FC2ブログ
おもてなし
2012 / 12 / 12 ( Wed ) 01:00:00
12月8日(土)の入門講座での晴佐久神父様のお話から。


「おもてなしをするって素敵な仕事。
たとえお金にならなくても、おもてなしをすることによって
自分も元気になるし、まわりも明るくなるし、
本当に良かったって思うから。

自分の人生を大切な意味として、一度深く考えてみてはどうか。

初めての人とか思いがけない出会いとか
そういうものを受け入れておもてなしをするということは
人として、もの凄く大事な本質的なことで
歓待して、歓迎して、接待する “Hospitality”です。
            
他者を受け入れることは大変なことだけど
この歓待がちゃんと出来たら、この世に生まれて来た
甲斐があったということです。

   
家族は、神様が出会わせてくれた大切なお客様として
お互いに歓待しあった時に、家族は家族になる。
            

それでイエス様は、その模範を示しました。

 「わたしは仕えられるために来たのではない。
  仕える者になるために来たのだ。」


これは家庭の親にも、子供にも、兄弟にも言えることで
仕えられるためではなく、仕えるためなんだ・・・・と。

実際にイエス様は仕えました。弟子達にもすべての人々にも。

その模範から教会が始まったので、
私たちはお互いに仕えあいましょう。

それは渋々するのではなく、私たちが本当に仕えあうことによって
真の家族を生み出して、素敵な人生を生きることができる。
真の家族がいたら、真の幸いが出てくる」



今日も素敵な福音が聴けて 
「誰にでも優しく仕える人になろう・・・」
と思いながら帰ってきました。

 
Bell

 

 
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *