FC2ブログ
入門講座新学期
2013 / 01 / 13 ( Sun ) 22:34:08
みなさま、あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願い致します。

さて、1月11日の金曜日から
入門講座も新学期。
新年第一回目の講座には
12月25日に多摩教会に初めて来てくださった方が
入門講座にも来てくださって「洗礼を受けたい」と
言ってくださいました!!
とってもうれしいです!!
あ、念のため、
全然強制も勧誘もしてないですよ~!!

今回の講座は、
「自分の弱さを受け入れ、偽の強さから解放されていく。
それがキリスト教的生き方。
洗礼は産湯のようなもの。
いったん神様の赤ちゃんに戻って、
新たに生まれるんです。

2013年が始まりました。

弱さは本当に尊い。
弱さはすばらしい神様への道。
弱さを受け入れる、というよりは
『強さ願望』から解放され、
ありのままの自分を良しとする。

今日、ここにいるだけで家族なんです。
神様が集めた仲間。
このままの私でここにいていい場所。

がんばってもダメな自分。
汚れた弱い自分。
自分でも見たくない冷たい自分。
それをクリアして立派にならなくても、
そんな私を神は愛してる。
そんな私と一緒にいたいと言ってくれる神がいる。

これがキリストの教会の特徴です。
けれど、むしろこのままのダメな私を受け入れることで
バランスがとれて、ラクになって、
憧れてもなれなかった自分に近くなったりする。
私らしさを感謝して受け入れることが
幸せへの近道なんですよ。」
神父様のこんな言葉で始まりました。


洗礼志願書を提出して司祭面接も済ませて
3月の復活徹夜祭で洗礼同期生になる皆さんの前で
力強い福音が語られました。

神父様は「洗礼同期生はある意味同級生ですからね、
いいものですよ。」とよくおっしゃるのですが、
本当にそう思います。
同期生はやっぱりちょっと特別な存在です。

私自身も周りを見回すと、
一緒に洗礼を授かった仲間が教会内にたくさんいて、
どの部署で働くときにも誰かしら同期がいる。
一緒に笑ったり、相談し合ったり、悩んだり、
飲んだり、食べたり、歌ったり、   
いろんな思い出を共有してきた仲間です。

こういう同級生がたくさんできるのも、
すばらしいお恵みだと思います。


度の復活祭にも新たに同級生となるメンバーが
深い絆で結ばれて誕生することでしょう。
今年の復活祭が今から楽しみです!!



かかりん


「入門講座」で admin page top↑
* HOME *