FC2ブログ
補足で~す
2012 / 12 / 04 ( Tue ) 09:00:21
2日(日)の入門講座の補足で~す。

「一人ぼっちが嫌」というのは、誰だってそうだけど、
この一人ぼっちには意味があって、
ヨハネの福音の聖トマスについての神父様のお話からくるわけで
非常に有名な復活のシーン、
そこを書かないと一番大事なメッセージが伝わらない
と、急遽追加で書いてみました。

12人の弟子の一人トマスはキリストが復活され
弟子達の前に現れた時、一人だけそこにいなかった。

聖書にはないけれど、
恐らくユダヤ人に捕まることを恐れ、
一人隠れていたのではないか。
それで他の弟子達が主を見たと言っても
「槍で刺されたわき腹に手をいれ、
釘跡に指を突っ込まなければ信じられない。」
とトマスは言った。

でも、キリストはそんなトマスにスペシャル大サービス。

8日後に再び弟子達の前に現れ、
トマスに自分のわき腹にその手を入れさせ、
信じない者ではなく、信じる者になりなさい』と言われた。
そこでトマスは『私の主、私の神よ。』と初めて言うことに、、。
「見たから信じた。見ないで信じる者になりなさい。」
とイエスのやさしい言葉。

神様の霊(聖霊)は人を出会わせ、語りかける。
出会いの中にこそ聖なる霊が降り、心を開かせてくれる。
「一人ぼっちのトマス」には聖霊が降らなかった。
だから一人でいては駄目だよ。仲間といなさい。

というようなお話だったのです。



私たちも仲間と一緒にいれば、
何も恐れることはないですね。
皆様に主の平和!


最強に変身するクリームパンより アハハ 


「入門講座」で admin page top↑
* HOME *