神様の世界へのあこがれ
2014 / 09 / 19 ( Fri ) 08:00:00
お久しぶりです!!かかりんです。

長い夏休みが終わり、いよいよ9月12日から、
入門講座も新学期が始まりました。



自分が想像してないような出会いが
未来にあるのかな~と思って、
神への信頼を深く深く持つ。


今日のこの集まりも神のみわざです。
神が今また語っておられる。
話してるのは一人の神父ですけど、
それはしるしみたいなものであって、
全てが整っていて、今という時に
神様がひとこと語る。


あまり小さく狭く考えずに
大きく広く
神様の創造のみわざが
全宇宙に響き渡っていて
神様の御手のわざが示されている、
この安心感!
創造の栄光。


日本広しと言えど、こんなところはない。


天の栄光の圧力が、こう、ぐ~っとね。
神の愛の力がぐ~っとやってきて、
あ!私は愛されてたんだ!と、
なんらかの方法で
気づいてくれるといいんですけどね~。


導いておられる方の霊と愛が
私たちの中に注がれ「パパ!」と叫ぶ。
その方が、良い方だから呼ぶ。


必ずその叫びにこたえてくれます。
向うは呼んでほしい。
神が呼び、神とともにある喜び、
感動を知らなければ。


知ってたら、
ああ、この試練のおかげで叫べたんだ!
そこまで神様の世界へのあこがれを
ぜひ持っていただきたい。







秋風が吹く中、
新学期も熱い福音が語られました。

最近は金曜の入門講座のケーキ番長は
かかりんからエリザベトさんに代替わりして、
ますますパワーアップしたおいしいケーキが
毎週みなさんのおなかの中に。

楽しいおいしいあつまりは毎週続きます。
どうぞおいでください。

大歓迎いたします。



かかりん
「入門講座」で admin page top↑
9月12日(金)の入門講座 ~2
2014 / 09 / 19 ( Fri ) 01:00:56
また、十字架称賛の祝日を前に、
神父さまはこうも話されました。





「十字架上でイエス様が
私たちと一緒になって叫んでいる。

『わが神、わが神、
なぜ、私をお見捨てになったのですか。』と

イエス様のこの叫びは
全人類の代表としての叫び。

神さまはこたえます。
復活という出来事によって。

こたえられて、
復活の栄光の世界がちゃんと与えられている。


現実には私たちはまだまだ十字架の時代を
生きていますが、神さまは
そんなことは百も承知。

「あなたたちみんなを入れてあげるから、
十字架を背負ってついておいで。」
ということ・・・

十字架は背負わなければならない。
けれども、神は決して見捨てない。


永遠なる栄光の世界に比べれば、
試練はそんなに長くない。

聖週間を思い出してください。
死の金曜日、沈黙の土曜日を経て、
イエスが復活するまでは38時間くらいでしょう?。

イエスが見せてくれた
復活の栄光の世界を信じなさい。」






「こんな美しい朝に、こんな美しい朝に、
主イエスさまは
墓の中から出てこられたのだろう。」

という、瞬きの詩人、水野源三さんの詩を
思い出しました。

私たちの主は
こんなにも優しく、こんなにも美しい
と思いました・・・。


Luna

「入門講座」で admin page top↑
* HOME *