FC2ブログ
平神父さまの特別講話
2019 / 07 / 31 ( Wed ) 09:41:32
7月28日(日)は
コンベンツァル・フランシスコ会の
平神父様の
特別講話がありました。

テーマは「なぜ祈るのか」

平神父様のお話は
いつもとても分かりやすくて
聞いたあとにストンと心に
落ちて残ります。
今回のお話で
特に心に残ったことを
少しだけご紹介しますね。





人間の本質は祈りそのものです。
神様は人間をはかない存在として
造られました。
塵にすぎない人間だからこそ
人は生きている限り
完全で永遠な存在である
神様を求め続けます。
その姿が祈りそのもの。


祈るときには聖霊が働きます。
何かを願って一生懸命祈るとき、
その願いがそのまま叶うとは
限らないけど
聖霊は必ず働いています。


イエス様を死者の中から復活
させることが出来るほどの力が、
聖霊にはあって,
祈りによって
神様は聖霊を
私たちに送ってくださいます。





誰かのため
時には自分のために
必死に祈ったけれど
その願いが叶わないと
ガッカリしますよね。
私も一度や二度ではありません。


でも少し経って
あるいは何年もたったあとに
長い目でみると、
あの時の願いは
叶わなかったけれど
あれで良かったんだ!と
必ず思うのです。
そんなとき
確かな聖霊の働きを感じます。


平神父様がミサのなかで
日本語に対応した
言葉がないけれど、
と前置きして
あるイタリア語を
紹介してくださいました。
何か人に頼まれたときに
「いいよ」というような感じで
使う言葉ですが
直訳すれば

「あなたのために
時間をあけてあるよ」

という意味だそうです。


「祈る」のもまさにそう。
神様の愛と聖霊の働きを
敏感にキャッチできるよう
祈りによって自分の心を
神様にむかって
オープンにしておきたい!
そう思いました。


ドングリ
多摩教会で admin page top↑
* HOME *