FC2ブログ
光輝く日を支える日々
2017 / 01 / 20 ( Fri ) 09:49:11
2017年1月15日(日)は
成人の祝福で
Elizabethの稲城川崎地区が
ミニパーティー担当でした。
差し入れもたくさんあり、
教会いっぱいに
成人をお祝いする気持ちが
あふれていました


5人の新成人を囲み
2時半ごろまで
20人以上の青年が
ワイワイ賑やかに集う様子に
若いっていいね~と
しみじみ…。


帰り際には
台所にもちゃんと
ありがとうございました!
と挨拶に来てくれて
今時の若者は、立派です。





豊島神父のミサ説教では
“主日”とは
“神様の日”ということ。
英語ではOrdinary Day。
“日常”です。


日常には、
輝く日もあれば
陰のような日もある。


けれど
陰のような日が、
“光輝く日”を支えています。
“平凡こそ力”という言葉も
あります。
“平坦な日の積み重ねが
一番輝く日を作るのです”
という言葉が心に沁みました。






一日一日を丁寧に
一瞬一瞬の“今”に集中して
日々を過ごしたいな~
と、思わされました。




神に感謝!
Elizabeth♪
多摩教会で admin page top↑
ミサ献金
2017 / 01 / 20 ( Fri ) 09:48:17
「ミサがあってほんとうに、
ほんとうに、ありがとうございます。
という気持ちで
ミサ献金をします。



と13日の入門講座での
豊島神父さまのお言葉に、
ハッとしてしまいました~(汗)



…果たして、どれくらい感謝して
ミサにあずかっているか・・、
ご聖体をいただいているか、
はたまた自分を捧げているか・・・、
顧みれば心が痛くなるばかり・・・。



与えられている恵みがあまりにも
大き過ぎて、
受け入れきれてないだけだ・・と
言い訳している自分がいます・・。



イエス様ご自身を”食べさせて”
いただいているのに?!


・・・


恵みを全部一度に
体感してしまったら、
あまりの衝撃にその場で
死んでしまうのかもしれない・・。


だから、少しずつ、少しずつしか
私たちには
その恵みの素晴らしさが
分からないのかもしれない・・・とも
思います。



でも…、はい。
確かに、感謝が足りなかった・・・
です。







…ということで、
いつも、義務感が先行していたけど
コーヒー一杯分くらいの
わずかなお金にでも、
せめて私にできる感謝と賛美は
込めて、
献金したいと思いました。




Luna
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *