FC2ブログ
江戸の殉教地への旅 二日目の午後
2018 / 08 / 27 ( Mon ) 23:25:33

これは「江戸の殉教地への旅 
二日目の午前」の続きです。

歌う巡礼団の旅は
まだまだ続きます。


築地に移動して、
お寿司でまずは腹ごしらえ。
さすがの築地、
とってもおいしかったです!!
そして、次は
カトリック築地教会へ。


聖路加病院までは
すぐにたどり着けたのですが
築地教会がなかなか見つからず、
迷子な巡礼団。
きょろきょろしていると、
通りすがりのご婦人が
「何かお探し?私でよければ
おっしゃってください?」と
声をかけてくださいました!!


なんて親切な!!
さすが下町!!おもてなしの心!!


「カトリック築地教会を探してるんです。」
と言うと、
残念、「教会は・・。ごめんなさい、
わからないわ。」と
「お役に立てなくて・・」と言いながら
ご婦人は去って行かれましたが
思いがけないやさしさに
巡礼団一同ほっこり。


そしたらなんと
その道路のはす向かいが
築地教会でした!!笑


xxx-edo8.jpg



信徒館の裏側が道路に面していて、
ネットで調べた写真と違いすぎて
見つけられないでいたのでした。


ギリシアの神殿みたいな外見の
築地教会。


xxx-edo7.jpg


聖堂に入るとそこには
祈りをささげている女性が。
お祈りのじゃまをしてはいけないと
移動しようとすると、
その方が話しかけてくるでは
ありませんか!!


その方は、信者ではなくて、
祈りたくて教会に
ふと足を踏み入れた方でした。
「せっかくのご旅行中に
話しかけてすみません」と
とても恐縮されましたが。


かかりんは、神様が
その方を招いているとしか
思えませんでした。
だって、目の前にある築地教会が
見つけられずに
巡礼団がウロウロしなければ
その方とは入れ違いになってた
はずなんです。


そして、その方はひとりで
こちらは4人。
なかなか声がかけづらい
シチュエーションだと思うのです。
それでも勇気を出して
話しかけないではいられなかった
その方に


「わたしのところにおいで。
あなたを待っているから。
もうなにも心配いらない。
だいじょうぶだよ。」


神様が話しかけるお声が
聞こえたように思いました。


その方は12月23日の
[祈りと聖劇の夕べ]に
来てくださると
約束してくださって、
かかりんと連絡先を交換して
お別れしました。


巡礼団一同、
思いがけない出会いに大喜び!!
「これがご縁で
教会に来てくださるといいね!!」
「またおあいできるとうれしいね!!」
「あの方のためにお祈りしよう!!」と
大いに盛り上がりました。


神様、どうかあの方に
また会わせてください。
つらい気持ちを抱えていたあの方の
お友達になれますように。
あの方の心が
いやされますように。


xxx-edo9.jpg


築地教会でも
「あめのきさき」を歌って
再び四ツ谷に移動します。


ドンボスコ、サンパウロ、イグナチオ
の売店でお買い物をします。
記念に、4人でおそろいの
モザイクの十字架を購入しました。
(かかりんは日曜のごミサのあとに、
豊島神父様にその十字架を
祝福していただきました。)


イグナチオ教会で
再び夕ミサに与り、
歌う巡礼団の夏の旅は
終わりました。


一泊二日の短い旅でしたが
とても実りのある
豊かな旅でした。


東京の殉教地は
まだまだあるようなので
巡礼団専属ツアコンAさんの
次の企画を楽しみに。


少し涼しくなったころに、
あなたも都内巡礼、いかがですか?
思いがけない発見や出会いが
たくさんあるかもしれませんよ?


すばらしい恵みに満ちた旅でした。
神様に、感謝。


かかりん
未分類 admin page top↑
* HOME *