FC2ブログ
愛の息吹に包まれて
2016 / 05 / 24 ( Tue ) 09:26:41
豊島神父様の緊張が
ひしひしと伝わってきて、
こちらまで、緊張してしまった、
入門講座一回目、金曜午後の部。


「面白かった~」という反応が多くて、
よかった!です。(


参加者はスタッフも含め、
全部で20人くらい。
新しい方も3名いらしてくださいました!
是非、引き続き、いらしてくださいね。


ということで、
心に残ったことを、少しだけ、
分かち合いたいと思います。








三位一体の祝日を前に、
キリスト教における神さまのみ名
「父と子と聖霊」の、
特にわかりにくい聖霊について、
神父様は

「一つのイメージですが、(と前置きして)

父は子に愛を込めて語りかける。
子も父に愛を込めて語りかける。
語りかけるときに、互いの口から息が出る。
語り合えば合うほど
父と子の間の息が満たされていく。


その息が聖霊。


聖霊とはギリシャ語で
プネウマ=息という意味。


『父と子と聖霊のみ名によって』
と祈るとき、
私たちもその息、
神様の愛に包まれている。


息をしている限り、
私たちは神様の力を頂いている。


ため息も息、です。


心騒ぐとき、苦しいとき?(だったかな?)は
深呼吸をすればいい。」

というようなことをお話になりました。


特に、「ため息も息です」、
という言葉が印象的でした。


ため息ばかりついてしまうようなとき、
深呼吸して、神さまの息である、
聖霊を深く吸い込めば、


「"霊“も弱い私たちを助けてくださいます。
わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、
“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって
執り成してくださる」、(ローマの信徒への手紙8・26)
そして、
「万事が益となるように共に働く」(ローマの信徒への手紙8・28)

のだと思いました。



聖霊に、
感謝と賛美!!





人それぞれ、新しい発見あり、
気づきありの入門講座。
相手は全能永遠、無限大の神さまですから、
”喜び”も”無限に”
頂き続けることができますよ~。


皆さま、どうぞ、神父様を通して働く神さまに
大いに期待して、
でも、お気軽にご参加ください。


今週27日の午後1時半からの講座は
神父様はご用があってお留守なので、
シスター櫻本が担当してくださるそうです。

神さまからどんな恵みを頂けるか、
楽しみです。ワクワク。





ちなみに、
27日(金)夜の部と29日(日)の講座は、
豊島神父様が担当してくださいます。
お楽しみに~




Luna
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *