FC2ブログ
父と子と聖霊の交わり
2013 / 05 / 27 ( Mon ) 23:00:00
5月24日の入門講座にも、
まったく初めての方がいらしてくださいました!!
帰り際に「とても楽しかったです。」と言ってお帰りになりました。
係一同、一番嬉しい言葉です!!
ぜひまたいらしてくださいね!!

       

この日の講座は三位一体についてでした。

ただ愛すのが神の仕事。
私の一番になすべきことは、神に愛されること。


『こんなに愛したのに返さないのか。取り上げるぞ』これは
取引であって、そんなものは神でも愛でもない。
神はただ愛したい。私はそういう愛の中でただ、
ああ良かったと安心して、恵みを見いだしてわかちあう。

心からやりたいことを好きなようにしたらいいんですよ。
それをこうしなきゃ、ああしなきゃ、
と皆何かそういうものにとらわれている。

イエス様は十字架にかかっても、ただ愛している。

これだけ苦しんでるんだから、もっとこれをしろよ、とは言わない。
押しつけない。
『私は背負うよ。あんたたちは背負わなくてもいいよ。
でも、あんたたちもきっと背負いたくなっちゃうよ。
でも私が背負うから、あんたたちのはそんなに重くないよ。
信頼していらっしゃい。
私の荷は軽いよ。』


ただ愛す神が伝わっていない。
肝心なところが伝わっていない。
一番『救われない』と辛い思いをしている人に、
『あなたは救われる』と言い続けますよ。

『こんな私は絶対救われない』て思ってる人に
『あなたは信仰生活を生きていけば、必ず救われる』
なんて言うのは私には虐待に思える。
足がない人に走れって言ってるようじゃないですか。
あなたも絶対救われる、って言ってあげていいんじゃないですかね。
一番弱いところに水準を合わせて、そこを守れれば
絶対全体が守られるはず。
父と子と聖霊に全ての人が絶対救われる神秘。

この世のものを神としていると最も大切な
父と子と聖霊の世界が見えなくなってしまう。

父と子と聖霊の交わり、こう考えると
この中に入れてもらえそうってかんじでしょ?
神単体だと入りにくい。
単体だとなんかわかんない存在になっちゃう。
それが父と子と聖霊の交わりとなると、
私はですよ、私はすごくピンとくる。

交わりがあるから存在が生まれてくるわけで、
むしろ、交わりが本質。
神さまのことを交わり様と呼んでもいいくらい。
以前、そういったら、不評でしたけどね・・・


聖霊は目に見えない神の愛を目に見える形にする。
聖霊は、神の親心。神様の愛、はたらき、思い。


      

三位一体ってイメージがわきにくいと思うのですが、
交わり、という言葉でぐっとわかりやすくなったのでは
ないでしょうか。

晴佐久神父様の入門講座は、
毎回その頃の神父様の体験を通して
時事ネタを交えたり
教会の若者の実話を通したり
実にバラエティーに富んでしかも面白いのですが、
大切なことをちゃんと語っていて
それが全て原稿なしってところが
やっぱりスゴイと思います。
聖霊がはたらくってことを
目に見えるようになさってると思います。

こんなスゴイ講座がお茶とお菓子がついて、
初めていらして入門講座申込書を書いた方には
本のプレゼントもあって、なんと無料です!!
さあ、行かなくちゃ、いつ行くの?今でしょ!!
・・・スミマセン、ふざけすぎました。

では、まじめに。
いつでも、心から、あなたを、お待ちしています。


かかりん  



「入門講座」で admin page top↑
* HOME *