FC2ブログ
熱く語られて
2016 / 10 / 28 ( Fri ) 16:59:44
2016年10月25日(火)に
大阪・釜ヶ崎の『こどもの里』の施設長
荘保共子(しょうほともこ)さんのお話を
伺う機会がありました。


『こどもの里』のドキュメンタリー映画
『さとにきたらええやん』は
今年の文化庁優秀賞を受賞しています。
11月13日にはカトリック多摩教会でも
上映会をする予定です






荘保さんは
現代の子どもたちの貧困の現状
についてお話しされ、
教会は、“居場所”になることができる
と、語られました。



40年近く前から、西成区で
子どもたちと生きてきた半生に
圧倒されました。
その生き方は、“蟻の街のマリア”と
呼ばれた尊者北原怜子さんを
思い起こさせます。

 
“地域に開かれた教会”
地域とつながり、“居場所”となる教会を!
と熱く語られて、
こちらも心が燃えるようでした。





11月20日(日)には
荘保共子さんの講演会も、
カトリック多摩教会で行うので、
もっといっぱいお話を伺えるのが
楽しみです




神に感謝!
Elizabeth♪
未分類 admin page top↑
み手の中で・・・
2016 / 10 / 28 ( Fri ) 00:38:23
10月21日(金)入門講座午後コース
より、心に残った言葉で、
夜の講座とダブってないと
思われるところを
集めてみました(^^♪

ダブってたら、ごめんなさい、です。





「私は門である。」(ヨハネ10・9)について。

神様は死という門を通った後も
その先を
きちんと用意しているよ。

死ぬことは怖いことではない。
終わりではない。
ピンチ、不安、死、絶望、
生きづらさも、
そこで終わりではありません






「私は道であり、真理であり、命である。」
(ヨハネ14.6)について
   
自分の人生は自分の一本の道。
あなたの道はあなたしかいない。
あなたの道に誰も道連れはできない。
あなたの道をわかっているのは
キリストのみです。





神様のことば(聖書の言葉)は 
わからない、か、
ドンピシャかどっちか。

わからないことも、いつか、
わかるようになる。

せっかちな人は
一分一秒でも自分で支配したい。

時間も神様のみ手のうち。

神様の手に乗っかれば、
神様の時間で働いてくれる。
神様はスピードさえ把握しています。


           

好き、という感情は
3週間しか続かない・・?
感情で始まったことは
長続きしない。

頭で始まったことは
せいぜい3年くらい・・・?

信仰は生活です。

神を100パーセント知るのは
神でない限り無理。

知る努力は必要だが、
神を身体全体で感じるには
触れていただかないと。

神に触れる場が秘跡です。





『聖体の秘跡』について。
生きていくには食べなきゃいけない。
ご聖体、神様の体を食べて生きる。

人は食べられなくなり、
飲めなくなると、
最後は自分の体の中の脂肪を食べ、
自分の中の水分を摂って生きる。
(老人ホーム付き司祭として
8年間働いたから言える言葉ですね~!)


そのように、
自分の中にある信仰の糧は
最後の砦。


ご聖体は神様の体そのもの。
キリストの体となって
一緒に生きてくださる。


また、ご聖体はミサとセット。
ミサで、聖書の言葉を聞き、
頭でイメージを作って、
こういう方が自分の中に
入ってきてくださると思うと
霊的にも信仰的にも力になります。


でも、ご聖体は病的に
受けないほうがいい。
(これ大事だと思います。)

(今週はミサに行けず?)、
ご聖体が頂けなかったから、
といって、
がっかりしたりしないように。

by 豊島神父





Luna

「入門講座」で admin page top↑
* HOME *