FC2ブログ
いよいよ♪ともに♪♪
2018 / 12 / 24 ( Mon ) 11:40:38
きっと君は来ない
と始まるクリスマスシーズンの
歌がありますが
きっと来るんです


昨日の2018年聖劇は
多摩教会信徒
オリジナル台本でした
よくぞこの集まる時間の少ない中、
頑張りましたっ
な入門係でもある二人が、
台本作ったり、
挿入音楽作ったり、
がんばり果てていました
こどもたちのかわいさと。
がんばりと。
大人たちのいろんな☆☆さん力も。
待降節ラストを
盛り上げてくれました


世の中の年末モードでか、
このクリスマスに、
心荒んでませんか?というひとも
みかけますが。
そういう人にこそ!
かみさまが来てくれる
かみさまが来てくださった感な、
かみさまのおめぐみを
しっかりと受け止められる。
だれかに頼りっきりな心、]
ぽっかり空いた心、
とげとげの心を、
かみさまが寄り添い、埋めて、
ならして、のびやかな、
しなやかな心にしてくれます
そんなことは、
「人」にはできないことだったりします。
人を遣ってではありますが


そっかぁ。そうやって、かみさまは、
人として、
生まれさせてくださったのかぁ。
そんなことを思いながら、
聖劇をみる。って
いいですねぇ
「お言葉どおりに
この身になりますように。」
英語にすると
Let it be to me 
according to your word


12/24・25多摩教会のごミサは、
12/24 17:00 ご降誕 夜半のミサ

12/25 10:00 ご降誕 日中のミサ
そして、その始まりには、言葉があります
いらしてください


待降節のこのひと月、
導かれて来ました。

クリスマスのもうひとつの意味、
本当の意味。
に向かって、ひとつの方に向かって。


今宵のごミサから、クリスマスのミサ。
ご降誕のごミサが始まります。
ミサに来て、心が温かくなる言葉と。
ここに来るといる仲間とつながる。
その物差しは、
世の中とはちょっと違う目盛かもしれません。
どうぞ教会にいらしていただきたいです


◯子初めて多摩教会にやってきたのは、
12/23でした。
何も知らずに、
多摩へ招かれたものとして、
3度目のC年を迎えたものとして、
この6年の間に、
「ともにいる」の意味が
深く広く果てしなくなりました


そこには、見える仲間、見えない仲間、
隣にいる仲間、遠くにいる仲間、
地球上だけでない。
「すべての人」の意味も広がります。

これが実感です


そして、今年になって、
やっとやっとイエス様がきっと来る
〇子的には得た気がします
イエスさまを待ち望むひとびとに
出逢っていただきたい
これまた実感です


ごミサでお会いしましょう
平和の挨拶♪いたしましょう♪♪


クライマックスシリーズの始まりです。
救いの始まりです


初めて訪れた時の心持ちを思い出し
あなたをお待ちいたしております
そして
かみさまをともに待ちましょう♪♪


very Merry Xmas to YOU


◯子
多摩教会で admin page top↑
* HOME *