FC2ブログ
聖母マリアと平和
2017 / 01 / 03 ( Tue ) 15:32:41
あけまして
おめでとうございます







当「らくがき帳」にお越しくださるみなさまに、
2017年も、
神様の祝福が豊かにありますよう
心からお祈り申し上げます。


本年もどうぞよろしくお願い致します!





1月1日(日)は
「神の母聖マリア」の祝日でした。

ミサ後の祝賀会もホール一杯に人が集まり,
にぎやかな賀詞交換会となりました。


久しぶりにお会いした方もいて
嬉しい新年の幕開けになりました。






ミサでは、豊島神父様が教皇様の

第50回世界平和の日教皇メッセージ
(2017年1月1日)

「非暴力、平和を実現するための政治体制」

岡田大司教様の 「2017年にむかって」
を強制配布(笑)。各自持ち帰って、
じっくり読んでください、と話されました。


豊島神父様も指摘されておりましたが、
教皇メッセージは、今回 初めて
”政治体制“にまで踏み込んで
言及した内容となっています。


教皇様の捨て身の決意!


それだけ、世界は危機的状況にある
ということでしょう・・・。


このメッセージが、世界中の政治指導者
の耳に届きますように!





「聖母マリアと世界平和」との
関連を思うとき、
真っ先に私の心に浮かぶのは
やはり、
十字架の下に立つマリアと
聖霊を待ち望んで
弟子たちと共に熱心に祈っていた
(使徒言行録1.14)マリアです。


少し前ですが、
死刑反対運動を起こした
弁護士たちに対抗して、
死刑存続を
切々と訴えていた母親の姿を、
テレビニュースで目にしました。


残虐な方法で
娘を殺された母親としては
当然というか、
当たり前の自然な感情だと、
深い同情を禁じ得ませんでした。


私だって…と思いました。


・・・そして、その時、マリア様の偉大さ、
マリア様に与えられた神の恩寵の
すごさに
あらためて、気づいたのでした。


わが子イエスが十字架に付けられて
悶え苦しんでいる、その下に立ち!!その後、
わが子を見捨てて逃げてしまった弟子たちと
共に居て!
共に祈った!(使徒言行録)聖母マリア・・・。


聖母は悲嘆に暮れることはあっても、
復讐や仕返しや
恨みつらみの念を抱くことは
ついぞなかったに違いない、と思ったのです。






私たちは神の母ではないけれど、
聖母マリアの子にしていただいているはず。


祈り求めれば、
同じ人間である私たちにも、
聖母と同じ勇気と”平和”の恵みが
与えられるはず・・。


祈りにおいて、もっと、
聖母マリアと親しく交わり、少しでも、
聖母のような心に近づける
恵みをいただきたい・・・。


その心で、”平和”のために
私にでもできることを
身近なところから、
もう一歩踏み込んで実行できたら・・・。


年頭にあたって、珍しく、
そんな殊勝なことを思いめぐらして
みたりしています・・・。



Luna
未分類 admin page top↑
* HOME *