FC2ブログ
普遍主義と原理主義
2015 / 02 / 01 ( Sun ) 22:15:12
1月30日の金曜日の入門講座には、
初めての方が三人もいらして
神父様大喜び!!
この日の講座はこんなふうでした。






『ギリシア語で教会って意味のエクレシア。
エクレシアには意味があって、
呼ばれた者の教会、ってことなんです。
誰が呼んだって、
もちろん神が呼んだんですね。
主語は、神なんです。
神が集めた人たちのつどい。


神が呼び集めた。
本人たちが思ってなくても、
呼び集められた者たちのつどい、
それがエクレシアです。


こうやってここに座っているだけでも
いかにたくさんの人が関わっているか。
全てにその向こうに
先人たちの犠牲があって、
成り立っている。


どこにも
自分が所属する集まりなんてないや、
と思ってるこの時代に、
神が呼び集めた教会ってとこに
いることが救いのしるしであって、
生きる意味であって、
最高の恵みなんですよ。


そういう集まりにようこそって
言いたいですし、
ここに集められた意味ってのが
確かにあって、
ここに来たことが
目的だったってことになる。


夕方のニュースをチラっと見てたら、
イスラム国に対抗して
フランスあたりでは
反イスラム国インターネット
みたいなものを流している。


イスラム国ですばらしい家族を作ろう
なんて映像に対して、
そんな言葉にだまされて
イスラム国に行くと、
あなたの子供たちは
テロと暴力の中で育つことになるんですよ、
って流してる。


フランスでは全国民の27%の若者たちが
イスラム国を支持している。
フランスでは危機感があるんですね。


それはなぜかと言うと、
今の世の中があまりにひどくて、
信念と力に満ちたイスラム国に
行ってみようかって
土壌があるんですね。


統一教会はカルト集団、カルト教会。
そういう集まりは確かにあって、
カルトの定義は原理主義ですよね。
これだけが正しくって
あとは全部間違っている。
これを信じることだけで天国へ行ける。


決定的にカトリックと違うのは
これでないといかんっていう所ですね。
イスラム国なんかは
間違いなく
キリスト教は悪だって言ってますよ。


カトリックは
イスラム教も神様の子供の集いだし、
イスラム教徒もキリスト教徒とともに
神に救われるって言うんですよ。
今の教皇に聞いてみてください。
間違いなくそう言う。


教会に来て
一番知るべきことは、この話。
ここが究極の普遍主義の入り口
なんだってことですね。


原理主義が世界を滅ぼそうとしている
この時代にあって、
そのような普遍的な神様に
呼び集められた私たちは
あらゆる人が救われると主張する。


さすが2千年もたつとね、
普遍主義も洗練されてくる。
原理主義は長続きしないんですね。
100年200年の間に
大きな争いを起こして
消えて行く、の繰り返しなんですね。


普遍主義には
そのようなことはないですね。
阿弥陀様の前で
カトリックの神父がしゃべってたりする。
普遍主義は忍耐がいるんです。


原理主義は右って言ったら右、
×って言ったら×。簡単です。
答えがはっきりしている。
ラクっちゃラクなんだけど、
そこには融通のきかない
死んだ世界があるのみ。


この世界の一番の対立軸はそこだって
私、見抜いたんですよ。
実は普遍主義と原理主義なんです。
この世界の一番の対立軸は。


聖書に出てくる悪霊は
原理主義への傾きなんですよね。』





神父様、
数日前についにお寺に呼ばれて
お坊さんに説法?
してらっしゃいました。
晴佐久神父様が語る福音は
どこまで行くのでしょうか。


今年もたくさんの福音を聞けますように。



かかりん
「入門講座」で admin page top↑
スーパー人類
2015 / 02 / 01 ( Sun ) 22:14:31
ちょっと前になってしまいましたが
1月23日の金曜日の入門講座のお話です。





『おそらく人間って本能が壊れてますから
自分が正しいと思い込んで、
敵ってものを作り出しちゃうんですよ。


大自然のおきての中で、
敵とか味方ってのはないんじゃないですかね。
食われてくシマウマの目が、
おのれ~って感じじゃないですよね。


人間だけじゃないですかね。
しかえししに行くのって。


人間だけが敵ってものを作り出したんですね。
なんでですかね。
自我ってものを抱えて、
人間のつまらぬプライドですかね。
自分のこだわり、ですよね。
私ってのを強調し過ぎたんじゃないですかね。


神様に望まれて生まれてきて、
あまり自分が自分が・・と言わずに、
やがて静かに去って行く。
それがいいんじゃないですかね。


復讐しようという思いは
強烈な自我から来てるんですね。


神様はストッパーのように
イエスキリストって方法をちゃんと
与えてくださっているんですよ。


やっぱりイエスキリストが
世界をなんとか神の国に変えていく。
非常に重要です。
悪の力で非常に苦しんでいる世界で
今、最も必要とされている。


自由意思と自我とつまらんプライド抱えながらも、
神の意思に協力していく。
そういうスーパー人類になって行きましょうよ。


人間の中にそういうことが巣食ってるわけですよ。
いつまでも恨みに思ったり、ってのが
あるじゃないですか。
そういうのがイスラム国と地続きだって
いうことですよね。』





神父様のお話は
しばしば時事ネタやその日の出来事などが
話題のきっかけになるのですが、
この日は
イスラム国に拘束されている
後藤さんのことを話題にしてのお話で
始まりました。


教皇様のように
人種によらず、国籍によらず、宗教によらず、
全ての人類と手をつないで
神様のお仕事を果たそうとつとめるなら
この世界は
どんどん天の国に近づいて行くのに。


どうか後藤さんが無事に解放されますように。





かかりん 


注: この記事は1月31日に投稿されたものです。
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *