FC2ブログ
思いやりのことばかけ
2013 / 01 / 20 ( Sun ) 22:23:45
50年間乗り継いできたマイカーを手放して10か月、
確かにとっても不便になりました。

冷たい北風の通り抜ける真冬のバス停で、じっと待つのは
高齢のナンクルナイサー、正直シンドイです。



でも、車を手放して得たもの、それは自分自身、猛スピードで
走り抜けていた時には全く気づかなかった
人々の温かさ、優しさなのです。

〇〇市内の循環バスは、いつも高齢者で超満員、
車椅子でも利用できますから遅れに遅れます。

けれど・・・

「アリガトー!」 「アリガトーゴザイマス!」と、
乗客と乗務員のやりとりが、とっても温かいのです。




何事も、トクかソンか、早いか、遅いか一点パリの世の中で、
スローライフ尊重、いたわりの声かけに、みんなの気持ちが
ホンワカとするのです。


思いやりのこころ、感謝の気持ちをお互い素直にかけあうって
ホントに美しいですねえ!




ナンクルナイサー  



雑談 admin page top↑
* HOME *