FC2ブログ
乞田川の鴨のつぶやき (その3) ~ 摂理への信頼 ~
2013 / 10 / 01 ( Tue ) 11:27:41
あんた方、いつもマイカーで

そんなにせわしく通り過ぎないで

たまには乞田川沿いの歩道を

ゆっくり歩いてみたらどうかね。

おいらたちの家族、

こないだのすごい風雨にも全く異常なし。

全員、ちゃんと生きてるよ。



異常をいち早く察知、

さっと橋の下の草むらに潜り込んだんだ。

栄養サプリメントがどうとか、

ストレッチ体操が効くよとか、

面倒な健康法なんか、

おいらたちはな~んにも知らないし、

さっぱり分からないけど、

生きるための「カンの鋭さ」は

多分あんた方より兄貴分なのさ。


便利だからと

地球温暖化を招いている道具

なんかで走り回らないし、

必要な最低限度の情報は

全て天のお父ちゃんから貰った

「カン」ひとつでわかるんだ。


じっと川面を見てごらん。

小魚、虫、、水藻 ・・・、

天のお父ちゃんが与えてくれてる食べ物を

みんなで仲良く分け合ってるんだ。



あんた方、人間は、とかく理屈が先に出すぎるよ。

いつも自由意志で考え、判断して、

良心に従って行動してるんだろ?

だったらどうして、再稼働なんて叫ばないで、

新しい安全なエネルギーの研究開発、

実行に一所懸命にならないの?


天の恵みに感謝して、みんなの命を大切に、

ありのままに、つつましく生きる、

そんな昔の人の知恵や、

風のうわさに聞く現代のドイツ人たちの

論理と理性ある行動を少しは勉強してよ。



 
『神よ、あなたの思いは極めがたく、

その全てを知ることはできない。

あなたのはからいは限りなく、

生涯わたしは、その中に生きる。』

(詩編139-17,18)




ナンクルナイサー
雑談 admin page top↑
* HOME *