主よ、み心ならば・・・
2016 / 07 / 29 ( Fri ) 19:47:02
「主よ、み心ならば、
わたしを清くすることが
おできになります」(ルカ5・12)。



これは、重い皮膚病を患っている人が、
当時のきびしい戒律をやぶり、
恐れに打ち勝ち、
勇気を奮い起こして、
イエスのみ前にひれ伏して
願ったことばです。


イエスに対して、
この人のような信仰を持つよう、
教皇様は私たちに呼びかけ、
なんと、ご自分の個人的な
祈りの仕方まで、
私たちに分かち合って
くださっています!!


イエズス会出身らしいと思いました。。
「アニマ・クリスティー(キリストの魂)」(注)
の中の、特に、
”あなたの傷のうちにわたしをつつみ、
あなたから離れることのないように
してください。”が
心に響きました。


その部分を抜粋してご紹介します。


 Luna





「イエスの前に出るときには、
長いスピーチは必要ないことを、
この人の嘆願は物語っています。


イエスの全能と善に
完全に信頼していることが
表れていれば、
少ないことばで十分です。

み旨に自らをゆだねることは、
実際、神の無限のいつくしみに
自らを差し出すことを意味します。


わたし個人の信頼の表し方を、
あえて皆さんと分かち合いたい
と思います。


毎晩、寝る前に
わたしは短い祈りを唱えます。
「主よ、み心ならば、
わたしを清くすることが
おできになります」。


そして主の祈りを5回、
イエスの傷の数だけ唱えます。


イエスはご自分の傷で
わたしたちを清めてくださるからです。


わたしがやっているのですから、
皆さんにもできます。
皆さんの家で
「主よ、み心ならば、
わたしを清くすることが
おできになります」と唱え、
イエスの傷について
考えてください。


そして傷の一つひとつに対して
主の祈りを唱えてください。
イエスはいつも
わたしたちの声を聞いてくださいます。


・・・ 

自分のことを、
自分の不幸のことを考えましょう。
誰もが不幸を抱えています。


深く考えましょう。
わたしたちはそうした不幸を、
「体裁をよくする」という
偽善によって何度、
覆い隠そうとしていることでしょう。


そのときにこそ、独りになって、
神の前にひざまずき、
こう祈る必要があります。
「主よ、み心ならば、
わたしを清くすることが
おできになります」。


夜寝る前に毎晩やってください。
さあ、この美しい祈りを
一緒に唱えましょう。


「主よ、み心ならば、
わたしを清くすることが
おできになります」。

(2016.6.30)



教皇フランシスコ

全文はこちら → 教皇フランシスコ、2016年6月22日の一般謁見演説




注):アニマ・クリスティ(キリストの魂)

キリストの魂、わたしを聖化し、
キリストの体、わたしを救い、
キリストの血、わたしを酔わせ、
キリストの脇腹から流れ出た水、わたしを清め、
キリストの受難、わたしを強めて下さい。
いつくしみ深いイエスよ、
わたしの祈りを聴きいれてください。
あなたの傷のうちにわたしをつつみ、
あなたから離れることのないようにしてください。
悪魔のわなからわたしを守り、
臨終の時にわたしを招き、
みもとに引き寄せて下さい。
すべての聖人とともに、いつまでもあなたを、
ほめたたえることができますように。


聖イグナチオ・デ・ロヨラ
(イエズス会日本管区HPより)
未分類 admin page top↑
『いつくしみの特別聖年』③ ~わずらわしい人を耐え忍ぶ~
2016 / 07 / 28 ( Thu ) 22:36:12
「教皇フランシスコの大勅書にある
『いつくしみのわざ』の14のうち
“精神に関する7つのわざ”は、
キリシタン時代には、
『すぴりつにあたる七つのこと』と
言われていました。


その7つとは、
①疑いを抱いている人に
助言すること
②無知な人を教えること
③罪びとをいましめること
④悲嘆に打ちひしがれている人を
なぐさめること
⑤もろもろの侮辱をゆるすこと
⑥わずらわしい人を
辛抱強く耐え忍ぶこと
⑦生者と死者のために神に祈ること」


①については
「“疑いを抱いている人”が、
不安・孤独・疑心暗鬼になるのは
人から裏切られたことがあるから。
絶対に裏切られない体験を
させてあげることです。


聖ドン・ボスコが
不良少年たちから
『信じているなら外出させてくれ!』
と挑まれたとき、
「あなたを信じている」と、
外出させて待っていたように。」


③“罪びとをいましめる”について
「他の人に迷惑をかけないならいい

罪に無関心になるのではなく
神様の目で見てどうか?を考えて
いさめるべき人を、いさめる。


その人が自爆するのを
ほうっておくのではなく。
神様に愛されないまま
ほうっておかないように。」


「⑥“わずらわしい人を
辛抱強く耐え忍ぶこと“が
“いつくしみのわざ”に
含まれているのは
とても意味のあること。


いつも一緒にいる人を
尊敬することほど、難しい。


“耐え忍ぶ”ことが、
ただ、時間を奪われるという
生産性のない、無駄なことではなく
“いつくみのわざ”に
チャレンジする機会となり、
神様の前に
意味のあることとされています。」





辛抱強く耐え忍ぶ機会が
与えられていることも
神様の恵み・・・と、いつも
感謝できますように!




Elizabeth ♪
未分類 admin page top↑
見てみぬふりをするのではなく~ 『いつくしみの特別聖年』②
2016 / 07 / 28 ( Thu ) 22:28:56
「いつくしみの特別聖年」を
有意義に過ごすために
教皇フランシスコは、
いつくしみの特別聖年公布の大勅書
「イエス・キリスト、
父のいつくしみのみ顔」のなかで
3つのことを勧めています。


①巡礼を行うこと。
人を裁かず許しを与えること
②社会において疎外された弱い人々に
心を開くこと
③いつくしみの業を行うこと。


③の「いつくしみのわざ」は
公教要理の『慈悲の所作』14の
慈悲の業。
教会が伝統的に伝えてきたものです。
マタイ25章にでてくる
信者の根本的義務。
“身体に関する7つのわざ”は、
①飢えている人に食べさせること。
②乾いている人に飲ませること。
③着るものを持たない人に
衣服を与えること。
④宿の無い人に宿を提供すること。
⑤病人を訪問すること。
⑥受刑者を訪問すること。
⑦死者を葬ること。


13世紀に
イタリアのフィレンツェで
『ミゼリコルディア』という団体ができ、
このわざを実行していました。
リスボンに本部が移ってから、
大航海時代に
マカオを経て16世紀に長崎に伝わり
京都、堺にも団体があったそうです。


『ラウダート・シ』で、教皇が、
清潔な水が飲めることは
基本的人権のひとつと
言われています。
飲み水が無い人々は
今も、世界中にいます。
世界の水の問題に、
私たちは無関心ではいけない。
現代社会でも、
この7つのわざを行うチャンスは
まだまだある。


私たちは、この人生を、どう生きたか、
神に、天国で、訊ねられるとき、
“ひとりぼっちの病人を
知らんぷりしたでしょう?“
“あなたは、助けを必要としている人を
無視しましたね“
とは言われるかもしれない。


神様の愛は、
何もしなくても伝わるわけではない。
私たちは、
神様の愛をお伝えする役割を持っている。
私たちが、そうできるのは、
神様が望んでいるように親切にしたい
と、思っているから。
神様が愛していることを伝えたいから。


イエス様と私たちのコンタクトは、
私たちの周りの人を通して行われる。





自分の力では何もできない
弱い存在であっても、
無関心ではなく、
せめて、目が合ったときには
微笑みあい、
存在を受入れあうことが
できますように!




神に感謝!
Elizabeth
未分類 admin page top↑
『いつくしみの特別聖年』①
2016 / 07 / 28 ( Thu ) 22:15:05
カトリック中央協議会の
嘉松神父から
お話を聴く機会がありました。





「なぜ教皇様が昨年から
『いつくしみの特別聖年』
を始められたのか
といえば
2015年で、
第2バチカン公会議から
50年が経つのに、
まだまだ、“厳しい神”
というイメージが強いので
“やさしい神”、“いつくしむ神”を
強調したいと思われたから。


『いつくしみ』とは、お母さんが、
おなかのなかの赤ちゃんを
とっても大切にするような気持ち。
神様が、私たちを、
とっても大切にしていることを
信頼してほしい。
私たちが
おりこうさんじゃなくっても、
神様から
離れてしまっていても
自分が面倒を見るのが
不十分だったから
離れてしまったと
考えるくらい
大事に思ってくださるのが、
神様。


『ゆるしの秘跡』を受けるのを
大事にしてください
と教皇様は勧めています。
 『わたしは、聴罪司祭は
御父のいつくしみの
真のしるしであるように
と口を酸っぱくして言い続けます』
(2015年(教皇在位第3年)4月11日
いつくしみの特別聖年公布の
大勅書より)


“よく帰ってきたな~”
という雰囲気を、
“ウェルカム!”という雰囲気を
大事にして、と。
暗く、狭い告解室で
拷問のようにしてはいけない。


最近のヨーロッパの告解室は、
アクアリウムのように
ガラス張りで明るいそうです。
神様は
ゆるしたくてたまらない。


見失ってしまった子を
待っておられる神様に
信頼してほしい。





『アッバ、父よ!』
と駆け寄ると
微笑んでくれる神を
イメージするだけで
幸せであたたかな気持ちになります。



神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
父よ
2016 / 07 / 28 ( Thu ) 00:11:10
2016年7月24日(日)の御ミサでの
豊島神父のお話から






「カトリック多摩教会の
LED看板の前に
スマホを持った『ポケモンGO』の
人たちの群れが、
昨日の夕暮れ時から
今朝もいらっしゃいました。
ポケスポットになって
いるようですね。


でも、御聖堂と信徒館のなかは
だいじょうぶです。
守られています。
祈る雰囲気って
とっても大事ですから。
教会は
建物ではなくて、
祈る人がいて
祈る場所があるから、教会。
祈りたい雰囲気があるのが
聖堂です。
多摩教会の聖堂には
16年の歴史のなかで
壁に
十字架に
皆の祈りが
しみついています。」





「今日のルカの福音書による
『主の祈り』は短く、理解しやすい。
出だしが、特徴的です。

“イエスはある所で祈っておられた”
から始まるのは、
祈りにガッツリと向かおうとする
ルカの姿勢が表れています。

“父よ”と呼びかけ、祈るイエス。
私たちが
神を、“父よ”と言えるのは
イエスが教えて下さったから。
呼んでいいよと
イエスが
許可して下さったからです。」





「今日の第1朗読は
“父”に甘える姿。
“でも、そこをなんとか“
と、ダメ押しで
頼み込むことができる
父の姿です。
全幅の信頼をもって
“父”に
祈りましょう。
イエス様に感謝を持って。」





イエス様が教えて下さったように
日々の祈りで
“父よ!”
と、信頼して、依り頼むことが
できますように。




神に感謝!
Elizabeth♪
御ミサで admin page top↑
”集うこと“が大事
2016 / 07 / 27 ( Wed ) 18:08:17
2016年7月24日(日)
入門講座交流会
スイーツパラダイス
での豊島神父のお話から。






「教皇フランシスコは
貧しい人を受け入れましょうと
話されています。


その人の傷や痛みを含めて
その人を迎え入れること。
一緒に喜びを
分かち合える場をもつこと。


3・11の東日本大震災とき、
カトリックは、それまでの反省から
迅速に対応しました。
そして、今も“一緒にいること”を
大切にしています。


“つどう”ことは、
非生産的なことではない。
“集う”ことが、まず、大事。
集まることで、力をもらう。


祈る場が与えられていること。
教会に集い、一緒に祈ること。


ミサのなかでの
“主はみなさんとともに”
“また司祭とともに”という
司祭と会衆の応唱は
“神様のことばに応えている”
ということを
体験しているのです。


ミサは一生もの。」



「ミサ献金が、なぜあるかといえば、
ミサがあったという喜びを
ミサに来れたことは恵みだ
ということを
表すため。


今や神父は
絶滅危惧種です。
ミサが無い教会
定住司祭がいない教会が
増えている中で、
ミサがあったという喜びを持って
ご聖体をいただきましょう。


ご聖体の味は
受け取ったみ言葉の味。」



「死ぬときには
最後に頂いたご聖体が
天国に行くときの
エネルギーとなります。」


「ミサに来てください。
ミサの力と
ことばとご聖体に
信頼することができれば
だいじょうぶです。」





入門講座交流会には
初めての方を含め約40人が集まり
神父様は約40分も
お話して下さいました
映画『さとに来たらええやん』
のお話もされました。
(多摩カトリックニューズ
巻頭言をごらんください




神に感謝!
Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
『祈りのちから』
2016 / 07 / 26 ( Tue ) 22:31:55
2016年7月、渋谷で
映画『祈りのちから~WAR ROOM』を
観てきました!





“どんな戦いも、戦略と
戦い方を知らなくては、
勝利することはできない。“


私たちキリスト者は
ひざまずいて
神を信じ、求め、祈ること。
それが
ただひとつの武器なのだと
祈り方を学ばされました。


私たちは
ひざまずき、頭を垂れて
神が、力を発揮されるよう
祈るだけ。


不平不満を口にする自分自身が
本当に
神の恵みに値するのか
と省みれば
どんな人のためにも、祈れるはず。


他の人をゆるさぬ限り
神のゆるしは得られない。
だから、
イエスは、私たちに
他者をいつくしむよう説かれた。


まず
人を裁き、復讐しようとする
エゴを捨てて
神に、服従すること。


敵は、見えにくい相手。
神から
夫から、家庭から
人々から
私たちを引き離そうとしている。


神に祈るときは
要求や願いを明示して。


神の言葉を、信じること。


ゆっくりと
あせらず、時間をかけて
神のことばに、耳を傾ける。


おろかな私をゆるしてください、と。
神よ、あなたに従います、と。
隠れた部屋で祈ること。


“どうして、そんなにゆるせるんだ?”
という夫の問いに、主人公は
“あなたを愛している。
でも、それ以上に
イエスを愛しているから。“
と答えていました。





私たちの武器は、信頼と希望。
ひざまずいた戦士として
勝利者の名を口にして、
いつも祈っていたいと思わされました。


“わたしは既に世に勝っている。“
(ヨハネ福音書16章33節)



神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
夏休みには特別講座にどうぞ!
2016 / 07 / 25 ( Mon ) 11:13:59
7月24日の交流会
スイーツパラダイス
をもちまして、
春期の入門講座は
すべて終了いたしました!

(速い!!)


これまで、参加してくださったみなさま、
ほんとうに、ありがとうございました!


ハラハラ、ドキドキした
最初の講座から、
約2か月。

最近は、神父様も
多摩教会に慣れ、
わたしたち入門係とも
すっかり打ち解け、
それに伴って、
講座のお話も、どんどん自由に、
ますます面白くなってきています。
(↑生意気ですみません)


みなさん、ほんとうに、
「面白い!勉強になる」
「豊島神父様、大好き!」と
大好評です


是非、多くの方に
豊島神父様の魅力を知ってほしい、
入門講座に出席してほしいと
思っています。



9月からいらしても全然大丈夫。
是非、一度、
参加してみてくださいね。


今まで、いらしていた方も、
引き続き、ぜひ!



・・・その前に、
夏休み特別講座が
8月13日土曜日10時半より
ありますよ~

初めての方、大歓迎!!

どなたでも、
どうぞご遠慮なくご参加ください。



心からお待ちしております。



Luna
「入門講座」で admin page top↑
スイーツパラダイス大成功♪
2016 / 07 / 24 ( Sun ) 22:35:50
こんばんは。かかりんです。


本日7月24日は、
初めてのイベント
スイーツパラダイス
の当日でした。





今までの
「そうめんパーティー」
とは曜日も時間もメニューも
違うので、
お客様が来てくださるか
内心ちょっと不安でしたが。


結果は、大成功
初めての方も、
ハガキが届いて
久しぶりに来て下さった方も、
最近いらした方も、
前からいる方も、
信徒館はおおにぎわい!!


豊島神父様のお話も
今日はますます面白くて
信徒館は爆笑の嵐!!
(ポケモンGOなるゲームに
はまってる方、
なんと多摩教会の
LED看板の前あたりで
何かゲットできるらしいですよ。)


大笑いするだけでは
ありません!!
神父様のお話の中で、
「あなたはこれまで愛されたことがない」と
以前人から神父様が
言われたお話は、
かかりんを始め、涙ぐむ人多数!!



感動のお話の詳細は
一生懸命メモをとっていた
エリザベスさんが
書いてくださると思うので
かかりんはとりあえず
速報に専念します。






さて、いよいよ
神父様の音頭で乾杯!!


気になるメニューは
エリザベスさんの
米粉シフォンケーキ
かかりん
米粉バナナパウンドケーキ、
米粉ツナパン、
米粉ウインナパン、
○子さんの米粉クッキー、
ピーチメルバ、
アメリさんの
いろいろかき氷、
Sさんのピクルス、
Iさんのチョコムース、
レミゼくんのホットク、
Lunaさんが買ったところてん、
注文したサンドウイッチ(笑)
みかんちゃん
差し入れのステキなメロン!!


どれもおいしくて
おなかいっぱい!!

「これは、お代は払わなくて
いいんですか?」と
心配してくださったお客様も。
ハイ、いいんです。
あなたが来てくれて、うれしい。
ただそれだけで。



8月13日の夏期特別講座、
9月3日の
おむすびパラダイス
のお知らせもすると
手帳にメモしてくださる方も
たくさん。


ぜひ、またいらしてくださいね。
心から、お待ちしています。




かかりん
「入門講座」で admin page top↑
春期ヨルキン終了
2016 / 07 / 23 ( Sat ) 16:09:51
7月22日、金曜日。
残念ながら豊島神父様は
ご不在でしたが
春期の夜の金曜入門講座
(通称ヨルキン)は
終了しました。


ヨルキンは、
すごく家族っぽいのです。

いつも手作りご飯や
ケーキをいただきながら
おしゃべりタイムがあるので、


いつもおうちでひとりの
あなた!!
さびしがりやのそこの
あなた!!
することなくてヒマ~な
あなた!!
教会?何それおいしいの?
ってそこのあなた!!
ご飯食べにくるつもりで
遊びにいらしてくださいね。





今日は手塚治虫さんの
旧約聖書の映画を少し観て、
その後は、おいしいものを
いただきながら
皆さんでわかちあい。
初対面同士の方がいらしたので
自己紹介をしつつ、
大いに盛り上がりました!!


それにしても
皆さんの自己紹介で
改めてわかった
豊島神父様のすばらしい人気!!
みなさん神父様の
あたたかでやさしい人柄に
とても安心して
癒されていることが
よくわかりました。
そして講座の内容が
「勉強になる!!」
「面白い!!」と大好評!!





こんなステキな入門講座、
春期は7月24日の日曜日、

スイーツパラダイス


を残すのみ!!
時間は14時からです。


かかりんは、
今回いつもの米粉ケーキと、
新作・米粉惣菜パンで
参戦します。


a-a-komekopan.jpg


お肉が好きなあの方のため、
お肉のダメなこの方のため、
ウインナ版とツナ版の
2バージョンの予定です。

さすが天下の多摩教会!!
至れり尽くせり!!笑


米粉惣菜パンは、スイパラのために、
分量を調整しながら二回試作しました。
かかりんオリジナル!!の自信作。
今日、試食してもらったのですが
評判も上々。こうご期待!!


みなさん、ぜひいらしてくださいね。





さて、気になる今後の予定です。


24日のスイパラのあとは
少しお休みをいただきます。
でも、夏期特別講座!!
やっちゃいます。

8月13日(土曜日)10時30分より。


そして、旧ピザパエリアパーティーに
代わりまして

9月3日(土曜日)13時より
新・入門講座交流会

おむすびパラダイス

やっちゃいます!!
その辺のコンビニおむすびには
マネできない、
入門係の知恵とアイディアと
ユーモアと愛情のつまった
おむすびパーティーです。
ぜひぜひご参加ください。


そして待望の秋期入門講座は

9月9日(金)の
ゴゴキン、ヨルキンから
スタートです。



新しい企画も目白押し。
ますます目が離せない多摩教会。
気持ちも新たに
皆様を力いっぱい
大歓迎いたします。





かかりん

「入門講座」で admin page top↑
復活のイエスは、今のあなたとともにいる
2016 / 07 / 19 ( Tue ) 14:21:05
2016年7月8日(金)入門講座より。
豊島神父の入門講座は
ペトロ・ネメシェギ神父著
『キリスト教入門』に沿って
進められていますが、
神父様は、
いろんな質問に
やさし~くお答え下さるので、
つい、どんどん質問してしまい、
活発なやりとりで、
ゼミのように盛り上がることも…。





『マルコ福音書が最初に書かれたのに
どうして、聖書の順番では、
マルコ福音書が最初なんですか?』
という質問には…
「マタイ福音書のはじめには、
イエス・キリストの系図が
最初に書かれているから。
この系図を
退屈に思われるかもしれませんが
イエス・キリストが生れるまで
の系図のなかには
色々な間違いを起こした
負の遺産も含まれていることを
表しています。」





『ルカ福音書がとても
読みやすく感じるのはなぜ?』
という質問には…
「ルカ福音書は
外国人にむけて書かれています。
ルカはとても
頭のいい人だったので、
緻密で美しい文章。
絵本などはルカの文章を
使うことが多いんですよ。」





「一方、マルコ福音書は
事実を淡々と書いています。
復活の後は記述していない
オープン・クローズ。
これは、
“復活のイエスは、
『今』のあなたと一緒にいる“
という意味が
込められているんです。」





「ヨハネ福音書とヨハネの黙示録は、
イエスの死後約100年後
迫害の時期に書かれたので
読み解くカギがなければ
読めないようになっています。
たとえば、
“すべての人が救われる”
というキリストの教えを書くことが
できなかった時代なので、
ヨハネの黙示録の
“14万4000人が救われる”
という文章は、
完全さを表す『7』を
さらに倍数にして使うことで
救いを強調しています。」





『聖書を知らないことは
キリストを知らないことである』
(聖ヒエロニムス)
聖書と祈りを通して、もっと
生けるキリストに出会いたい!
と、思わされました




神に感謝!

Elizabeth♪

「入門講座」で admin page top↑
スイーツパラダイス
2016 / 07 / 15 ( Fri ) 00:25:29
7月24日(日)14時から。


お初にお目にかかります、
多摩教会の夏の名物、
そうめんパーティーに代わりまして、


スイーツパラダイス!!


やっちゃいます




実は多摩教会の主任司祭の
豊島神父様は
小麦にアレルギーがありまして。
そうめんは食べられない食べ物
なことが判明。
なので、今年から、
スイーツパラダイスです!!


同じ理由で
ピサパエリアパーティーも
リニューアル予定。
そちらもお楽しみに



さて、スイーツパラダイスでは
今のところ


米粉シフォンケーキ
フルーツポンチ
ところてん
クッキー
かき氷
サンドウイッチ
ホットク
(韓国のホットケーキBYれみぜ)
などが候補にあがってます。

(まだ変更の可能性ありです。)


かかりんは、
いつも講座で焼いている
米粉パウンドケーキ以外のもの
を考え中。
うふふ。
試作してみてよさそうなものを
出品予定。
こうご期待。


新しいメニューで
皆様のお越しを
力いっぱいお待ちしています。




かかりん
「入門講座」で admin page top↑
あなたにいてほしい。
2016 / 07 / 13 ( Wed ) 23:04:12
7月8日(金)の夜の講座では
こんなお話がありました。






救いってなんですか、って質問、
されるんですよね。
キリスト教とは、カトリックとは、
聖書とは。


救いは何かって、決められない。
だって、その人に合った救い
でなければ
それは救いではない。
神はその人に合った救いを
してくださる。


他の誰でもなく、
私を、ここで、今、救う。


救いなんて、
その人の定義そのものがなければ
発揮されない。



ノアの箱舟の話、有名ですよね。
神がノアに箱舟を作るように言った。
生き物をひとつがいずつ入れて、
雨が降り始めてどんぶらこっこ。


洪水って状態になった時、
一番必要なのは、
泳ぐ能力じゃなくて、
真水が欲しい。


私たちは、たくさんの情報や
知識に埋もれて
翻弄されてますけど、
そういう時こそ、
本当の情報が欲しい。


私たちは
何を大事にしておくべきか。
それがノアの箱舟の
教訓です。


神さまが、私たちを
愛して下さると約束された。
それに対して、
私たちがどう応えて行くか。
そこから何を
神のメッセージとして取るか。


孤独は一番
存在意義を失ってしまう。
誰か他者がいないと
生きている実感を得られない。
他者がいることによって、
自分の姿が映される。
人のために働くのは、
それが自分の存在意義にもなる。


安心、よろこび。
あなたにぜひいて欲しい。
これがあって居心地が良い、
ということになる。
そこに私たちは
生きがいを見つける。


いていいよ。
いてほしい。
いてくれてありがとう。


望まれている場所。
福音の場所。
これが福祉の原点でもある。





かかりんは、
ずっと心の病で苦しんで
今、教会に来ることが
できなくなっている
大切な友人のことを思いながら
お話を聴いていました。


ここはあなたの場所。
ここに
あなたにいて欲しい。


またあなたに
「いてくれてありがとう」って
言える日が
早く来ますように。




かかりん 
「入門講座」で admin page top↑
やさしい豊島神父様
2016 / 07 / 13 ( Wed ) 23:01:24
こんばんは。かかりんです。


先日の日曜日の夕方、
かかりんの所属する
葡萄の実(汁ではない。笑)と
おっさんシンガーズの
(二つ合わせると
混声合唱団という名前になります。)
神父様を囲んでの
懇親会がありました。


会は大いに盛り上がったのですが、
途中でおっさんたちの飲み物を
黙って神父様が二階まで
取りに行ってくださるという
恐れ多い事件が・・・!!


一度ならず二度までも
神父様が二階に行ってしまわれたので
かかりんはあわてて後を追いかけて、
「神父様!!
取って来いっておっしゃってください!!
私たちが行きますから!!」と叫んで
飲み物を抱えて信徒館に向かうと・・・


なんと豊島神父様は
ドアを開けて
荷物を持ったかかりんを
待っていてくださったのでした・・・!!

や・さ・し・い~!!!!

感動しました。


最近スピーディー豊島って
ニックネームがついたらしいんですが、
かかりんはジェントルマン豊島、と
親しみを込めて
お呼びしたいと思います。




かかりん
多摩教会で admin page top↑
パパ様より
2016 / 07 / 10 ( Sun ) 23:29:13

未分類 admin page top↑
イエスとは何者?
2016 / 07 / 06 ( Wed ) 17:40:56
教皇様の6月19日のお説教、
スペースの都合上、
大幅に割愛して
ご紹介させていただきます。Luna


全文はこちら → 教皇フランシスコ、2016年6月19日「お告げの祈り」でのことば






今日この主日の福音
(ルカ9・18-24)は、
イエスと
「顔と顔を」合わせるよう、
あらためてわたしたちに
呼びかけています。

・・・

「現代人にとって、
イエスは何者でしょうか」。


そしてさらに重要なことには、
「わたしたち一人ひとりにとって、
イエスは何者でしょうか」。


わたしにとって、あなたにとって、
わたしたち一人ひとりにとって、
イエスは何者でしょうか。





わたしたちはペトロの答えを
自分のものとし、
こう断言します。


イエスは神の御子、
御父の永遠のみことばであり、
人類をあがなうために
人となられ、
人々に神のいつくしみを
豊かに注いでおられます。





この世はこれまで以上にキリストを、
キリストの救いを、
そしてキリストのいつくしみ深い愛を
必要としています。


・・・キリストのうちにあってはじめて
真の平和が訪れ、
あらゆる願いがかなえられます。


イエスは誰よりも
人々の心をご存じです。


だからこそ、イエスはいやし、
いのちを与え、
慰めることができるのです。


 

教皇フランシスコ
未分類 admin page top↑
カメムシなのだ
2016 / 07 / 06 ( Wed ) 00:29:15
暗闇で光を見ると
ドウシヨウモナク
近寄ってしまうのだ。


神から与えられた命を
存分に生きているだけなのだ。


アレコレ言われても困るのだ。


あんまり困らせると、
クサいぞ。


a-カメムシ



かなぶん
雑談 admin page top↑
カテドラルでのミサ
2016 / 07 / 05 ( Tue ) 09:00:00
2016年6月27日(月)に
東京目白にある関口教会まで
"ペトロパウロ聖職者の集い“
の御ミサに行ってきました



大司教座があるカテドラルは
正面に荘厳な十字架が掲げられ
真上から見ると十字架になるよう
設計されています。



a-2カテドラル


東京教区の司祭団100人近くが
ミサを捧げる様は荘厳で
“キリストのもとにひとつ”
のシンボルのようでした。
大司教の前に司祭団が入堂するときは
行列が長く、入祭・閉祭の歌の長いこと!
司祭は全員が白い祭服に
赤のストラのいでたちです。
ストラは刺繍も形もさまざまで
趣向がいろいろ。


岡田大司教による司式で
奉献文も歌われる歌ミサでしたが、
司祭団と会衆が歌うミサ曲は
まるで1000人もの歌声のように
聖堂に響きわたりました。
会衆は100人程度で、
こんなにも荘厳なミサを
特等席でゆったり味わうなんて
なんと贅沢なひととき…


初めてのカテドラルのミサなので
うきうきして、1時間も前に着きましたが、
日本最大のパイプオルガンの
演奏を堪能し、
ミサの準備まで見られて
ラッキーでした


祈りが天に向かって昇華していくような
お御堂に座っているだけで
尊く、聖なるものに
満たされるようで
多摩から1時間かけて来た甲斐が
ありました。



ミサの後、チノッティ教皇特使が
お祝いの言葉をのべられ
ダイヤモンド祝、金祝、銀祝の
司祭のお祝いがあり、
さらに,岡田大司教の霊名聖ペテロの祝日
ということで西川主任司祭から
お祝いの言葉が贈られました
この日は、梅雨の晴れ間で、本当に
気持ちよく晴れあがりました。


a-1カテドラル


カテドラルは
目白駅からバスで【白61】であっという間。
椿山荘のバス停で降りると、目の前でした。


次回の12月26日(月)の
『テ・デウム聖職者の集い』にも
また、休暇を取って
特等席の極上のミサにあずかろう!と
今からわくわくしています。
どなたでも、参加自由ですよ~






神に感謝!
Elizabeth♪

未分類 admin page top↑
2016年 ここナツ
2016 / 07 / 04 ( Mon ) 15:50:00
7月3日の日曜日、午後4時。
多摩教会では
豊島神父様に代わられてから
初めての
「心の病で苦しむ人のための夏祭り」
が行われました。







HPのサーバーが
ハッキングされて
しばらく閉鎖されたり
チラシが配布できなかったり、
宣伝ができなくて
お客様が誰もいらっしゃらなかったら
どうしよう・・と不安の中
当日はとんでもない夏日で
35度の東京都。
ますます誰も来なかったら・・
と思ったら。


大丈夫、大丈夫。
ちゃんと神様に呼び集められた
仲間たちが
多摩教会に集まってくれました。


ここクリ以来二回目、
という方と
一度ごミサに与って、
今回で多摩教会は二回目、
という方と
かかりんはお話しましたが
皆さんとっても喜んでくださって
「こういうイベント、
すばらしいですね。」
「ぜひまた続けてください」って
言っていただけました。



今回は宣伝不足もあり、
さすがにお客様の人数は
今までよりは少なかったものの
その分スタッフの手も
けっこうあって
今回こそは
「誰からも話しかけてもらえなかった」
という方は
いらっしゃらなかった
と思うのですが、どうでしたか?





かかりんはごミサの聖書朗読と、
ミサ後の余興のフルートの合奏、
米粉のケーキと
ビンゴもどきのくじびきの進行で


今年はスタッフも一緒に食べよう、
という企画で
おいしいお食事を
スタッフもたくさんいただけて、
みんなで和気あいあいの
楽しいひとときが過ごせました。



豊島神父様も、
きっと初めてのイベントで
戸惑われたと思いますが
一生懸命工夫して
参加してくださって、
(かかりんは「夏だから聖水」
にシビレました!!)
とても良い集まりになったと思います。
神父様、ありがとうございました。







暑い暑い中、
来てくださった皆様、
本当にありがとうございました。
おかげさまでスタッフだけの
さびしい食事会
にならないですみました!!
ぜひまたいらしてくださいね。


ここはあなたの、
もうひとつのおうち。
いつでも帰ってきてください。
これからもいつでも
大歓迎いたします。






かかりん
多摩教会で admin page top↑
今日は『ここナツ』
2016 / 07 / 03 ( Sun ) 10:18:22
今日は 『ここナツ』

<心の病で苦しんでいる人のための夏祭り>


午後4時からミサ
午後5時から夏祭り


暑い中、大変だと思いますが、
ぜひ、お越しくださいね。


スイカやかき氷もありますよ~



心からお待ちしています



Luna
多摩教会で admin page top↑
「ここナツ」、今年もやります!
2016 / 07 / 02 ( Sat ) 22:08:09
「ここナツ」
(心の病で苦しんでいる人のための夏祭り)
今年もやります。


7月3日(日)
16時から「心の癒やしのミサ」
(自由参加)、
17時から夏祭り



事前の申し込み不要
入退場自由





「ここナツやらないの~?」
と思っていたみなさん。
安心してください。
今年もやります。


新しい神父様を迎え、
ますますパワーアップしています。


ミサから始まり、
多摩教会が誇る
イケメン正太郎のライブ、
おいしいごはんも、
多摩教会の名物料理人たちが
腕によりをかけて用意しています。


多摩教会は「みんなの家」です。


疲れた心を癒しに
帰って来てください。



待ってま~す。



「ここナツ」実行委員長
アメリ
多摩教会で admin page top↑
* HOME *