FC2ブログ
神の母 聖マリア
2018 / 01 / 05 ( Fri ) 18:23:49
新年 あけまして
 おめでとうございます。






2017年は
今の日本が享受している
〝平和″の危うさ、もろさを
今までになく感じさせられた
年でした。


無事に
新年を迎えられたこと
心から神さまに
感謝いたします。


2018年が 
皆様お一人おひとりにとっても、
日本にとっても、世界にとっても、
″平和″な年になりますよう
心から祈ります。





ところで、
カトリック教会は一月一日を
「神の母聖マリアの祭日」
に制定しています。


この「神の母」という
不思議な呼名について
教皇フランシスコは
次のように
説明してくださっています。


一年は「神の母」の名のもとに
始まります。「なぜわたしたちは
「神の母」と言い、
「イエスの母」とは言わない
のでしょうか。


過去に
ある人々は「イエスの母」で
十分であると主張しました。
しかし、教会は
「マリアは神の母である」
とはっきりと宣言しました。


わたしたちはそれに
感謝すべきです。
なぜなら、この言葉には
神とわたしたちについての
輝ける真理
が詰まっているからです。


主は、
マリアを通して受肉された時以来、
その時から永遠に、
わたしたちの人性を
背負っておられます。


イエスが母から受けた肉は、
今も、そして永久に彼のものです。


神はもう人間抜きでは
あり得ません。


つまり、「神の母」が
わたしたちに
思い起こさせるのは、
胎内の子どもが
母のすぐそばにいるように、
神は人間の近くにおられる
ということです。


バチカン放送局のHPの

『元日:「『神の母』を
一年の出発点に」教皇によるミサ、
バチカンで』

に全文が載っていますので、
よろしかったら、
どうぞ訪問してみてくださいね。





遅ればせながら、この年末に、
「ローマ法王になる日まで」
のDVDを借りて観ました。


あの残酷な独裁政権下での
苦しみを体験してもなお、
神への信頼、聖母への信頼
を失わないでおられる!


このような方を教皇として
お与えくださったことは、
わたしたちへの
神さまからの
はっきりしたメッセージ・・・だと
つくづく思って、
久々に教皇様のお言葉を
少しだけ、アップさせて
頂きました。


さて、と・・”信頼”のうちに
今年の歩みを始めます・・・。

Luna
未分類 admin page top↑
* HOME *