FC2ブログ
いつくしみをこめたまなざし
2012 / 10 / 13 ( Sat ) 12:25:16
10月12日(金)の入門講座には多摩教会がまったく初めての方が
二人もいらしてくださいました。HPを見た、とおっしゃっていました!
嬉しいです!! またぜひいらしてくださいね~!!



今回の神父様のお話の中で、
今度のごミサで読まれる聖書の箇所の
お話があったのですが、
何度も読んだことのある場所だったのに、
「ああ、こういう話だったんだ!!」と目からウロコでした。

お金持ちの青年が「神の国に入るには何をしたらいいか」と
イエス様に聞き、イエス様は「持っているものを売り払って
貧しい人たちに与えて私についてきなさい」とおっしゃる。
青年はがっかりして立ち去る、という場面です。

どうして気づかなかったのでしょう。
イエス様はいつくしみをこめたまなざしで青年を見つめる
という部分があったのに!!


神父様は「イエス様はこの青年を、かわいいなあ、と思いながら
おっしゃったんですよ。
母親に、『お母さん、どうしたらあなたに愛していただけますか?』
みたいなヘンな質問をしてるこの青年に。

きっとお金持ちで、頭もよくて、なんでもできて、
たぶんイケメンだったんじゃないですか?

真面目によく努力する人で、
今までやるべきことはなんでもちゃんとやってきた。
このイエス様にも習って実践すれば、
自分の救いはカンペキ!!みたいに思ってた。


その若者をイエス様は 
いつくしみをこめたまなざしで見つめている。


でもね、人間が努力して救われるんじゃないんです。
もう神によって救われていて、何かこれをしたから、
とか、この条件を満たしたから救われるんじゃないんです。」


こんなふうにおっしゃっていました。


ずっと聖書のこの箇所は、厳しい言葉だと思っていたので
本当はやさしいまなざしのイエス様が
何へんなこと言ってるの!!いいからご飯食べなさい!!」って
お母さんみたいに言うなんて想像もしていませんでした。


神父様は「○○しなきゃ救われない、という原理主義的なものが
この世界をウツにしてしまう
」、ともおっしゃっていました。

自分で救われようとする、そういうことを捨てなさい、
自分のやったことで救われるのではない、
神は全ての人の救いを願われており、
あなたはもう救われているのだ。



深い感動がありました。
秋の夜の、力強い福音の宣言でした。


かかりん
 


「入門講座」で admin page top↑
* HOME *