FC2ブログ
神様は愛して、望んで私たちを生んでくださった
2013 / 02 / 12 ( Tue ) 08:00:00
3月の復活徹夜祭に向けて、
いよいよ入門講座も佳境に入ってきました。

2月9日(土)の入門講座では神父様から使徒信条について
丁寧に解説していただきました。


私も一年前は、神父様からの言葉を一言も聞き漏らすまいと
受講していたことを思い出しました。

自分は本当に洗礼に値する人間だろうか。
洗礼を受けた後はキリスト信仰者として
ちゃんとやって行けるだろうか。

不安な気持ちを払拭しきれなかったことを思い出します。

そんな時、神父様から、洗礼は神様が与えてくれる恵み。
イエス様が来られたのは、『病人(罪びと)を救うため』
の福音に励まされ、

思い切って神様に委ねてみようと思いました。


今回の入門講座でも、神父様が繰り返し話してくださいました。

私たちは神様に愛されて、望まれて生まれてきた(創造主)

どんな試練にあおうとも、神様に出来ないことはない(全能)

そして創造主で全能の神様が私たちの父(親)であること。
親は自分の身を削っても、子供を護ってくれる。

全てのものを愛で創り、全能の父が自分を犠牲にしても
私たちを護り、味方してくれれば何も恐れることはない。

こんな素晴らしい神様を私たちが目で見て分かるようにと
イエス・キリストを人として遣わしてくださった。
イエス様が私たちを救うために死に、
そしてイエス様の復活を通して
私たちも天の国に永遠の命へと導いてくれる。

私たちを罪から救い上げてくれる手がキリスト。
神様への道を切り開いてくれ、
天の国の扉を開けてくれるイエス・キリスト。

「そんなキリスト教を信じます」
という信仰宣言が洗礼です。




一年前は何を恐れていたのだろう・・・・

「神様が愛して私を生んでくれ、
何があっても天の国へ導いてくれる」


このことを信じて生活することは、何と気が楽なことか。
何も恐れる必要のないことを知った今、
そして毎週のミサで、再洗礼の気持ちでイエス様と会う。


生きているうちに、この事に気付かせてくれたことに
感謝しています。

ありのままの私を愛してくださる神様のことを思うと、
恐れはなくなります。




Bell 


「入門講座」で admin page top↑
* HOME *