FC2ブログ
見えない世界のこと
2013 / 10 / 09 ( Wed ) 23:00:00
かかりんさんの記事と前後してしまいましたが、
9月27日の入門講座では、初めていらした方からの
質問に答えるかたちでお話がはじまりました。

シンクロニシティーについてのお話が興味深かったので、
少しご紹介いたします。


『シンクロニシティー:共時性とは?

不思議な偶然の一致。
たとえば、思っている人から電話があるとかなど。

目に見えない世界で何か不思議な力が働いています。

神さまがすべての人に聖なる霊を送って働いておられます。

例えば、聖霊降臨の体験のように。
どんどん働いて、この世界を神の世界に近づけています。

神さまは人間の働きを通して、
素晴らしい世界を作っている途中です。

キリスト教的シンクロニシティーは普遍的。

オカルト的なもの、例えばお化け、幽霊、心霊現象などは
十全なものでなく、表面的なもの。
海面で波がバシャバシャしてるようなもの。
被害妄想などから来るものもある。

もっと深いところにほんとうに純粋な世界がある。

目に見えない世界のことをカトリックは
ほんとうに正しく受け止めている。

例えば秘跡。
秘跡は目に見えない神の目に見えるしるし。

例えばマザーテレサ。
マザーは電車の中で神さまの声を聴いた。

一番貧しい人のために、

最も小さくされて傷つけられている人のために

働きなさい、という語りかけがあった。

それは空耳ではなく、
魂の深いところで、神さまが語りかけて下さったこと。
祈りの内に確かにあったこと。

オカルト的なシンクロニシティは
センスとしてあまり洗練されていない。

むしろ、気の合わない人の向こう、

都合の悪い人の向こうに、

何か良いものを見るセンスがあると

いい感じになっていく。

自分の経験の範囲の向こうに

何らかの信頼と希望を持つことが上等なセンス

結構みんな被害妄想や恐れ、うらんだり、思い込んだりして、
ほんとうのリアルを見ていない。

神さまはちゃんと働いている。非常にリアル。

ぼくらが思っているよりはるかに圧倒的な力で
神さまは働いておられます。(→ 聖霊の働き)

善いもののために働いておられます。

一番つらい現場でも、
そのような現場だからこそ神の愛が表れやすくなっている。

あらゆる悪を善なるものに変えるという神さまの働きに
キリスト者は協力していきたい。

苦手なこと、やりたくないことでも引き受けてやっていけば、
素晴らしいことがいっぱい起こります。』

・・・
晴佐久神父様も人前で話すことは苦手だそうです?!


Luna
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *