FC2ブログ
カトリックとは
2016 / 10 / 26 ( Wed ) 14:45:24
まだまだひよこ組なのですが
10月21日(金)夜の
入門講座のご報告を
お忙しかったかかりんさんから
お願いされてしまいました


正確なご報告は
自信がないので
心に残ったこと 
をお伝えしてみますね






この日のテーマはずばり 
「カトリックとは」 でした。


神父様は、
2000年にわたる宝物を
簡単には説明できません…
と前置され、
あくまでも入門として
「秘跡」をキーワードに
お話されました。


☆「カトリック」とは、
「普遍的な」
という意味の形容詞。
「神様は、今 ここに いる。
その人がどんな境遇にいても、
いつも神はその人と
ともにいる」(by晴佐久神父様)


でも、それなら何故イエスは
十字架につけられたのか?
つまり前提として、
究極の苦しみを取り除く 
という「十字架」が
大きな意味を持っている。


皆それぞれ、その人の
「十字架」を背負っている。


だから苦しいまま、
私の十字架を
背負って下さっていますよね…と
照れずに、恥じずに、
ボロボロの状態で
ミサに与っていいのです。


苦しくて神様の元に
戻ってきたときに、
大切にされ、つつまれる
それが いつくしみ。 
(ここでちょっと胸が熱くなりました)



☆カトリックは「秘跡」によって
生きていくことができるのです。


「洗礼」は、
水に沈むという
語源が示すように
洗い清められると同時に、
水面下に一度沈み、
神さまの目線で
物事をとらえるようになる。


水面下でこそ
見えてくる苦しみにも気づく…
と同時に
この世での生と死を
はるかに超えた視線で、
み国へと続く長さでの
人生を歩むことができる。



「聖体」は、
神さまが直接体に
入ってきてくださる。
神さまが共にいて下さり、
エネルギーとなり、
あなたの中で働き
力になりたいのです 
ということ。


「堅信」は、「聖霊」をいただくという
大人の信仰表明。
聖霊は息、風という意味。


人生は、海(恐怖)の上で
船に乗っているような状態で、
進む方向も見えず不安…。
その中で、神さまから
信仰生活を送るための
「追い風」を
受けることができる。
  
でもあくまでも、
人生の進路を決めるのは 
自分。


その進路が、
神さまの思い と合っていれば、
「追い風」になる!
だから、追い風ではないな…
と思ったら、
軌道修正をすること。
私たちは、神さまの息吹 
を実感することができるのです。
(ここでも感動…)



カトリックの秘跡には、
「洗礼、聖体、堅信、
ゆるしの秘跡、病者の塗油、
結婚、叙階」と
ありますが、信者としては
「洗礼、聖体、堅信」で完成し
一人ひとり、
「私が、私でいられる」 のは、
この3つの秘跡があるからなのです。


神父様は、
他の秘跡についてもお話しされ…

カトリックでは全世界で、
24時間祈りが途切れることなく
捧げられていて
シスターやブラザーの祈りなど…
私たちはいつも
祈りに支えられている。
私たちは、
秘跡に守られているのです
と結ばれました。






「カトリック」という普遍性は、
神さまとのつながり、
信仰生活、
そして地球上のどこにいても
途切れることのない、
祈り、愛によって
支えられている。
その片隅に、
つながることができた安心感…。


初めて参加された方もいらして、
色々なエピソードを
笑顔で盛り込みながら…
笑いあり、感動あり、
そして何だか嬉しくなれた
あたたかい入門講座の時間でした。


秘跡によって守られている 
いつもどこでもどんな状況でも…。

神さまに感謝



コスモス
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *