FC2ブログ
大きな荷物
2013 / 03 / 13 ( Wed ) 01:30:00
教会とは関係ないんですが。

今日かかりんは20キロ近い玄米を
職場の同僚からもらい受けて
それをお米屋さんで精米してから
ひとりで家まで運ばねばならなくなりました。


かかりんは骨に難ありで
よく肩の骨がはずれるので重い物は
ふだんはなるべく持たないようにしています。
家族が一緒の時は
重い物はみんな持ってくれるので
甘やかされて生活しているかかりんは
たいへん根性なしな人間に成長しています。

なので駐車場からマンションのエントランスまで運んだだけで
もう泣きそう。「無理かも知れない・・・」と思って
「神様助けてください!!」って十字を切って
エレベーターに乗りました。


すると3階で小学二年生の小さな男の子が乗ってきて
「ねえ、これ何?」とお米を指さします。
「お米。20キロもあるんだよ。すっごく重いの。」
「ふ~ん。持ってみていい?」
「いいけど、すごく重いから気をつけてね。」
「うお~!!ホントだ!!すげ~重い!!」
「でしょう~。どうやっておうちまで運ぶか困ってるんだ。」
「オレが持ってやるよ!!」
「え~?いいよ、すごく重いから。危ないよ。」
「大丈夫!!ホラ、こうやって持てば大丈夫だよ!!」

       

小学生くんは、お米の入ったショッピングバックの持ち手を
片方持って、二人で一緒に運ぶことを提案してくれました。
そして小さな身体で、本当にエレべーターから一番遠い
かかりんの家の玄関まで一緒に
一生懸命お米を運んでくれたのでした。

笑顔で手をふる小学生くんに「ありがとう!!」と叫びながら
神様の愛ってこんなかんじかなあ、と思いました。
重くて困り果てていると突然手をさしのべて助けてくれる。
こっちは何もしてあげないのに、惜しみなく与えてくれる。
うれしくてちょっと泣けてしまいそうでした。


突然の神様のプレゼントみたいな
ステキな出来事でした。


かかりん
雑談 admin page top↑
* HOME *