FC2ブログ
おかえりなさい
2016 / 02 / 16 ( Tue ) 10:56:42
2月12日(金曜日)の入門講座は
ものすごい人数が信徒館につめかけて、
椅子が足りないんじゃないかと
不安になるほどでした。


40人ほどの人が
ぎゅうぎゅうに座っている中、
ちょっと風邪気味の神父様は
いつもよりハスキーボイスで
熱く福音を語られました。


いつもの湯わかしポットふたつじゃ
全然足りないので
やかんも動員して
お湯をわかしまくりました。





そして、前回かかりん
ちょっとだけ紹介した
Yさんが、久しぶりに
金曜の入門講座に来てくれました!!


かかりんは実は遅刻常習犯で、
(でも、仕事から帰ってから
ケーキ焼いてるんで
ギリギリになっちゃうんです!!言い訳)
7時ギリギリに教会に入ると、
入門係で、実はマリア様が
化けてるんじゃないかと
常々かかりんが疑っているOさんが
「Yさんいらしてますよ!!」と
嬉しそうに教えてくれました。
Yさんはキッチンで
一生懸命係の仕事を
お手伝いしてくれてました。


Oさんは、「せっかく久しぶりに
Yさんがいらしてくださったので
お手伝いお願いしちゃいました!!」と
おちゃめな笑顔で教えてくださいました。





Oさんは、金曜の親分(だれ?が遅刻する、
というメールを見たとたん
Yさんが現れたので、
「これは神様が働かれたな!!」と
すぐにわかったそうです。


かかりんは心の中で
「Oさん、神様、グッジョブ!!」と
叫んでいました。笑


Yさんが来てくれたら大歓迎するぞ、
と思っていたのに
次から次へと増えるお客様に
お茶を出すのがてんてこまいで
なかなかとなりで座ってられない・・・
ハラハラする中、
お茶を運びながら見てみると、
入門係も、洗礼志願者の方も、
Yさんと笑顔で話してる。
「あなたがブログのYさんだったんですね!!」
とか言われてる!!


本当に、多摩教会はいい教会だなあ、と
心の底からうれしくなりました。
かかりんがひとりでなんとかしようと
はりきらなくても、
教会家族のこのすばらしい連携プレー!!


晴佐久神父様が7年間
多摩教会でまき続けた福音の種は
あちこちで実を結んで
見事な花を咲かせていました。





Yさん、おかえりなさい。
あなたが帰るのを、
ずっと待っていました。
もうひとりぼっちじゃないよ。
ここはあなたの家。
あたたかい家族が
いつでも笑顔で迎えるから
いつでも帰ってきてね。




かかりん
「入門講座」で admin page top↑
ミサ、ミサ、ミサ
2016 / 02 / 16 ( Tue ) 10:00:00
かかりんさんが書いてくださったとおり、
志願式の日の神父様は
風邪をひいていて、
とても辛そうでした。

でも、そんな中、
式後のパーティーのときの、
志願者に向けたお話は、
短いながら、
とても気迫に溢れたものでした。





「洗礼を受けたら、とにかく、
ミサに出続けてください。
バンを食べ続けてください。

どんな司祭が捧げようと、
どんな人が与かろうと
ミサはミサ。ミサにおける
神さまの恵みの力は変わらない。

ミサは完全。100%の力がある。

ミサに出ていれば、
そこでの人との出会い、
みことばとの出会いの全てを含め、
神さまの恵みを受けることが出来る。

ミサに出続けていれば、
なんとかなる。

一人で閉じこもっていてはいけない。

とにかく、毎週、なんとしても、
ミサに出続けてください。」






大体、以上のような、
今まで幾度となく語られた
ミサについてのお話でしたが、

”これだけは言っておかなければ”、
という、まるで”遺言”のような語り口に、
いつも以上の感動を覚えました。

心からの「アーメン!」 を捧げます。


晴佐久神父様の風邪が早く治りますように!
元気に復活祭が迎えられますように!
心からお祈りいたします。



Luna
多摩教会で admin page top↑
* HOME *