FC2ブログ
いい風♪吹いてます♪
2019 / 10 / 09 ( Wed ) 17:48:54
ただ今、多摩教会は
指定教会に指定され、
ハタハタハタハタ
ハタハタっと3本
向かいの新車の
宣伝にまけじと?
はためいています
既に巡礼にお越しくださってる方も
いらっしゃり


記念になるように、
日付のスタンプを準備し。
日曜日も16:00まで開けてます。
スタンプ押すために
スタンバイしてる人もおりますので
お越しの際は、
日付スタンプは?と
お声かけていただければ
幸いです


xxx-jyun.jpg


そして
巡礼指定教会的プログラム
も充実
正面玄関を入ると
目からの学び
おみどうエントランスには、
文化祭さながらに
コルベ神父さんから始まり
教皇さまのお話から、
台風被災地までの記事が、
壁新聞のごとく
貼りめぐらされていて、
指定されたからには、
お勉強せにゃ!という
体勢で臨んでいます。
随所に大司教様の写真が
ちりばまっているところがまた、
今っぽく。
前大司教様のお話もあったり、
まっことバ
ラエティに富んでいます


この記事毎週かわるんですよ


コルベ神父さんて
なくなられたのって
47歳なのぉ〜?
それって、それって、
うちの主任司祭と同じ
歳の頃ではぁ?

たぶん何度も読む度に
おどろいては忘れて、
また驚いてるんですが、



多摩教会の聖遺物は
お髭なのでお髭のイメージや、
風貌からも、
すっかりご高齢でいらしたかと
勝手に思い込んでいた
失礼っぷり
いっつも守られてるくせに
ヒドイもんです。


そんな感じの思い込み
それぞれに持っていませんか?
も一度、違う目線で捉え直す。
大事な事をじっと見据える
コルベ神父さまの
その目から教えてもらっている
気がします。
すすんで、
友の代わりに死すを選んだ
スゴさ

牢獄の闇をお聖堂と変えた賛美。
多摩教会ちゃんと受け取ってるか?
って思っちゃいます。
足りないから
与えられてるのかもしれません。



駅から歩いて来るには
程よいプチ巡礼
背中に追い風感じながら
是非是非お越しくださいませ


⚪︎子

多摩教会で admin page top↑
長崎の祈り―水がめを運ぶ人々に導かれて-
2019 / 10 / 03 ( Thu ) 15:11:43
こんばんは!かかりんです。
これも今となっては
少し昔のことですが。


9月9日に
歌う巡礼団飲んべ部屋の
Aさんから
あるテレビ番組を
ぜひ見てほしい、と
葡萄の実のメンバーに
メールが来ました。
それは


「心の時代
長崎の祈り―
水がめを運ぶ人々に導かれて-」
という番組でした。


再放送を録画しておいたのですが
父の一周忌やらなにやらで多忙で
あと、一人の時に
じっくり観たかったので、
一か月近くたった
9月30日の夜に
やっと観ることができました。


かかりん、号泣!!
心を病んで
苦しんでいる友人たちに
見せたいと
心から思いました。


長崎の古巣馨神父様の
静かな力強い福音が
そこでは語られました。


幼くして亡くなったひとみちゃん、
精神病を30年以上患って
精神病院で暮らしていたミネヤン
このふたりの信者のことを
古巣神父様は
「水がめを運ぶ人」
として話されました。


人にも土地にも召命があって、
「あなたの命は
jこのために召された」と
神様から引き受ける役割。


ひとみちゃんは
病気の母親と
飲んだくれの父親のもとに生まれ
肺炎でも病院に
連れて行ってもらえず
幼い命を天にお返しした
女の子です。


娘を見殺しにした父親を
非難する神父様に
天国のひとみちゃんは
はっきりと伝えました。
「神父様、ごめんね。
お父さんやお母さんを責めんでね。
お願いだから許してやってね。」と。


救いの一番の泉は
そこに許しがあるということ。
「あなたはゆるしのために、
私が選びました。」と
神様に選ばれた、
ひとみちゃん。



もうひとりは30歳で
精神病を発症して、
63歳で亡くなるまで
精神病院で生きたミネヤンさん。


ミネヤンさんの夢は
「私は人生が終わった時に、
この人は神様の子供だった、
そう言ってもらいたかとです。」
という人でした。


『平和のためにはたらく人はさいわい、
その人は神の子と呼ばれる。』
の聖句を読んで、
「私は平和のために
はたらくとです。」と言った
ミネヤンさん。


ほどなく彼は肝臓がんを発症して
63歳の生涯を閉じます。
亡くなるひと月前、
神父様が約束の日に
行く気になれず
急用と電話して、翌日訪ね、
「昨日は私の都合でごめんね。」
と神父さまがあやまると、
ミネヤンさんは
「よかとです。
神父様の都合のよか時でよかとです。
私には都合はなかとです。」
と答えます。


「私にも都合がありました。
早くここを出て社会人として
働きたい。
私もせっかく生まれたのだから
生きがいを持って生きたい。
そう思って自分の都合を
言っている時は
とても生きづらかったです。


でもこの頃思うんです。


私の都合じゃなく
神様の都合をいつも考えよう。

神様の都合があるから、
私はここ(精神病院)
にいるんだと思うんです。」


ミネヤンが亡くなって
神父様が教会で
お葬式をすると
深夜にやってきた病院の
清掃係の女性が
「この人のいるところは
平和でした。
その理由がわかりました。
この人はここの人だったんですね。
ミネヤンは
神さまの子供だったんですね。」


平和のために働く、
ミネヤンさんの働き方は
「自分の都合を言わない」
という働き方でした。


聖書の水がめを運ぶ人
と同じ状況だった
ひとみちゃんもミネヤンさんも、
過酷な人生をひねくれないで、
くさらないで、
曲がらないで生き抜きました。


このひとみちゃんと
ミネヤンさんのような預言者たちは
何を伝えようとしているのか。
さし出そうとするものを
次の時代の道しるべとしたい。
古巣神父さまは、
こう結ばれました。


久しぶりに嗚咽するほど
号泣してしまいました。
古巣神父様は
ミネヤンさんの言葉を聞いたとき
「金槌で頭を殴られたように感じる」
という
言葉の意味を初めて知った、
とおっしゃっていましたが
かかりんも同じ気持ちでした。


かかりんの、
心の病気に苦しんでいる
教会のお友達の
あの方も、この方も、
「もっと人に認められたい、
世間に役立つ仕事がしたい、
自分には生きている価値がない、
自分がこんななのは親のせいだ、
健常者のあなたには
こんな気持ちわからない」
と不思議なほど
同じことを言いますが


神様の都合を考えれば
いいんだなあ、
あの人にもこの人にも、
このことを伝えたいなあ。
かかりんはそう思いました。


このひとみちゃんや
ミネヤンさんの人生は
すばらしい恵みにあふれた
神様の福音を伝えるものでした。
どうしてこの二人の人生が
価値がないなんて言えるでしょうか。


この世の物質でなく
天に宝を積んだ
この水がめを運ぶ人々のように、
私も神様から召されたお仕事を
精一杯勤めていきたい
と思いました。




かかりん

未分類 admin page top↑
多磨全生園
2019 / 10 / 01 ( Tue ) 22:53:47
こんばんは、かかりんです。
だいぶ前になってしまいましたが、
9月16日、
豊島神父様がよくお話されていて
ぜひこの目で見て来たかった
多磨全生園に、
とうとう行ってくることができました!


神父様に事前にリサーチして、
久米川駅からバスで向かいます。
残念ながら月曜日は
全生園の中の和食屋さんは
定休日だったので
(映画「あん」の衣装が
展示されてるらしいです!)
駅の近くのお蕎麦屋さんで
早い昼食を食べて出発です。


勝手に高尾みたいな
山の奥にあると思っていたそこは、
意外なほどに平地の街の中に
突然現れました。
街中なだけに、
緑のうっそうとしげった
巨大な森のような外観が異様です。
こんな大きな通りに面しているのに、
中の人は外に死ぬまで出られない
時代があったんだ・・。
なんだか胸がいっぱいです。


まずは国立ハンセン病資料館です。
入口にお遍路姿の
母子の銅像が立っています。
住む場所を追われ、
お遍路をして生きていく以外に
生きるすべがなかった患者たち。


xxx-zen.jpg


入口に入ると記名します。
受付の方が親切に
順路など教えてくださいます。


かかりんは中高プロテスタントの学校で
毎年「救らい献金」というのがあって、
学校にハンセン病が治癒した
元患者さんが
講演に来てくださったりしていたので
ハンセン病がどういうものか
ざっくりとは知っていました。


けれどやはり、資料館の資料は膨大で
丁寧にまとめられ、
展示されていたので
今までよりずっと
理解を深めることができましたし、
恐ろしい差別の実態を
より深く知ることができました。
この資料館は本当に
見ごたえたっぷりなので、
ぜひ時間の余裕を持って、
じっくり展示を見てほしいです。


全生園は昔の面影を残しつつも、
今では市民のいこいの場に
なっているのか、
意外なほど人通りが多く、
資料館を出ると
自転車で走り抜ける人、
おしゃべりしている方、
お散歩している方、
ウオーキングしている方、
とさまざまです。


こんなのどかで静かな風景の向こうに
かつての患者さんたちの
悲しみと苦しみの歴史が眠っているのが
なんだか不思議な感じがしました。


映画『火垂るの墓』のラストシーンで
巨大な高層ビルの夜景をながめている
兄妹のような気分になりました。


以前豊島神父さまが
ごミサをなさっていた
全生園の中のカトリック教会にも
立ち寄りました。

xxx-zen2.jpg


神父様は「宗教エリアがあって、
お寺と聖公会とプロテスタントとカトリックが
同じ場所にかたまって建ってます。」
とおっしゃっていましたが


左にお寺、右にカトリック教会、
数メートル奥に入ると左に聖公会、
右にプロテスタント、
という教会だらけの場所に
なっていました。


中に入りたかったけれど、
さすがに鍵がかかっていたので
聖堂に向かって
外から十字を切ってお祈りしました。

xxx-zen3.jpg


街の中に病院も仕事場も
運動できる場所も教会も、
お墓まであって、
ある意味便利なように思えますが、
それはそこに
住まざるをえなかった人々が
やむを得ず必要に迫られて
自分たちで作りだした
箱庭だったのでした。


その病を得たのは、
もしかするとその人の
召命だったのでしょうか。
神様はその人の命を、
そのつとめを果たすために召し、
その人は水がめを運ぶ。
そして差別や偏見の恐ろしさを、
それでも輝く命のきらめきを、
私達に今も
教えてくれているのかもしれません。


xxx-zen4.jpg

いろんなことを
考えさせられる場所でした。
多くの方に、ぜひ実際に
訪れて感じてほしいです。
秋の遠足に、
あなたもいかがですか?



かかりん
未分類 admin page top↑
* HOME *