ここにいよう
2014 / 03 / 31 ( Mon ) 23:30:32
お久しぶりです、かかりんです。
家のパソコンが故障して
しばらくブログが書けませんでした。

なのでちょっと前の講座のお話から。

3月14日の入門講座は
「ここいいよう」という歌で始まりました。

♪ここにいよう

わたしたちは

ひとつのかぞく

イエスさまが むすんでくれた

平和のかぞく♪

この歌は、神父様が新たに企画された
心の病で苦しむ人のための癒しのキャンプ
略して「ここやし」のテーマソングです。
神父様が作詞、BIGⅡのSくん作曲、
この日はなんと神父様自ら歌ってくださいました。

心の病で苦しむ人のイベントはどんどん増えていて
初代のここクリに続いてここ夏(夏まつり)、ここやし、と
進化発展を続けています。

神父様のびっくり箱のような頭の中から
次は何が飛び出すのか
とっても楽しみです。

          

さて、この日の講座は十字架復活のお話が中心でした。

「まず、主は復活されたってことを
全面的に信じてください。

ただアーメンって言えばいいんです。
信じる私が始まるんです。

信じる私が洗礼を受けて、
洗礼を受けてからの人生が
皆さんの本当の人生なんです。

生涯アーメンと言い続けて
最後の一言はアーメンであってほしいですね。
そういう人生にしましょうよ。
他に別に言うことないですよ。

美しい言葉です。
アーメン、アーメンって全世界の信仰者が言う。
そういう信仰に出逢ったら、この世で何があろうとも
恐るるに足らず、ですよ。

あそこに行けば心が明るくなる。
あったかい仲間がいる。
十字架復活の神秘がそこにきちんとある。
そういう場所だからみんな集まってくるんですね。

ボクらが新たな思いでイキイキと暮らしてないと
人数が少なくなるんです。

いつでも
主は復活された、って、
この世界からホントの意味で
罪と死は追い払われた、って、
伝えてないと、と私は思ってるんです。

あなたは必ず救われる。
あなたはすでに救われている。

どんな文句を言われても
私は相手をいたしません。
私の役目は議論ではない。
福音を全ての人に伝えるって実(じつ)をとらないとね。

お前を愛しているよ、必ず救われる。
そんなにいらだちをおぼえないでほしい。
神の子なんだから、
喜んで、信じて欲しい。
そうやって一生懸命伝えなくちゃなんないんですよ。」

          

みんなが「ここにいよう」、と思う教会。
かかりんは、ずっと「ここにいよう」と思っているんですが、
みんなはどうかな?

誰もが「ここは私のおうち」
「ずっとここにいよう」
そう思える教会を目指して、毎日新しい気持で
感謝して過ごしていきたいと思いました。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
パパ様のつぶやき
2014 / 03 / 29 ( Sat ) 20:07:48
kl-洛陽

写真:mari

四旬節は恵みのときです。

回心し、

私たちが受けた洗礼の恵みを

フルに生かしましょう


イエスは私たち罪びとから

かけ離れた方ではありません。

ご自分の慈しみのすべてを、

際限なく私たちに

注ごうとしておられるのです。


イエスは私たちの希望です。

悪であれ死であれ、

誰もこの愛の力が私たちを救うのを

邪魔することはできません 。



教皇フランシスコ


Luna
未分類 admin page top↑
十字架復活
2014 / 03 / 20 ( Thu ) 00:08:39
復活なしの十字架には何の意味もない。

十字架なしの復活はあり得ない。

十字架復活。ひとつの熟語。



すべての闇は光に奉仕している。

すべての苦しみは復活への道。



究極の十字架、それはこの世を去ること。

だから、葬儀ミサは復活ミサ。

病の苦しみをくぐって、天に生まれて行く。



すべてのミサは死者ミサです。

天と地がつながる現場。

主人公は天。

天に居るイエスにつながって、

いずれ、天でのミサにあずかる希望をもって・・。

天のミサが本番です。



愛する人がいない天国は天国ではありません。

すべての人が救われます。



3月14日入門講座より



Luna
「入門講座」で admin page top↑
志願式
2014 / 03 / 10 ( Mon ) 12:36:58
9日のミサ中に洗礼志願式が行われました。

いい式でしたね~。

今年の志願者は38名。

代親の方々も参加された式後の交流会では

2階の会議室がぎっしり埋まり、それは賑やかでした!、

あちこちで話の花が咲き、みんなとても嬉しそうで、

顔が輝いていらっしゃいましたよ。



次はいよいよ洗礼式!

(その前にリハーサルがありますが。)


先日の入門講座で神父様は、

「洗礼式はイエス様との霊的な結婚式。

受洗にあたっての一番の準備は、

ほんとうにいいことが自分に起こるんだ、

という憧れと喜びをもって、

ワクワクする思いで待つこと。


とおっしゃっています。


入門係としても、

皆さんと一緒に再洗礼を受けるつもりで、

ワクワクしながら、 

また、皆さんのために祈りながら、

心をこめて準備させていただきたいと思います。


Luna 
多摩教会で admin page top↑
北の国から (3)
2014 / 03 / 05 ( Wed ) 23:40:38
kl-北の空

写真:mari

「神のいつくしみは永遠」


苦悩のさなかで神に助けを求めると、

神はこたえて わたしを広い所に移された。

(詩編118)
未分類 admin page top↑
目に見えるしるし
2014 / 03 / 04 ( Tue ) 01:06:34
2月28日の入門講座で、神父様は27日の
Hさんを偲ぶ会についてふれられました。


         

「Hさんは、
今年みんなと一緒に洗礼を受けるはずだった。
究極の洗礼である、死。
本当の洗礼をもう受けちゃったってことですね。
その意味では、希望通り洗礼を受けた。
神様の御心のうちに
真の洗礼を受けて
天に生まれ出て行った。

だから、洗礼希望してたのに
亡くなっちゃっておかわいそう、って
話じゃないんですよ。

我々はこの世で真の洗礼の先取りをするんです。

洗礼を受ける人は先に死んじゃうんだから、

安心ですね。


この世で何を失っても
私は天において神様の子供としてほめてもらえる。
この世は過ぎ去って行くので
絶対のものではない、という本質を忘れることなく
洗礼を受けたら神様の世界が始まっちゃう。

Hさんは、先駆けて
向こうに行っちゃった。
我々入門講座の英雄。
先に行っちゃった僕らの仲間。
先に行って様子見てくるね、っていうか、
行くべきところに行っちゃった。

帰って来ないところをみると、
よっぽど良い所なんじゃないですか。
Hさんは、希望のよすがとなる存在なんじゃないですか。

洗礼志願者にとって、
洗礼式までは婚約期間。
楽しんでくださいね。

一生一度の洗礼式ですから

心からワクワクする思いで

これからの洗礼式を待つ。

喜びがないとね~。

今日のこの講座に来ている志願者は8人。
洗礼なんて受けたことない、
何であるかを知らない人に
そのすばらしさを話すこっちの身にもなってほしいですね。

これまでその喜びを見てきて
確信があるから受けてほしいんですよ。

秘跡ってのはホントすばらしいものなんですよ。
神様と人を結ぶ、目に見えるしるし。

それがなかったら、
どうやって生きていくのかって話ですよ。

明日あさっての説教で読む箇所、
ママの言う通り、パパの言う通りにしてりゃ
幸せなんだから任せなさいって書いてあるんですよ。
究極的には必ず皆天の国に迎え入れてくださる、
だから神様に全部任せて大丈夫ですよ、って
そういう説教ですね。

洗礼を受けたらもう

明日のことは思い煩ってはいけません。

よく寝ましょう。

がんばりすぎてはいけません。

昨日の後悔もいけません。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかって

寝なくてはいけません。

洗礼受けたら悩むなって宗教なんだから、

きっと明日はいいこといっぱいあるね~って寝なさい。
よろしいか。

結局悩んだことってあんまり意味なかったなって

年取るとわかってきますね、

自分の悩みって自分が生み出してるんですよ。



         


この日の講座のあと、
迷いに迷っていたある参加者の方が
洗礼志願書を提出されました。

そして日曜日のごミサのあとで、
「今日のごミサのお話を聞いて決心がつきました!!」と
それは晴れやかな笑顔で
洗礼許可証に神父様のサインをいただいていました。

Mさん、おめでとうございます!!
ご自分のお顔は見えなかったと思いますが
それはそれは晴れ晴れとした美しい笑顔でしたよ。
お母様もどんなにかお喜びでしょう。

これからどんなすばらしいことが起こるか
どうぞお楽しみに。



かかりん
 
「入門講座」で admin page top↑
楽しみだー!!
2014 / 03 / 01 ( Sat ) 00:30:00
洗礼式を前にして、だんだん

参加者が増えてきました。入門係も含めて、

金曜が約20人、

土曜が約30人、

日曜が約40人。

教会家族が増えるのはほんとにうれしい。

来週の洗礼志願式が楽しみだー!!




はれれ
 
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *