マリア様の月
2018 / 05 / 28 ( Mon ) 10:52:49
先週はカテドラルの堅信式に
行っていました、アメリです。


今月も早いもので、
もう終わってしまいますね。


5月はマリアさまの月です。
…というところから
27日(日)の入門講座の話は始まりました。






マリアさまはどのような方でしょう。
御子を身ごもったことから、
キリストの死に至るまで、
さまざまな苦労を
ブレずに乗り越えた方です。


カトリックの信者は
そのマリアさまを介して
神に祈ります。


多摩の聖堂
(丁寧に読むときはおみどうと読む)
内にはマリアさまの像はありませんが、
(エントランスと外にある)
聖堂にはいろいろなものがあります。


聖櫃、祭壇、朗読台、イコン
(多摩教会にはマリアさまの
イコンがあります。
東方教会では礼拝の対象)、
ステンドグラス、
十字架の道行きなど。


それらの意味についての
説明をききました。
多摩教会の聖堂は
2000年に献堂されました。
まだ18年しか経っていません。
聖堂としての歴史は浅いです。


この聖堂を
聖堂らしくさせるのは何か?
それは私たち信者の祈りです。
どれだけの人が
この聖堂で祈りをささげたか…。


そしてその祈りが染み込んだ聖堂が
人を心地よくさせ、
祈りの場として
ふさわしくなっていくのです。





私たちの祈りで
聖堂を聖堂らしく作り上げていく….。
何百年も後、
この多摩教会の聖堂が
どうなっているのか
見てみたいですね。


アメリ
「入門講座」で admin page top↑
* HOME *