FC2ブログ
平神父さまの特別講話
2019 / 07 / 31 ( Wed ) 09:41:32
7月28日(日)は
コンベンツァル・フランシスコ会の
平神父様の
特別講話がありました。

テーマは「なぜ祈るのか」

平神父様のお話は
いつもとても分かりやすくて
聞いたあとにストンと心に
落ちて残ります。
今回のお話で
特に心に残ったことを
少しだけご紹介しますね。





人間の本質は祈りそのものです。
神様は人間をはかない存在として
造られました。
塵にすぎない人間だからこそ
人は生きている限り
完全で永遠な存在である
神様を求め続けます。
その姿が祈りそのもの。


祈るときには聖霊が働きます。
何かを願って一生懸命祈るとき、
その願いがそのまま叶うとは
限らないけど
聖霊は必ず働いています。


イエス様を死者の中から復活
させることが出来るほどの力が、
聖霊にはあって,
祈りによって
神様は聖霊を
私たちに送ってくださいます。





誰かのため
時には自分のために
必死に祈ったけれど
その願いが叶わないと
ガッカリしますよね。
私も一度や二度ではありません。


でも少し経って
あるいは何年もたったあとに
長い目でみると、
あの時の願いは
叶わなかったけれど
あれで良かったんだ!と
必ず思うのです。
そんなとき
確かな聖霊の働きを感じます。


平神父様がミサのなかで
日本語に対応した
言葉がないけれど、
と前置きして
あるイタリア語を
紹介してくださいました。
何か人に頼まれたときに
「いいよ」というような感じで
使う言葉ですが
直訳すれば

「あなたのために
時間をあけてあるよ」

という意味だそうです。


「祈る」のもまさにそう。
神様の愛と聖霊の働きを
敏感にキャッチできるよう
祈りによって自分の心を
神様にむかって
オープンにしておきたい!
そう思いました。


ドングリ
多摩教会で admin page top↑
猪熊神父様講話
2019 / 07 / 01 ( Mon ) 09:20:42
今日(6月30日)は多摩教会出身の
猪熊太郎神父様の
司祭となって25年の
お祝いの会があり、
ミサ後講話がありました。





司祭になるとなぜ司祭となったか
聞かれることが多いそうですが、
明確な理由はないそうです。


神さまに導かれたとしか
言いようがないのだそうです。


司祭になってからを振り返ると
病気または高齢の司祭と
一緒の生活と
勝手気ままな一人の生活が
なぜか交互にやって来ました。


体が思うままにならない
高齢の司祭との生活を通して
「共に生きる」とはどういうことか
考えさせられました。


神父様は
「寄り添う」という言葉が
嫌いだそうです。


「寄り添う」だけの人は
いっぱいいる。
大事なのは
その人が求めていることに
応えること。


自分が与えられた能力を
人にプレゼントする、
それが本当の意味での
「共に生きる」なのです。


例えば、
人にお金をあげたとします。
その人はお金をあげた私
ではなく、神に感謝しました。
私は誰からも
何ももらってないのでしょうか?
私はお金を人にあげるという
チャンスをいただいたのです。
お世話をするチャンスを
いただいたと考える、
そういう生き方もあるのです。
それが聖書の世界です。


今、社会が
教会に求めていることに
応えられない教会、
自分たちだけのことしか
考えていない教会は滅びます。


11年後は
主任司祭豊島神父様が
25周年を迎えます。
今、私たちに出来ることが
あるはずです。
世の中の人にプレゼント🎁
していきましょう。





自分の能力を使っていただける
機会に恵まれたなら感謝する、
あらためて
キリスト者としての生き方を
考えさせられたお話でした。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
森名誉司教様講話
2019 / 05 / 19 ( Sun ) 22:47:05
今日は森司教様がいらして
ミサ後講話がありました。


いくつかの例を挙げて、
神さまのまなざしについて
お話しくださいました。





フランシスコ教皇様は2015年、
いつくしみの特別聖年に
「自分がいのちを与えた人間が
悲惨な状況になっている
ことに対して、
神さまは責任を感じています。
神さまは人間に幸せになって
欲しいのです。」と
呼びかけられました。


『神さまのまなざし』とは何でしょう?
それは親が子を思う気持ちと
同じです。
創世記第一章では
神は5日間を使って
人間が生きる場を作りあげました。
そして6日目に
人間をつくりました。


第ニ章では
人間に居場所と食べ物と仕事を与え、
「人が一人でいるのはよくない」と
助け手をつくりました。


しかし現実には人間は
自分を優先してしまいます。
人間同士が悲しみを生むのです。
そしてこの世を地獄
にしているのです。


その声なき声に応えるのが
教会の役割です。
今の社会はお金のない人、
能力のない人は
切り捨てられています。
教皇様が「教会は野戦病院であれ。」
と言われたように、
神さまのまなざしで
傷ついた人を助ける教会を
再生していかなければなりません。





森司教様はおだやかで
神さまのまなざしを
お持ちのお方でした。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
ご復活おめでとうございます!
2019 / 04 / 24 ( Wed ) 12:03:44
ご復活
おめでとうございます!


今年、多摩教会では
復活徹夜祭に
幼児洗礼二人を含む
11名の方が洗礼を
お受けになりました


新受洗者のみなさま
ほんとうに

おめでとうございます!


xxx-michi_201904240151338b8.jpg


天の故郷への旅路・・・


主が共にいてくださるから、
荷はぐんと軽くなるはず


励ましあいながら、
ご一緒に歩んでまいりましょう。


Luna
多摩教会で admin page top↑
祝・結婚式
2019 / 03 / 28 ( Thu ) 01:26:12
3月27日。

この日の夜、多摩教会では
青年会史上初の、
青年会で出会って
結ばれた二人の
ステキな結婚式がありました!




これまで青年会のメンバーが
自分の恋人を連れてきて
青年会の仲間になる
ことはありましたが、
青年会で出会ったカップルは
たぶん
今回が初めてのはずです。


新郎のHくんは、
かかりんの息子の無人島仲間で
いろいろお世話になってる
青年だったので、
もちろんかけつけましたとも!


この結婚式は、
正確に言うと、誓いの式で、
新郎新婦は式の前から
スーツと、
かわいい白のワンピース姿で
聖堂の中でお客様と
お話しています。


大学生のころから知っている
新郎Hくんの
晴れ姿にかかりん早くも涙目。


青年会の仲間も続々と集まり、
いよいよ式が始まります。


xxx-shuku.jpg


豊島神父様のお話に、
「結婚は、ギブアンドテイクではなく、
与えて与えて与えつくすものです。
これだけやってあげたんだから、
当然こうしてくれるはずだ、
そうではなくて、
ただ与える。ギブアンドギブ。


私に出逢ってくれてありがとう、
私を選んでくれてありがとう。
そんな気持ちをこめて。」
こんなフレーズがあり、
かかりん胸が痛むことしきり。


かかりん宅での夫婦げんかの
原因の9割は
共働きなのに
家事がかかりんひとりの肩に
かかっていることだからです。


誓いの式が終わって
新郎のあいさつで、
Hくんはこう言いました。


「豊島神父様のお話に、
ギブアンドギブって言葉が
ありましたが、
僕は彼女に
何を与えられるだろうと
考えました。


僕の名前には
喜ぶ、という文字が入っています。
両親が考え抜いて
つけてくれた名前です。


僕は、
妻となったYに、
喜びを与えてあげたい。
彼女に毎日
喜びを与えられる、
そんな夫婦になりたいと
思います。」


かかりん号泣。
感動しました。
なんてステキなんでしょう!


昔から知っているHくんが、
こんなに立派になって、
ほんとに素晴らしい
結婚式でした。
どうぞ末永くお幸せに!!


奇しくもこの3月27日は
かかりんの25回目の
結婚記念日でした。
いわゆる銀婚式です。


今夜は夜勤で留守の
だんなさんですが、
明日はもう少し
優しい気持ちと笑顔を
与えられるようになりたいな、と
反省した夜でありました。笑



かかりん
多摩教会で admin page top↑
平神父様の四旬節特別講話
2019 / 03 / 25 ( Mon ) 09:59:00
今日(3月24日)は
「復活祭を迎えるヒント」
と題して、
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様から
お話をお聞きしました。






始めに神父様は
今日の第1朗読の
モーセが神と出会う個所を
引用され、
燃え尽きることのない=永遠
とは何かを
ご自分の体験談を交えて
お話しくださいました。


永遠なるものとは
人間の言葉では
言い表わせない、
言葉を越えたものであること、
何かはっきりしないが、
神からの働きかけであり、
後からそれが
神から来たものだった
と気づくものだということです。


信仰とは、
その気づきの実体験です。
パウロの回心も
その時にはわからなかったものの、
のちにそれが神との出会い
であったことがわかった
ということだと思います。


それは神のほうから与えられる
恵みなのです。


パウロによれば、
信仰によって
私たちは”義”とされ、救われます。
神は私たちを
どのように導こうとしているのか、
四旬節を過ごす私たちは
そのことを黙想し、
(聖)霊の力に従って生きる
とはどういうことか、
祈りの中に見つけていきましょう。


*********


私もついつい
「聖霊の働きだ〜。」と
都合よく解釈して、
後からあれは単なる
思い込みではなかったか
と思うことがありますが、
思い込みも信仰のうち
と開きなおって、
神さまからの恵みを
取りこぼさないようにしたい
と思います。



アメリ
多摩教会で admin page top↑
そして♪神の母聖マリア♪の大祭日♪♪
2018 / 12 / 31 ( Mon ) 23:24:30
元旦は多摩教会へ
2019年1月1日
ミサは11時からです♪♪


守るべき祝日、
教会に行きましょうと
バチカンから言われている日
でもあります。


初日の出を
どこかで見てからでも
間に合う時間
新年のご挨拶まわり前に
お立ち寄りくださいませ


今年もお世話になりました
来年もどうぞよろしく
お願い致します


◯子

多摩教会で admin page top↑
ご降誕おめでとうございます♪
2018 / 12 / 29 ( Sat ) 21:53:08
多摩教会おみどうでは、
只今、ずっとずっと待っていてくれてる
赤ちゃんイエス様がおられます


え!もう、クリスマス終わったよ。
言うなかれ!
世の中的にはそうですが。
26日には「クリスマス終わったので」
という言葉を
ラジオから何度きいたことやら
カトリック教会はご降誕節にあり。


その日は終わったかもしれませんが
目下!年末モードの中も!
生まれたばかりの日数を数え、
日々感謝を祈っております。


この日曜日は聖家族を祝い、
年明け1月6日は、主のご公現を祝い
この日まで、多摩教会では
プレゼピオは置いてありまして
祭壇後ろの聖家族を見ながらの
歌ミサ


プレゼピオ、クリスマスになると、
イエス様がおかれるところが多いですが。
羊飼いたちもはかせたちも、
イエス様生まれました。じゃーん。
ってどっかから瞬間移動して、
そこにおわしたわけではございません。
遠く遠くから旅して、
天使の言葉や、
星に導かれてたどりつくわけです。
ので、それぞれの教会が、待降節から、
イエスさまを待ち望む意味で
工夫して置いているようです


で、多摩ではご公現まで♪ってわけで、
ご公現が何かっていうのは、
ミサにきてみればわかると思います


明日は聖家族


多摩教会は、今宵
キリスト教暦的には、
日没過ぎから次の日なので、
土曜日18:30の主日ミサあります
日曜は10:00から



一年の感謝をかみさまに歌いに
いらしてください。


あ、昨日、季節はずれに咲いた
お花がありまして
しかも一日花だから、
今日今いるひとしか見れない
ときき、駆けつけたお花を
年の瀬にプレゼントです
みえますかね。


xxx-1こばな


土からひょっこりお花だけ


xxx-こばな2


感謝が咲いちゃいました



◯子
多摩教会で admin page top↑
2018・祈りと聖劇の夕べ  後編
2018 / 12 / 25 ( Tue ) 21:53:06
(この記事は2018・祈りと聖劇の夕べ 前編
の続きです)

そして迎えた本番の日。
お客様が続々と聖堂に
集まってきます。
かかりんの教会以外のお友達も
たくさん来てくれています。


最初に青年Mくんのダンスがあり、
そのあとグレゴリオ聖歌と共に
神父様の入堂、
神父様のお話のあとは
葡萄の実の合唱。今年は
ラターという新しい時代の作曲家の曲を
歌いました。
指揮者のOさんものりのりで
大きくジャンプするシーンもたびたび。
歌いながら、
客席のみなさんの笑顔が見えて、
かかりんは
「楽しいな。もう終わっちゃうの、さびしいな。」
って思っていました。


合唱のあと、急いで衣装に着替えて
かかりんは舞台裏に集まった
子供たちに言いました。


「これから皆さんに聖霊がはたらいて、
すばらしいことを神様が
してくださいます。
最高の演技で満員のお客様を
感動させちゃいましょう!!」

すると、スーパーキャンプリーダーの、
かかりんの娘のマリアが
「みんな、えいえいおう、って言おう。」
と言いました。
皆で手を重ねてマリアが
「聖劇がんばるぞー」
みんなで「えいえいおう!!」

そして本番の幕が上がりました。



以前から「本番が一番上手にできるよ」と
歴代の担当者に言われていましたが
本当にその通りでした。
子供たちは全員立派に
やってのけました。
どの子も輝いています。


一番最後まで台本が手放せなかった
ヨセフも、
ほとんど練習に来られなかった
マリアも、
心配だったヘロデも、完璧です。



最後に
かかりん作詞・アレキサンダーさん作曲の
テーマ曲「星にみちびかれて」を
子供たちと葡萄の実のメンバーとで
大合唱。
大きな拍手の中、舞台は終わりました。


信徒館で、
すばらしいごちそうをいただきながら、
今年は青年たちの出し物が。
当教会がほこる
イケメンSくんの歌と共に
照明を引き受けてくれたBくん、
ヘロデの椅子を運んでくれたMくんの
かっこいいダンスが披露され、
お客様はのりのり!!
子供たちは喜んで一緒に踊り始めます。
地上の天国がそこにはありました。


体力の限界を超えて
へろへろなかかりんでしたが、
「ああ、やっぱり今年も神様が実在する
目に見えるしるしを
この目で見ることができたなあ」と
しみじみと感動していたのでした。


平成最後の祈りと聖劇の夕べ。
大変だったけど、
はかりしれないたくさんの感動を
いただきました。
やってよかったです。
でも、これ以上続けると
やっぱり死んじゃいそうなので、
来年は葡萄の実に専念します!笑


アンケートに「パンフレットに
歌詞を載せてほしかった」という
ご意見をいただいたので、ここでご紹介。


「星にみちびかれて」

♪どんなにけわしい道も
どんなに無理だと思うところも
星にみちびかれて進んで行こう

神様がいてくれるから
神様が助けてくれるから
心配ないよ
さあ顔をあげて

神様があなたに
手を差しのべてくださる
だから大丈夫
ひとりじゃないから

みこころのままに
進んで行こう
みこころのままに
みこころのままに

みこころのままに
進んで行こう
この仲間たちと
どこまでも♪


かかりん
多摩教会で admin page top↑
2018・祈りと聖劇の夕べ 前編
2018 / 12 / 24 ( Mon ) 21:49:27
2018年12月23日。
今年の祈りと聖劇の夕べが、
昨日終わりました。


今年はかかりんは
聖劇の作・演出をして、
ついでに衣装も縫って、小道具も作って、
曲を決め、照明プランを立てて、
大忙しでした。


葡萄の実の合唱にも
いつも通り参加していたので
本業の仕事の期末テストも重なり、
とにかく時間が足りません!!
朝まで衣装を縫っていて体調を崩し、
久しぶりに医者に通うほどの
大風邪をひきました。
本番は薬漬けでのぞんだので
声が出るかものすごく不安でした。


何度もやると死んじゃいそうなので
かかりんの聖劇は今年限りですが、
たくさんの感動とお恵みをいただいた
実りある期間でした。


まず
演劇部出身のかかりんが驚いたのは
全部で本読みも入れて、
6回しか練習日がなかったこと。
学校と違って教会なので
基本的に子供たちは
日曜日にしか教会にいません。
幼稚園児や低学年の子もいるので
他の日に子供だけで集まるのは
不可能。 
そして大掃除や講演会などのある日は
練習ができないのでした。


役者が全員揃う日もほぼなく、
セリフが多いので仕方ないのですが
メインキャストがセリフを覚えられず、
かかりんは不安ばかりがつのります。
ヘロデ役の子は演技力がずば抜けていて
オーディションで大抜擢したのですが、
覚えるのがとても苦手なようなのです。


ゲネプロの日の朝、ヘロデのお母さんに
「まだ全然セリフ覚えられてません」
と言われ、
ついに不安にかられたかかりんは
演出補をしてくれていた中学生の
Tくんに弱音を吐きます。

「ねえ、もしヘロデが
最後までセリフ覚えられなかったら、
Tくんマイクでセリフあててくれない?」


Tくんはその時、きっぱりとこう言いました。
「あいつは絶対できる。信じてやれよ。」


その言葉にかかりんは
雷にうたれたような感動を覚えました。
不安に負けて、恐れて、
一番大切なことを忘れていました。


信じること。


聖劇なのに。教会の出し物なのに。
ほんの小さい時から知っているTくんに
教えられました。
本当は神様がTくんの口を借りて
話してくれたのかもしれません。
かかりんはその時、
神様にお任せして信じよう、
と心に決めたのです。


Tくんは
「オレがカバーできるところはやるから。」
とも言ってくれました。
かかりんはすっかり安心しました。
ところが。


頼り切って
舞台裏を任せっぱなしだったTくんが
本番前日にインフルエンザになって
欠席が決まりました。
かかりんの動揺は
はかりしれませんでした。
本当に頭がぐるぐる回りました。
Tくんは星の照明も、大道具の移動も、
セリフを忘れた子に
舞台裏からこっそり教えるのも
全部ひとりでやってくれていたのです。


かかりんは
「神様、あなたはどこまで私が信じられるのか
試していらっしゃるのですか!」と
心の中で叫んでしまいました。


でも、かかりんは信じました。
Tくんを通して語られた
「信じてやれよ」という言葉を信じました。
(後編につづく。笑)



かかりん
多摩教会で admin page top↑
* HOME * next