FC2ブログ
天の父を信じることが、第1です
2016 / 02 / 24 ( Wed ) 22:12:26
2016年2月19日(金)入門講座での
晴佐久神父のお話から③







「“使徒信条”の第1は
“天の父を信じます”
です。


すべての人への、
“天の救いを信じます”
という意味です。


すべての人は、すでに、神の子。
けれど
信じられていない人が大勢いるので
まことの親である神を
信じさせるために
贈られたのが
イエス・キリスト。


イエス・キリストは、
〝天の父が、まことの父だ″
と証ししました。


“天地の創造主である父”
を信じるために
イエス・キリストを信じるのです。」


「イエスを見たら、
神を見た。」


「イエスさまは、
天地創造の始めから定められていた
神のみこころを表した。
敵を愛しつつ、
友のために命を棄てて
神は愛であることを表した
イエス・キリスト。


〝イエス・キリストを信じます″
ということは、
その先の
〝天の父を信じます″
と言うようになるのが、目標です。」


「使徒信条のなかで
〝おとめマリアより生まれ、
ポンティオ・ピラトのもとに苦しみを受け″
と言われるのは、
本当に、
この世に生まれ
生きて、殺され、復活させられた
イエス・キリストを
信じる
という意味です。」


「〝イエス・キリスト″
と言うだけで
信仰宣言なんです。
「・」は、「=」という意味。
あのイエスが、
キリスト(救い主)である
という宣言です。」


「この現実世界に
生まれて、
生きて、復活された
今、生きているイエス・キリストを
ミサで
感じてもらえるのが、理想です。」


「自分が
イエスを表しているのでなかったら
神父をやっている意味がない。
キリスト者である意味がない。


キリスト者ってそうなんです。
欠点を抱えたままで
神様が用いて下さる。


パウロも、
自分の欠点を嫌っていましたが、
主は
『わたしの恵みはお前に十分である』
(Ⅱコリント12:9)
と言われました。


欠点を抱えたままでも
自分に満足している方が、
楽じゃないですか?」


「キリストっていう働きは、
もう、だれにも、とめられない。」







『わたしは弱いときにこそ強い』
(Ⅱコリント12:10)
と主に拠り頼むパウロの姿に
あこがれます。




神に感謝!


Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *