『Son of God』
2015 / 01 / 19 ( Mon ) 21:15:29
映画『Son of God』
観ました





「聖書は大ドラマである」
という
恩師の言葉が
思い出されました。


新約聖書の
イエス様の言葉が、
さらに
身近に
迫ってきて、
“十字架の道行き”(注)のために
聖堂に
行きたくなりました。


これまでは、
写実的な
十字架の上の
苦しそうなイエス様を見るのが、
とても
辛かったのですが、
約2000年前の
実際のイエスさまは、
もっともっと痛くて
苦しくて、ツライ…
それは、
とても、
想像すらできないことなのだ…
と、気づきました。





私たち
一人ひとりのために、
その十字架を
背負い、
その十字架によって、
私たちすべてを
救ってくださった。


その愛は、
この
小さな意識では、
これっぽちも
うかがい知ることすら
できない…。


神の大きな愛に、
ただただ
涙あふれました。




神に感謝!

Elizabeth♪


(注)詳しくはこちらを参照のこと → 祈りの本
未分類 admin page top↑
成人の祝福
2015 / 01 / 19 ( Mon ) 00:24:21
1月18日(日)には
成人の祝福がありました。





御ミサの後、
新成人4人が
晴佐久神父様から祝福を受け、
贈り物が贈られました。


その後、
信徒館1階で、
神父様と新成人を囲む
若人たちの
お祝いの席が設けられました。


「若者は教会の宝です!」
という
神父様のご挨拶の後、
乾杯。
ワインやジュース、
軽食、ケーキが用意されました。





来年は
何人の新成人をお祝いできるのか
楽しみです。
洗礼前でも
だいじょうぶですよ
あなたを
お待ちしています!


神に感謝!


Elizabeth♪

多摩教会で admin page top↑
何を求めているのか
2015 / 01 / 18 ( Sun ) 21:19:22
1月16日の金曜日の入門講座には、
初めての方が何人も来てくださり、
そのうちのおひとりは、
なんと千葉の方でした!!



しかもしかも、うれしいことに、
福音の村と、入門講座のブログを見て
来てみようと思われたとのこと!!
ブログを書いていて一番うれしい瞬間です。
Aさん、ぜひまたいらしてくださいね


それから、若い男性の方もいらしていました。
かかりんが「初めての方ですよね?」
とうかがうと、
「はい、あ、でも土曜日の会には来ました。」
とおっしゃるので
「あ、土曜日の講座の方なんですね?」
と言うと
なぜかかかりんを見て笑っていらっしゃる。
「???」
「(笑いをこらえながら)あの・・・土曜日に、
ここで出し物に出てましたよね?」

「???・・・・きゃー!!」


なんと、例の入門新年会のコミックバンドを
ご覧になったようです・・・。


ああいうイベントの時は
ヘンなアドレナリンが出ているので
大丈夫なんですが、
こうして普段の講座の中で素でお会いすると
どうしてこう恥ずかしいのでしょう。
でも、かかりんを見るたび笑ってもいいので、
ぜひ続けていらしてくださいね~。


いろいろ悲喜こもごもでしたが、
この日の講座はこんなふうに始まりました。





今日の聖書の箇所が
入門講座にぴったりの箇所なので、
(初めての方を意識しての説明あり)
実はカトリック教会は
全世界共通のところを読んでおります。


今、教皇フランシスコが
フィリピンを訪れております。
たぶん日曜のミサを
フィリピンですることになると、思います。
そのミサに
少なくとも500万人は集まると思います。


ヨハネ・パウロ2世が前に
ワールドユースディでフィリピンに来た時は
400万集まりました。
その時私もその場所にいた。
今回は青年だけでなく、公式の訪問ですから、
ルネタパークって言ったかな、
20年前と同じところでミサをすると思います。


なんか、大変なんですよ。
仮設トイレがダーっと並んで、
1日がかりで人が集まって来て、
前の晩にはほぼパークがいっぱいになって、
そのままそこで泊まって、
翌日のミサに与るワケです。
戒厳令みたいになっちゃうんですよ。


日曜日に、教皇がどんな説教をするのか。
晴佐久神父がどんな説教をするのか。
楽しみですね。




日曜日の聖書の箇所は、
とても大切な箇所なので、
この箇所を読みたいと思います。


聖書と典礼の5ページ、
ヨハネによる福音ってところを
あけていただいて、
どうしてここが大切かと言うと、
福音書の最初の箇所なんですね。


主人公の登場って、
一番興奮するじゃないですか。
洗者ヨハネが
「見よ、神の小羊だ。」と言う。
当時の人たちが
何にも増して待ち望んでいた救い主、
神の小羊。
洗者ヨハネが
「ごらん、あれが神の小羊だよ。」
と言った時に、
二人の弟子たちは、
「ホンマかいな。
これはもうついて行くっきゃない」と、
ついて行ったわけです。


このヨハネの福音書は、
求道者のための福音でもあるわけですね。
出だしは、これなんです。
イエスが現れて、
「ホラ、あれが救い主だよ。」って
言われて、「ホンマかいな。
とりあえずこのチャンスを逃してなるものか。
ついて行ってみよう。」と、
ついて行くわけです。


この人にかけよう、
この二人の弟子は前向きと言うかね、
チャレンジする。
行ってみようって思いが、まず最初にある。
でもそれだって
洗者ヨハネが小羊だって言ってくれたからで、
イニシアチブはいつも神にある。
この弟子たちが
「ついて行っていいですか?」って
聞いたわけじゃない。
そ~っとついて行ったんですよ。


このひとことが
イエスの最初のひとことになるわけですよ。
スーパースターの最初のひとこと。
イエスはこう言うんですね。

「何を求めているのか。」


これはキリスト教の
この世界への問いかけでもあります。
イメージとしては4~5メートルですかね、
離れている距離は。
振り向いて
最初に目と目が合う瞬間ってのがある。
そして向うから声をかけてくる。

「何を求めているのか。」

いい加減なこと答えられませんからね。


なんと答えますか?
「駅の近くのもっといいマンションに引っ越したい」
なんて言ったら、
一生後悔しますよ。
とてつもない質問です。
ヘタなこと答えられませんよ。
あなたが何を求めているかで、
その人の全てがわかっちゃう。


この質問は
答えられないことを前提にした
質問であるからです。
なぜなら、本当に求めるべきものを
あなたに教えてあげようって
招きだからですね。





なるほど、
なんと求道者にふさわしい福音だった
のでしょうか。


教会に通っていると、しばしば
「え?このタイミングでここ?!」ってことが
よくあります。


まるで事前に計画されたかのように
ぴったりな内容であることは
とても多いものです。
きっとでもそれは偶然ではなく、
神様のご計画の中にあるのでしょう。


神様にお任せで全部安心。
そんな神様についていきたい。
かかりんが2010年に受洗して5年になります。
まだ短い期間ですが、ここまでついてきて
一度たりとも後悔したことはありません。






あなたも、この安心、いかがですか?
まずは神父様の福音のシャワーをあびに、
どうぞ入門講座に、
いつでもおいでください。


今年も心をこめてあなたをお待ちしています。




かかりん  
「入門講座」で admin page top↑
イエスの方から
2015 / 01 / 17 ( Sat ) 13:11:37
2015年1月16日(金)の
入門講座の
晴佐久神父のお話から





明日の主日のミサの福音箇所は、
ヨハネによる福音書
第1章35節から42節。
求道者にとって
大切なところです。


ヨハネによる福音書は
求道者のための福音書ですが、
この箇所は、
イエス様が初めて登場する
最も大切なところ。


そして、
イエス様の第1声は、
アンデレとヨハネにむけた
『何を求めているのか』。


この問いに
私たちは、
なんと答えるのか。



何を求めているのかで、
その人のことが
一番よくわかります。




アンデレとヨハネにむかって
『来なさい。
そうすればわかる。』

イエス様は言われた。


ついていく瞬間が、
信仰には
必要です。


大事なのは、
ついていくこと。
とどまること。
一緒にいること。


イエス=キリストを
求めること

大事なことです。



イエスの方から
呼びかけられたのです。
これは
忘れないでいて下さい。







神様は
ついておいでと
招いている。
私たち
一人ひとりへの
招きを感じて、
今日も
いそいそと
教会へと向かいます!



神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
最終章にして次の始まり
2015 / 01 / 16 ( Fri ) 12:30:03
○子
(マルコ)です。


よろしくお願いいたします。



入門講座やミサにいくと
『聖書と典礼』というものが配られ
その週のミサは
これをもとに進行されていきますが
この中にはみことばがギッシリ。

お聖堂のカウンターにいつもおいてあります。


平日教会を訪れた方に
『こんどの日曜日はこれなんですよ』
『是非これだけでも読んでみたら
何かヒントがあるのかも?』
なんて渡せる素敵なツール。
是非実物を手にしにいらしてください。


これを台本に日本中でごミサがある
世界中で同じことばを
胸にした仲間がいる
スゴいことですよね


この表紙のひとことだけでも
それだけでも覚えていけたら
スゴイキリスト者になれそうに思います。





もう終わってしまいますが
今週は主の洗礼B年
『あなたはわたしの愛する子、
わたしの心に適う者』
マルコ1・11より
2015年1月11日


これはたまたま1並び
なんでしょうかネ☆


昔お世話になったシスターが
よく言われた言葉も
おもいだしました。


わたしのはウィットだけど
あなたのは駄洒落レベルですよと
そんな声も思いだした日曜日。


特に、
1日1日生かされている

思わせしめられる
ありがたい一週間でした。





現在過去未来に
同時に存在できる存在
になることが復活

足りない理解ながらに
思わせしめてもらった
遠き日を
今日また新たにありがたく
神さまに感謝でき
20年単位での神さまのご計画を
思わずにはおれませんでした。


「『アッバ父よ』と叫べば良い。それだけ」

父の葬儀ミサでの
父の友のお説教をも
思いださせていただきました。


その時は全くわからなかったけれど
パンをいただいて
そのときの思いをもいただいて
このひとつのパンのもとに
集めてくださった方に
感謝ばかりでした。





マルコの終わりをめくると
ルカの始まりがある。


全てをゆるしあって
平安の中に愛しあう。


全てを超え
目の前のひとを思いやる気持ちの尊さ
他には何もいらない。


いつも思っていても
また新たな角度から
神さまに思わせしめられ
心のデコボコが
平らに磨きしめられ
魂に向かっていくような…。

感謝のうちに始まることを
日々求めていきたいと思います。






さて
今日のみことばは?
と期待に満ちて教会へ行こう
それだけ。


そんなさわやかな朝が来ました。



○子 
未分類 admin page top↑
新年最初の入門講座
2015 / 01 / 14 ( Wed ) 01:00:00
1月9日の金曜日は、
2015年最初の入門講座でした。

神父様は新年早々何やらひどい鼻声。
副鼻腔炎だそうで、
時々鼻をかみながらのお話で
ちょっと苦しそう。

でもでも、
そんな時でも
やっぱり福音は力強く語られたのでした。





こないだテレビでやってたんだけど、
卒業写真で笑って写ってる人と、
笑ってない人といるでしょ。
その後を統計で調べたら
笑ってない人の離婚率5倍ですって。


それ考えると
写真撮るという時、
笑おうかな、と思うのは
前向きなんですよ。
良くないことがあった時、
忍耐して待とうって思う。
そんな感じで今日を過ごしてみる、
ってところから
今日を始めてみると
いいんじゃないですかね。



私、わりと名探偵になれるんじゃないかと
思いますね。
観察眼すごいですしね。
物事の本質を観ようって
気持ちがあるからなんですね。
観察して観察して
物事に関わっていこうっていうね。


でも、最終的には
自分の考えをはるかに超えた
現実ってのがあってね、
思いもよらない。


いつかね、オアシス広場で
ぼんやり涼んでたのか
しゃべってたのか、その時
二階の和室の電気が一瞬ついて、
またすぐ消えたんですよ。
その時二階にいたのは一人しかいない。


あいつは15秒、和室で何をしたのか。


ところが、私が考えた答えの、
いずれでもなかったんです。
奴は自分のいでたちを
一瞬チェックしたんです。
和室にだけ全身映る姿見がある。
それを見ただけだったんですよね~。
それは思いつかなかった。


だから、あなたたちみたいなドシロートが、
何思おうと、ムダ!!
まあ、ただ、
自分の考えなんかにとらわれず、
リアルに関わっていけばいいんです。
5年かかって考えてもわからないことを
本人に聞けばすぐわかる。


自分がありとあらゆることを考えても
そうじゃないってことがいっぱいあって、
特に、疑っている時。
恐れている時。
気持ちが落ちている時は、
決断しないほうがいいですよ。
ろくなことないです、
判断力が落ちてますしね。


いい判断材料が目に入らないんですよ。
LOWになったらなるべく休んで、
少し調子のいい時に関わっていこうってね。
ポジティブなほうに変えていくっていうね。



今年は少し明るくなっていきましょう。
喜びの知らせ、福音。
英語でGOOD NEWS。
これを繰り返し繰り返し耳に入れ、
心に刻み、
何度でも明るくなっていけるように。


不安でいると、
恐れていることに集中しちゃって、
見えてないんです、まわりが。
だから福音を聴く入門講座みたいなものは、
今、とらわれているものから
解放されるツールみたいなものですね。


リラックスした状態でものを見ると、
同じ情報でも
見えてくるものが違ってくる。


最終的には
究極のポジテイブシンキングじゃなきゃ
いけないんですよ。
十字架の上で、釘打たれてても
『全てをお捧げします』って
言えるようなね。


それでないと
最期の時、
どこか恐れて終わっちゃうわけですよね。


神は必ず私を救う。
神が愛してくれてるんだと知ったら、
もう何もいらなくなる。





去年の初めに難病の疑いがかかって以来、
どうやら大丈夫らしいとわかっても、
かかりんの心の底にはずっと
死への恐れが隠れていました。


でも、最期の時に、
恐れて終わるのではなく
神様は必ず私を救ってくださる、と
安心していきたいものです。


死にぴったりとはりつかれたような気持ちを
取りきれないでいたかかりんには
強く心に響くお話でした。


神父様、身体大事にして
今年もたくさん福音を聞かせてくださいね。
早くお元気になりますように。




かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
交わりの中に
2015 / 01 / 13 ( Tue ) 11:30:00
2014年1月9日(金)の
入門講座での
晴佐久神父のお話から ~その②






「キリストの言葉は
聖書に載っています。


それ以上に、
キリスト
という存在

確かにあって、
そこから
響いてくる
なにものか。
これを
受け止める。
というのが、
一番、信仰の勉強なんです。


頭でっかちになると、
怖れたり
考え込んだりする。
ストレスがあると、
緊張していると、
信仰もわかりにくい。


そういう時でも、
“生きたみ言葉“
である
信仰者は
そこにいます。


この神父
なんか信じているんだな
という気配。
これが大事です。


一人でいるのではなく、
信じている人たちと
ふれあう。
入門講座を
チームでやっているのも、
それぞれのなかに
響いている
神の言葉を聴く
という
体験の場と
するためでもあります。」






“人と人の
交わりのなかに
神はいる“

実感させてもらえる場が
カトリック教会には
たくさんあります♪



神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
わたしの心に適う者
2015 / 01 / 12 ( Mon ) 22:08:05
2014年1月9日(金)の
入門講座での
晴佐久神父のお話から~その①






「マルコ福音書が
一番好きです。
イエスの洗礼
から始まるシーンが
すごく好き。


イエスの洗礼は、
神が人となった
という
一番の
美しいしるし。


イエスは、
人間の洗礼を受ける必要のない
神の子。


罪びとたちと一緒に
洗礼を受けたい。
そこから私の活動は始まる。

洗礼者ヨハネに洗礼を受けたのが、
ある意味
イエスの出発点。


天が裂けて
『あなたはわたしの愛する子、
わたしの心に適う者』
という声が
天から聞こえてくる。
私の好きなシーンです。」


「これは、
神から
イエスに向かって
言われているようですが、
キリストと
ひとつになることが
私たち皆の
最終目標ですから。
この言葉は、
私たち
一人ひとりにも
言われている言葉です。」





天の父が
こんな自分にも
「あなたは私の愛する子、
わたしの心に適う者」

語りかけて下さるなんて!
寂しさを
悲しさを感じる時、
心の隙間から、
御言葉が
心に突き刺さります。



神に感謝!

Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
楽しかった入門新年会
2015 / 01 / 11 ( Sun ) 23:34:30
皆様、明けましておめでとうございます!
かかりんです。






1月10日の土曜日、
入門講座新年会が行われました。
たくさんのお客様で信徒館はいっぱい!!
初めての方もたくさんいらして
神父様も大喜び!!


来てくださった皆様、
ありがとうございました。


ステキな手作りの
「新年会へようこそ」のプレート、
神父様の楽しいお話。
テーブルの上には
巻きずしとおいなりさんを
お店に注文した以外は、
基本入門係の持ち寄った
手作りのごちそうがいっぱい!!


どれもおいしそうで食べたかったけれど
今回は出し物に出演する関係で
ほとんどいただけなくて
それがちょっと残念でした。


今回かかりんは
アレキサンダーさんとらぴさんと三人で、
ホルン、子供用のヴァイオリン、
フルートの三重奏を披露しました。


こう書くとカッコよさそうですが、
何しろかかりんのフルートは
習い始めてまだ二か月ほど。
(しかも月に3回、一回30分のレッスン!!
短かっ!!)


らぴさんのヴァイオリンは実に40年ぶり!!
ちゃんとホルンが演奏できる
アレキサンダーさんには
ちょっと申し訳なかったのですが
コミックトリオとして、
「めいとへん」というバンド名も決めて、
羊っぽい衣装も考えて、
事前に台本も作って
お笑い要素満載の演奏をしてきました。


実は、それなりに何度も集まって
練習してきたのですが、
やっぱりお客様を前にすると
緊張してしまったのか
練習以上に演奏は何やら大変なことに・・・


笑ってはいけないと思って必死でこらえるも
笑い出すお客様たち、
しまいにらぴさんまで笑い出してしまい、
「笑って弾けない・・・」なんてことに!!


曲目は
「メリーさんの羊」
「月の光に」
「きらきらぼし」
「あめのきさき」の4曲でした。


終わるとLunaさんから
「あ~おもしろかった!!
こんなにおなか抱えて笑ったのは久しぶり!!」
とおほめの(?)言葉をいただきました。
皆様の初笑いに貢献できましたか?


演奏した本人たちも、
恥ずかしいやらおかしいやらで
笑いっぱなし。
とても楽しいかったです。


お口直しに
ナンクルナイサーさんの
ウクレレ演奏に合わせて
みなさんで歌を歌いました。


最後に歌った「アーメンハレルヤ」が、
かかりんは大好きです。
いろいろ盛りだくさんの
とても楽しい会になりました。





かかりんは午後は子供の保護者会で
高校に行かねばならなかったのですが
橋本で電車を乗り換える時、
電車が入ってくると流れるメロディーが
なんと「メリーさんの羊」で
ひとりだったのに思わず吹き出してしまい、
周囲の人たちに怪訝そうに見られる
おまけまでついてしまいました。


笑いっぱなしの楽しい一日でした。




かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
「主の公現」の日
2015 / 01 / 09 ( Fri ) 00:33:33
1月4日(日)は
「主の公現」(注)を祝う祭日でした。
東方の3人の博士が
イエス様のところに
拝みにきたことを記念する日です。


年末年始のお休みが長かったのですが、
1月9日(金)から
入門講座の冬学期がはじまります





公現祭に食べる
フランスのお菓子
「ガレット・デ・ロア」

「ロア」とは、
フランス語で「rois mages」
「東方の三博士」のこと。
紙の王冠がのった折パイ生地に
アーモンドクリームが入ったパイ菓子で、
中には
フェーヴという陶製の小さな人形が入っています。


フェーヴがあたった人は、
王冠をかぶり、祝福を受け、
幸運が1年続くとか。





1月9日(金)の入門講座を
お楽しみに


神に感謝!


Eizabeth♪




注:: 詳しくはこちらをご参照ください → 典礼解説 降誕節 の 「主の公現」
「入門講座」で admin page top↑
栄光は世界におよび
2015 / 01 / 08 ( Thu ) 11:41:09
1月4日(日)の主日のミサの
入祭の歌は
「栄光は世界におよび」でした






新しい年の初めての主日のミサを
大好きな友人2人とともに
あずかることができました。


教会が初めての友人は、
ミサの感想を
「全く知らない世界だった」
「なんだかとてもあたたかかった」
「清々しかった」
「心洗われるお話だった」
「まるで卒業式のようだった」と、
晴れやかな表情で語ってくれました。


もう一人、ミサ3度目の友人は、
初ミサ体験の時から
「まるでミュージカルをみているよう」
「神父様が『オペラ座の怪人』の
主人公ファントムに見えてきた~」
と、この世ならざるミサの世界を
深く感じてくれています。


ミサの後、
晴佐久神父様にご挨拶して、
「どうぞいつでも学びにいらしてくださいね。」
とのお言葉をいただき、
新しい年にふさわしい
すがすがしい1日を
過ごさせていただきました。





今年も、一人でも多くの人が
素晴らしいミサを体験できますように!



神に感謝!


Eliabeth♪
多摩教会で admin page top↑
もうすぐ♪
2015 / 01 / 07 ( Wed ) 22:32:03

いよいよ、今週から入門講座、再開です!


どなたでも、ご遠慮なくお越しください。

1月9日(金)夜7時にお待ちしております 





毎週木曜3時からの
「おやつの会」もよろしくね~



Luna
「入門講座」で admin page top↑
パパ様より
2015 / 01 / 07 ( Wed ) 22:15:31
イエスは私たちを救うために

来られました。

この素晴らしい贈り物を

退けることのないようにしましょう



主よ、

病気の時、貧しさの中で、

また苦悩にあって、

主を見出すことができるよう

私たちを助けてください



愛され、

救われていることを実感し、

喜ぶ弟子たちによって、

キリスト教は広まっていきます



どれだけ多くの罪なき人々や

子供たちが、

世界中で

苦しんでいることでしょう。

主よ、あなたの平和を

私たちにお与えください



主よ、感謝します!



今日、

人は貧困に苦しんでいますが、

さらにまた、

愛のない状況に

苦しんでいます



キリスト者の家庭は宣教者です。

神の愛を

世界に告げるのです




教皇フランシスコ



未分類 admin page top↑
天の父の見事なデザイン (8) 光り、輝く!
2015 / 01 / 02 ( Fri ) 11:20:34
b-b-ウラナミシジミ


ウラナミシジミ ♂

Lampides boetieus


光り、輝く


これがボクの学名だよ

翅(はね)の波模様、可愛い尻尾

生きてる今、この時

すべてを 天の父にお任せして

光り、輝くなんて 素敵だろ



生きてれば、悲しみもあれば、喜びもある

でも、いつも、どんなときでも

感謝、信頼、そして 希望!



さあ、新しい年も頑張ろう!

君も一緒に 今、光り、輝いてね!


Deo gratias! 神様、ありがとう!





稲城市で撮影 ナンクルナイサー
雑談 admin page top↑
新年会♪
2015 / 01 / 01 ( Thu ) 15:11:53
あけまして
おめでとうございます!


本年もどうぞよろしくお願いいたします。


b-shinnen.jpg


早速ですが、
かかりんさんがちょこっとネタバレしてます
新年会のご案内をいたします。


日時:1月10日(土)10時半より
場所:カトリック多摩教会信徒館1F

晴佐久神父様のお話の後、パーティー

もちろん無料!


初めての方でも、ちょっと様子見…という方でも、
どなたでも大歓迎です。

どうぞ、お気軽にお越しください。
心よりお待ちしています。


…と、その前に、9日金曜日から、
入門講座再開しますよ~~。
こちらも、お忘れなく~~




Luna
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *