拡大入門講座
2018 / 06 / 18 ( Mon ) 22:44:05
今日(6月17日)は拡大入門講座、
CTVC
(カトリック東京ボランティアセンター)の
シスター丸森
(幼きイエス会ニコラ・バレ)
「傾聴」についてのお話でした。





シスターは福島県郡山のご出身です。
2011年の震災の直後、
故郷のために何かしたいと
「傾聴」の集中講座を受けられ、
傾聴ボランティアをはじめられました。


震災では多くの方が
沢山のものを失くしました。
聴くことによって
その喪失よる心のケアを
されてきました。


魂の苦痛ースピリチュアルペイン、
自分の実存に関わる苦痛は
計り知れないものです。
「何で私が?」という
人間には答えが見つけられない
問いを続ける方の心に
寄り添うということは
大変難しいことです。


それを全身全霊で聴く。
自分が発した言葉が
相手を更に傷つけてしまうという
二次災害も起こり得ます。
そうならないように
気をつけることは沢山あります。





シスターのお話を聞いていると、
シスターは神さまに聴く、
そして気づくということを
いつもされていることに
気づきました。


それだけ神さまを信頼し、
導かれているのだと思いました。


私も「単なる思い込み!」
なんて思わないで、
ちょっとした小さなことにも
敏感でいよう。
そうじゃないと
せっかくの神さまからのメッセージ、
見逃しちゃう。もったいない!



アメリ
多摩教会で admin page top↑
シスター丸森拡大入門講座
2018 / 06 / 18 ( Mon ) 11:25:18
本日6月17日(日)は
カトリック東京ボランティアセンター
(CTVC)で
傾聴の指導をしておられる
シスター丸森秀子による
拡大入門講座が行われました。



かかりんには
永山駅でシスターをお迎えして
教会にお連れするという
重要なお役目が!!
もちろんシスターとかかりんは
お互い初対面です。
でも、シスターは
普通のお洋服を着てらっしゃるそうで、
かかりんはシスターを見つけられるか
ちょっぴり不安・・。


そこでかかりんは前の日に
「シスター丸森
多摩教会へようこそ!」

というプレートを作り、
当日改札でシスターをお待ちしました。


思ったより乗客が多くて
かかりんは通行人を見て目を白黒。
案内板を持っているので
皆さんかかりんを見るので
ますますあせります。


そ・し・た・ら・ね。
かかりんを見て、笑顔で
手を振ってくださるご婦人が!
ああ、神様、無事にシスターに
お会いできました。
初めてお会いしたシスターは
昔からのお友達みたいに
笑顔で気さくに
話しかけてくださいました。
かかりんは心からほっとしたのです。


そして、ごミサのあとに、
いよいよ拡大入門講座が
始まりました!!


最初のほうでシスターが
自己紹介をなさるときに
「こんなにベラベラしゃべってるのに
口が重いなんて言えませんが、
私は口の重い東北出身なんです。」
とおっしゃって
テヘペロって肩をすくめたお姿に
思わず場内からは「かわいい!!」
と声が続々。


長年傾聴ボランティアをなさってきた
シスターの
お話は考えさせられ、
反省させられることばかりでした。


xx-keich.jpg


「聴の旧字体には
耳と目と心、
そして十字が含まれている。
耳と目と心と十字架と共に聴く、
こういう聴き方が大切。


人間、じゃなく、〇〇さん、と
名前を持った固有の存在と
話しているということを忘れない。


最後まで聴く。
話の途中で切らない。


良い聴き手になるには
傾聴モードに切り替える。
今から中心は相手。
主語は私ではなく、あなた。


相手の言うことを反復して
少し待つ。
この待つのが難しい。


話題を変えない。
自分に話を持っていかない。
プライバシーは守る。(守秘義務。)
あわれみはいらない。
自分を見つける手助けをする。
乗り越える力があると言わない。
わがまま、とか言わない。
気休めを言わない。


聴いた人のケアも必要。
無理はしない。


聴くことは簡単ではない。
心して聴くのが大切。
その姿勢を培っていく。」


最後にシスターは
「白河みみずく」(注)
の祈りの詩を
みんなで唱えて
終わりにしましょうとおっしゃいました。
でも、かかりんは泣けてきて
涙がとまらなくて
声を出して祈ることができなくなりました。
それはこういう詩でした。


xx-2keich.jpg


「傾聴  白河みみずく

心を尽くし
まことを尽くし
礼を尽くし
わざを尽くして

膝をかがめ
目の前のこの方の
気懸かりを
全身 全霊で聴く

魂を聞く傾聴が
最善 最良の

最後の支援であり
聴くことは役に立つと信じて

聴くことは 愛すること」


この祈りを唱えて
傾聴モードのスイッチを入れるそうです。


激しい感動でした。


かかりんは
ずっとカウンセリングとか
精神保健福祉とかの分野に
大いに興味を持って
これまで生きてきたのですが
きちんと調べて勉強してみたいと
強く思いました。
かかりんの人生の
この先忘れられない一日になりました。


シスター、すばらしい講演会を
ありがとうございました。
またお会いできますように。



かかりん


注)シスター丸森が関わっておられたCTVC支援の
福島県白川教会 傾聴ボランティアグループ(2017年4月20日で活動終了)の名称。
『傾聴』は「白河みみずく」を立ち上げたときのリーダーの方が作られたそうです。
多摩教会で admin page top↑
とーってもちかーい耳寄り情報♪
2018 / 05 / 16 ( Wed ) 20:45:08
5月の末まで、
平日の多摩教会は、
クーラー工事が続いておりまして、
日曜の入門講座は
GWから再開いたしましたが、
金曜の入門講座は
やっと今週金曜日5/18が
久々の講座です。


いよいよです
朝の聖書講座も、
昼夜の入門講座も
同じく5/18からの再開です。





そこで、みなさまに、
耳寄りなお話といいますか、
とーってもとーっても
近くてうれしくなっちゃう、
今だけ!


平日の多摩教会
おみどうが工事の日は、
ご聖体がおみどうから移され、
信徒館1Fの応接室に
安置されています。


これがですね
とーーーーーっても近くって、
とーーーーーーーーっても
うれしくなっちゃいます。


この間、たまたま、
移した直後かなにかで、
ご聖櫃の扉が
まだしめられていなくて、
隙間があいてたんです。
あれ~?と
中をのぞくと、
中に素敵なピクシスが!
エマオの場面が掘ってある
ピクシスがおわして!!


エマオ好きの○子
触らないのに!触れないのに!
開けゴマも言ってないけど!!
見てしまった!!!
見せられてしまった!!!!
とってもうれしい瞬間でした。


そして、ごく稀に、神父様が
ご聖体を移動される図にも
出くわす。
なにかを感じて、ん?
なんじゃ?とみると、


「ご聖体っ。」と掲げて、
ご聖櫃に持っていかれるので、


そこのけそこのけご聖体が通る。
とみんなが扉をあけ、
道をあけるのです。


平日も、お役目果たしに
みえてるみなさんや、
工事のみなさんや、
工事のために
朝な夕な平日の教会に
立ち寄られるみなさんや
みんなが
ご聖体訪問できるように、受付を
空けないないように
されてる方々に感謝です


ご遠慮なく、
とーーーーっても近い
ご聖体の前に
お祈りにいらしてください。
ともにいてくださる
安心のひとときを多摩で
受付の方に言えば、
あけてくださいます。
こんなときならではの、
ちかーいご聖体前で
ホッとしにいらしてください。





そして、入門講座は?と
訪ねてきてくださった方や、
お電話くださった方々、
金曜入門講座はじまりますよ。
いらしてくださいねぇ。
もちろん、連絡なく、ひょっこりいこうと
思ってらっしゃる方も
みなさんお待ちいたしております


〇子
多摩教会で admin page top↑
見えないけどアルんです
2018 / 05 / 08 ( Tue ) 15:21:04
おひさしぶりの○子です。


とあるGW前の多摩教会。
マリア様の前に
見慣れぬボックスが!!


xx-クーラー1



クーラーです!!
なにやらすごい馬力のもの。
ただいま、20年に一度の
クーラー交換工事中の多摩教会。


xx-4クーラー


せめて、暑くなる前にと
神父さまを筆頭に、
営繕の方、
クーラー工事交渉にあたる
みなさん。


みえないところで、
とってもとっても
頑張ってくださいました。
ありがたや。
この夏涼しく
過ごせるかと思うと
今から涼しい心持ちです。


xx-3クーラー


とある平日教会にくると。
クレーンで
このでっかい物体が
吊り上げられ、
重量物を運ぶ職人さんたち6人係で、
一日中かけて、
でっかいのを4つ
おみどうの下やら上やらに、
微調整しつつ、
行きつ戻りつしながら、
運んで設置してくださったわけです。


更なる20年後のために、
動画をたくさん残しました。
プロフェッショナル多摩版を作って
涼しいおみどうで
鑑賞したいくらいです。


xx-2クーラー


で、動画とってると、
俄然?はりきってくださる
職人さんたち
息のあったところを
久々にみせていただき、感動でした。

○子ボート漕ぎしていたもんで、
こういうの感動するんです。
教会にいちばん必要な
息のあったチームプレー。
やってみて、ダメだと思ったら、
すぐ引き換えし、いい方法を探る。
角度が変わった原因をさぐりながら、
微調整をする。
こっちが傷つかないように、
あっちにあたらないように、
ちょっとだけテンションかけて
頑張ってくれ。とか声をかけたりね。
向こう側では、
黙って支えている人がいるわけです。
職人さんの感が冴え渡っていて
いやはやいいもの
見せていただいちゃいました。
なんかちょっと微調整の達人?
カトリックに通じませんか??


xx-くーらー5

隠れて見えないけど、
すずしーくするのに
働いてくれてる存在があるんです。
とちょっと主張してみようかと
思いました。


だって、やっぱり、
カトリック多摩教会の面々は
見ないで信じている人々なわけですし
互いがひとつのからだになろうって
人々なわけですし


涼しいなぁって思ったら、
是非、「涼し~いありがと」って
口にしてくださると、
きっとどこかで、
ああよかったって思うひとが
いるはず。





さて、金曜入門講座再開まで、
そろそろカウントダウンかな


○子
多摩教会で admin page top↑
2018・復活徹夜祭
2018 / 04 / 06 ( Fri ) 19:10:43
みなさま、
ご復活おめでとうございます。


2018年3月31日。
この日の夜、復活徹夜祭が
厳かに行われました。

今年は8名の方が、新たに
多摩教会の家族になられました。


皆様、おめでとうございます。
カトリック多摩教会へようこそ!!





さて、今年はかかりんは
コスモスさんと
日曜入門係のMさんと三人で
受付のお仕事を担当しました。


今年の受洗者と代親の皆さんは
時間厳守で、全員ごミサの開始前の
段取りの説明の時は
着席してらっしゃいました。


そして18時半、時間ぴったりに
2018年の復活徹夜祭は始まりました。


静かに力強く神父様の声が響き渡り、
ろうそくが灯り、キリストの光、
復活賛歌と続きます。
今年はいつもより合唱団のメンバーが
少なかったのですがすごい声量で、
手前みそかもですが、かかりんは歌いながら
聴いていて鳥肌が立ちました。


かかりんはこの日歌われる
ゴージャスバージョン?の
「栄光の賛歌」が大好きなんです。
侍者が手にした小鐘(鈴)が鳴り響くバージョン。
今年は若いイケメンのYくんが
がんばって鳴らしてくれました。


無事に全員が洗礼の水をかけられ、
白い衣を受けて、
転会の方たちの宣言があり、
新しい家族が誕生しました。
合唱団の席でコスモスさんが
かかりんの隣でしたが、
何度も涙をぬぐってらっしゃるのが
感動的でした。


神父様のお説教の中で
いつもは見えない空が見えるように
天井の幕が開いているんです、
という言葉があって、
ごミサのあとで皆で天井を見に行きましたが、
本当に見事な満月!!


xx-tuki1.jpg


今年の三月の、二度目の満月、
そう、今日はブルームーンだったのです。


xx-tuki3.jpg


満開の桜に、ブルームーンに見守られた洗礼式。
特別なお恵みがありますように。


xx-tuki2.jpg


終了後、写真撮影をして、
日曜入門係Mさんが口を開けずに
BGMにものすごい美声を披露なさってましたが
新受洗者の方はどこから声がするのかわからず
きょろきょろされているのが印象的でした。





その後、信徒館で新受洗者と
転会された方のための
茶話会の準備も入門係の仕事です。
2018年の洗礼同期の皆様の
全員が参加してくださって、
自己紹介などしつつ、
なごやかなひとときとなりました。


今年も神様が実在する目に見える印を
間近で見ることができた、
すばらしいひとときでした。


受洗されたみなさま、転会されたみなさま、
本当におめでとうございます。


ようこそ、ようこそ。
今日から天国の戸籍上も
正式な家族です。
たくさんの幸せな思い出を一緒に
ここで作っていきましょうね。
多摩教会は、皆様を大歓迎いたします。
これからもどうぞよろしくお願い致します。




かかりん
多摩教会で admin page top↑
十字架と満開の桜
2018 / 03 / 29 ( Thu ) 11:09:24
十字架と
今年も “復活した” 満開の桜

ドングリさん
おススメの一枚です。



xx-4man
写真:ドングリ



ちなみに
今週 カトリック教会は
復活祭前の
特別な期間、
聖週間を過ごしています。


特に、本日からは
聖なる過越の3日間。
カトリック教会の頂点ともいうべき
最も大切な典礼が行われます。


詳しくはHPトップを
ご参照ください。


xx-2man
写真:ドングリ



絶好のお花見日和が続くそう。
クリスマスだけでなく、
復活の喜びも
ぜひ、ご一緒に・・


Luna
多摩教会で admin page top↑
平神父様のお話
2018 / 03 / 26 ( Mon ) 00:12:57
今週は
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講話がありました。

復活祭を迎えるにあたっての
お話です。



平神父様は奄美のご出身です。
子どものころから
教会学校がお嫌いだったそうです。

でも、不思議なもので
嫌いと思うとなおさら
嫌いである教会のことを
考えてしまう…。
そうこうしているうちに
神学校に行く手続きが整ってしまい、
司祭への道が動き出しました。

司祭に叙階されてからも、
何故か教師として
学校に派遣され、
自分は何を目指しているのか
わからなくなったそうです。

自分が心から
望んでいることは何か、
自分の思いとは違う
何らかの力が働いて
引っ張っられているようだと
思われていました。


その後、ある体験をなさいました。
イタリアのアシジでの出来事です。
神父様の霊名は
アシジのフランシスコです。

フランシスコの墓前で
お祈りをしていたときのこと、
心の中で球がストンと落ちたような
感覚を覚えられました。

また、そこで
毎日ギターの練習をしていたとき、
頭でなく、身体で(指で)音を捕まえる
という感覚を体験されました。

頭が気づかなくてもからだは
気づいている…。
自分の思いではなく、
何か偉大な力にひっぱられる…。
それが聖霊の導きだと
わかったのだそうです。

フランシスコは
小鳥に説教をしたことで
有名ですが、
彼のとらわれのない、
ありのままを受け入れるという姿勢は
宗教的天才という言葉がふさわしい
聖人です。
きっとそのフランシスコが
教えてくださったのでしょう。
神の思いとは何かと
思い巡らすことによって
私たちもよい復活祭を迎えましょう
とお話しされました。



私たちも小さな出来事にも
心をとめることで
大きなメッセージに気づくことが
出来るかも知れません。

『聖霊』、きっとあなたにも
働いていますよ。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
入門講座新学期は・・・
2018 / 03 / 24 ( Sat ) 22:25:36
大変お待たせしております。


2018年度の入門講座、
日曜日は4月29日より
金曜日は5月18日より
再開いたします。


金曜日は教会の工事の関係で
少し遅く始まりますが
その頃にはもう花粉は
飛んでこないはず。


新緑のさわやかな風が
追い風になって
新しい方をたくさん
運んできてくださることを
心から願っています。





その前に、
3月31日の復活徹夜祭では、
今年も数名の方が
洗礼をお受けになられます
また、仲間が増えますね~♪ 
嬉しいです



教会前の桜も
もうすぐ満開



xx-count.jpg


通常の入門講座は
お休みですが、
アメリさんも
書いてくださいましたが、
明日、25日の日曜日には
平神父様の
拡大入門講座があります。


どなたでも、ご参加ください。
心からお待ちしています。


Luna
続きを読む
多摩教会で admin page top↑
古賀神父様の拡大入門講座
2018 / 03 / 20 ( Tue ) 15:21:03
アメリです。
お久しぶりです。

日曜日担当の入門係です。

18日の主日(日曜日)は
今は「ペトロの家」
にいらっしゃる
古賀神父様の司式のミサと
講和がありました。


古賀神父様は
今話題のNHKの大河ドラマ
「西郷どん」の舞台、
鹿児島ご出身です。


西郷どんの歴史的背景から
経済的発展、
文化交流の発展のうらには
犠牲になった人々がいる
ということ、また、
カトリックの歴史にも
宗教改革などの
教会同士の傷つけあいなどもあった
という話から、
四旬節であるこのときを
イエスの受難と復活もあわせて
黙想してみましょうと
お話しされました。


また、現在お住まいの
「ペトロの家」についても
話されました。


「ペトロの家」は
教区での主任司祭のお仕事を
引退された司祭の方々
のお住まいですが、
古賀神父様は
ご病気のため、
現在はここで生活されています。


東京にカテドラル
(司教座=司教がいらっしゃるところ)
が出来るまでも
あわせてお話しくださいました。


来週も
毎月いらっしゃる
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講座があります。


また、そのお話も
書かせていただきますね。


では、また。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
7年目の3・11
2018 / 03 / 11 ( Sun ) 22:48:16
こんばんは!!かかりんです。


東日本大震災から
今日で7年ですね。


去年の今日はかかりん
長崎で歌う巡礼団のメンバーと
祈りを捧げていましたっけ。



今日の豊島神父さまのお説教も
大震災にまつわるものでした。


お話の出だしに
幼い時の神父様の
衝撃の神父体験(笑)があって、
思わず「えー!!」って
かかりんは叫んでしまったのですが、
(詳細は書けませんが、
昔の神父様たちは、
教会のお父さんだった、って
いうような内容です。)
今日はその後、震災のお話で
心を打たれました。


特に印象に残ったのが
阪神淡路大震災の時は
高円寺教会でお留守番をしていた
若き豊島青年は、現地に
ボランティアに行って、
とにかく
がれきの撤去と清掃につとめた。


ところが、東日本大震災の時に
東北の人びとは、
働きにきた神父様に
「まずはお茶を飲もう」と
1日にひとりたった2本しか
支給されない
小さなペットボトルのお茶を
出してくれて
まだコンビニも開いていない中、
なけなしの茶菓子を出してきて
「まずは一緒に話してくれ。
あなたとつながりたい。」と
がれきの撤去より
まずつながることを望んだ、
というお話でした。


涙が出てきてしまいました。


かかりんも震災のあと、
何度か三線教室のメンバーと
福島に行ったことがあります。
しろうと集団の私たちを
福島の皆さんは
大歓迎してくれて、
「とにかくここまで来てくれて
うれしい。
また会いに来てほしい」って
言って下さったっけ、
となつかしく思い出しました。


今日はかかりんの地区の
軽食サービスだったんですが、
今日のしらす大葉ご飯のお米、

福島の「天のつぶプレミアム」

って
とってもおいしい
お米だったのです。


先日の多摩教会の福島のツアー、
仕事が動かせなくて
かかりんは
無念の不参加でしたが、
また必ずあの地を訪れよう、と
決意を新たにしたのでした。



かかりん

多摩教会で admin page top↑
* HOME * next