FC2ブログ
5月24日(金)入門講座あります!
2019 / 05 / 23 ( Thu ) 11:02:44
5月19日(日)の
森名誉司教様のお話、
素晴らしかったです!

特に、

「神さまは、
こんな大変な人生を与えて悪かった!
と思いながら、
帰ってくる一人ひとりを、
天国の入口で
オロオロしながら待っている。
日本人には温泉を
用意していてくださる、」
というお話・・・。


前にも聞いたことがありますが、
放蕩息子のたとえ話からだけでなく、
創世記の1章と2章からをも、
そのような深い親心
をくみ取っておられたことに
目からウロコでした。


また、
このお話を、以前にもまして
確信をもった口調で
お話しくださったので、


神さまは本当に!
そのような"親バカ"ともいえる
愛のお方だと
あらためて思わされて、
嬉しくなったのでした

・・・

先に行われた平神父様の
四旬節講話、”永遠”についてのお話
も素晴らしかったです。

中でも、あるベトナム人から聞いた
というお話は
とても印象に残るものでした。


「“永遠“をどんなときに、
どのように感じるかは、
人それぞれ違うけれど、
ある知り合いのベトナムの方は
ベトナムに戻る船の中から、
はるか遠くに、
死んでしまったとあきらめていた
両親の姿を見た、ときに、
“永遠”を見た!そうです。」


それを聞いた私は
一瞬、”天国を見た” 
感じがしたものです・・・。


神さまは愛。 最終的には
私たちの目の涙をすべて
拭い去ってくださる・・・。

・・・

聖書が、イエス様が、
教えてくださる
こんな素晴らしい神様のこと、
もっとお聞きになりませんか。


豊島神父様のお話もわかりやすくて、
面白いですよ~。


今週の金曜日、
午後(13:30~)と
夜(19:00~~)の講座、両方とも
あります



どなたでも、どうぞ!
新しい方もぜひ!!
みなさまのお越しを
心からお待ちしています。


Luna
「入門講座」で admin page top↑
森名誉司教様講話
2019 / 05 / 19 ( Sun ) 22:47:05
今日は森司教様がいらして
ミサ後講話がありました。


いくつかの例を挙げて、
神さまのまなざしについて
お話しくださいました。





フランシスコ教皇様は2015年、
いつくしみの特別聖年に
「自分がいのちを与えた人間が
悲惨な状況になっている
ことに対して、
神さまは責任を感じています。
神さまは人間に幸せになって
欲しいのです。」と
呼びかけられました。


『神さまのまなざし』とは何でしょう?
それは親が子を思う気持ちと
同じです。
創世記第一章では
神は5日間を使って
人間が生きる場を作りあげました。
そして6日目に
人間をつくりました。


第ニ章では
人間に居場所と食べ物と仕事を与え、
「人が一人でいるのはよくない」と
助け手をつくりました。


しかし現実には人間は
自分を優先してしまいます。
人間同士が悲しみを生むのです。
そしてこの世を地獄
にしているのです。


その声なき声に応えるのが
教会の役割です。
今の社会はお金のない人、
能力のない人は
切り捨てられています。
教皇様が「教会は野戦病院であれ。」
と言われたように、
神さまのまなざしで
傷ついた人を助ける教会を
再生していかなければなりません。





森司教様はおだやかで
神さまのまなざしを
お持ちのお方でした。


アメリ
多摩教会で admin page top↑
* HOME *