FC2ブログ
追悼  藤田玄播(ふじた げんば)さん
2013 / 01 / 31 ( Thu ) 22:17:00
1月30日の早朝、
聖歌の練習グループ「葡萄の木」の指揮者、
藤田玄播(ふじたげんば)さんが帰天されました。




玄播さんは日本を代表する吹奏楽の作曲家で、
吹奏楽部に所属するうちの子供らにも憧れの人です。

音楽にあまり興味がない方も、このブログの愛読者の方なら、
12月25日の「心の病などで苦しむ人のためのクリスマス会」の時、
車椅子で指揮をなさっていた方、
と言えばわかってくださる方も多いのではないでしょうか。

12月25日の発表のために、
毎週火曜日に夜、聖堂に集まって
玄播さんの編曲された曲を
何ヶ月も一生懸命練習してきました。

玄播さんは実にチャーミングな方で、時に厳しく、
時にユーモアたっぷりにつたない私たちを指導してくださって、
玄播さんご夫妻(奥様は『葡萄の木』のまとめ役)を囲んで
私たちは家族のようにひとつになっていったのです。

あの奇跡のような25日のコンサートが
玄播さんの最後のコンサートになりました。




1月13日のミサで、
かかりんが先唱のお仕事をしていた時
すぐ目の前に座っていらして、
「今年もよろしくお願いします!!」って
ご挨拶したのが最後になりました。
あれからまだ半月ほどなのに。


玄播さん、私たちと共にいてくださって、
たくさん教えてくださって、
すばらしい奇跡をいくつも見せてくださって、
本当にありがとうございました。


車椅子だった玄播さんが立ち上がって歩くのを見たり、
手術を終えたばかりで私たちの指揮を笑顔でしてくださったり、
あなたの存在こそが神様の福音そのものでした。

玄播さんに指導をしていただけた、
最後の生徒になった私たちは
これまでの感謝と敬愛の気持ちを精一杯こめて、
ご葬儀であなたを送る歌を歌います。

泣かずに歌うのは難しいだろうけれど、
あなたが教えてくれたことを皆さんに伝えられるように
歌いたいと思います。


でも、もし泣いてみんなの声がつまってしまったら、
「きれいじゃないよ!!」って注意してくださるかな。
いつものあの場所で、聴いていてくださると思います。
これからもずっと見守ってくださいね。



天国の玄播さんへ




かかりん


多摩教会で admin page top↑
* HOME *