FC2ブログ
心の病などで 苦しんでいる人のためのクリスマス会・後編
2012 / 12 / 27 ( Thu ) 10:50:11
後編です。

実はこのイベントは、神父様が思いついて
スタッフ募集中です~と
11月末にゆるく募集をして、
12月16日に最初で最後のミーティングを15分くらいしただけで
ものすごい見切り発車でやることになってしまいました。

でもかかりんは3年間神父様の
いろんなイベントを経験して来たので
「だいじょうぶ、神様がきっとどうにかしてくださる!!」
という確信がありました。笑


お昼にはもうお客様がちらほら見えていました。
15時にはどんどん教会にお客様が!!
スタッフを除いても50人くらいは
いらっしゃったのではないでしょうか。
長野や埼玉、千葉から、なんて方も見えて感激!!
遠い道のりをものともせず、
本当にたくさんの方が集まってくださいました。
信徒館は満員です!!

最初はお茶をお出しして、
16時から聖堂で神父様のお話、神父様はそこで
「来年は七面鳥は二羽焼きます!!」とおっしゃるので
「承知しました。」と家政婦の誰かさんみたいに答えました。

その後「葡萄の木」というコーラスグループの合唱がありました。
「葡萄の木」の歌った4曲のうち、マリア様の曲を含む3曲は
指揮をしていらした有名な作曲家の先生
(当教会の信徒でいらっしゃいます)が
編曲してくださったものです!!

美しい歌声(自分で言う。かかりんもメンバーのひとりです。)
に癒され、
その後で教会の若者たちのバンド、「ビッグⅡ」の演奏があり、
お客様ものりのりで、大いに盛り上がりました。



いよいよ16時半ころから信徒館でパーティー。
かかりんの七面鳥は、皆さんから大歓声で迎えられ、
写真に撮られ、華々しくデビューして、
あっと言う間に骨の残骸になっていきました。


このブログでもおなじみのクリームパンさんの焼き豚、
Bellさんのすばらしいケーキ!!
Thereseさんのお母様の温かいミネストローネ、カナッペ!!
他にもオカラのサラダ、カレー、サンドイッチなど、
たくさんのスタッフが心をこめて
おいしいお料理を持ち寄ってくれました。

そう、お料理は全部手作りだったんです。

ふと気づくと、信徒館の入り口に神父様がひとりたたずんで、
ふんわりやさしい笑顔でみなさんを眺めて
いらっしゃいました。

それでかかりんもテーブルのほうを見てみると
最初いらした時は緊張していたあの方も、
午前からみえていてずっと泣いていたあの方も、
どの方もすばらしい笑顔・笑顔・・・。
かかりんもうれしくて胸がいっぱいになりました。

「たくさんの方に来ていただけて良かったですね。」
「そうだね、来年もまたやりましょう。」
「来年は七面鳥二羽ですね。笑」
こんな会話を交わしました。


いろんなお客様が
新年からの入門講座にも来たい、とおっしゃってくださって
本当に本当にスタッフも十分報われた
すばらしい奇跡のクリスマスでした。

         

お手伝いしてくださったすべての人に感謝します。
そして神様、すばらしい夜をありがとうございました。


参加してくださった皆さん、来たかったけど来られなかった皆さん、
多摩教会はいつでも、皆さんを大歓迎で心からお待ちしています。

         



かかりん  


多摩教会で admin page top↑
* HOME *