ありのままで…
2017 / 03 / 16 ( Thu ) 14:37:21
先日、灰の水曜日に
冷たい水が歯にしみて
歯医者に行ったら、
虫歯ではなくて
『知覚過敏』と言われました…。






歯医者さんに
「歯を食いしばっているから
奥歯の根元が楔形に凹んでしまって
神経にひびくんです。
口を閉じた状態で
歯はどこもあたらないのが
いいんですよ」
と説明され、びっくり!


私は、
奥歯は、常にかみしめるものだと
思っていました。


「奥歯がすり減っていますから、
食事の時以外は
くいしばらないように。
歯の根まで痛めることに
なりますよ!」
と歯医者さんに脅されましたが、
『もう、ず~っと
歯を食いしばって来たので
食いしばらない状態なんて
全然イメージできません!』
と、抵抗すると…


歯医者さんから
「もう、子どもさんたちも
大きくなったんですから、
そろそろ
歯を食いしばって頑張らなくても
いいんじゃないですか?」
と言われて
マタイによる福音書5章48節を
思い出しました。


『あなたがたの天の父が
完全であられるように
あなた方も
完全な者となりなさい』


聖書はギリシャ語で書かれたけれど
イエス様が話していた
へブライ語の方言のアラム語には
『完全』という言葉は無くて
イエス様は
『“シャレム”となりなさい』
と言われたとのこと。


『シャレム』とは
“人の手が加えられていない”
“ありのまま”という意味。


だから
イエス様の福音は
『天の父が
〝ありのまま″であるように
あなた方も
〝ありのまま″でありなさい』
ということだそうです。





“もう、
くいしばって頑張らなくていい“
“ありのままで
幼子のようでいいんだよ“
という福音が
歯医者さんの言葉を通して
与えられたような気がしました。


この四旬節、
神様の前で“ありのまま”の自分を
捧げられますように。



神に感謝!
Elizabeth♪

雑談 admin page top↑
* HOME *