と思い、
嬉しくてたまらなくなった記憶があります。。。


(そのときまでは、被昇天とか言われても、
あんまり関心がなかったような・・五島の信者さんに感謝!)

多分、とってもおいしい祝日
ということを直感したのでしょう・・・が、
それはあながち、間違いでもなかったようで・・・。


「聖母被昇天への信仰は、マリアだけが特別な存在だと
言い表すものではありません。キリストによる救いにあずかる
人たちの象徴として、信じるすべての人たちの救いへの
希望を表現するものです。」
(カトリック中央協議会広報)

らしいですから♪

詳しくは → 聖母被昇天をご参照ください。


『カトリック生活』20138月号(ドン・ボスコ社)でも特集しています。
へ~!と目からウロコ的な記事もあり、おすすめです。
多摩教会の売店『アンジェラ』でも販売しておりますので、ぜひ。


          


8月15日(木)終戦記念日、
この日が聖母被昇天の祝日です。

多摩教会では、17時のミサ後、パーティーもありますので、
どなたでも遠慮なくお越しくださいね。



おいしい焼肉がお待ちしておりますよ~



Luna
お知らせ admin page top↑
教皇フランシスコ説教
2013 / 03 / 27 ( Wed ) 01:00:00
教皇さまのサンタナ教会での説教より


『主は、わたしたちのために来られました。
わたしたちは自分が罪人であることを認めるからです。

けれども、もしわたしたちが祭壇の前で祈る
あのファリサイ派の人のようであれば――
主よ、わたしがほかの人たちのようでなかったこと、
あの門の前にいる徴税人のような者でないことを
感謝します(ルカ18・11-12参照)
――、
わたしたちは主のみ心が分かりません。
あのあわれみを感じる喜びを得られません。

神のあわれみに身をゆだねることは容易ではありません。
神のあわれみははかりしれないほど深いからです。
しかし、わたしたちは神のあわれみに
身をゆだねなければなりません。


「神父様。わたしの生涯をご存知なら、
そのようなことをわたしにいわれないでしょう」。

「なぜですか。あなたは何をしたのですか」。

「恐ろしいことをしたのです」。

「よろしい。イエスのもとに行きなさい。
そのことを話せば、イエスは喜んでくださいます」。

イエスは忘れます。
イエスは特別な忘れる力をもっておられます。
イエスは忘れ、あなたに口づけし、あなたを抱き、
ただこういわれます。

「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。
これからは、もう罪を犯してはならない」(ヨハネ8・11)。


これが、イエスがあなたに述べる唯一の助言です。
一か月後、わたしたちはまた同じ状態にいるかもしれません。

・・・・主のもとに立ち帰りなさい。
主は本当に、うむことなくゆるしてくださいます。』
 

参照 → 
教皇フランシスコのサンタナ教会での説教




教皇様の受難の主日のミサ説教は
こちら
 → 教皇フランシスコの受難の主日のミサ説教


Luna
お知らせ admin page top↑
神は倦むことなく・・・
2013 / 03 / 19 ( Tue ) 15:30:00
3月17日(日)のミサ説教で、晴佐久神父様も触れていた
新教皇フランシスコの説教がカトリック中央協議会HPに
全文掲載されています。

関心のある方は、訪問してみてください。
率直で、わかりやすいお説教ですよ


  参照→教皇フランシスコの最初の説教

17日のお話にもとても心を惹かれました。

一部をご紹介しますね。


神は本当に、本当に、
うむことなくわたしたちをゆるしてくださいます。

・・・問題は、わたしたちがゆるしを求めるのにうむことです。
ゆるしを求めるのを望まず、それにうんでしまうことです。

神はうむことなくゆるしてくださいますが、
わたしたちは、時としてゆるしを求めるのにうむのです。
ゆるしを求めるのにうんではなりません。
決してうんではなりません。』

  参照→教皇フランシスコ「お告げの祈り」のことば



Luna
お知らせ admin page top↑
祝 新教皇フランシスコ誕生
2013 / 03 / 14 ( Thu ) 11:19:08
前教皇ベネディクト16世の突然の辞任から2週間、
新しい教皇が本日ついに誕生しました!


カトリック新聞オンライン速報によれば、選ばれたのは

  「アルゼンチン出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿
  (76/イエズス会)。

   生活様式は質素で、バスに乗って貧しい人を訪問し、
   普通のアパートに住んで自炊をしてきた。
   ブエノスアイレスでは『ホルヘ神父』として知られている。



初の南米出身で、初のイエズス会出身の教皇様。
・・・フランシスコ1世ということは、
教皇の名前にフランシスコを付けたのも初?!

イエス様がもっとも心を寄せるのは、
やはり、貧しい人、苦しんでいる人なんですね!

これからテレビニュースやワイドショーも、
この話題で賑わうことでしょう。
完全な身内ネタなのに、
全世界的注目を集めているというのも、なんだか
誇らしいような、面映ゆいような・・・。

昨日はお昼のワイドショーでもコンクラーベの様子を特集していて、
思わず見入ってしまいました


Luna
お知らせ admin page top↑
* HOME * next