聖堂のお花
2014 / 10 / 31 ( Fri ) 12:43:49
la-yuri.jpg


聖堂の麗しい花とかぐわしい香りは、

見えるものを通して、

見えない永遠の世界を

垣間見みせてくれるかのようです。



「わたしたちは見えるものをではなく、
見えないものに目を注ぎます。
見えるものは過ぎ去りますが、
見えないものは永遠に存続するからです。」

(コリントの信徒への手紙二4章18節)



Elley

多摩教会で admin page top↑
57歳最初の入門講座
2014 / 10 / 29 ( Wed ) 23:48:51
神父様のお誕生日である10月22日。
その日から二日後の金曜日、
10月24日、57歳になりたての
神父様のお話はこんなふうでした。





『赦すのは神。
あなたをずっと赦し続けて来たのも神様。
それを本当に思えたら、僕らは
生き方が変わっちゃうんですね。


私中心から神中心ってことです。
まず神はって主語から考えてみて、
語ってみて、そんな中で
私はこうだってなる。


”闇を恐れないで、
私とつながっていてくれ。
私が背負うから。
あなたの荷は軽いよ。”


イエス様は優しいんですよね。
キリスト教は闇と痛みの宗教なんです。
闇と痛みに強いんです。
そこに救いがあるって信じているから。


いつも苦しみと仲良くしておくほうが、
よっぽど自由で
苦しみから解放される道なんですよ。
まずはその苦しみが
ただのネガティブなものじゃなくて、
神が分かち持ってくださるから、
それによって神とひとつになれる。


最後の最後に残るのは
それでも神は、それを私に望んでおられる、
という信仰です。


先日私、57歳になりました。
もう少しで還暦です。
リスタートの年。
ある意味なすべきことは体験しました。
ここから先はもう自分の人生ではありません。
そんな感じだと
非常にラクになるんじゃないかと思います。


なぜか二周目が与えられたとするなら、
神がお望みのことがあるなら、何ができるかな。
そんな気持ちです。
60歳になったら神父30周年ですよ。
還暦とリスタートのイベントを
どっかでやりたいですね。』





そのイベントの時には、
ぜひイベントスタッフとして
参加させてくださいね。
そうして神様の行うすばらしいみわざを
これからもたくさん目撃させてください。
そのお手伝いをずっと続けていきたいと
願っています。



かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
秋の空
2014 / 10 / 29 ( Wed ) 20:12:09
「常に主を覚えて
あなたの道を歩け。

そうすれば
主はあなたの道筋を
まっすぐに
してくださる」
(箴言3-6)


どこまでも

眺めながら

歩いて行きたいくらい

美しい秋の空



la-namiki.jpg



Elley

未分類 admin page top↑
パパ様より
2014 / 10 / 28 ( Tue ) 02:05:38
喜びを伝えるキリストのメッセージを、

人々が見出す助けが

できますように。

それは愛といつくしみのメッセージです.





イエスの十字架の中に

最大の悪の力を見ることもできますが、

しかし同時に、

神のいつくしみが全能であることも見てとれます。





家庭の中で私たちは、

人間として成長させられます。

各家庭は、社会を形作る、

生きたレンガの一つです。





確固とした、健全な信仰をもつためには、

神のみことばによって、

絶えず養われていなければなりません。





世界を変えていくためには、

受けた恩を返せない人々に対し、

よくしなければなりません。





キリスト者はその本性において

いつくしみ深い者です。

これこそが福音の核心です 。





主よ、苦しむすべての人々に

慰めをお与えください。

特に病気の人、困窮する人、失業した人々を




教皇フランシスコ





「神は、かつて預言者たちによって、
多くのかたちで、
また多くのしかたで先祖に語られたが、
この終わりの時代には、
御子によってわたしたちに語られました。
(ヘブライ人への手紙1.1-2)」



イエス様は最後の預言者、なんですね!!

パパ様によれば、福音書を開けば、

イエス様の声が聞こえるのです



そう、聖書は神さまからのラブ・レター

・・・でも、

「福音が聞き取れな~い!

一人で読んでたら、恐くなっちゃった!(涙)」

なんて方は

聖書を閉じて、ネットを開き、

晴佐久神父の『福音の村』にアクセスするように!」

とは晴佐久神父様からの伝言です。

もちろん、当ブログも、

入門講座もお忘れなく~



Luna
未分類 admin page top↑
人生の闇と痛み
2014 / 10 / 26 ( Sun ) 22:04:04
10月24日(金)の入門講座は、
幼児洗礼のお勉強のご家族や
初めての方を含め26人が参加されました。
晴佐久神父様のお話しから、
少~しだけお伝えします





キリスト教は、
愛と平和の宗教ではあるけれど、
闇と痛みに強い宗教です。
そこに救いがあることを信じているから。
人生には
闇と痛みがあるもの。



どれほど祈っても、暗闇を取り除くことはできない。
暗闇も恵みの一部。
人生に完全な光はありえない。
闇と痛みは人生に織り込まれていて、
それによって、
イエスの苦悩や苦しみと一致する。



苦しみってすごく大事なんだと知る。
それによって
神と人がつながり、人と人がつながる。



子供が、家族が、何について悩んでいるのか、
苦しんでいるのか。
親は子供のために苦しみを引受け、
忍耐した時に
神様が働かれる。
真の救いの喜びが生まれる。
人は
楽になりたいと思うけれど、
神が私の苦しみを知っておられるし、
苦しみは
救いの喜びの一部なんです。



苦しみなんてなくなるといいと思っていても
苦しみは来る。
むしろ
いつも苦しみと仲良くしておく方が
解放される道。



冷えきった夫婦だとしても、
そういうものをも神様は祝福している。
ささやかに忍耐したり、
神が合わせたものを人が分けることはできないと
生きている姿のうちに真実がある。
どうしたって立派にはできない自分。
それでも
神様が必要として下さっている。



虚無であること、無力であることを喜んでください。
空っぽであるとき、
神が満たして下さる。
いっぱいのものを神は満たすことができません。





心の中に闇があるからこそ、
神様の光に
ただ
ひたすらに憧れます。



神に感謝!
Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
ハリネズミケーキ
2014 / 10 / 24 ( Fri ) 23:23:34
10月24日の入門講座では、
神父様の 57歳のお誕生会をしました。



\la-はれれ


エリザベトさんお手製の
ステキなケーキに、
本当に57本のロウソクを立てたら、
ステキなケーキは
ハリネズミのような姿に!


神父様のお話が終わった後で、
四人ががりでロウソクに火をつけると、
ケーキ本体は炎で見えなくなり、
神父様いわく、
「すごーい!山火事みたーい!」
という状態に。


懐かしい人も、いつもの皆も、初めての方も、
みんな一緒に
happybirthdayの歌を歌って、
楽しいひとときでした。





神父様、
お誕生日おめでとうございます。
ますますお元気で、
たくさんの福音を語られますように!



かかりん
「入門講座」で admin page top↑
疑いと信仰
2014 / 10 / 22 ( Wed ) 21:00:00
9月21日(日)の入門講座での
晴佐久神父様の
お話から。





「『疑い』と『信仰』とは
決して相容れないものです。
恐れたり、疑ったり、
こんな自分でいいんだろうか
と思っているときは、
もはや神を忘れている
と言っていいいんじゃないですか。
こんな私なんか・・・と、
木の陰に隠れるような思いでいては、
本当の平和はありえない。」



「“神様、あなたは本当の平和です
すべてが満ちております。
そんなあなたが
こんな私のことを大好きで、
私を守っておられるのだから、
もう、何も怖いものはありません“
と言えた時に
真の平和が訪れる。」



「天地の創造主は、
何億年という歴史の中で、
この私を育て、
ここに置いてくださって、
そして、明日、
どんな素晴らしいことが起こるか、
まだ
誰も知らない。

明日どころか、
この後、聖堂を出て、
秋の透明な日差しのなかに
一歩踏み出していくとき、
全く新しい何かが
みなさんのなかに起こっても
全然不思議はないですよね。」



la-yuyake.jpg



今日という一日を過ごさせて
下さること、
新しい日を楽しみに
夕焼け空を仰げることも、
実は
とっても
不思議なこと!



神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
北国の秋の夕暮
2014 / 10 / 22 ( Wed ) 15:12:46


l-の秋北

mari


未分類 admin page top↑
神父さんを囲むおしゃべり会
2014 / 10 / 21 ( Tue ) 18:51:05
エリザベトさんも
書いてくださっていますが、
先日の「神父さんを囲むおしゃべり会」
とっても良かったですよ~。


最初は数人で、
あれ~?(汗)なんて、
神父様もお菓子をポリポリしながら、
始めましたが
次第に増えて・・・あっという間に
狭いエントランスホールが一杯に!


最終的には50人も
いらしてくださったのですね~


質問も多く、
神父様の打てば響くような、
また、ユーモラスな受け答えに、
皆さん、大満足!!


和やかで楽しい、
そして、感動的な集いになりました。





参加して下さったみなさま、
どうもありがとうございました。


今回、来られなかった方も、
次の機会がありましたら、是非、
お越しくださいね




Luna
多摩教会で admin page top↑
自分の中にぽっかりあいた闇
2014 / 10 / 21 ( Tue ) 01:00:11
10月17日(金)の入門講座は久しぶりの方も
常連さんも、最近いらしたばかりの方も
かわいいかわいい赤ちゃんも(!)
大勢の参加者でとてもにぎやかでした。





私に力はなくともなんとかしてくれる何者か。
それが切れたら、私なんかは闇の中。


たぶん
空を見上げて神様と交わろうとするより、
自分の中にぽっかりあいた闇と向き合うことが
神様に近づく
一番の近道なんじゃないですかね。


あまりにも単純な信仰理解が
人々をしばっているので、
自分の信仰なんてどうせたいしたもんじゃないし、
悪い意味で
信仰熱心にならないでくださいね。


倫理とかモラルとかの話ばっかりになっちゃって、
悩んだり恐れたりしていると、

『ダメよ、そんなことじゃあ。
信仰が足りないのよ。
もっと祈りなさい。』って。(場内爆笑)



笑ってるけど、多いんですよ、そういうの。
そんなんじゃあ悩んでる私は
教会なんか行っちゃいけないんだって
思っちゃうでしょ。
新興宗教とか、そんな感じになりやすいし。


きれいごと、一番イエスが嫌った偽善。
でも人は安易にそうなる。
特に宗教はそうなりやすい。
改めてカトリックの赦しの秘跡のすごさを感じますね。


神って言葉をみんな簡単に使うけれど、
私は究極の神秘、究極のリアルなんだって
気がしますね。
私の存在の根拠、おおもと。


良いも悪いも自分の存在がすべて関わってること
なんですよね。
私の考えてることも、私の歴史も、
私の存在そのものも
神のものであるし、
神のものは神に返せって、
今週の聖書と典礼の表紙に書いてあるでしょ。


もう少し話し合って、もっともっと知り合って、
コミュニティーってかんじを
もっともっと強めることができないですかね~。


コミュニオン。一致ですね。ともにあること。
キリストがそこに宿って
ひとつの家族になること。
教会がそれを目指すのは当然のことなんですけど。


立派なこと言う人だけがいるとこなんて
私はいられない。
そんなところはもうコミュニオンじゃないんですね。


一番闇のところを出しても共感してもらえるし、
励ましてもらえる。
教会はそういうところであるべきだし、
そういう瞬間があれば、それでOKなんですね。





一番闇のところを出しても共感して
励ましてもらえたら
そこはやっぱり
ほとんど天国なんじゃないでしょうか。

小さいころから闇の部分を表に出すと、
とたんに拒否されて
「あなたはそんな人じゃないはずだ」と
言われてきました。

でも、そこを受け入れて共感してもらえたら
どんなに癒され
はげまされることでしょう。



この多摩教会に、
そんな「ほとんど天国」を実現するべく
努力していきたい。

そう思って今日も心をこめてお茶をいれて
あなたが来るのを待っているのです。



かかりん
 
「入門講座」で admin page top↑
神父様とのお話し会
2014 / 10 / 20 ( Mon ) 22:26:05
10月19日(日)は

多摩教会のバザーでした!

ミサ後
11:45から
聖堂エントランスでの
神父様を囲むお話し会には、
岩手からのお客様を含め
50人もの方が集まりました。



一人ひとりの質問に
丁寧に
神父様がお応えくださいました。

「罪とは何?」

「マリア様って?」など

色々な質問がありましたが、
最後に、
お葬式について心配される方からの
ご質問に対しては、

「多摩教会員である限り、
何の心配もいりません。
だいじょうぶです。
そうじゃないと
教会じゃないでしょう!」

とのお言葉。

質問された方は、
とても安心されたご様子でした。



天国の入口のような
多摩教会の葬儀ミサで
送りだされる日が楽しみです

司式は晴佐久神父様だったら
最高です



la-akisora.jpg


今日の
バザーの帰り道も
うっとりするほど
とても綺麗な空でした!



神に感謝!

Elizabeth♪
多摩教会で admin page top↑
聖堂のお花
2014 / 10 / 20 ( Mon ) 08:00:00
多摩教会の祭壇のお花は
いつも
はっとするほど美しくて、
だれもいない
聖堂に、
一人で行ったときには、
ふわっと
かぐわしい
百合の香りに包まれて、
 夢見るような
心地に
なってしまいます。


la-のお花聖堂



絶対、高級生花店に
頼んでいるのだろうと思っていたら、
マンション教会時代から
お花好きのご婦人が
ずっと活けられているそうです。

毎週新しくなる
祭壇のお花の素晴らしさに出会えることも、
ミサの楽しみのひとつです。




神に感謝!

Elizabeth♪
多摩教会で admin page top↑
楽しい教会バザー
2014 / 10 / 19 ( Sun ) 22:34:22
10月19日の日曜日、
この日は年に一度の教会バザーでした!!



かかりんは所属している地区と
入門係のお仕事はお休みして、
今年もカフェオアシスのブースにいました。

販売するのは
コーヒー、紅茶、アイスコーヒー、
コーヒーフロート、バニラアイス、
ピザまん、あんまん、にくまん、
水まんじゅう、ハロウインお菓子セットです!!





まあ人の多いこと多いこと!!
暑いくらいの良いお天気だったので
今年はアイスとコーヒーフロートが大人気で
去年一番人気だったポットの紅茶は
全然出ませんでした。


ご近所の方にお配りしたコーヒー無料券を
お持ちのかたが
オアシスブースにいらしたので
「ようこそようこそ!!よくいらっしゃいました!
ゆっくりしていらしてくださいね~」と言うと

とてもステキな笑顔で「ありがとうございます」と
答えてくださいました。

またふだんも遊びにいらしてくださるといいな。





今年のビンゴは神父様思い出の
『晴れパパが「ごめんね」のかわりに
はれれに買ったレゴ』
が神父様のご好意で出品され、
商品券やビール券や
ナポレオンって高級酒まであり、
いつもより大人も大勢参加して大賑わい!!





でも不思議なことにちゃあんと件(くだん)のレゴは
神父様の熱狂的ファンでレゴなんかやらないけど
神父様のいわくつきだから欲しい、
という不純な動機のオトナではなく

このレゴ絶対欲しい!!と気合を入れた少年が
ちゃんともらっていったのでした。


かかりんも案外早くにビンゴになって、
ステキな革のショルダーバックを
もらいました!!嬉


なつかしい人にも会えたり
おいしいものをたくさん買って
充実の一日でした。



かかりん 
多摩教会で admin page top↑
17日金曜日の入門講座
2014 / 10 / 18 ( Sat ) 14:22:46
金曜夜の入門講座には、
25人が集まりました


最初に
晴佐久神父さまの感性のルーツを探る
「芸術的感性で伝える福音」
というインタビュー記事の
ご紹介がありました。


雑誌『福音宣教』のトップ記事で、
神父様の信仰の源流を垣間見るような
内容のようです。


「宗教は感性」
という晴佐久神父のお言葉が
印象的でした…


入門講座とミサで感性を磨かなくっちゃ
と、思わされました。




la-ブラウニー



明日の多摩教会バザーでは、
今日の入門講座で好評だったブラウニーズも
少しだけ販売します


いつものオレンジシフォンケーキや
マドレーヌをはじめ、
水まんじゅうやクッキーなども
お楽しみに!


もちろん、一番のお楽しみは、
晴佐久神父様との
お話コーナーですけどね



神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
夕焼け
2014 / 10 / 17 ( Fri ) 10:56:40
 主の平和!

la-夕秋


昨日はとっても綺麗な夕焼けでしたね~


今日は、夜7時から、
晴佐久神父さまの入門講座です!
1週間、なんと待ち遠しかったことか!


イタリア風りんごのケーキと
ブラウニーズをご用意して、
みさなさんのお越しをお待ちしております♪


永遠の福音に耳をかたむけましょう~



Elley
「入門講座」で admin page top↑
夕すすき
2014 / 10 / 17 ( Fri ) 00:17:27
la-susuki.jpg

mari
未分類 admin page top↑
聖堂のステンドグラス
2014 / 10 / 16 ( Thu ) 00:30:12
カトリック多摩教会の
美しいステンドグラスの作者は、
ドミニコ会のカルペンティール神父様です。
神父様の作品は、
よく、聖書と典礼の表紙にも
掲載されています。





知人が、
カルペンティール神父様に
数年前から絵を習っていたのですが、
御年96歳で、
もうすぐ、(クリスマス前には)
ベルギーに帰ってしまわれるとか。


新宿百人町にある
ドミニコ会の『学生の家』のミサに行けば
お目にかかれるそうなので、
帰国される前に
ぜひ一度お会いしたいと
思っています。

(司式はなさっていないそうです・・・)



神に感謝!

Elizabeth♪

未分類 admin page top↑
10日(金)の入門講座 その2 「沖縄の海」
2014 / 10 / 15 ( Wed ) 11:06:12
さて、この日の講座は
神父様の沖縄旅行のお話で始まりました。





昨日まで沖縄に行って来たんですけどね、
基地とか回って勉強して来ました。

辺野古の海も行って来ました。
本当にきれいなサンゴ礁の海で、
ここを埋め立てて基地にするって言うのは
普通に考えるとありえない。おかしな話なんです。


この海を作ったのは神様ですよね。
どう利用するかは人間の使命です。

美しい海。

それをどのように一緒に生きていくのか。
長く漁をしたり、観光に使ったり。
そこに突然軍港を作る。
滑走路を作る。愚かなり、ってことなんでしょうね。
偉いね、座り込んでいる人たちはね。


おとといは普天間、
昨日は辺野古を回って来たんですけどね、
普天間は世界一危険な基地と言われていて、
それよくわかりますね。

大きな反対集会があって、
辺野古の人たちも出向いてて、
それなのに昨日の夕刊、今日の朝刊、
一行もないですもんね。


全部沖縄に押し付けて
自分たちはのうのうとしているという。
日本人独特のですね。
目の前にいると人情厚いんだけど、
いないとなかったことにしちゃう。
なあなあで丸くおさめて終わり。

でも、誰も賛成してないんですよ。
どうするんですかね。

本当に工事始めるんですかね。



キリスト教は政治には関わらない
と思ってるかもしれませんが、
じゃあ政治ってのは何かっていうと、
皆の幸せのために働く、それだけ。

ですから、非常に本質的にキリスト教ですよね。
キリスト教はとてもはっきりしていて、
一番弱いところから大事にしましょう、
ってのがある。

二千年間そんなことやり続けて、
枚挙にいとまがない。






かれこれ何年も入門係をやっていますが、
今まで神父様がこういう政治の話をなさったことは
なかったように思います。

ご存知のようにかかりんは
長年沖縄の三線を習っているし、
沖縄大好きなので、沖縄には何度も行っているし、
特別な思い入れがあります。

でも、いつも危機にさらされている
島でもあるのです。

あの美しい海を、
もう二度と戦闘で汚すことがないように。
政治家さんたちが
己の利益でなく、
弱いものにまず目を向けるように
なることを祈ります。

神様のお創りになった美しい世界が
どうぞ守られますように。



m-m-ゆうやけ金

10日の金曜日の夕焼けはこんな美しい色合いでした。

かかりん

「入門講座」で admin page top↑
10日(金)の入門講座 その1 「赤ちゃん」
2014 / 10 / 15 ( Wed ) 01:02:31
10月10日(金曜日)の入門講座は、
ステキなお客様が!!!
なんと0歳の赤ちゃんがママに連れられて
参加してくれたのです!!


ちなみにこのママは
いつぞや多摩教会で結婚式を挙げた
夢のように美しいカップルのあの彼女です。



m-3赤ちゃん


入門係を筆頭に、女性陣は
赤ちゃんに釘づけ!!


つい赤ちゃんを抱っこして泣かせてしまったり
じろじろ見てやっぱり泣かれてしまったり、
ママを愛する赤ちゃんにとってみれば
迷惑かもしれないのですが、
仕方ありません!!だって皆赤ちゃんが
大・大・大好きなんですもの!!


m-m-m-くつ


これに懲りずにまた来てね。Sちゃん!!



かかりん 

「入門講座」で admin page top↑
パパ様より
2014 / 10 / 14 ( Tue ) 17:49:35
諸秘跡がもつ霊的力は計り知れません。

神の恵みがあれば、

あらゆる障害は乗り越えられるのです。





若者の皆さん、

キリストは皆さんのことを、自分の友、

自分の限りない愛の証しびと

と考えているのです 。





誰の悪口も言わず、批判せず、噂をたてず、

すべての人を愛す恵みを、

主に願いましょう 。





家庭についてのシノドス(世界代表司教会議)

を始めるにあたり、

私たちに道が示されるよう、

主に願いましょう 。





福音の中で、

イエスがマルタに言ったとおり、

大切なことは一つ。

祈ることです。





幸福な家庭は、

教会にとっても社会にとっても

不可欠です 。





シノドスとは共に歩む意味で、

しかしまた共に祈ることをも意味します。

すべての信者が参加するよう

お願いします 。




教皇フランシスコ




教皇様のお言葉には、ほんとにいつも、
アーメン!です。

ゆるしの秘跡、受けたくなりました・・・。


Luna

未分類 admin page top↑
神父さんを囲んで
2014 / 10 / 13 ( Mon ) 14:07:07



次の日曜日は当教会のバザーの日 
で、今年もやりま~す

神父さんを囲むおしゃべり会

もちろん、神父さんは当教会の主任司祭、
晴佐久神父でございます



 


あらゆるジャンルの
あらゆる質問に答えられる唯一の神父
らしいです。(笑)


こんなこと聞いたら、
叱られるかしら?とか笑われるかしら?
なんてご心配はまったく無用。


どうぞ遠慮なくいらして、
遠慮なく質問の矢を飛ばしてくださいね~。


お一人お一人との語り合いも
大切にしたいそうです・・・。


教会は初めて
という方、大歓迎!

10月19日は
午前11時45分から午後12時30分の間、
カトリック多摩教会聖堂のエントランスで
皆さまのお越しを
心からお待ちしています。



Luna
多摩教会で admin page top↑
役に立つ
2014 / 10 / 13 ( Mon ) 00:01:41
10月12日(日)の入門講座は、
愛知や兵庫からのお客様や
初めての方を含めて、
34人で晴佐久神父様のお話を
伺いました。





「キリスト教は、
具体的なこと、一つひとつに関わる宗教です。」

戦前戦後の日本で、
結核患者や戦災孤児のために奔走した
フロジャック神父様のお話や
列聖された
教皇ヨハネ・パウロⅡ世が、
この現実の世界のなかで、
恐れず、あきらめず、
神と人との懸け橋となった
具体的なお話を
伺いました。

「弱い方に立つのがキリスト教」

「誰かの役に立つときに、
人は生きる意味を見いだせる。
どんなささやかなことでもいいから
誰かを少しでも
喜ばせられるところ、
そこが
あなたの居場所です。」





本当に、
誰かのお役に立って
少しでも喜んでもらえたら、
とっても嬉しくなります!
まずは、近所の落ち葉を掃くことから~


神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
北国の夕やけ
2014 / 10 / 12 ( Sun ) 17:30:45
m-5夕焼け


m-8夕焼け

写真:: mari
未分類 admin page top↑
朝の秋空
2014 / 10 / 11 ( Sat ) 17:09:09
m-秋空



今朝の空は、
まるで
マリア様の青いマントに
純白のベールがかかっているかのように
空高く
うすい雲が広がる
青空でした。


大空が
賛美し歓喜しているような
空でした。


「見よ、新しいことをわたしは行う。
今やそれは芽生えている。」
(イザヤ43章19節)


神に感謝!

Elizabeth♪

未分類 admin page top↑
10月11日(金)の入門講座
2014 / 10 / 11 ( Sat ) 17:01:05
今日の入門講座は、

神父様から、
行ってきたばかりの沖縄辺野古や
普天間基地の様子を交えて、


「キリスト教は一番弱いところを大事にする。

困っている人がいたら、

ちょっとしたことをしてみるといい。

そこに神の国の一部が実現する。

それをみた時に自分の中に救いが実現する。

ささやかな平和の一瞬を作り出すとき。

誰かの役に立つときに。」

というお話を伺いました。


m-のケーキりんご


美味しい果物とハーブティー、
リンゴのケーキとレモンシフォンケーキや
和菓子などのお菓子をいただきました~





Elley  
「入門講座」で admin page top↑
ごタコ~
2014 / 10 / 11 ( Sat ) 00:30:07

おやつを準備していた会話

なんだか…今日おやつ…ないね~
作る?…ん…まいっか

珍味ゴマ鱈(これ美味しんですよ)で
ゴマかそうとしていたら



明石から笑顔とともに
幸多きおやつを
持ってきて下さった方の
おやつを 
是非みなさまにも見ていただきたく



m-ごたこうm-タコ



ご多幸をお祈りするタコをお腹にいれ
みなさまのご多幸をお祈りする
おやつの会でありました 



今日はみなさんくるかな~?
最近みえないあのひとは元気かな~?


っていつも待ってま~す



明日はあのこの誕生日だわ
先週もおやつのマジシャンはどうしてます?


なんて
常連さんも初めての方も
なにやら不思議なつながり感が
安心感を生んでいる
最近のおやつの会です



おやつにいきたい
って言っくださってる方が結構いらっしゃる
ともきき及び
ウレシ~ネ~とおやつしています



年中無休木曜3時おやつの時間
どうぞ手ぶらでお出かけください
(もちろん持ち寄り大歓迎ですけどね





らぴ
未分類 admin page top↑
ちっちゃな十字架
2014 / 10 / 10 ( Fri ) 17:35:01
先日イグナチオ教会の近くを通ったら、
ふんわりと優しい香りに包まれました。


そう、金木犀の香りです。


この金木犀、不思議なことに、
秋のある朝さわやかな風に乗って
いきなり香りはじめます。


疲れた心をそっと撫でてくれるような、
どこかとてもなつかしい香りです。



金木犀



そしてこの花は、
よ~く見るとちっちゃな十字の形をしています。
(写真ではよくわかりませんが)


オレンジ色の可憐な花が皆
十字架を背負っている。

たくさんの小さな小さな十字架が
寄り添っている。


まるで私たちのようです。


気付いていないかもしれないけれど、
本当は気高く美しい香りの中で
咲いているんだよ・・・。


そんなこの花がけなげで、
ついつい写真を撮りました。





そうか、なつかしいはずだよね。


だって天の国の香りだもの。


秋のほんのわずかなひとときだけ、
天の父が思い出させてくれる、
故郷=天の国の香りです。




Alexander
 
未分類 admin page top↑
10月はロザリオの月
2014 / 10 / 09 ( Thu ) 00:40:42
m-の聖母大公

ラファエロ作 「大公の聖母」
(カトリック美術カレンダー2014より)



先週は、実家近くの
カトリック成田教会のミサに
行ってきました。






昔は、ロザリオを
“コンタツ”と言っていたそうです。
(ポルトガル語のcontas“数える”に由来)

“ロザリオ”は、
ラテン語のrosariumu“バラの冠”に由来するといわれ、

手でロザリオの珠を繰って
イエス・キリストの生涯を
黙想しながら祈るものです。
(私的な祈りでは、個別の意向で祈ることも可能。)

第二バチカン公会議以前は、
ミサがラテン語で行われていたので、
ミサの間中、信者はロザリオを祈っていたそうです。





ロザリオの祈りのときには、
回数を数えることや、
早く唱えることに
夢中になるのではなくて、

喜びの神秘(月・土曜)
苦しみの神秘(火・金曜)
栄えの神秘(水・日曜)
光の神秘(木曜)

それぞれにおいて、
神からの啓示である神秘を黙想し、
その聖書の場面を思い浮かべ、
時空をこえて
そこに入り込む・・・・ぐらい祈る
というお話を伺いました。



神に感謝!

Elizabeth♪

御ミサで admin page top↑
天の父の見事なデザイン (5)
2014 / 10 / 08 ( Wed ) 20:40:22
ぬちどう たから (沖縄ことば) 命こそ宝



m-タイワンシロチョウ


タイワンシロチョウ ♂


秋のひざしの中で

無心に、 ひたすら

モンタナの蜜を吸う君、

そんなに 美味しいのかい?



多摩動物公園で撮影ナンクルナイサー
未分類 admin page top↑
日めくりカレンダー
2014 / 10 / 07 ( Tue ) 21:52:12
晴佐久神父様の
日めくりカレンダーの
「あなたに会えて」の方を
職場のデスクで使っています。

(「きっといい日」の方は、
家庭祭壇に置いて
毎朝めくっています。)

仕事が立て込んで、
あ~~~!!
という時にも、
「ほっ」っとする
神父様のイラストと一言に
癒されています


m-日めくり


この短い2行詩と
あたたかいイラストに、
思わず
うるっとしてしまう
ことも
よくあります・・・。


神に感謝!

Elizabeth♪
雑談 admin page top↑
* HOME * next