FC2ブログ
2019年初の入門講座
2019 / 01 / 15 ( Tue ) 23:11:15
アメリです。
今年初めてのブログです。
今年もよろしく
お願いいたします。



さて、今日1月13日)は今年初めての
入門講座であり、
「特別入門講座」ということでした。
(ちなみに来週もです。)


テーマは祭壇装飾についてです。
普段、何気なく見ている
祭壇の各名称が書かれた紙を
神父様から渡され、
それを各々正しい所に貼るよう
指示された入門係、
新年早々
テストされてしまいました。


中には聞いたことの無い名前もあり、
焦りました。💦
でもなんとか回答。


聖櫃、ご聖体の話のとき、
神父様は亡くなる
最期にいただくご聖体は
その人の力になると
言われました。


亡くなるとき、
人はかなりのエネルギーを
必要とするとある神父様が
言われたそうですが、
神父様自身もたくさんの方々の
最期に立ち会って、
そう実感されたそうです。


その力とは何か…。
それは『愛』です。
ご聖体は『愛』なのです。
人は亡くなるとき、
周りにいる人からも
愛のエネルギーをもらって
旅立つので、
神父様も立ち会うと
かなり疲れるそうです。


また、祭壇には磔刑(はりつけ)の
十字架があります。
多摩教会の祭壇の
真ん中にある十字架は
復活のイエスさまです。


一時、はりつけになっている
イエスさまは見るに耐えないと
言われることがあったそうですが、
私はやはり磔刑の十字架に
心惹かれます。


磔刑の十字架を見つめていると、
ふと、ある言葉が
浮かんできました。
「最も美しい遺体」
磔刑のイエスさまには
怖いとか、痛ましいとか、
それほど感じないのです。


なぜでしょう?
考えてみました。
それは「死」の向こうに
「復活」を見ているからだと
気がつきました。


いつも見慣れている祭壇を
もう一度よく見てみると
いろいろな気づきがあることを
知りました。


来週はまた同じテーマの続きです。


アメリ

「入門講座」で admin page top↑
おめでとうございます!!
2019 / 01 / 05 ( Sat ) 17:10:36
xxx-akema.jpg


ご降誕と新春のお喜びを申し上げます。


明日1月6日(正確には本日日没から)は
主の公現の祝日。公現祭。
主イエス様が全人類の救い主として
公に現されたことをお祝いする日。
教会はまだクリスマスの
余韻に浸っています。


読まれる福音は
マタイによる福音書 2:1-12。


”星に導かれて” 東方の三博士が
赤ちゃんのイエス様を拝むために
プレゼントをもって訪れる物語です。


人となられた神、救い主!という
想像を絶する素晴らしいプレゼントを
頂いた私たち・・・。


博士たちが捧げたのは
黄金、乳香、没薬ですが、
私は何を捧げたらよいのかと
自問します。


感謝と賛美と、そして、
懇願 (これは外せません・・・
自分が恵みを必要とする
とてつもなく弱い罪びとであることを
自覚するためにも・・・)
かな~。 もちろん、微力ながら
とりなしの祈りも。


2019年は教皇フランシスコの日本訪問も
予定されているとか?!


良い年になりそうな予感・・
いえ、良い年になりますように!
みなさま、おひとりおひとりの上に
神さまの祝福が
豊かに降り注ぎますように!!
と心から祈ります。


本年もどうぞよろしく!!お願いします。


Luna
未分類 admin page top↑
* HOME *