FC2ブログ
江戸の殉教地への旅 一日目
2018 / 08 / 27 ( Mon ) 00:41:30
お久しぶりです!かかりんです。


入門講座が夏休みだったので、
8月23日,24日の木金に
一泊二日の都内巡礼の旅に
行ってきました。
同行者はもちろん長崎に一緒に行った
歌う巡礼団のメンバーです!!



皆さんは、東京都内でも
たくさんの殉教者がいたことを
ご存知でしたか?


恥ずかしながらかかりんは、
殉教は日本では、
長崎とかで起きたことだと
思っていました。


今回歌う巡礼団のメンバーに
殉教地について
勉強した人がいて、
その人の案内で
いくつかの殉教地におもむき、
歌と祈りを捧げて来ました。


こんなにたくさんの人が、
信仰のために
命を捨てていたことを知って
驚くとともに、
もっといろんな人に
このことを知ってほしいと思って
この旅行記を書いています。





コースはまず23日2時に
水道橋のホテルに集合しました。
荷物をおいて、
三田の元和キリシタン遺跡へ。


かかりんは若いころ、
三田にある大学の勉強会に
参加していたので
このあたりは
通ったことのある道でした。
でも、ここで殉教があったことは
全く知りませんでした。


田町駅からすぐの札ノ辻という
ビルの間の小高い丘。ここだけ
暑い日だったのに、
空気がひんやりしています。
この、うっそうと木が繁った丘は、
宣教師たちと原主水、
そしてたくさんの名もない信徒が
火刑に処された場所でした。


xxx-edo2.jpg


ビルの谷間にひっそりと
石碑が立ち、
おそらく周りの大きなビルに
勤める人々は
ここでたくさんの命が
失われたことを
知らずにいるのでしょう。


xxx-edo1.jpg


巡礼団はここで祈りを捧げ、
巡礼団のテーマソング、
「あめのきさき」を合唱しました。


そのあと品川に移動して、
カトリック高輪教会に
立ち寄ります。


高輪教会の地下には、
江戸の大殉教の大きな絵画が
飾られているのです。
絵の中の原主水は
両手をひろげて
何かを抱きかかえるようにして、
お顔は少し笑っているように
見えました。
最後に原主水は天に召されるとき、
天国を見たのだろうかと
思うような絵でした。


xxx-edo3.jpg


そのあとメンバーの希望で
清泉女子大学本館と
聖堂を見せていただき、
四谷に移動して
イグナチオ教会で
夕ミサに与りました。
平日の夕ミサに与るのは、
かかりんは初めてのことでしたが
なんだか心がしんとして、
洗われるような気持がしました。


四ツ谷三丁目の韓国料理屋さんで
夕食後、ホテルへ。
通称飲んべ部屋と天然部屋(笑)
に分かれておやすみなさい。
 二日目につづく。



かかりん
未分類 admin page top↑
* HOME *