イエスに願いを
2013 / 11 / 30 ( Sat ) 01:18:06
「困ったときの神頼み・・・。

私たちはすがることのできるものを必要としています。

だから、本当の親の手、み手にすがれ!と言って。

神さまはイエス・キリストを送ってくださいました。

イエスにすがれ

教会やミサやパン(ご聖体)にすがれと。

こういう意味ではキリスト教は究極のご利益宗教です。」




m-願い事



「お金がかかったら、全部ウソ。

神さまは何一つ必要としていない。何も求めていない。

ただ与えたい。喜びを与えたい、

私たちはそれをもらえばいい。


いや、はたと気がついたら、もう頂いている・・・


私たちはすでに、究極のご利益のうちにある、

神ご自身が究極のご利益。。。

何一つ足りないものはない

すでに満たされていることに気づくでしょう。。。




11月29日(金)入門講座より

Luna
「入門講座」で admin page top↑
もうすぐクリスマス
2013 / 11 / 29 ( Fri ) 11:21:39
m-2センタ―m-1センター


11月28日午後5時の多摩センター。

きれいでしたよ~



Luna
未分類 admin page top↑
教会前の桜並木も
2013 / 11 / 27 ( Wed ) 16:00:00
m-紅葉


薄曇りの午後。

こんな日でも、秋には風情がありますね~。

『美の創始者』(知恵の書13-3)が手ずから行う模様替えに

感謝と賛美!


Luna
多摩教会で admin page top↑
マリア様と紅いブルーベリー
2013 / 11 / 26 ( Tue ) 00:25:52
m-とブルーベリーマリア様



秋も深まり、

マリア様の足もとのブルーベリーも

紅く色づきました。

もうすぐ12月。

一年が足早に過ぎ去ろうとしています・・・。


‟母の手に安らぐ幼子のように”(詩編131より)

すべてをマリア様を通して神さまに委ねて、

感謝のうちに過ごしたい・・・。

天を見上げて。。。



Luna
多摩教会で admin page top↑
いよいよ洗礼シーズンです!
2013 / 11 / 23 ( Sat ) 23:00:00
11月15日金曜日の入門講座は
「いよいよ洗礼シーズンです。
志願書を早く作って配っちゃいましょうよ!!」という
神父様のウキウキした言葉で始まりました。

          

「神様からの呼びかけに、応えます。
神様的には最近急に告白してきたんじゃないんですよ。

『私があなたを望んで生んだ。
あなたの全てが私の喜びだ。

あなたをいつの日か私のもとに呼び寄せる。
その日まで私はあなたを育てている。』


その呼びかけに気付かなかった人が、
ある時ハタと気づき、
『それだったらお応えいたしましょう』

洗礼とは、そういう話なんです。

もう最初っから、50年の人生なら50年、
呼びかけられて来たのに、
これから二年も三年も学んで受け入れますっていうんじゃなく、
向こうが呼ぶのに応える。

向こうが『さあ、いらっしゃい』と招待している。
それに私たちは応える。それが洗礼なんです。

聖書を読んでみてください。
わかって弟子になった人なんて一人もいない。

みんなイエスが『ついてきなさい』って招いている。
私はそういうのに憧れるね。
あっちが主人公。

キリスト教は向こうが自らを明らかにして、
こっちはそれを受け取る。
とってもラクな宗教なんです。

あっちが頼んでるんですよ。
『私のもとにおいで。私を信じてほしい。
お前を愛して育てているのは私なんだよ。
気付いてくれよ~!!』と言っている。

イエスキリスト。神の本気のラブレター。
それは永遠なるものの一つのしるし。

近々洗礼志願書をお配りしますので、
与えられた神から私への告白だ、ということを
理解していただきたい。」

            

かかりんが

神様からずっと渡され続けたラブレターに気付いて

「ハイ」とお返事するまでには

ずいぶん長い時間がかかってしまいましたが、

お返事できたことを、

とてもとても感謝しています。

お返事をして、かかりんの新しい人生が

本当にスタートした実感があります。


洗礼を授かってから

びっくりするようなことがたくさん起きて

わずかの間にこんな所まで来てしまった!!と

歩いてきた道を振り返ってまたびっくり。

今、かかりんは毎日忙しいけれど

とっても幸せです。



神様のわざは本当にすばらしいです。

今年度はどれだけの方がお返事をなさるでしょう。


たくさんの奇跡が今年も見られることを確信しています。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
聖伝
2013 / 11 / 21 ( Thu ) 18:00:00
花小金井から多摩教会にちょくちょく(?)

来てくださってる姉妹、Sさんがずいぶん前に(泣)

描いて送って下さった4コマまんがです。


紹介しようと思って、お許しを頂いてからずいぶん遅く

なってしまいました‥ごめんなさい。



内容はいわゆる、聖伝ってやつです。

もはや、私ごときがコメントすることは何もないです!

わずか数秒の説教!使徒聖ヨハネ(爺?)かっこいいです!


コメントのかわりにBGM付けときました‥。

パソコンのスピーカーではなんだかよくわからないので

ヘッドフォン、イヤフォン等でお聞き頂ければ、幸いです。




m-01聖ヨハネ爺

m-02聖ヨハネ爺

m-03聖ヨハネ爺

m-04聖ヨハネ爺







主キリスト神のひとり子(bwv601)♪ JS Bach arr.よなたん





よなたん 
未分類 admin page top↑
和室~
2013 / 11 / 20 ( Wed ) 22:00:00
日曜入門講座はいつもの聖堂が

クリスマスの聖劇練習で使えないので

和室で行っています。

(狭い だけど昔の家族みたいです



神父さまは閉所恐怖症なので

窓を開けて部屋を明るくから始めます。


来週から洗礼志願書をお渡しする時期になります

今日のお話も洗礼一色です。

『私が洗礼を受けるのではない

神様が授けるもの


洗礼の意味は

神様が授けること

キリストからの求婚、キリストとの結婚

死から命に向かう新しい誕生の事


神父様が復活徹夜祭に洗礼式を行うことにこだわる理由は…

死から命

闇から光に向かうからです。



12月には聖劇やクリスマス会があります。

是非、いらしてくださいね~



アンジ― 
「入門講座」で admin page top↑
二つの大切なお話から
2013 / 11 / 18 ( Mon ) 22:30:00
一年の暦もまもなく終わる秋晴れの11月17日、

多摩東宣教協力体の講演会で

新潟の菊地司教様は信仰年のしめくくりにあたってと、

ベネディクト16世前教皇様のおことばの一部を

大要次のように紹介されました。


 『あなた方が他人に関心を持たずに、

 自分自身だけが信心深い務めを果たそうとするなら、

 神様との関係はひからびたものとなってしまいます。 

 3つのこと、

 ①福音宣教 ②典礼、祈りの実行 ③愛の奉仕、

 これらを実行しましょう』


        


講演会に先立っての入門講座では

洗礼志願書の受付が11月30日(土)から始まることに

関連して晴佐久神父様は次のように説明なさいました。


 『洗礼は、

 1.神様のなさることです。 

 2.神様の愛情の表現です。
 
 3.新しい誕生 です。

 そして洗礼は、キリストとともに生きる印であり、

 死と復活の体験です。』


ご家族に代わる代わる抱かれて、

ずっとニッコリしていた小さな赤ちゃん も一緒に

みんなでお話に耳を傾けました。


   
★ ナンクルナイサー
 
「入門講座」で admin page top↑
ラブレター
2013 / 11 / 17 ( Sun ) 22:34:02
11月15日(金)の入門講座。
ある青年から洗礼を受けたいと告白されたばかりで
神父様は上機嫌。 その語り口は
いつにもまして熱を帯びているように感じました。


            

「神さまは言います。

『私はあなたが生まれた時から、お前の親だよ。

私は誰が何といおうと、あなたを愛している。

いつかあなたを呼び寄せる。私はそれまで育てている。』


入学願書を出したり就職活動をしたりの、

この世のこととは違って、

向こうから、神さまのほうから、

『さあいらっしゃい』と招待している。

これに応えるのが洗礼です。


勉強して合格してから洗礼、というのではない。


『私のもとにおいで。私を信じてほしい。

望んで生んだのは私なんだよ!

愛して生んだのは私なんだよ!

気づいてくれよ~~~!!』


それに対して、『ハイ、気づきました!!』と

洗礼を受けるのです。



もうすぐ洗礼志願書をお配りしますが

それは神の側からのラブレターだと思ってください。

もし、お好きなら、どうぞお受け取り下さい。

(神さまが嫌いなら別ですよ~~~)

ハイ、と言って、神さまに委ねる世界にお入りください。


やがてはみんなその世界に入るのでしょうから、

さっさと入ったほうがええんちゃいますやろうか?!

(となぜかここで関西弁に。。。汗)



ラブレターをもらう・・・

本気の人間関係に心がキュンとするのは

ものすごく大切な瞬間ですが、

(神父様はいっぱいもらったことがあるそう?!)。

それこそがキリスト教の本質的なところ。


イエス自身が神さまからの最高のラブレター、

神さまの本気です。


この世のラブレターは相対的ですが、

神のラブレターは永遠なるもののひとつのしるし。

洗礼志願書は私への神さまからの告白と理解していただきたい。


教会はキリストの花嫁とも言われます。

洗礼を受けるとはキリストと結婚すると言ってもいい。

相手に不足はないでしょう?


選ばれて愛されている花嫁のような思いで

このお方とこれからの人生をクリエイトしていかなくちゃ。


試練を越えながら、大切なものを分かち合っていく

新婚生活を始めようではありませんか。


洗礼シーズンが始まります。」

            



Luna 
「入門講座」で admin page top↑
11月10日入門講座覚書
2013 / 11 / 16 ( Sat ) 21:21:22
神の愛がここにあることが現実。

十字を切ったから信仰が現れるのではない。

頭で理解して信じるのは

頭がクリアな時しか出来ない。



優先順位のトップは私達は愛されてる。こと
 



アンジ― 
「入門講座」で admin page top↑
クリスマスが来ますよ
2013 / 11 / 10 ( Sun ) 23:00:00
11月8日(金)の入門講座は、多摩教会が
まったく初めての方をおひとりお迎えして
にぎやかに行われました。

今日のお話はクリスマスのことを中心に語られました。

          

親は子を抱きかかえて『かわいいね~』と言える。

神はどうやって言うか。

天におっきな口が現れたら怖いものがありますよね。

そこでイエス様が現れた。

あなたを愛しているという気持ちを

目の前の赤ちゃんに伝えるために。


クリスマスは神の愛が

私たちの現実の中に介入してきた日です。


介入って言葉をあえて使いたい。

無理矢理入ってきた。

イヤだと言っても、いらないと言っても

神は入ってくる。

神に介入してもらわない限り

我々は生きていけない。

神の愛の目に見える印である

イエス様のすばらしさをクリスマスはよく表している。



幼子イエス様、偶然じゃない。

真っ暗闇で汚くってゴツゴツした

固~い、冷た~いまぶねに寝かされた。

神様はそのまぶねのような人類の中にやってこられた。


暗い汚い固い、3Kですね。


人間は、ねたむし、恨むし、イラ立つし。

私、自慢じゃないけどスゴイですよ、心の中は。

でも、私はそれを悪いことだと思ってない。

それがスタンダードだと思っているから。人間の。

身も蓋もないことを言うようだけど、

そうでないとイエス様が来る意味がない。


人間の弱さがあればこそ

人類に本当にイエスが必要なんです。

イエスの寝かされた冷たいかいばおけは必要な器。

そこに神が温かいものを注いでくださる。


クリスマスは私たち

弱くて汚くて恨みベースの

非常に冷たい私たちという器の中に

イエス様が来てくださった驚嘆すべき愛の出来事。


3Kの皆さん、良かったですねえ。

クリスマスが来ますよ。

イエス様はそんな私たちに宿ってくださる。

ダメな自分をほこりに思ってください。




『ダメな自分がスタンダードで、でもダメだからこそ
そんな私たちのもとにイエス様が来てくださる。
だからダメな自分をほこりに思ってください。』

これってすごい福音だと思いませんか?
かかりんはとっても嬉しくなりました


お茶の時間に、今日初めて来てくださった方とお話をして

「あなたがかかりんさんですね?」と言われて

ものすごくびっくりしました。

そしたら、福音の村や入門係のブログを見て
来てみた、と言っていただきました。


そしてさびしかった心の穴が

ここに来たことでふさがった、とも。


かかりんは、その方が
ここに来るように神様に導かれた
その招きがはっきりと目に見えたように思いました。


今日、あなたに会えてうれしい。

おかえりなさい、我が家へ。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
旅の途中
2013 / 11 / 08 ( Fri ) 16:00:00
入門講座も巡礼旅行のようなもの。

神さまが一日一日を育ててくださっている。

家族として祈り合い、

天上の家族を目指して歩んでいる仲間です。


旅はプロセスに意味がある。

なんでこんなところにいるんだろうか、

なんでこんな寄り道を?と思うかもしれないが、

それは途中だから。

この世のどこかが目的地ではない。

この世のことは究極の目的ではない。

つかの間の目的、一時的な達成感はあるかもしれないが、

人生は続く・・・。


信仰がなければ途中にならない。

何か尊い世界、見たことも聞いたことも、

想像もつかない神の国も確かにあるし、

今、そこに向かっているんだという希望をもって

歩んでいく。



自分の人生が巡礼旅行。

会っては別れ、会っては分かれ、

人生は一歩、一歩が 

神に向かっていく巡礼の旅路です。



以上は10月25日に巡礼旅行からお帰りになったばかりの

晴佐久神父様がおっしゃったことですが、

11月1日の入門講座も神父様はお留守。

映画を観るのも飽きた~、ということで、

久しぶりに分かち合いをしました。


新しい方が2人お見えになって♪、全部で7,8人。

天上の家族を目指す仲間同士の寄り道(?)は

なかなか乙なものでしたよ。



「あ~楽しかった!たまにはこんなのもいいですね!」

とおっしゃってくれた方がいて、

よかったあ!と思いました。




Luna
「入門講座」で admin page top↑
復活!!夜8時の男
2013 / 11 / 01 ( Fri ) 00:30:00
10月25日の入門講座は
ヨーロッパの巡礼から戻られた神父様の
少し遅くなったけれどお誕生日会をすることにしていました。

かかりんはバナナシフォンケーキを焼いて
ちょっといいクリームを塗ってケーキをおめかし。

本当は神父様の写真も載せたかったのですが
ピントがブレブレだったので
ケーキの写真だけアップします。


pl-p-ケーキ

でもこの日の一番のサプライズは
ケーキではありませんでした。



夜8時。去年までほとんど毎週
金曜の講座に来てくださっていたのに
ぷっつりといらっしゃらなくなっていたCさんが
講座に現れたのです!!

Cさんは毎週8時に現れるので
神父様が「夜8時の男」ってあだなをつけていらっしゃいました。

Cさんが信徒館に入った瞬間、
みんなで思わず拍手してしまいました。

Cさんは照れくさそうに笑いながら
神父様に「お誕生日おめでとう!」と言って
席につかれました。
そう、Cさんは神父様にお誕生日のお祝いを言うために
わざわざかけつけてくださったのです!!


講座の後でCさんとお話していると、
Cさんは「洗礼を受けたい」とおっしゃいました。
かかりんは思わず「えええ!!!」と叫んでしまいましたが
「神父様!!Cさん洗礼受けたいそうです!!」とお伝えすると
神父様はそれはうれしそうににっこりされました。

「ずっと来ていなかったし、勉強不足だから
もっと勉強したら。」というCさんに
「何言ってるの。何年もずっと講座に通ってくれたじゃない。
あなたには充分その資格がある。」と言うと
Cさんと神父様はしっかりと握手をかわされました。


かかりんはその光景を眺めながら
とても光栄な気持ちでした。

こんなすばらしい奇跡に立ち合えて。
神様がちゃんと働いておられることを
この目で見ることができて。

入門係になって良かったなあ。
この教会にたどり着けてよかったなあ。

すっかり涼しくなった秋の夜、
心がぱかぽかと温かくなりました。




かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *