FC2ブログ
「祈りと聖劇の夕べ」の舞台裏
2012 / 12 / 23 ( Sun ) 23:21:25
12月23日は、多摩教会名物の大イベント、
「祈りと聖劇の夕べ」本番です。

神父様が福音を語り、
聖歌をみんなで歌ったり、
コーラスの発表があったり、
子供たちのすばらしいミュージカルが上演されたり、
もりだくさんの楽しいイベントです。
ご近所の方や信者でない方に広く呼びかけてお招きするので、
この日のパーティーは入門係が担当しています。

かかりんは神父様のこだわりのひとつ、
「見せチキン」を昨年に引き続き担当しました。
でも、今年はバージョンアップ!!
去年は2羽だった鶏を、今年は6羽焼いたのです!!
「食べたかったのにもうなかった」という声を
昨年たくさんいただいたからです。

ところが、クリスマスシーズンでもあり、
最初に注文しようとしたお店には
繁忙期なのでお取り置きはできません」と、
にべもなく断られてしまいました。

何軒かに問い合わせたのですが、どこのお店も
「6羽の丸鶏」、というと5羽しか入荷しません、
とか、けっこう難航しそうな雰囲気があり、
やっと予約を受け付けてくれるというお店を見つけて、
細かいことを取り決めないで注文してしまいました。

そうしたら、当日受け取りに行くと
1羽2キロ以上の鶏がゴロゴロ・・。

かくしてかかりんは
7キロの七面鳥(25日の夕方のパーティー用)と
12キロ以上の鶏、計約20キロのとりさんを一人で抱えて
教会で格闘することになったのです。

味をつける作業や焼く作業はそれほど難しくはないのですが、
案外大きな壁になったのは鳥の重さでした。
そんなに非力ではないつもりですが、
6キロ以上の鳥が載った天板はかなりの重さで
焼いてオーブンから出す時は結局二人がかりでした!
明日は筋肉痛かも・・。

    


でも、パーティーが始まって各テーブルで鳥さんが
どんどんみなさんのお腹におさまって、
「おいしかった!!」と声をかけていただいて、
神父様からも、おほめの言葉をいただきました。
がんばってよかったなあ、報われたなあ、
とうれしくなりました。

子供たちの劇もすばらしかったし、
とても充実したよい一日になりました。
さあ、明日はうどん、明後日は七面鳥!!

今年も大忙しのクリスマスシーズンは
にぎやかに過ぎていきます。


かかりん


多摩教会で admin page top↑
わくわく
2012 / 12 / 23 ( Sun ) 01:11:30
21日で、年内の金曜日の入門講座は終了しました。

21日の講座の時間に、23日のパーティーで焼く六羽の鶏に
味付けをして漬け込む下ごしらえをしたので
かかりんはキッチンからお話をうかがっていました。

何人もの方から「大変ですね。」と声をかけられました。

この日にも洗礼志願書を受け取り、
皆さんと拍手でお祝いしました。
友人がお庭で栽培したとびっきりのカモミール&ハッカの
ハーブティーとゼリーや果物をいただいて、
楽しいひとときを過ごしました。



この記事を書いている今は23日の0時46分です。
夜が明けたら日曜日のごミサがあって、
鶏を教会のオーブンで焼いて、
夕方から「祈りと聖劇の夕べ」があって
その中で聖歌のグループで歌を歌います。

その後はパーティーのスタッフとして働きます。
「大変」に見えるかも知れませんが、
ちょっと遠足前夜のようなワクワクした気持ちでいます。



たくさんの方に福音が届きますように。
たくさんの方が笑顔になりますように。

たくさんの方に幸せな気持ちのクリスマスが届きますように。

神様も、今夜 ワクワクしていらっしゃるのではないかしら。

「大好きな、あなたに。この福音を届けたい。」


福音配達人のひとりとして。
神様、どうぞ私をお使い下さい。
あなたのためのお仕事を、喜びをもって果たしたい。
きっと明日はすばらしい日。


かかりん


「入門講座」で admin page top↑
* HOME *