FC2ブログ
出した分は入ってくる
2013 / 03 / 18 ( Mon ) 22:00:00
3月15日金曜日の入門講座は、
堅信についてのお話がありました。

洗礼は水、聖体はパン、堅信は油。
水によって清められ、油によって神の選びを受ける。

洗礼は神からの恵みをただただ受ける。
堅信は特別に聖霊を受けて遣わされていく。

復活のキリストに出逢った弟子たちは、
いても立ってもいられずに
町に出て宣教して回った。

あなたが神に選ばれたのは
他の人を救うためなんですよ。
他の人にもそれを教えてあげましょうね、
そういうことなんですよ。

先日岩国教会に講演会で呼ばれて行った。
その頃は色々あって特に『しょんぼりくん』だったんです。
でも、行って福音をしゃべり始めると
どんどん元気になってくるんです。
福音を語りまくると出した分入ってきて
自分が救われるんですよね。」

このお話を、かかりんはすごく共感して聞きました。

かかりんには教会とは関係のないところで
自分の人生の半分くらい
ずっと続けているボランティア活動があります。

ある地区で行われている
公募された詩にプロの作曲家が曲をつけたものを
障害のある人もない人も一緒に
歌って踊る、というイベントの実行委員を
長いことやっているのです。

ずいぶんと若い頃、かかりんの作った詩が選ばれて
曲になったことがありました。
タイトルは、そのものズバリ『ボランティア』

詩の内容は

「もっともっと
あなたのことを知りたいから
私にできることで何か
あなたを幸せにしたいから

してあげることなんかじゃなくて
またひとつ新しい何かを
あなたから教えてもらう

それがボランティアというのなら
なんてステキな言葉」

というものでした。

奉仕することって
本当はたくさんたくさん自分がいただくことなんですが。
物質主義の現代には
わかりにくくなってしまった真理なのでしょうか。

本当は、与えるほど自分の中に
ものすごいエネルギーがわいてくるのに。
ためることだけ考えると枯渇してしまうのに。

出した分は、入ってくる。

この言葉を信じて
勇気を出してみませんか?
「だいじょうぶだよ。」このひとことを
あなたの横にいるその人に伝えることから
始めてみませんか?


きっとすばらしい循環が始まりますよ。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *