マリアさまのブルーベリー
2013 / 07 / 31 ( Wed ) 23:00:00
ml-berry.jpg


多摩教会のマリア像のそばに植えられた

小さなブルーベリーの木。

今年は特に豊作。

大粒の実がまだたくさん

熟すのを待ってます。



Luna  
多摩教会で admin page top↑
ふくれまんじゅう
2013 / 07 / 28 ( Sun ) 22:00:00
受洗したばかりの、もう、ウン十年も前のことです。
九州の実家に帰省していた時に聖母被昇天の祝日があり、
長崎県五島出身のシスターから
手作りのおまんじゅうを頂いたことがあります。 

それが五島の信者さんたちが被昇天の日に作るという
『ふくれまんじゅう』でした。


その真っ白い、大きな、ふっくらしたおまんじゅうを見た瞬間、
被昇天とはふくれまんじゅうのこと!と思い、
嬉しくてたまらなくなった記憶があります。。。


(そのときまでは、被昇天とか言われても、
あんまり関心がなかったような・・五島の信者さんに感謝!)

多分、とってもおいしい祝日
ということを直感したのでしょう・・・が、
それはあながち、間違いでもなかったようで・・・。


「聖母被昇天への信仰は、マリアだけが特別な存在だと
言い表すものではありません。キリストによる救いにあずかる
人たちの象徴として、信じるすべての人たちの救いへの
希望を表現するものです。」
(カトリック中央協議会広報)

らしいですから♪

詳しくは → 聖母被昇天をご参照ください。


『カトリック生活』20138月号(ドン・ボスコ社)でも特集しています。
へ~!と目からウロコ的な記事もあり、おすすめです。
多摩教会の売店『アンジェラ』でも販売しておりますので、ぜひ。


          


8月15日(木)終戦記念日、
この日が聖母被昇天の祝日です。

多摩教会では、17時のミサ後、パーティーもありますので、
どなたでも遠慮なくお越しくださいね。



おいしい焼肉がお待ちしておりますよ~



Luna
お知らせ admin page top↑
動物園にて
2013 / 07 / 25 ( Thu ) 22:30:00
駱駝がハミハミと食べ物をゆっくり噛んでいる。

「私が針の穴を通る?なんのことやら」

なんて思っているかは知らないが、
長い睫毛を風にそよそよさせて
口をモッタリと左右に動かす姿はなんとも愉しい。

金持ちが天国に入るのは、駱駝が針の穴を通るより難しい。


キリストのたとえ話。
なぜ駱駝?
縄とかだったらまだわかるが
なぜ駱駝?



天と地の間で、自分なりに重大な、
時にはどうでもいいことを考えながら
私は笑ったり、怒ったり、泣いたり、ほくそ笑んだり、
悩み悩み暮らしている。


人となられた主、キリストは沢山苦しまれたが、
ユーモアのある方だった。
愛に満ち溢れていた。
とんでもない額の借金帳消し話や、
おかしなところに登場する駱駝、寛大すぎる農場主‥


とても真面目だが、とても面白い。
キリストのたとえ話は人間の思惑を遥かに超越している
というようなことを、
いつか聖書講座で聞いたような…


私たち人の思いは地を這う野いちごの間を通る風。
遥か上には無限の空が広がり、
いつか時がくれば
野いちごのなかから舞い上がっていく。



ml-雲間



キリストのユーモアは青い空。
大きく包み込まれた私たちはその中で喜び踊り、
やがて空に溶け込んでいく。

アレルヤ アレルヤ


キリストは笑わない。
聖書の中を探しても、
キリストが笑ったという話は出てこない。
キリストはポーカーフェースだったに違いない。

あんな面白いたとえ話をサラリと言ってのけるなんて、
ポーカーフェースに違いない。


お。駱駝がこっちを見てる。
ツバかけられないうちに退散しよう。



かなぶん  


雑談 admin page top↑
あのテンション
2013 / 07 / 24 ( Wed ) 00:30:00
入門講座がお休みになって
皆様さびしくないですか~?

ブログの記事も更新が滞りがち・・。
そんなわけで
講座は夏休みで新しいお話はないのですが
最近あったことを。

先日、今年洗礼を授かった若いお友達と話していたら
当ブログでも皆様ご存知、与太者Kくんが
今行っている教会で
(彼は受洗後すぐにお仕事で遠い西の地に行っているのです)
「ねえ、かかりんってどんな人?」とたずねられ
「あの文章のテンション通りの人だよ」と
答えたそうです・・・。
 

・・・あの文章のテンションって?! 

ちなみに、入門ブログが始まったばかりのころに、
多摩教会の友人たちから
「かかりんってあなたでしょう?!
ふだん話してるまんまの語り口だからすぐわかったわ~!!」と
かなりの数の方に言われました。

まあ、そういえば自分が誰かとおしゃべりしてるかのように
確かに書いているかも知れないです。


・・・それにしても、あのテンションって?!


でも、遠方の方にもこのブログが
見ていただけていることがわかって光栄です。
せっかくですからぜひ晴佐久神父様や入門係の面々も
生で見にいらしてくださいませ。
それぞれのテンションで大歓迎したします。



かかりん
  
雑談 admin page top↑
新受洗者記念文集
2013 / 07 / 22 ( Mon ) 21:00:00
文集に書いた文章をご本人に読んでいただく・・・、
この新しい試みは14日、日曜日の入門講座から始まりました。

この日には5人ほどの新受洗者の方が
講座に参加しておられたのですが、
出来上がったばかりの文集を手に取られた神父様、

じゃあ、書いた本人がここに何人かいるから、
順番に読んでもらおうか!と?!
突然、思いつかれて(いつものこと・・いえ、聖霊の働きでございます。。)


「まず、わたしが先に読みます!」と
ご自分のあいさつ文を読んでくださり、はい、今度はあなた!と
次々ご指名。

・・・それがとってもよかったのです!

書いてくださった方の文章を、ご本人の声で聴いていると、
その方の気持ちが直に伝わってきて、
神さまがどんなにその方を愛し、いつくしんで、
受洗まで導いてくださったかが、
痛いほど伝わってきて、心から感動!!でした。

まさに、おひとり、おひとりがキリストの証人。

これは素晴らしい!と感激なさった神父様が、
かかりんさんが書いてくださっているように、
金曜日の講座でも実践なさった、というわけです。


土曜日はそうめんパーティーが控えていて、時間がなく、
おひとりしか読んでいただけなくて、残念でしたが、
そのおひとりの方の証も素晴らしいものでした。

この本年度の文集も、まもなくHPで紹介されると思いますので
(ご本人の了解があれば、ペンネームで)、
みなさま、楽しみにお待ちくださいね~。


              

かかりんさんがすでに書いてくださってますが、
そうめんパーティーは多くの方が参加して下さって、
大盛況のうちに終えることが出来ました。

お越しくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました!


入門係主催の交流会、次は9月7日(土)10時半よりの

ピザ・パエリアパーティ―♪の予定です。

どうぞ、お楽しみに~

今回来られなかった方も、次回は是非、いらしてくださいね。
心からお待ちしています。


Luna 
「入門講座」で admin page top↑
そうめんパーティー
2013 / 07 / 21 ( Sun ) 23:00:00
7月20日の土曜日は
毎年恒例、入門講座交流会
「そうめんパーティー」が行われました!!


そうめんパーティーという名前なので
そうめんしか出ないと思うなかれ、
今日並んでいたメニューをざっと思い出してみると、

器にバランと氷できれいに飾り付けられた
そうめんとたくさんの薬味、
肉そぼろ、スティックサラダ、太巻き寿司、唐揚げ、
りんごケーキ、バナナケーキ、かぼちゃのマフィン、
フルーツ盛り合わせ、ハンバーガー、みたらし団子、
トウモロコシ、枝豆、お茶にジュースにビールまで!!

          

どうです、豪華でしょう?
他にもまだあったかもしれません。
差し入れしてくださった皆様、ありがとうございました!!

多摩教会がまったく初めての方、
ハガキを見て久しぶりに訪ねてくださった方、
違うカトリック教会の方、プロテスタント教会の方、
もちろんいつもの参加者のみなさんや新受洗者の皆さん、
多摩教会の方、入門係ともちろん晴佐久神父様!!

大勢の参加者で信徒館は大にぎわい!!

入門係もお料理を出した後は
皆さんと一緒に食べたりお話したり、
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

         

そしたら、ある参加者の方に
「入門係の方ですよね。入門のブログ、読んでます。
なんていうペンネームの方ですか?」と聞かれたので
「ありがとうございます!!私かかりんです。」とお答えすると
「ああ!!あなたがかかりんさん、いつもどんな方かな、と
想像しながら読んでいたんですよ。お会いできてうれしいです!!」
と嬉しいお言葉をいただきました。

          
最近、大きなイベントがあるたびに
かならず「あなたがかかりんさんですか!!」
と言っていただきます。
インターネットの威力を改めて感じる日々です。
初めてお会いした方でも
昔から知っている人のように思っていただけるのも
インターネットのすばらしい点と思います。

晴佐久神父様の
これからはネットだ!!の
ツルの一声で始まったこの入門ブログ。
ささやかながら神父様の福音宣教の一端を担っているのだなあ、と
うれしくなりました。

あなたがここへたどりつくための
敷居を少し低くすることができているでしょうか。


あなたに会いたくて、
私たちは今日も笑顔でこの場所でお待ちしています。




かかりん
 
多摩教会で admin page top↑
夏休み前最後の講座
2013 / 07 / 20 ( Sat ) 23:54:48
7月19日の金曜日は
夏休み前の最後の金曜入門講座でした。

この日は神父様のお話ではなく、
できあがったばかりの新受洗者文集を、
受洗者本人に読んでもらうことが
講座の中心になりました。

かかりんは入門事務局の仕事を担当しているので
文集の原稿を集める係もしていました。
なので全ての原稿を製本前に目を通しているのですが。

やっぱりいいですね。
ご本人の声で読んでいただくって。

この日は6人の新受洗者が講座に出席されていました。
お一人お一人との想い出がよみがえってきて
聞きながらこっそり泣いていました。
そしたら、神父様も涙ぐんで
目を真っ赤にしていらっしゃるではありませんか!!

「本当によかったね」
神父様はお一人お一人の朗読の後で
そう声をかけていらっしゃいましたが
かかりんもまったく同じ気持ちでした。

よかったね、ここにたどりついて。
もう大丈夫、大丈夫だよ、
今まで辛かったね、
だけどここがあるから、もう大丈夫。  


文集をご本人に読んでいただくのは
初めての試みであったと思いますが、大成功!!
感動の講座になりました。

読んでくださった新受洗者の皆様、
ありがとうございました!!  



かかりん
   
「入門講座」で admin page top↑
鴨ちゃんトゥデイ
2013 / 07 / 19 ( Fri ) 14:30:00
m-kamo.jpg


え?どうしたの? 

教会の帰り道、今日は鴨ちゃん勢ぞろい。

ワイワイ、ガアガア、今日は暑いぞ、

みんなで揃って水浴びだ。



Therese 
 

         
雑談 admin page top↑
神様からのハガキ
2013 / 07 / 18 ( Thu ) 18:28:01
少し時間があいてしまいましたが
7月12日の金曜日の入門講座のことを書きます。
Lunaさんと重複するところもありますが
お許しくださいね。

12日の講座は夏休みを目前に
新しい方が3人もいらしてくださいました!!
うれしいです!! 
ぜひ続けて来てくださいますように。

この日の講座は、ラジオをきっかけに
神父様のファンになったという
遠方の女性の方からのハガキでお話が始まりました。

        

こういうハガキは励まされますよ。
福音をどれだけ語っても、入門講座の皆さんなんてボーっと聞いて
帰ってしまうでしょ?(笑)
ハガキが一枚来ると、さあがんばろう!!って気になる。
ああ、神様から来た!!って思うからです。
その人を通して神が働いていると思う。

いいんだよ、それで。
臆することなく福音を語りなさい、って言ってもらってると思う。
何かしるしがあると、もう一回がんばろうと思う。

・・・だからってここにいる皆さんでハガキ出さないでくださいよ。
それは困ります。(笑)

84歳のカトリックの方が、ラジオで福音を聞いて、嬉しくなって
多摩に面会に来たいくらいになって。
91歳のご主人と一緒にラジオを聞いてハガキを書いて。
今日の入門講座にハガキが舞い込み、
神父が励まされ、福音を語ろうと思う。
それが今日初めて来た3人の心に働くなら、
それは全部神がなさっている。

初めて来た3人に、神が現実に働いていますよ、って
パラリとハガキを見せる。
キリスト教ではそれを摂理といいます。
神様のやり方。働き。
摂理って言葉を使うときは
それは100%神様のなさっておられることなんです。


神様からのハガキ。 
神父様、いつも自信に満ちあふれて
福音を語ってらっしゃるように見えるけど
こうやって神様に「それでいいんだよ」って
励まされてそれを力に語ってらっしゃるんだなあ、と
新鮮な気持ちで講座を聴いていました。

神様からの言葉はいつも、
そうやってキリスト者を通して伝えられる、
ってことでしたが、 

私も神様の言葉の配達できたらいいな、
そんな気持ちで今日もこの記事を書いています。



          


あっと言う間に夏が来ましたね。
次の講座を最後に
しばらく入門講座は夏休みに入ります。

でも、長いお休みの前には楽しいそうめんパーティーが!

そうめん以外のメニューも出ますので
「そうめんキライ」という方も、安心しておいでくださいね。
7月20日土曜日の10時半からです。

神様に励まされた神父様が
ステキな福音をきっとその日もお話くださると思います。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
善いサマリア人
2013 / 07 / 17 ( Wed ) 12:00:00
7月12日(金)の入門講座、今回はまず、
FEBC放送で晴佐久神父様のお話を聞いて大感激されたという、
84才の女性の方からのお便りを紹介してくださいました。

神父様、こういうお便りを頂くと
「こっちの方が、励まされるね~。うれしいね~
らしいですよ

お便りにヒントを得て、み摂理についての前説がしばし。

『理想は人間がつくるもの。
現実は神さまがつくるもの。

神さまの理(ことわり)、やり方、働き、システムを摂理という。
摂理は完全。100%神さまのなさっていることであり、
そのすべてを知ることはできない。
ただ、信じることしかできない:何があろうと、起ころうと、
それらはみんな素晴らしいことにつながっている、と。』

今回は新しい方が3人もいらしてくださいましたので
その後、おもむろに、「何を話そうかなあ?」と考えて、
結局、今週の聖書と典礼から、
「善いサマリア人」のたとえについてお話し下さいました。(ルカ10.25-37)

               

そのサマリア人とはイエス自身のこと。

あなた自身が追いはぎにやられたようなもの。
半殺しになってしまったようなもの。
そこへイエス様が来て介抱してくださった。

イエス様はともかく徹底して、つらい立場の人のことを思う。

別人種、仲間じゃない人達とか関係なく、弱っている人、
傷ついている人に、可哀そうに・・、と近づいていく。

イエス様は徹底してすべての人にやさしい。

天の父がひとり、ひとりを愛していることを
何とか現そうというのがイエスの使命。

『憐れに思い』とは、理屈抜きで、
はらわたが揺さぶられるくらい、断腸の思いで、
矢も盾もたまらず、いてもたってもいられず、
胸がぎゅっとする感じ。

脳みそで考えてない、もう考えてない。

子どもを助けようと、火事場に飛び込んでいくお母さん、
子どもがおぼれそうになったときに、
川や海に飛び込んでいくお父さんのような気持ち。

『行って、あなたも同じようにしなさい。』とあるが、
イエスという究極の救い主を仰ぎ見ればいい。

たどたどしくも、そっちに向かっていけばいい。
3歩進んで、2歩下がる・・・。
『下がる時は忸怩(じくじ)たる思いがするわけですよ。』



お話を聞きながら、イエス様の心が神様の心と同じというのは
なんて幸せなこと!!
天の父である神様がこんなにも、こんなにも、やさしいとは!
なんてホッとすることだろう!!と思いました・・。

          


ところで、いよいよ、次の土曜日(7月20日)は

そうめんパ-ティ-♪ です。 

入門係一同、心を込めて準備してお待ちしています。
どなたでも、どうぞお気軽にいらしてくださいね。

みんなで楽しく暑気払いしましょうね~!!


Luna 
「入門講座」で admin page top↑
夕陽
2013 / 07 / 11 ( Thu ) 19:00:00
pl-2夕陽



写真:べるなでった
未分類 admin page top↑
そうだ、御ミサに行こう!
2013 / 07 / 09 ( Tue ) 00:30:00
多摩教会の主日の御ミサはいつも超満員!
エントランスまでいっぱいです。
それでもすこーし早めに来れば、ちゃんと
座れたりもしますので、皆さん来てくださいね。
人が多いってことは、人目を気にしなくても良いって
ことで、カトリックのミサをちょこっとどんなもんか
見てみたい恥ずかしがり屋さんにも好都合?!
是非お越しください。


ああ、そうそうダニエル神父(古い記事を見てくださいな)の
自転車はオンボロです(笑)

でもでも

愛と希望を運ぶ自転車です(ここ大事!)。






ダニエル神父の自転車♪

(サブタイトル-主日のミサに自転車で来られて、
自転車置き場の階段の下に自転車を置かれる方は
なるべく奥の方に詰めてとめてください。
じゃないと、入りきらない・・♪



よなたん 

多摩教会で admin page top↑
7月7日入門講座
2013 / 07 / 08 ( Mon ) 22:10:00
神様は私たちみんなを
『乳房で養われ膝の上であやされ抱いて運ばれる』

十字架を見て与えられていることに感謝をしても、
何か神に恩を返さないと・・・と思う必要は無い。

貰ったから返すのは駆け引きで有り、
二元論につながってしまう。

神父さまは私達人間の中に、
グラデーションが有ると言われた。

白から黒へのグラデーションは線の引きようがない。
白は神様、白に矢印が向くことがキリスト者。

足りなくて駄目な自分、嫌な自分・・と、神様から離れ
黒に矢印を向けていても、
グラデーションだからわずかに白が混ざっている。

『乳房で養われ膝の上であやされ抱いて運ばれる』
事を喜びながら  
与えられていることに安心して祈りましょう。




アンジー  
「入門講座」で admin page top↑
ぶどうの木
2013 / 07 / 06 ( Sat ) 08:00:00
l-葡萄の木



写真: mari
未分類 admin page top↑
よかった、よかった♪
2013 / 07 / 05 ( Fri ) 08:00:00
6月28日(金)の入門講座。神父様はニコニコ顔でご登場。
それもそのはず、前の日に京都の司祭研修会での講演を
無事に終えたばかりだったから。。

よかった~!!ホッとしたよ~^^。
神父たちの前で話すと思うとずっと気が重くて・・・。
ほんとう言うとビビッてたんですよお。。。
前の日に、大阪の<なんばグランド花月>で吉本のお笑いを観て、
大笑いして、思いっきりテンション上げていったから、
上手くいった。終わってホッとした!!

ということらしいです

ひとしきり、吉本の芸人たちの愛あるプロ根性を褒め上げた後、
講演会のテーマでもあった『第2バチカン公会議』(注)
の実りについて、神父様がいつも特に、強調される
「みんな救われる」ということについて、
ご自分の体験を交えながら、嬉しそうに語ってくださいました。

              

かつてのカトリック教会は『教会の外に救いなし』、と言っていた。
『告解して罪を許されないと天国に行けませんよ』、と言っていた。

僕もそういう教会の教えの中で育ってきた。

でも、自分は失敗ばかり、叱られてばかりの子ども。。。
反省はするんですよ、いい子だったんだけどねえ・・、
また、やっちゃう。

失敗でアウトになるような教えだったら、
自分は絶対アウトだな、と理解していた。

イエス様の教えは 『7の70倍ゆるしなさい』、とか、
『いいんですよ。あなたの罪はゆるされる』、というもの。
そういうのは大好きだった。
でも、教会の教えは厳しい。つじつまが合わない。
裁く教会。◎か×かの二元論や相対主義を規範とする
社会と同じ。

イエス様が道を開いた教会は真逆なはず。

そんな時、自分が高校生くらいのときに
第2バチカン公会議があった。

この公会議はイエス様がいろんな形で、すでに言っていた
『すべての人は救われるし、救われている』ということを、
現代的な言葉で語っているもの。

それでやっと、自分が直観していたキリスト教と
カトリックの教えが統合され、
カトリックの家に生まれてラッキーと喜んだ。
この喜びを伝えるために神父になろうと思った。

普遍性のあるイエス様の教えに感動してもらいたい。

カトリックというのは普遍
(例外なく、すべてのものにあてはまること)
という意味。

いかなる意味においてもすべての人はカトリック教会に
属している。みんな属している。
私たちはカトリック教会とはそういう意味だと思っている。
                   ↑(普遍教会ですものね~^^)

現実の教会はそれをイメージしながら進化、成長を続けている。


神父様のお話を聞きながら、第2バチカン公会議前だったら、
自分は絶対に洗礼を受けなかっただろうし、、
受けさせてももらえなかっただろう、と思いました!

ラッキー♪で~す。



注 :カトリック教会の歴史~20世紀の教会参照のこと

Luna  
「入門講座」で admin page top↑
雲海
2013 / 07 / 04 ( Thu ) 22:25:04
pl-雲海


写真: mari
未分類 admin page top↑
南三陸沖縄まつり  その3
2013 / 07 / 03 ( Wed ) 22:00:00
名残は尽きないけれど、
最後のステージが待っています。


一路、平成の森仮設住宅に向かいます。
今回のツアーで一番大きな規模の仮設で、
ここだけは「ただで何かをもらいたくない」とのことで、
全ての飲み物食べ物を100円で販売することになっていて、
一同とても緊張しました。

やはりお金を払っていただくので、
素人で要領の悪い我々の手際の悪さを
叱られてしまったりしましたが、
たくさんのお客様が集まってくださって、
ステージは最初から大盛り上がりで大変な熱気でした。

合いの手をいれてくださる方、
パーランク(小さな手持ちの太鼓)をたたいてくださる方、
すすんでステージ上で踊ってくださる方、
最初から最後まで本当ににぎやかで楽しいステージでした。

         

コンサートが終了したのが夜7時すぎころ。
仙台で11時10分発の夜行バスに乗らないといけないので
7時半には平成の森を出ないといけません。
大慌てで片づけをしつつ、
たくさんの方とお話させていただきました。
ここでもとても喜んでくださって、
「絶対また来てね」と皆さんに言っていただきました。

その中で、ある年輩の女性の方が
忘れられない言葉を伝えてくださいました。

「みんな着物きれいね。私も着物、たくさん持っていたのよ。
ちりめんとかね、しぼりとかね、いいものいっぱい持ってた。
でも、全部流されて、みんななくなっちゃった。
この年でこんな目にあうなんて思ってもいなかった。
悲しかった。
あんたたちにはこの気持ちはわからない。
でもね、命は助かったからね。
とにかく命があるからね。」

絞り出すような声で伝えられたこの言葉。
とてもとても、大切なことを教えていただきました。

仙台に向かう道中、
気持ちをわかることはできないというもどかしさと、
でも、必ずまた来よう、という決意と、
喜んでもらえて良かったと言う気持ちと、
いろんな気持ちを抱きしめていました。

仙台駅前に10時頃着いて、
大急ぎで居酒屋で乾杯をして、
11時にお店を出て夜行バスに飛び乗りました。
新宿に翌朝5時着です。
思えばずいぶん長い時間活動したものです。

メンバーとも話していたのですが、
ボランティアに行く、って
こっちがたくさんもらうことだよね。と、
改めて思いました。

たくさんのものを失って、それでも懸命に顔を上げて、
笑顔で他を思いやりながら生きる仮設の皆さんに
たくさんの元気と勇気をいただきました。

          

南三陸は、道中も見所が多くて、
思ったよりずっと近く感じました。
ぜひ皆さんも、南三陸に観光しに行ってみてください。
たくさんのすばらしい笑顔と温かい心で
ほっこり暖まったハートをおみやげに、
きっと帰ってこられると思います。 


                  


かかりん
 
雑談 admin page top↑
南三陸沖縄まつり  その2
2013 / 07 / 02 ( Tue ) 22:31:49
その後、先発隊に迎えに来てもらって
坂の上の「志津川中学校」の仮設住宅に行きました。

ここが最初のステージの場所です。
先生一行とも合流して会場の設営。
テントを張って、ステージの上に機材を並べて
客席用のパイプ椅子を並べ、
先生が持参したお料理をならべ、
紅型(沖縄の織物)のステージ衣装に着替えます。

オリオンビールを無料で提供したい、と
先生が持参したビールサーバーがうまく作動しなくて
ビールの雨が何度も降って  
大騒ぎになったりしましたが、
本当にたくさんの方が見に来てくださいました。

かかりんは教会仕込みの大歓迎精神で、
「ようこそようこそ!!」と手を取って出迎えて
ご案内させていただきました。

来てくださった皆さん、本当に喜んでくださって
地元の高校生で三線を習っている皆さんの飛び入りもあって、
ステージは大成功でした。

この学生さんたちは、
震災直後に沖縄から自衛隊が派遣されて来た時、
その自衛隊の隊員たちに三線を習って、
以来ずっと勉強し続けているそうです。

ステージの途中、仮設の責任者的立場の方が

最近、被災地へ行く観光ツアーみたいのが
にぎわっているんだけど、これはとてもありがたい。
だって、被災地に気持ちが少しでもあるから
わざわざ見に行こう、って思うんだよね?
だから、ただ見に来てくれるだけでも、
どんどんこっちに来て、私たちを忘れないでいてほしい。

とおっしゃいました。


志津川の次に寄木の仮設住宅でもコンサートをしてほしい、
と依頼があったので、時間的に全員で移動は無理だったので、
先生一行と離れて東京チーム7人だけで
寄木の仮設に向かいました。
道がわからなくて、何度も民家の庭先に間違って入ってしまい、
でもそのたびに家中の方が見に来て手を振ってくださって、
本当に申し訳ないやら、ありがたいやら。
どうして皆さんこんなに親切なんでしょう。
ますます東北が大好きになりました。


なんとか寄木仮設にたどりつくと、
コンサートの告知してあった時間より一時間近く前なのに、
もう座って待ってくださっている方もいらっしゃいました。
寄木は小さな規模の仮設で、全員そろっても15人くらい、
と伺っていましたが
なんと15人のお客様が出迎えてくださいました!!

先生は次の会場に直行されるので、
私たち生徒だけのつたないコンサートだったのに、
皆さん本当に大歓迎してくださって、
一緒に歌って踊って、すばらしい時間を過ごすことができました。

オリオンビールの缶(先生と別行動だったので、ここは缶。)
や、さんぴん茶(沖縄のジャスミン茶)、 
サーターアンダギー(沖縄のドーナツ)や 
クーブイリチー(こんぶの煮物)、海ぶどう、もずく、
などと提供させていただいて、
集会所は小さな沖縄のようでした。

          

「楽しかった~。絶対また来てね~。」と皆さんに言ってもらって
本当に来て良かったなあ、としみじみ思いました。

      (その3につづく)



かかりん
 
雑談 admin page top↑
南三陸沖縄まつり  その1
2013 / 07 / 01 ( Mon ) 21:28:52
こんにちは。かかりんです。

今日は教会とは離れてのことですが
6月30日に南三陸へ行ってきたことをご報告させていただきます。

         

かかりんは三線(沖縄の三味線)を習って
そろそろ6年くらいになります。
その教室の先生と、弟子たちで
南三陸の仮設住宅に
「沖縄まつり」と称して三線の演奏と歌、
今回は食べ物や飲み物も提供するボランティアをしてきました。


かかりんは都心から離れたところに住んでいるので
その日は朝4時に起きました。5時半に家を出て東京へ。
朝7時32分東京発の新幹線で仙台へ。
仙台から東北本線で小牛田まで。
気仙沼線に乗り換えて柳津へ。
そこからJR気仙沼線BRT
(電車が廃線になっているため運行しているJRのバス)
で志津川まで。

BRTのバスの職員の方が
「途中から、『ここまで津波が来たんだなあ』って、
はっきりわかる境目がありますよ。」

教えてくださったのですが、

本当に山道の途中から突然山肌がけずられて、
波が荒れ狂った傷跡がはっきりわかる境目を見ました。
道路も、きれいに舗装され直しているところも多いけれど、
時々大変なでこぼこが残っていて
大きくジャンプしてしまう箇所も多々ありました。
地震でゆがんだ大地の爪痕です。

そして志津川の海辺付近には、まだ大量のがれきの山、
そして鉄筋の骨組みだけになったこわれたビルの残骸などが
生々しく残っていました。
かつて人々が生活していたであろう場所に
いまだ残された一面の無の世界。
胸が苦しい気持ちでいっぱいでした


志津川でバスを降りて、さんさん商店街という
仮設の商店街でお昼を食べました。

一転して、とてもにぎわっていて、どのお店も超満員。
福引きもやっていて、にぎやかな鐘の音と
人々の活気ある声が満ちあふれていました。

あまりの混雑に、どのお店の中にも入れなくて、
外にあるフードコートみたいな所にやっと席を見つけました。
一番食べたかったキラキラうに丼は完売でしたが
人の多さにうれしくなりました。


こんなに大変な想いをして、
なお笑顔でがんばる南三陸の人々の姿を
心に刻みました。


        (~その2につづく)

かかりん   
雑談 admin page top↑
* HOME *