今は裁かない
2017 / 07 / 25 ( Tue ) 09:18:30
こんばんは!!かかりんです。


7月23日の主日のごミサは、
コンベンツアル聖フランシスコ修道会の
平 孝之神父様
をお迎えして行われました。





お話の中でかかりんの心に特に残ったのは

「神は、今は裁かない。
でも私たちのほうは
裁いていないだろうか。

すごくイヤなことがあると、
こんなひどいことを起こすなんて、
神さまなんていない!!

と思ったり。

すごくイヤな人や嫌いな人を
この人がいなければいいのに、
と思ったり。」


中でも、具体例として
いつも働かないのに
イベントの時だけちゃっかり来る人、
のところでは場内大爆笑。

いろんな人の顔がそれぞれの中に
きっと思い浮かんだことでしょう。笑


日常の中で
意識的に裁いているとは気付かずに
普通に裁いてしまっているのでしょうね。
私たちみんな。


裁かない、ってとても難しい。
かかりんはマルタとマリア姉妹の
マルタみたいに思いがちなので
気を付けないといけないな、と
改めて思いました。





ミサ後に
コルベ神父様についての講話があって
DVDを見せていただいたのですが、
その中で長崎のコルベ記念館のある
修道院のDVDを見終わった後、
平神父様は

「気が付きましたか?
実は今のDVDに、私も映ってるんです。」

とおっしゃったので、場内パニック!!

「え~!!先に教えてほしかった!!」と
一同叫ぶと、

「先に話してしまうと
見る時にそればっかりで
頭がいっぱいになってしまうから。」

・・なるほど、それはそうかも。


でも、その後巻き戻して
ちゃんと見せてくださいましたよ。
若き日の平神父様が、
紙を裁断してらっしゃるところ。


こんな若い青年が
生涯を神に捧げて生きるって
大変な決意だったのだろうな、と
想いながら見ていました。


コルベ神父様が生きていらしたのは
たった47年。
でも、その短い生涯の中で
コルベ神父様が建てられた修道院に
今も受け継がれている愛が
こうして次の世代の神父様に
きちんと手渡されていることに
感動しました。


コルベ神父様は、
まさに一粒の麦。
たくさんの実りが
遠く離れた極東の地・日本にも
豊かにもたらされているのです。





大盛り上がりの講話のあとは
入門係はひんやりパラダイス
のためのミーティング。
この新しいイベントも
おいしそうなメニューが盛りだくさん。


皆様のお越しをお待ちしています




かかりん
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *