十字架と満開の桜
2018 / 03 / 29 ( Thu ) 11:09:24
十字架と
今年も “復活した” 満開の桜

ドングリさん
おススメの一枚です。



xx-4man
写真:ドングリ



ちなみに
今週 カトリック教会は
復活祭前の
特別な期間、
聖週間を過ごしています。


特に、本日からは
聖なる過越の3日間。
カトリック教会の頂点ともいうべき
最も大切な典礼が行われます。


詳しくはHPトップを
ご参照ください。


xx-2man
写真:ドングリ



絶好のお花見日和が続くそう。
クリスマスだけでなく、
復活の喜びも
ぜひ、ご一緒に・・


Luna
多摩教会で admin page top↑
平神父様のお話
2018 / 03 / 26 ( Mon ) 00:12:57
今週は
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講話がありました。

復活祭を迎えるにあたっての
お話です。



平神父様は奄美のご出身です。
子どものころから
教会学校がお嫌いだったそうです。

でも、不思議なもので
嫌いと思うとなおさら
嫌いである教会のことを
考えてしまう…。
そうこうしているうちに
神学校に行く手続きが整ってしまい、
司祭への道が動き出しました。

司祭に叙階されてからも、
何故か教師として
学校に派遣され、
自分は何を目指しているのか
わからなくなったそうです。

自分が心から
望んでいることは何か、
自分の思いとは違う
何らかの力が働いて
引っ張っられているようだと
思われていました。


その後、ある体験をなさいました。
イタリアのアシジでの出来事です。
神父様の霊名は
アシジのフランシスコです。

フランシスコの墓前で
お祈りをしていたときのこと、
心の中で球がストンと落ちたような
感覚を覚えられました。

また、そこで
毎日ギターの練習をしていたとき、
頭でなく、身体で(指で)音を捕まえる
という感覚を体験されました。

頭が気づかなくてもからだは
気づいている…。
自分の思いではなく、
何か偉大な力にひっぱられる…。
それが聖霊の導きだと
わかったのだそうです。

フランシスコは
小鳥に説教をしたことで
有名ですが、
彼のとらわれのない、
ありのままを受け入れるという姿勢は
宗教的天才という言葉がふさわしい
聖人です。
きっとそのフランシスコが
教えてくださったのでしょう。
神の思いとは何かと
思い巡らすことによって
私たちもよい復活祭を迎えましょう
とお話しされました。



私たちも小さな出来事にも
心をとめることで
大きなメッセージに気づくことが
出来るかも知れません。

『聖霊』、きっとあなたにも
働いていますよ。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
入門講座新学期は・・・
2018 / 03 / 24 ( Sat ) 22:25:36
大変お待たせしております。


2018年度の入門講座、
日曜日は4月29日より
金曜日は5月18日より
再開いたします。


金曜日は教会の工事の関係で
少し遅く始まりますが
その頃にはもう花粉は
飛んでこないはず。


新緑のさわやかな風が
追い風になって
新しい方をたくさん
運んできてくださることを
心から願っています。





その前に、
3月31日の復活徹夜祭では、
今年も数名の方が
洗礼をお受けになられます
また、仲間が増えますね~♪ 
嬉しいです



教会前の桜も
もうすぐ満開



xx-count.jpg


通常の入門講座は
お休みですが、
アメリさんも
書いてくださいましたが、
明日、25日の日曜日には
平神父様の
拡大入門講座があります。


どなたでも、ご参加ください。
心からお待ちしています。


Luna
続きを読む
多摩教会で admin page top↑
古賀神父様の拡大入門講座
2018 / 03 / 20 ( Tue ) 15:21:03
アメリです。
お久しぶりです。

日曜日担当の入門係です。

18日の主日(日曜日)は
今は「ペトロの家」
にいらっしゃる
古賀神父様の司式のミサと
講和がありました。


古賀神父様は
今話題のNHKの大河ドラマ
「西郷どん」の舞台、
鹿児島ご出身です。


西郷どんの歴史的背景から
経済的発展、
文化交流の発展のうらには
犠牲になった人々がいる
ということ、また、
カトリックの歴史にも
宗教改革などの
教会同士の傷つけあいなどもあった
という話から、
四旬節であるこのときを
イエスの受難と復活もあわせて
黙想してみましょうと
お話しされました。


また、現在お住まいの
「ペトロの家」についても
話されました。


「ペトロの家」は
教区での主任司祭のお仕事を
引退された司祭の方々
のお住まいですが、
古賀神父様は
ご病気のため、
現在はここで生活されています。


東京にカテドラル
(司教座=司教がいらっしゃるところ)
が出来るまでも
あわせてお話しくださいました。


来週も
毎月いらっしゃる
コンベンツアルフランシスコ会の
平神父様の講座があります。


また、そのお話も
書かせていただきますね。


では、また。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
7年目の3・11
2018 / 03 / 11 ( Sun ) 22:48:16
こんばんは!!かかりんです。


東日本大震災から
今日で7年ですね。


去年の今日はかかりん
長崎で歌う巡礼団のメンバーと
祈りを捧げていましたっけ。



今日の豊島神父さまのお説教も
大震災にまつわるものでした。


お話の出だしに
幼い時の神父様の
衝撃の神父体験(笑)があって、
思わず「えー!!」って
かかりんは叫んでしまったのですが、
(詳細は書けませんが、
昔の神父様たちは、
教会のお父さんだった、って
いうような内容です。)
今日はその後、震災のお話で
心を打たれました。


特に印象に残ったのが
阪神淡路大震災の時は
高円寺教会でお留守番をしていた
若き豊島青年は、現地に
ボランティアに行って、
とにかく
がれきの撤去と清掃につとめた。


ところが、東日本大震災の時に
東北の人びとは、
働きにきた神父様に
「まずはお茶を飲もう」と
1日にひとりたった2本しか
支給されない
小さなペットボトルのお茶を
出してくれて
まだコンビニも開いていない中、
なけなしの茶菓子を出してきて
「まずは一緒に話してくれ。
あなたとつながりたい。」と
がれきの撤去より
まずつながることを望んだ、
というお話でした。


涙が出てきてしまいました。


かかりんも震災のあと、
何度か三線教室のメンバーと
福島に行ったことがあります。
しろうと集団の私たちを
福島の皆さんは
大歓迎してくれて、
「とにかくここまで来てくれて
うれしい。
また会いに来てほしい」って
言って下さったっけ、
となつかしく思い出しました。


今日はかかりんの地区の
軽食サービスだったんですが、
今日のしらす大葉ご飯のお米、

福島の「天のつぶプレミアム」

って
とってもおいしい
お米だったのです。


先日の多摩教会の福島のツアー、
仕事が動かせなくて
かかりんは
無念の不参加でしたが、
また必ずあの地を訪れよう、と
決意を新たにしたのでした。



かかりん

多摩教会で admin page top↑
主にささげる 24時間
2018 / 03 / 10 ( Sat ) 00:30:45
こんばんは。かかりんです。


入門講座がお休みで
毎日何かが足りない・・・。


この間もごミサの時に
久しぶりに
コスモスさんに会って
「講座がないとさびしいねー!!」
叫びあってしまいました。


でも、今日は久しぶりに
金曜の夕方に
教会に向かいました。


そう、今日・3月9日は
「主にささげる24時間」
多摩教会でも
行われているからです。


かかりんはいつも
だいたい日曜のごミサ
参加なので
いつもなら聖堂は
人でいっぱい、
ごったがえしています。


今日の多摩教会は
ふだんのざわめきとは
まったく違う
かかりんの知らない顔を
していました。


祭壇にともったろうそく。
あたたかな色で、
控えめにともされた照明。
聖堂には4、5人の方が
それぞれ
静かにお祈りしています。


かかりんも
真ん中くらいの席に座って
お祈りを捧げました。


なんだかふだんと
違っていました。
静かに、神様と
むきあってるこの感じ。
最近日々ざわざわしていた
かかりんは
自然と涙がこぼれました。


ふと顔をあげると、
前のほうに座った女性も
涙をぬぐってるように
見えました。


久しぶりに静かに
神様のことだけ考える
とてもよい時間になりました。


聖堂を出ると
さっきの女性はなんと
去年一緒に長崎に行った
歌う巡礼団のメンバー
Aさんでした!!


思えば長崎に行ったのは
去年の3月10日のことでした。


9日の夕方だったので、
カトリック暦的には
もう10日です。


ちょうど一周年に
Aさんと教会で共に
祈りを捧げられたことに、
とても感動して、
深いご縁を感じました。


きっとまた一緒に
長崎に行けるような気が
ふとしました。


「主に捧げる24時間」は
明日、10日の17時までです。
(詳しくは教会HPを
ごらんください!)
いつもと違う、静かな聖堂で
あなたも祈りを
捧げてみませんか?


神さまに向かい合う
ステキな時間になると
思いますよ



かかりん
多摩教会で admin page top↑
福島の美味しいもの
2018 / 03 / 02 ( Fri ) 22:00:52
今回の被災地巡礼ツアーで
心に残ったこと。


それは福島は
食べ物が豊かで美味しい
ということです。


南相馬で食べたお昼ごはんも
夜のホテルの夕食も
とっても良かったです。


バスでの移動が長かった
今回の旅では
あちこちのサービスエリアで
トイレ休憩しました。


そこですかさず
お土産をゲットです。
魅力的な食べ物がありすぎて
どれを買ったらいいか
焦りましたー。


今回のツアーの
戦利品の一部を
紹介します
(もう食べてしまって
これが全部ではないのです)


xx-OMIYA.jpg


福島産というだけで
避けてしまうのは
もったいない!
と力説しておきます。


あ、念のため言いますが
もちろん今回のツアーの
最大の目的は「祈り」です。


決して食べ物のことしか
頭になかった訳では
ありませんからねー!!


ドングリ
未分類 admin page top↑
被災地巡礼の旅
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 19:31:44
被災地巡礼ツアーに
参加してきました。


最初はあまり
乗り気ではなかったのですが…
でも行ってみないと
分からないことが沢山ある、
そう実感した旅でした。



二日目に宮城県の南端にある
山元町という
海沿いの町へ行きました。


ここも津波で
大きな被害を受けた町です。
沢山の人が流された
海に向かって仲間と
十字架の道行きをしました。


辺り一面の原っぱは
ただただ静かで、
そこにあった当たり前の日常が
失われてしまった
という現実が胸に迫りました。


xx-yamamoto.jpg


知らなかったのですが
山元町はイチゴの産地で
イチゴ狩りもできちゃう。
皆で名産のイチゴを
堪能してきました。


もちろんお土産に
沢山買って帰りました。



ドングリ
未分類 admin page top↑
オリンピック
2018 / 03 / 01 ( Thu ) 00:36:24
終わりましたね、オリンピック


「オリンピックって、
参加することに意義がある、
って、大会じゃなかったっけ?
いつの間にか、メダルの数を競う
大会になってるよね~


とある先輩信者が
おっしゃってましたが…
確かに~~。


それでも、素直にうれしい
金メダル
羽生結弦選手の活躍などなど、
素晴らしかった!ですね~


また、小平奈緒選手の
コメントには感心いたしました。


「与えられるものは有限。
求めるものは無限。」とか?!


ただし、
無限のものを求める心を
与えてくださる
無限のおん者がおられる
だから、与えられるものも、
無限!!(もちろん、この世的なものではありませんが。)
ということを
私たちは知っている~
と、テレビの前で密かに
突っ込んだことは内緒です。


Luna
未分類 admin page top↑
* HOME *