FC2ブログ
洗礼をうけると…
2016 / 12 / 04 ( Sun ) 22:40:35
2016年12月2日(金)入門講座での
豊島神父のお話から。





「待降節第2主日のテーマは
“洗礼者ヨハネ”。


“ヨハネ”は
“神は慈しみ深い”とか
“神は恵み深い”
という意味です。


洗礼者ヨハネは
6月24日が誕生日。
イエス様より6か月前、
夏至の頃です。
夏至から
お日様が減っていくように、
ヨハネは
輝きが減ってくる役割です。
これに対して、
イエス様の誕生日は
冬至の頃。
お日様がだんだん
増えていきます。


洗礼者ヨハネは
登場から輝いていた。
『主の道を真っすぐにせよ!』
と、人々に呼びかけて、
すごく人気があった。


でも
預言者は
イエス様がメシアであると
指し示すためにいる。
洗礼者ヨハネは
イエスに洗礼を授けてから
登場が減っていきます。」


「マタイ3章13章で
洗礼者ヨハネは
イエスに洗礼を授けます。

天が
イエスに向かって開いたのは
この時と十字架の時。」





「よく、“洗礼を受けたら
どうなるんですか?”
と、聞かれますが、
洗礼を受けると、
天から声がする。
『これは私の愛する子』
と。


“洗礼を受ける”
ということは
神様と
親子の関係になること。
神様の愛する子になる
ということです。」







神様は
私たち一人ひとりに
『あなたは私の愛する子。
私の心に適う者。』
と、言って下さることを
いつも、忘れずに
いられますように!





神に感謝!
Elizabeth♪
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *