FC2ブログ
永遠のいのち
2013 / 05 / 18 ( Sat ) 08:00:00
お久しぶりです。かかりんです。

上の子供が進学して土日も朝練のある部活に入り、
毎朝五時に起きてお弁当を作らねばならなくなりました。
なので金曜の講座から帰宅して夜11時前後、
その後ブログの記事をまとめる気力と体力が
残っていませんでした。
でも病気などをしていたわけではなく、元気です。
心配してくださった方、お祈りしてくださった方、
ありがとうございます。


そんなわけで、今日は先週の講座から。

5月10日の入門講座には、
カトリック教会が初めてのステキなお母様とお嬢さんが
いらしてくださいました。
誰かのお友達でも口コミでもない、
まったく初めての方が参加してくださって神父様大喜び。
いつにも増してお話に力がこもっていたように思います。

          

「世の中は見に見えるものばかりになっちゃって
見えない世界に対するセンスが薄れてきちゃう。
私なんかは意地っ張りだから、見える世界はほどほどにしている。
見える世界は面白いけど、絶対じゃない。
見えるものは過ぎ去るけど、見えないものは永遠。

私は永遠のつづらに手をのばしますよ。
この欲深さ、これはでも神が与えてくれた欲。
そういう欲に忠実であればいいと思いますよ。

永遠のいのち。
イエス様の語った、それは何か。
あなたが本当に求めるのはその命。
目には見えない本当の神の命。
それを知ったら全ての人が欲しがるはず。

『いいや、私はいらない』とは言わせない。
あなたが本当に願っているのは何であるか。
永遠の命を与えている神様のすばらしさを
知ればあなたは必ずひれ伏すはず。

100%の福音を、私は福音と呼びたい。
ある人には福音だけど、別の人にはそうじゃない、
そんなものは福音とは呼べない。
全ての人にとって福音じゃないと、福音とは言えないんです。
皆さんには福音と言う言葉に敏感であってほしい。

『救いは福音によってのみ。』
というビジョンを持ってくださいね。
福音=あなたのよろこびの世界。
あなたを救う、あなたにとっての喜びの世界、リアル。
他の誰かが救われたって聞いても
そうなんだ~、よかったね~で終わってしまう。
そうじゃなくて、あなたの救いなんです。

イエスはチームの中に現れます。
人が少ない教会では入門講座は一対一で行われたりするけど
私はそれはしないと決めている。
『私の名によって、二人、また三人集まるところに私はいる。』
と神がおっしゃるから。
幸い多摩教会ではたくさんの方が集まるのでチーム、
家族ができる。そこにイエスがおられる。

私の信仰は徹底して主語は神です。
神が私を信じてくれた。そこから自信がもたらされる。
だからあなたも信じましょう。

私たちは『あなたにいてほしい』という
神の純粋な願いによって存在する。
たくさんもらった人は、また未来にそれを渡して行く。
それが命の流れ。愛の恵みの流れ。
その流れにある時、永遠の命の中に私たちはある。
豊かな流れの中にいる時に、私たちは永遠に生きている。
この楽しい教会を、一緒に楽しもうじゃないですか。」

          


晴佐久神父様は一時間半に渡って
いつも原稿はいっさい見ないで詩をうたうように
お話をなさいます。

かかりんは神父様の語り口の雰囲気がなるべく伝わるように
ブログの記事を書くようにつとめています。
体言止めが多いのも特徴のひとつ。
かかりんがデフォルメしているのではなく、
本当にこういうふうに話されるのです。

その心地良い流れるような語り口の中に、
ちゃんとキリスト教の大事な点が凝縮されて
いつの間にか大事なことが身に付いている、
そんな感じの講座です。


毎週多摩教会で惜しげもなく語られ続けている福音シャワー。
この記事を読んでいるあなたにも、
ぜひ聞きに来ていただきたいです。

いつでも、心を込めて、あなたをお待ちしています。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *