神さまの宝物
2017 / 08 / 05 ( Sat ) 08:44:46
(そのとき、イエスは人々に言われた。)
「天の国は次のようにたとえられる。
畑に宝が隠されている。
見つけた人は、
そのまま隠しておき、
喜びながら帰り、
持ち物をすっかり売り払って、
その畑を買う。

 また、天の国は次のようにたとえられる。
商人が良い真珠を探している。
高価な真珠を一つ見つけると、
出かけて行って
持ち物をすっかり売り払い、それを買う。」

以上は
7月30日の主日のミサの福音個所
マタイによる福音書 13:44-52です。





7月29日の夕ミサのお説教で、
最後に豊島神父様が

「わたしたちひとり一人が
神様の宝物です」

とおっしゃった言葉が【私の記憶が確かならば】
耳に残っていました。


その時は
深く思い巡らすことも
なかったのですが、


8月2日の聖書の箇所も同じで・・・。
同じだ~
読み返していて、
はっとしました。


そうだ!
イエス様こそ私を”見つけた”とき、
“喜んで”、
“持ち物をすっかり売り払って”
私を“買ってくださった!”
のではなかったか?!と。

・・・!!!

こんな私を!!??

そんなあの人を!!


私たち一人一人が例外なく、
神様にとっての
美しい高価な真珠!!
宝物!!

それは、もしかして、本当のこと‼!?





入門講座での
最近のテーマのひとつが
“信じる“ということでしたが、
これに関して、豊島神父様は、
“信じることそのものが
幸福の芽生え“という
リーゼンフーバー神父様の言葉を
紹介してくださいました。


何を信じるか、というと、
もちろん、他でもない、
「イエス様の言葉と行い。」・・・


・・・ほんとうに、
“信じる“というのは不思議です。
渇いて、力のなかった心が
一瞬で潤され、
元気になるのを感じます。
この世のエンタメでは与えられない、
心の底からの深い喜びと
生きる力、を感じます。


心の中に、一瞬、
”天の国”がある、のを感じます。





ちなみに、本日8月4日の初金は
司祭の守護の聖人、
ヨハネ・マリア・ビアンネーの
祝日でした。


すべてを捨てて(家庭も持たずに)、
イエス様の招きに応えている
“司祭”という存在が
与えられていること、、

そして、その司祭によって、
今日もミサが捧げられ、
ご聖体を頂いているということ、

これもまた、ほんとうに不思議で
ありがたいこと
だと思います。

・・・確かに、イエス様が、
今も生きて働いておられる
”しるし”に違いありません!


「邪念は自分の心から、
良いものは全部神様から。
物事はいろいろ裏を考えないで、
まっすぐに見ましょう。」


というようなことを、
豊島神父様は
初金ミサのお説教で
おっしゃっいました。


イエス様から、神さまから
こんなに善いものを頂いている、
愛されている、
”宝物”とまで思われている
ことを
まっすぐに、どこまでも、
いつまでも、
信じ続ける素直さ、
の恵みを祈り求めています。


Luna
御ミサで admin page top↑
* HOME *